PCXのJF28とJF56の違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

PCXのJF28とJF56の違いを比較

 

ホンダ PCXの歴史

2010年3月30日に新登場。型式は、EBJ-JF28。
2009年11月にタイで発売。2010年3月30日に日本で発売。他にもヨーロッパ・東南アジア・北米・オーストラリアへ輸出販売される世界戦略車。水冷4ストローク単気筒エンジンを搭載。ビッグスクーターよりもひとまわりコンパクトで扱いやすい車体。他にもアイドリングストップ機能、ACGスターター、前後14インチホイール、パイプハンドル、容量25リットルのシート下スペース、コンビブレーキなどを採用。製造は、タイ。車体色は、3色(パールヒマラヤズホワイト、キャンディーロージーレッド、アステロイドブラックメタリック)の設定。
PCXの日本仕様とタイ仕様の違いの比較は、こちら。
2012年5月11日にマイナーチェンジ。
新開発のスクーター用グローバルエンジン「eSP」に変更。エンジンマウント位置の変更。シートのバックレストの形状変更。燃料タンクリッドの開口方向の変更。車体色は、新色のキャンディーライトニングブルーと従来色のホワイトとブラックの3色の設定。
PCX(JF28)のeSPエンジン前後の違いを比較
2012年12月14日に特別・限定仕様 PCXスペシャルエディションを発売。
特別カラーの車体色2色(パールヒマラヤズホワイト、マットガンパウダーブラックメタリック)とゴールドカラーのホイールを採用。
PCXとスペシャルエディションの違いの比較は、こちら。
2014年4月24日にフルモデルチェンジ。型式は、EBJ-JF56。
全灯火器にLEDを採用。新設計のフロント、リアカウルを採用。エンジンは、「eSP」の一部を改良し、低・中速域で力強いトルク特性とするともに燃費性能を向上。リアタイヤは、転がり抵抗を軽減する低燃費タイヤを新たに採用。シートは、バックレスト一体型に変更。燃料タンク容量を5.9Lから8.0Lに増やした。製造をベトナムへ移管。車体色は、3色(キャンディーノーブルレッド、ポセイドンブラックメタリック、バールジャスミンホワイト)の設定。
2015年5月22日にカラーを追加。
新色のマットテクノシルバーメタリックを追加。従来色の3色(レッド、ブラック、ホワイト)とあわせて全4色の設定。
2016年2月26日にカラーチェンジ。
新色のパールダークアッシュブルー。従来色の3色(シルバー、ブラック、ホワイト)とあわせて全4色の設定。
2016年4月22日に特別・限定仕様の「PCX Special Edition」を発売。

スポーティーなイメージの特別カラー2色(パールジャスミンホワイト、ポセイドンブラックメタリック)を採用。「白 or 黒」のカラーをベースに、それぞれフロントカバーからボディカバー、グラブレールにかけて赤のストライプを配し、シートのステッチ、リアサススプリング、ボディカバー側面の立体エンブレムなどに赤のアクセントをつけた。
PCXとスペシャルエディションの違いの比較は、こちら。
2017年2月10日にカラーチェンジ。
新色は、単色のクリッパーイエローとツートンのキャンディーロージーレッドとポセイドンブラックメタリック。ツートンは、ロアカバーにシルバー、ボディカバーにストライプ、シートにレッドのステッチを採用。従来色の3色(ダークブルー、ホワイト、ブラック)とあわせて全6色の設定。
2018年4月6日にフルモデルチェンジ。型式は、2BJ-JF81
外観を一新。エンジンは、「eSP」の一部仕様を変更し優れた燃費性能と中・高回転域の出力向上を両立。フレームをダブルクレードル構造に変更。前後ホイールの軽量化とタイヤのサイズ変更によるワイド化。リアサスペンションのストローク量を増加。「Honda SMART Keyシステム」を採用。車体色は、4色(キャンディラスターレッド、ポセイドンブラックメタリック、パールジャスミンホワイト、ブライトブロンズメタリック)の設定。
PCXのJF56とJF81の詳しい違いは、こちら
2020年2月28日に限定カラーを発売。
車体色は、2色(マットイオンブルーメタリック、マットギャラクシーブラックメタリック)の設定。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
2012年5月11日発売のホンダ PCX(EBJ-JF28)と
2014年4月24日発売のホンダ PCX(EBJ-JF56)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

PCX

PCX

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

フルモデルチェンジ

型式

EBJ-JF28

EBJ-JF56

発売日

2012年5月11日

2014年4月24日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1915

1930

全幅 (mm)

740

740

全高 (mm)

1090

1100

ホイールベース (mm)

1315

1315

最低地上高(mm)

130

135

シート高 (mm)

760

760

車両重量 (kg)

128

130

最小回転半径(m)

2

2

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

53.2

53.7

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

-

50.6

原動機型式

JF28E

JF56E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

124

124

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

内径(シリンダーボア)(mm)

52.4

52.4

行程(ピストンストローク)(mm)

57.9

57.9

圧縮比(:1)

11

11

最高出力(kW)

8.5

8.6

最高出力(PS)

12

12

最高出力回転数(rpm)

8500

8500

最大トルク(N・m)

12

12

最大トルク(kgf・m)

1.2

1.2

最大トルク回転数(rpm)

6500

5000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

5.9

8

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

313.8

429.6

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR7EA-9

CPR7EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

GTZ8V

バッテリー容量

12V-6Ah 10HR

12V-7Ah10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.9

0.9

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.8

0.8

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

3.117

3.117

2次減速比

3.615

3.615

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

27°

27°

トレール量 (mm)

86

86

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

90/90-14

90/90-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

46

46

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

100/90-14

100/90-14

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

51

51

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

1.85

1.85

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

2

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

2.25

ヘッドライト定格(Hi)

35W/30W

LED

ヘッドライトタイプ(Hi)

HS5

LED

メーカー希望小売価格

299,250円

329,400円

 

PCXのJF28とJF56の違いを比較

 

PCXのJF28とJF56の違いの比較のGIF動画

 

PCXのJF28からJF56への変更点

 

 

  • ヘッドライト、テールランプ、ウインカーランプ、ライセンスランプの全灯火器にLEDを採用。フロントビューは、LEDヘッドライトとラインビーム状のLEDポジションランプを採用することで、精悍なイメージを高めるとともに被視認性の向上。
  •  

     

    JF28

    JF56

    ヘッドライト

    12V-35/30WX2

    LED

    ブレーキ・テールランプ

    12V-21/5W

    LED

    フロントウィンカー

    12V-21WX2

    LED

    リアウィンカー

    12V-21WX2

    LED

    ポジションランプ

    12V-5WX2

    LED

    ライセンスプレートランプ

    12V-5W

    LED

     

  • 新設計のフロント・リアカウルを採用。さらにスタイリッシュで高級感のある外観に。
  •  

  • エンジンは、ベアリング類の変更により、さらにフリクションの低減を図り、駆動系には、伝達効率に優れ高い耐久性のダブルコグベルトを新たに採用。低・中速域の力強いトルク特性として、燃費性能が向上。
  •  

     

    JF28

    JF56

    最高出力(kW/rpm)

    8.5(12PS)/8500

    8.6(12PS)/8500

    最大トルク(N・m/rpm)

    12(1.2kgf・m)/6500

    12(1.2kgf・m)/5000

    燃料消費率(km/L)

    53.2(60km/h)

    53.7(60km/h)・50.8(WMTCモード)

     

     

  • アイドリングストップシステムには、バッテリーの電圧を監視するシステムを新たに採用。電圧が一定以下になると自動で停止する。
  •  

  • リアタイヤには、従来モデルと比較して、転がり抵抗をタイヤ単体で20%低減した低燃費タイヤの採用を新たに採用。
  •  

     

     

    JF28

    JF56

    指定タイヤ

    前輪IRC SS-560F
    DUNLOP TT900F
    後輪IRC SS-560R
    DUNLOP TT900A

    前輪IRC SS-560F
    後輪IRC SS-560R E

     

  • 燃料タンク容量を従来モデルの5.9Lから8.0Lに増加。
  •  

     

    JF28

    JF56

    燃料タンク容量

    5.9L

    8.0L

     

     

  • シート開閉時に途中の位置で固定できるストッパー機構を新たに採用。
  •  

  • シートはバックレスト一体型の新形状を採用し、ライディングポジションの自由度を高める形状に。またシート地にはデザイン性と耐久性を考慮したダブルステッチを施し、質感を向上。
  •  

  • 時計、平均燃費計を装備した新デザインのメーター。
  • PCXのJF28とJF56のメーターの違い

     

  • ハザードランプを標準装備化。
  •  

  • グローブBOX内にアクセサリーソケットを装備。
  •  

  • バッテリーがYTZ7S(12V6Ah)→GTZ8V(12V-7Ah)に。
  •  

  • 製造がタイホンダからベトナムホンダに。
  •  

 

 

PCXのJF28とJF56の比較の口コミ

 

 

JF56になってタンク容量8リットル化、灯火LED化、低電圧検知してアイドリングストップ一時無効とか、いろいろJF28より良くなってる。エンジンは変わらないのでタンク以外は、JF28をカスタムしても大差ないけど、タンク大型化の恩恵は、かなりでかい。

 

2010年3月 JF28 初代PCX
2012年4月 JP28 後期モデル
2014年4月 JF56 現行PCX

 

 

JF56はJF28の問題を潰してきてるモデルだからJF28にこだわる部分がなければ完成度の高いJF56の方がいいと思うよ。

 

 

JF28からJF56に乗り換えたけどホイールの塗装にムラがある。ベトナム産よりタイ産の方が良かったな。

 

 

JF28とJF56の大きな違いは、灯火類が全てLED、メーター内に燃費計、スピードメーターの針の位置、タンク容量の増加、小物入れにアクセサリーソケットの追加、1馬力アップ、重量増、アイドリングストップ機構の改良などがある。

 

 

JF28は、後付けでキックスターターを装備できないけどJF56は、カスタムで取り付け可能。

 

 

JF28のespとJF56の2台持ってるけど速くしたいんだったらJF28の方がやりやすいよ。タイカムとwr13〜14g位で激変するから。JF56は、トルクはあるけど上が回らない感じだからエンジンは、JF28のespの方がイジってて楽しい。最高速度も求めるならプーリー加工も必要で燃費が気になる人は、タイカムとwr16〜17gくらいで。ちなみにJF56は最初からタイカム。ゆっくり流して乗る人は、JF56を買ったほうがいいかな。

 

 

JF56は、JF28で評判が悪い部分の殆どを改良してそれプラスして進化してる。エンジンが新しくなり、燃費が良くなり、40〜60km/hの加速の谷がなくなった。タンク容量がアップされ航続距離が大幅にアップ。シートを上げた状態で止めれるようになった。ガソリンタンクの蓋がキチッと起き上がるようになった。アイドリングストップでのバッテリーへの負担を軽減するために灯火類が全てLEDになり、バッテリー容量も増え、電圧の監視システムもついた。グローブボックス内に電源もついた。

 

 

ライト周りのデザインはJF28が好き。でもJF28は、前から見た時の「X」の字型にするために左右を絞った箇所からの風が気になる。だから実用性ではJF56の方がいい。

 

 

初期型は、加速がだるい。

 

 

若干明るめのメタリックカラーは、造形の陰影が綺麗に出るからシャープなライン構成のJF56は、シルバーが凄く似合ってると思う。JF28は、柔らかいラインで構成されているので、フラットなカラーが似合うと思う。

 

 

ライトは、JF28の方が明るいけど、LEDの方がアイドリングストップと相性がいい。

 

 

JF56のケツには造形美がない。初期型は、デザインからきちんと考えられてる感じがある。

 

 

JF28の方が特にフロントがカッコイイ。時計が付いたメーターとシートは、JF56の方がいいと思う。

 

 

●純正品バッテリー型番
JF28 YTZ7S 12V 6Ah(10HR)
JF56 GTZ8V 12V 7Ah(10HR)

 

 

初期型(JF28)のシートのコブは背もたれになるから楽だと思ってたけど、座る面積が限られるし、コブ自体硬かった。JF56以降は、シート段差部のウレタンあんこの荷重分散で中・長距離でのお尻の痛さが少し改善された。

 

 

JF56は、カウルのツメ位置形状の問題でJF28と互換性が無いので対応した外装系パーツが先に出たJF28より少ない。

 

 

jf28乗りだけどjf56のバッテリー監視とタンク容量8Lは、羨ましい。

 

 

●タンク容量
PCX(JF28) 5.9L
PCX(JF56) 8.0L

 

●燃料消費率(60km/h走行)
PCX(JF28) 53.2km/L
PCX(JF56) 53.7km/L

 

●航続距離
PCX(JF28) 5.9L × 53.2km/L = 313.88km
PCX(JF56) 8.0L × 53.7km/L = 429.6km

 

 

jf28の方がフレーム剛性は上。

 

 

PCXは、JF56になってサブフレーム無くしてJF28より運動性能がダウンしたね。まあ、レースするわけじゃないからいいけど。

 

 

JF28は、11.5馬力。
JF56は、11.7馬力。
新型になって少しだけパワーアップしてる。

 

 

燃費は,新型から「60km/h定地走行」と「WMTCモード」の併記になったね。

 

 

JF56は、エンジンがかかった状態でシートの開閉ができない。JF28の2012年モデルの時は、シートの開閉ができた。

 

 

JF56は、JF28の不満をほとんど改良してきた。ESPエンジンの搭載、フルLED化、タンク容量アップ、電圧監視システム、バッテリー容量の増加、シートの変更、シートストッパー、ハザードなど。だからJF56よりJF28が優れている点はほぼ無い。そのためJF56が発売されてからJF28の販売価格が大きく下がった。

 

 

初代PCX(JF28)は、フレームがしっかりしてて良かったけど、JF56にモデルチェンジしてサブフレームを無くしたからフニャフニャのフレームになってレースだと追加補強をしなければ使い物にならなかった。

 

 

2018年3月に12年式が18万円、15年式が23万円で売ってる。走行距離はどっちも2万kmぐらい。どっちにするか迷う。
12年式は、燃料タンク5.9リットルで灯火がハロゲン。
15年式は、燃料タンク8リットルで灯火がLED。
でも5万円の差はでかいな。

 

 

JF28は、アイスト使ってたらバッテリーが上がったり、日本仕様のカムにトルクの谷があるなどの口コミがあったからJF56にした。JF56は、それらの問題が解決されてる。JF56の不満は、純正タイヤぐらい。

 

 

●発売日
2012年5月11日

 

●車名
PCX

 

●型式
EBJ-JF28

 

●車体色(3色)
キャンディーライトニングブルー
パールヒマラヤズホワイト
アステロイドブラックメタリック

 

●販売計画台数
PCX (国内・年間) 19,000台

 

●メーカー希望小売価格
PCX 299,250円(消費税抜き本体価格 285,000円)

 

●発売日
2014年4月24日

 

●車名
PCX

 

●型式
EBJ-JF56

 

●車体色(3色)
キャンディーノーブルレッド
ポセイドンブラックメタリック
バールジャスミンホワイト

 

●販売計画台数(国内・年間)
PCX 17,000台

 

●メーカー希望小売価格
PCX 329,400円(消費税抜き本体価格 305,000円)

 

Honda PCX125 【EBJ-JF56】と【EBJ-JF28】の比較

 

 

中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト