リード110とDio110の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

リード110とDio110の違いを比較

 

ホンダ リード110/EXの歴史

2008年1月25日にリードの4代目として新登場。2006年から中国で製造販売していたSCR110を日本国内の法規に適合させて発売。 型式は、EBJ-JF19
車体色は、5色(キャンディールーシッドレッド、ボスグレーメタリック、ブラック、スマートブルーメタリック、パールシルキーホワイト )の設定。
2009年1月23日にカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(ブレイシングブルーメタリック、アドバンスドオレンジメタリック)と継続色3色(パールシルキーホワイト、ブラック、ボスグレーメタリック)の5色の設定。
2009年2月12日に特別・限定仕様のリード・スペシャルカラーを2000台限定で発売。
車体色は、オニキスブルーメタリックとし、フロントロアカバーから足元のアンダーカバーにかけてクリーンシルバーメタリックをあしらったツートーン。
2010年2月25日にマイナーチェンジし、車名をリード・EXに変更。
コンビブレーキシステムに新たに3ポットのフロントブレーキキャリパーを採用。サイドスタンドの戻し忘れを検知するインヒビタースイッチを内蔵した純正オプションのサイドスタンドを装着可能とした。車体色は、新色3色(コスミックシルバーメタリック、キャンディーバリュアブルレッド、パールコーンイエロー)と継続色2色(パールシルキーホワイト、ブラック)の5色の設定。また、前・後ホイールおよびリアキャリアのカラーリングをバーニアグレーメタリックに変更。
2013年7月4日にリード125(5代目 型式EBJ-JF45)が発売。5代目の発売後もリード・EXは、併売。
2015年にリード・EXの日本仕様の生産終了。

 

 

ホンダ Dio110の歴史

2011年7月18日に新発売。 型式は、EBJ-JF31
2013年5月24日にカラーチェンジ。
新色のシルバーを追加、継続色のブラックとホワイトの全3色の設定。ステップ下回りのカラーリング変更も行われた。
2015年3月6日にフルモデルチェンジ。 型式は、EBJ-JF58
フルモデルチェンジでは、新開発のeSPエンジンとフレームの採用。アイドリングストップなど追加。
Dio110のフルモデルチェンジ前後の詳しい違いはこちら。
2017年4月14日にカラーチェンジ。 型式は、2BJ-JF58
新色の「マットギャラクシーブラックメタリック」と「ランベントシルバーメタリック」の2色を追加、従来色の3色と合わせて全5色。
2019年2月22日にカラーチェンジ。
新色の「フォギーブルーメタリック」と「パールアイスバーグホワイト」の2色を追加、従来色の3色と合わせて全5色。

 

 

ここでは、
2009年1月発売のホンダ リード110(EBJ-JF19)と
2011年7月発売のホンダ Dio110(EBJ-JF31)
の違いを比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

ホンダ ディオ110

ホンダ リード110

発売

2011年7月

2009年1月

型式

EBJ-JF31

EBJ-JF19

全長

1845mm

1835mm

全幅

670mm

665mm

全高

1090mm

1125mm

ホイールベース

1255mm

1275mm

シート高

755mm

740mm

最低地上高

120mm

105mm

総重量

103kg

114kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

26°30´

26°30′

トレール(mm)

83

74

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

80/90-14 M/C 40P

90/90-12 44J

タイヤサイズ(後)

90/90-14 M/C 46P

100/90-10 56J

エンジン種類

空冷4ストロークOHC単気筒

水冷4ストロークOHC単気筒

総排気量

107cc

107cc

圧縮比

9.5

11.0

ボア

50mm

50mm

最高出力(kW/rpm)

6.2(8.4PS)/8250

6.6(9PS)/7500

最大トルク(N・m/rpm)

8.7(0.89kgf・m)/6500

9.3(0.95kgf・m)/6250

始動方式

セル・キック

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

自動乾式多板シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

5.5L

6.5L

燃料消費率(km/L)

52(60km/h)

50(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥199,500 キャンディーアルジャブルー ¥199,500 ボスグレーメタリック ¥199,500 キャンディールーシッドレッド ¥199,500 パールプロキオンブラック ¥199,500 パールホワイト

¥273,000 ブレイシングブルーメタリック ¥273,000 アドバンスドオレンジメタリック ¥273,000 パールシルキーホワイト ¥273,000 パールシルキーホワイト ¥273,000 ブラック ¥273,000 ボスグレーメタリック

 

 

 

 

リード110とDio110の比較の口コミ

 

 

Dio110のタイヤは14インチでリードは前12インチ後10インチ。タイヤ径が大きいと見た目がいいし、直進性は良い。でもタイヤそのものは細いので縦溝があるような道を通る時は、少し怖い

 

 

スーパーの駐輪場で隣にリードが停めてあった。持ち主がメットインを開けるところを見たけどDio110が洗面器としたらリードは、バスタブに感じた。

 

 

俺は、リードの方がいいと思う。数万円の違い以上の価値がある。買ったら数年は、乗るんだから数万円ケチってもしょうがない。

 

 

リードの方が倍くらいメットインが広いけど、その部分を重視しないならリードは、高い。乗り心地も14インチのDio110方がいいし、動力性能や燃費もDio110が勝っている。リードはキックもついてないし。

 

 

リードは、メットインの深さがないからDio110とは別の意味でヘルメット選びをしなきゃいけない。長ネギがそのまま入るから買い物では、便利だろうけど。

 

 

リードは積載性を優先して12インチにしてるからメットインを捨ててる14インチのDioとは棲み分けできてる。

 

 

リード110に試し乗りしたことあるが坂道だとDio110より速かったぞ。最高速は、80キロ位しかでないけど。

 

 

 

エンジンがDio110が空冷でリードが水冷。

 

 

リードはキックスターターが無いから頻繁に乗らないとバッテリーが上がると困るね。 Dio110にはキックは、ついてる。

 

 

Dio110は、燃費がいいし、価格も安いからコスパでは最強。 走りも振動も少なく静か。弱点は、収納。リードの収納も魅力的だけどDio110に箱をつければ問題なくなる。

 

 

JF31を買ったけど、前カゴが付かないから前カゴが付くリードにすれば良かったと後悔することがある。

 

中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト