NMAXとトリシティの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

NMAXとトリシティ125の違いを比較

 

ヤマハ NMAXの歴史

2016年3月18日に「NMAX」の日本仕様が新登場。型式は、EBJ-SE86J
2015年1月に生産国のインドネシアの現地仕様として155cc版が発表されていたが、日本仕様は2016年3月18日に発売。新開発の「BLUE CORE」エンジンを搭載し、高回転域への対応として可変バルブ機構の「VVA」を装備した4バルブの水冷仕様。排気量は、155cc版のエンジン(内径58mm)を52mmにボアダウンして対応。製造は、インドネシア。車体色は、「レッドメタリック7」、「ホワイトメタリック6」、「マットイエローイッシュグレーメタリック2」、「ブラックメタリックX」の全4色。
2017年8月21日にマイナーチェンジ。型式は、2BJ-SED6J
「NMAX ABS」をカラーリングの変更と平成28年度国内排出ガス規制へ適合し発売。従来モデルよりWMTCモード値の燃料が45.2km/L→43.6km/Lへダウン。価格が約1万円アップ。新色の「ブラックメタリックX」「マットディープレッドメタリック3」と従来色の「ホワイトメタリック6」をあわせた全3色。従来モデルからABSは装備されていたが、ここからモデル名に「ABS」が付いた。
NMAXの「EBJ-SE86J」と「2BJ-SED6J」の違いを比較
2018年2月10日にカラーリングを変更。
新色の「ビビッドパーリッシュブルーカクテル5」と「マットグレーメタリック3」と従来色の「ホワイトメタリック6」をあわせた全3色。
2019年6月28日にカラーリングを変更。
新色の「ホワイトメタリック6」と「マットグレーメタリック3」と従来色の「ビビッドパーリッシュブルーカクテル5」をあわせた全3色。
2020年4月25日にカラーリングを変更。
新色の「マットダークパープリッシュブルーメタリック5」と従来色の「マットグレーメタリック3」と「ホワイトメタリック6」をあわせた全3色。

 

 

ヤマハ トリシティ125の歴史

2014年9月10日に「トリシティ125」が新登場。型式は、 EBJ-SE82J
ヤマハは、「ニュースタンダード シティコミューター」のコンセプトを基にLMWと呼ばれる二輪のように傾斜して曲がる三輪以上の車両の開発に着手し、その第一弾がトリシティで2014年4月にタイの現地法人のタイヤマハモーターで製造販売を開始。日本では、「トリシティ MW125」として2014年9月10日に発売。車体色は、3色(ブラック、ホワイト、マットレッド)の設定。
2015年4月20日に「トリシティ125 ABS」を追加。
ABS(アンチロックブレーキシステム)を標準装備した「トリシティ125 ABS」を発売。
車体色は、3色(ブラック、ホワイト、マットレッド)の設定。
2015年12月15日に「トリシティ125」と「トリシティ125 ABS」に新色を追加。
新色のマットブルーメタリック3(マットブルー)を追加。
2016年3月1日に快適セレクションを追加。
トリシティ125/トリシティ125 ABSにトップケースとナックルバイザー等を標準装着した快適セレクションをラインナップに追加。車体色は、4色(ブラック、ホワイト、マットブルー、マットレッド)の設定。
2018年1月20日にフルモデルチェンジ。型式は、2BJ-SEC1J
主な特徴は、VVA(可変バルブ機構)搭載の「BLUE CORE」エンジンを採用。乗り心地や足元スペースの拡大に貢献する新設計フレームと新サスペンションの採用。足付きを考慮したシート高765mmのメインシートを採用。LEDヘッドランプを採用。リヤホイール径を12インチからトリシティ155と同じ13インチにアップ。車体色は、「トリシティ125」が2色(ホワイトとマットグレー)。「トリシティ125 ABS」が2色(ホワイトとシアン) 。
トリシティ125(EBJ-SE82J)とトリシティ125(2BJ-SEC1J)の詳しい違いはこちら
2019年3月20日にカラーチェンジ。
車体色は、新色のマットペールブルーメタリック2(マットペールブルー)と継続色2色(ホワイト、マットグレー)をあわせた3色の設定。

 

 

 

 

 

ここでは、まず最初に
2016年3月18日発売のヤマハ NMAX(EBJ-SE86J)と
2015年12月15日発売のヤマハ トリシティ125 ABS(EBJ-SE82J)
の違いを比較しました。

 

 

NMAX(EBJ-SE86J)とトリシティ125 ABS(EBJ-SE82J)のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

NMAX

トリシティ125

モデルチェンジ区分

新登場

カラーチェンジ

型式

EBJ-SE86J

EBJ-SE82J

発売日

2016年3月18日

2015年12月15日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1955

1905

全幅 (mm)

740

735

全高 (mm)

1115

1215

ホイールベース (mm)

1350

1310

最低地上高(mm)

135

120

シート高 (mm)

765

780

車両重量 (kg)

127

156

最小回転半径(m)

2

2.3

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

50.5

35.8

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

45.2

38.8

原動機型式

E3P8E

E3P4E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

124

124

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

2

内径(シリンダーボア)(mm)

52

52.4

行程(ピストンストローク)(mm)

58.7

57.9

圧縮比(:1)

11.2

10.9

最高出力(kW)

9

8.1

最高出力(PS)

12

11

最高出力回転数(rpm)

7500

9000

最大トルク(N・m)

12

10

最大トルク(kgf・m)

1.2

1

最大トルク回転数(rpm)

7250

5500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

6.6

6.6

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR8EA-9

CR7E

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7V

YTZ7V

バッテリー容量

12 V 6.0Ah 10HR

12V-6.0Ah 10H

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1

0.9

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.9

0.8

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

ドレンボルト呼び径(mm)

12

-

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

1

1

2次減速比

10.208

9.533

フレーム型式

バックボーン

アンダーボーン

キャスター角

26°00

20°00

トレール量 (mm)

92

68

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

リアサスペンションストローク(mm)

86

-

タイヤ(前)

110/70-13

90/80-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

48

43

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/70-13

110/90-12

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

57

64

タイヤ(後)速度記号

P

L

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

-

ホイールリム幅(前)

3

-

ホイールリム形状(後)

MT

-

ホイールリム幅(後)

3.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

-

ヘッドライト定格(Hi)

-

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

H4

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
可変バルブ機構 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

メーカー小売価格

340,200円

399,600円

 

NMAX(EBJ-SE86J)とトリシティ125 ABS(EBJ-SE82J)の違いを比較
NMAX(EBJ-SE86J)とトリシティ125 ABS(EBJ-SE82J)の装備の違いを比較

 

NMAXとトリシティ125の動画

 

NMAX

 

ヤマハ NMAX (2016) バイク・スクーター試乗レビュー

 

 

Yamaha NMAX125 試乗インプレッション/レビュー

 

 

トリシティ125

 

ヤマハ トリシティー125 (2014) バイク・スクーター試乗レビュー

 

 

ヤマハ トリシティ125/試乗インプレ

 

NMAX(EBJ-SE86J)とトリシティ125 ABS(EBJ-SE82J)の違いを比較

 

 

トリシティ125で足投げ出してリーンしたら怖かった。足投げ出して乗りたいならNMAXにした方がいい。

 

 

トリシティ125が新登場したのは、2014年9月だからな。その頃は、ブルーコアが無かったから馬力・トルク・燃費は、NMAXが上。

 

 

NMAXとトリシティは、メーターパネルの形状が似てるね。

 

 

エンジンは、基本的に馬力を上げたら低速域のトルクが減り、逆に低速トルクを上げたら最大馬力が減るというジレンマがある。発進加速をさせるのは、トルクだからトリシティみたいに車重が重いとトルク重視になる。でもその代わりに最大馬力が低下し、中高速域の伸びや最高速が落ちる。一方、NMAXのエンジンは、可変バルタイというこのジレンマを低減する技術がある。

 

 

タイヤ    最高出力   最大トルク  重量  
13_13インチ  9.0[12]/7,500 12[1.2]/7,250 127kg  NMAX
14_12インチ  8.1[11]/9,000 10[1.0]/5,500 152kg  トリシティ125

 

 

トリシティもちょうど2年の節目だから、そろそろマイナーチェンジでBLUECOREが乗ると思う。

 

 

エンジン音は、トリシティ125がガシャガシャと少し荒い感じだったけどNMAXは、マイルドで上質な感じだった。

 

 

安全性に関しては、NMAXとトリシティは、原付二種の中では、ピカイチ。

 

 

NMAX乗りだけど代車でトリシティに乗った。トリシティは、コーナーのグリップが少し違う印象だったがジャイロのように曲がる時にグニッていう抵抗が無いから素直に旋回できた。最初は、乗ってて楽しかったけど車体が重いから中高速の伸びが遅くて途中から少しダルくなった。あと取り回しがかなり重くて驚いた。その分NMAXが戻ってきた時、パワフルに感じた。

 

 

燃料タンク容量は同じ6.6Lだけど車重や燃費を見るとNMAXの方が3割ほど航続距離が長いと思う。

 

 

シート下トランク容量は、NMAXが24L。トリシティ125が20L。

 

 

トリシティ125は、発進加速と80km/hからの伸びがイマイチなんだよね。NMAXは、100km/hまでスムーズにいく。

 

 

修理でNMAXを預けた時の代車でトリシティーを借りた。カーブを不思議な感じで曲がれる。トリシティって面白いな。

 

 

トリシティ乗りだけど代車でNMAXに1週間ほど乗った。低速からの加速は伸びたが乗り味的にはそれほど変わらなかった。

 

 

トリシティ125のシートは、柔らかすぎると思う。 シートは、Nmaxの方がいい。

 

 

トリシティは足元が窮屈に感じてNMAXを選んだ。ちなみに174cm。

 

 

NMAXも安定感あるけど、路面の状態次第でトリシティ125の方が良いと感じると思う。少し大げさかもしれないけど、トリシティ125の前輪の安定感は大型バイクに近いものがある。

 

 

NMAXはリヤキャリアと箱の取り付けがネック。トリシティは、基本的にPCXと同じ構造で楽だけど、カバーへの穴開け加工が必要。でもNMAXよりすごく便利な構造になってる。

 

 

モトチャンプの記事で全13台で比較されてた。

 

トリシティ125ABS
0-100m加速 9.313秒(10位)
0-1000m最高速 90.42km/h(13位)
ジムカーナ 21.445秒(最下位)

 

NMAX
0-100m加速 8.956秒(9位)
0-1000m最高速 99.05km/h(5位)
ジムカーナ 18.668秒(7位)

 

 

走ってておもしろいのはNMAX。
走ってておもしろがられるのはトリシティ。

 

 

NMAXとトリシティ125の共通点って車体がゴツいのとABSモデルがあるぐらい。
340,200円  NMAXは、ABS標準装備
356,400円  トリシティ125
399,600円  トリシティ125 ABS 

 

 

トリシティ14インチタイヤは、1本2000円で買える。
NMAXの13インチタイヤは、今だと安いので1本6000円くらい。
1年くらいすれば安いのも出てくるだろうけど。

 

 

スクーターとしての完成度は、NMAXの方が高いと思うけどやっぱり唯一無二のトリシティの方が楽しめそう。

 

 

トリシティとNMAXで迷ったけどNMAXにした。理由は、トリシティの値段が高いことと難波や梅田で停めにくいことと、構造が複雑だから事故ると廃車までいく恐れがあると言われたこと。

 

 

トリシティは、駐輪環境がない人は、やめといた方がいい。125cc用の駐輪場は、3輪がアウトだから駅前で駐輪できる場所がほとんどない。250cc以上の大型用の駐輪場に停めるしかない。

 

 

俺の停めてる駐輪場は、125ccでもトリシティも停められるよ。でもトリシティは、前輪ロックするような駐輪場だと無理だし、駐車条件を満たしているところでも、入庫・出庫に問題があって結局駐輪できなかったって話を良く聞く。

 

 

俺もNMAXとトリシティでどっち買うか迷ったけど家の周りが私道で狭かったからNMAXにした。あとトリシティのポジションがイマイチだった。

 

 

トリシティだと駐輪場所に困る。特に都会では停める場所がない。

 

 

トリシティから乗り換えたらNMAXのハンドリングが凄く軽く感じた。

 

 

トリシティ乗りだけど乗ってると腰が痛い。NMAXに試乗したら極楽で腰痛なんか無縁な感じだった。それからNMAXに乗り換えたくなってきた。

 

 

3輪にこだわりがなければNMAXを買えばいい。

 

 

トリシティやPCXは屋根付けてる人がいるけど、NMAXは、屋根付けてる人いないね。帝都産業に問い合わせてみたら販売予定はないって言ってた。

 

 

トリシティとNMAXのバッテリーは、同じ型でYTZ7Vを採用してる。これは、世界中でトリシティとNMAXだけみたい。(2018月2月時点)
だから発売して数年経過しても互換バッテリーが発売されてないからどっちもバッテリー交換する時に17000円くらいするユアサ純正品を買わなきゃいけない。

 

●バルブ(電球)の比較

 

NMAX

  • ヘッドライト:LED
  • ブレーキ/ テールランプ:LED/10.0W x 1
  • 方向指示灯(前):10.0W × 2
  • 方向指示灯(後):10.0W × 2
  • メーター灯:LED
  • マーカーランプ:5.0W × 2
  • 方向指示器表示灯:LED
  • ヘッドライト上向き表示灯:LED
  • 冷却水温警告灯:LED
  • ABS 警告灯:LED
  • エンジン警告灯:LED

 

トリシティ125

  • ヘッドライト 12V, 60.0W/55.0W × 1
  • テール/ブレーキランプ LED
  • 方向指示灯(前)12V, 10.0W × 2
  • 方向指示灯(後)12V, 10.0W × 2
  • メーター灯 LED
  • マーカーランプ LED
  • 方向指示器表示灯 LED
  • ヘッドライト上向き表示灯 LED
  • 冷却水温警告灯 LED
  • エンジン警告灯 LED

 

●メーターの比較

 

NMAX

  • 方向指示器表示灯(右)
  • ヘッドライト上向き表示灯
  • 水温警告灯
  • ABS 警告灯
  • エンジン警告灯
  • 方向指示器表示灯(左)

中央

  • 燃料計
  • 時計
  • スピードメーター
  • 瞬間燃費メーター
  • RESETボタン
  • マルチファンクションディスプレイ
    • オドメーター
    • トリップメーター(TRIP 1/TRIP 2)
    • フューエルトリップメーター
    • 瞬間燃費表示
    • 平均燃費表示
    • エンジンオイルトリップメーター
    • V ベルトトリップメーター
    • エンジンオイル交換表示
    • V ベルト交換表示
    • エラーコード表示
  • SELECTボタン

 

トリシティ125

  • SELECTボタン
  • 方向指示器表示灯(左)
  • 水温警告灯
  • ヘッドライト上向き表示灯
  • エンジン警告灯
  • 方向指示器表示灯(右)
  • RESETボタン

中央

  • 時計
  • 燃料残量警告表示
  • 燃料計
  • スピードメーター
  • 外気温度表示
  • オドメーター/トリップメーター
  • エンジンオイル交換表示
  • V ベルト交換表示

 

●タイヤの比較

 

NMAX

タイヤタイプ

  • チューブレス

指定タイヤ

  • 前輪DUNLOP/SCOOTSMART
  • 後輪DUNLOP/SCOOTSMART

サイズ

  • 前輪110/70-13M/C 48P
  • 後輪130/70-13M/C 57P

 

トリシティ125

タイヤタイプ

  • チューブレス

指定タイヤ

  • 前輪CHENG SHIN/M6231
  • 後輪CHENG SHIN/M6232

サイズ

  • 前輪90/80-14M/C 43P
  • 後輪110/90-12 64L

 

 

このページの一番上へ戻る

 

次に
2017年8月21日発売のヤマハ NMAX ABS(2BJ-SED6J)と
2018年1月20日発売のヤマハ トリシティ125(2BJ-SEC1J)
の違いを比較しました。

 

 

NMAX(2BJ-SED6J)とトリシティ125(2BJ-SEC1J)のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

NMAX ABS

トリシティ125 ABS

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

フルモデルチェンジ

型式

2BJ-SED6J

2BJ-SEC1J

発売日

2017年8月21日

2018年1月20日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1955

1980

全幅 (mm)

740

750

全高 (mm)

1115

1210

ホイールベース (mm)

1350

1350

最低地上高(mm)

135

165

シート高 (mm)

765

765

車両重量 (kg)

127

164

最小回転半径(m)

2

2.5

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

50.5

46.2

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

43.6

43.6

原動機型式

E31AE

E3V7E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

124

124

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

52

52

行程(ピストンストローク)(mm)

58.7

58.7

圧縮比(:1)

11.2

11.2

最高出力(kW)

9

9

最高出力(PS)

12

12

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

最大トルク(N・m)

12

12

最大トルク(kgf・m)

1.2

1.2

最大トルク回転数(rpm)

7250

7250

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

6.6

7.2

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR8EA-9

CPR8EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7V

YTZ7V

バッテリー容量

12 V 6.0Ah 10HR

12V-6.0Ah 10H

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1

1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.9

0.9

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

ドレンボルト呼び径(mm)

12

-

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

1

1

2次減速比

10.208

10.208

フレーム型式

バックボーン

アンダーボーン

キャスター角

26°00

20°00

トレール量 (mm)

92

67

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

ショックアブソーバ本数(後)

1

-

リアサスペンションストローク(mm)

86

-

タイヤ(前)

110/70-13

90/80-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

48

43

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/70-13

130/70-13

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

57

57

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

-

ホイールリム幅(前)

3

-

ホイールリム形状(後)

MT

-

ホイールリム幅(後)

3.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.5

2

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

2.25

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
可変バルブ機構 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
前後連動式ブレーキ 有
可変バルブ機構 有
DCソケット 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

メーカー小売価格

351,000円

432,000円

 

NMAX(2BJ-SED6J)とトリシティ125(2BJ-SEC1J)の違いを比較

 

左がNMAX(2BJ-SED6J)    右がトリシティ125(2BJ-SEC1J)
NMAX(2BJ-SED6J)とトリシティ125(2BJ-SEC1J)の比較の画像

 

NMAX ABS(2BJ-SED6J)とトリシティ125(2BJ-SEC1J)の装備の違いを比較

 

NMAX(2BJ-SED6J)とトリシティ125(2BJ-SEC1J)の違いを比較

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
NMAX ABS 127kg | 12ps/7500rpm | 12N・m/7250rpm
トリシティ125 ABS 164kg | 12ps/7500rpm | 12N・m/7250rpm

 

 

●シート高
NMAX ABS 765mm
トリシティ125 ABS 765mm

 

 

●タンク容量
NMAX ABS 6.6L
トリシティ125 ABS 7.2L

 

●燃費WMTCモード値
NMAX ABS 43.6km/L
トリシティ125 ABS 43.6km/L

 

●航続距離
NMAX ABS 6.6L × 43.6km/L =287.76km
トリシティ125 ABS 7.2L × 43.6km/L =313.92km

 

 

●2020年2月12日時点のメーカー小売価格(消費税込み)
ヤマハ NMAX ABS 357,500円
ヤマハ トリシティ125 423,500円
ヤマハ トリシティ125 ABS 462,000円
●2020年2月12日時点の同じ店の乗り出し価格(自賠責3年)
ヤマハ NMAX ABS 323,040円
ヤマハ トリシティ125 376,040円
ヤマハ トリシティ125 ABS 429,040円

 

NMAXとトリシティの買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト