スウィッシュとアドレスV125の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

スウィッシュとアドレスV125の違いを比較

 

スズキ スウィッシュの歴史

2018年6月26日にスウィッシュの国内向けモデルを発売。型式は、2BJ-DV12B
車体色は、4色(パールブレーシングホワイト、トリトンブルーメタリック、キャンディダーリングレッド、グラススパークルブラック)の設定。
2018年9月21日にスウィッシュ リミテッドを発売。
グリップヒーター、ナックルバイザー、シートヒーターの装備をプラスしたモデル。車体色は、スウィッシュと同じ。

 

 

スズキ アドレスV125の歴史

2005年2月26日に新登場。型式は、BC-CF46A
このモデルから4ストロークエンジンを導入。車体色は、黒、白、紺の全3色。
2006年3月からは生産が台湾の合弁会社である台鈴工業へ移管。
2007年2月28日にマイナーチェンジ。
メーターパネルにターンシグナルインジケーターを新しく採用し、文字盤のデザインを変更。シート下トランクに荷物の損傷を軽減するスポンジタイプのインナーマットを採用。車体色は、黒、白の全2色。
2010年1月15日にマイナーチェンジ。型式は、EBJ-CF4EA
2008年に一旦生産を終了となったアドレスV125がリアキャリア、インナーラックを装着するマイナーチェンジを施し復活。車体色は、3色(ソニックシルバーメタリックNo.2、グラススパークルブラック、ソリッドスペシャルホワイトNo.2)の設定。
2010年12月24日にカラー追加。
新色のファントムブラックメタリックNo.2を追加した。
2012年6月26日にカラーチェンジ。
新色のキャンディカプリブルーを追加。継続色3色(シルバー、ホワイト、ブラック)と合わせ全4色の設定。
2013年7月31日にカラーチェンジ。
新色のパールグラスホワイトNo.2を追加。継続色3色(シルバー、ブルー、ブラック)と合わせ全4色の設定。
2017年9月に日本向け車両のV125シリーズ全仕様の生産終了を発表。

 

 

ここでは、
2018年6月26日発売のスズキ スウィッシュ(2BJ-DV12B)と
2013年7月発売のスズキ アドレスV125(EBJ-CF4EA)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

スウィッシュ

アドレスV125

発売年月

2018年6月26日

2013年7月

全長 (mm)

1830

1750

全幅 (mm)

690

635

全高 (mm)

1095

1030

軸間距離 (mm)

1250

1235

最低地上高 (mm)

120

120

シート高 (mm)

760

740

車両重量 (kg)

114

97

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

124

124

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

52.4

53.5

行程(ピストンストローク)(mm)

57.4

55.2

圧縮比(:1)

10.3

9.6

最高出力(kW)

6.9

7.3

最高出力(PS)

9.4

9.9

最高出力回転数(rpm)

7000

7500

最大トルク(N・m)

10

10

最大トルク(kgf・m)

1

1

最大トルク回転数(rpm)

6000

6000

燃料タンク容量 (L)

5.5

6

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフ・キック 併用式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.8

1.1

クラッチ形式

自動遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

25°50′

26°00′

トレール量 (mm)

77

82

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

51

52

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

50.1

41.6

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

100/90-10

90/90-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

56

50

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

100/90-10

100/90-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

56

56

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

PH12

テールライトタイプ

LED

-

メーター表示

エンジン回転計 有

時計 有

 

車両装備

ハザードランプ 有

USBポート 有

キャリア 有

 

キャリア 有

メーカー希望小売価格(税抜き)

295,000円

236,250円

 

スウィッシュとアドレスV125の違いを比較
スウィッシュとアドレスV125の装備の違いを比較

 

スウィッシュとアドレスV125の比較の口コミ

 

 

アドレスV125からスウィッシュに乗り換えたけど、足元広くなってる。

 

 

アドレスV125は、2005年に発売されてずっと売れ続けたロングセラーのモデルだから、何度も改善されてるし、パーツの種類やネット上での情報が豊富。スウィッシュは、発売されたばかりだからこれからリコールや改善対策があると思うし、まだ社外パーツやネットでの情報が少ない。

 

 

通勤快速ならアドレスV125。車体がコンパクトですり抜けしやすいし、スィッシュより17kgも軽いから取り回しが楽。パワーもアドレスv125の方が上。

 

 

スウィッシュは、114kgでアドレスV125が97kg。おそらくマフラーが触媒容量が増えて重くなったのと、大きなLEDライトが付いたからこの辺で数kg増えてそう。他にもキャリパーやタイヤのサイズアップされてるし、ホイールベースが15mm長くなってる。タンク容量は、アドレスV125の方が0.5L大きいんだね。

 

●アドレスV125のタイヤ
前 90/90-10 50J
後 100/90-10 56J
●スウィッシュのタイヤ
前 100/90-10 56J
後 100/90-10 56J
スウィッシュは、前後共通のサイズにしている。理由は、10インチの小回り性能にこだわったのと、タイヤマスの増加で走行安定性に寄与する狙いがある。

 

 

アドレスV125からスウィッシュに乗り換えたけど、コナーリングがかなりいい。

 

 

スウィッシュは、キックが無いのが微妙。アドレスV125に乗っててキックのありがたさを身にしみて感じてる。

 

 

アドレスV125S乗りだけど、スウィッシュが走ってたから追いかけてみた。アドレスV125Sより出足が速いし、エンジン音も静かだった。

 

 

アドレスV125からスウィッシュに乗り換えた。足つきはアドレスV125よりは悪くなったけど、低速でも安定して走りやすくなったし、乗り心地がかなり良くなった。usbソケットもあるし、給油口が前になったし、メットインが大きくなって使い勝手が良くなった。

 

 

1人乗りならアドレスが最強。二人乗りするならスウィッシュ買っとけ。

 

 

アドレスV125からスウィッシュに乗り換えた人は、スズキイージースタートシステムだけでも買って良かったって思うはず。

 

アドレスV125S→スウィッシュだと
●加算されたもの。
・LED灯火類
・ツインショックとプリロード
・タコメーター
・フロントフェンダー
・ハザードランプ
・USB電源
●減ったもの
馬力 マイナス0.5ps
燃料タンク マイナス0.8L
盗難防止アラーム
ツイントリップメーター
前カゴマウント

 

 

アドレスV125Sからスウィッシュに乗り換えた。納車されて10kmぐらい走ったけど、ウインカーが静か過ぎて消し忘れる。それから思ってたより足つきが悪い。まだ6000rpmまでしか回して無いけど、発進が若干遅い気がする。乗り心地は良いよ。

 

 

アドレスV125Sからスウィッシュに乗り換えた。アドレスV125Sの時の燃費は、平均45km/Lだった。スウィッシュは、まだ慣らし中で2度目給油で燃費55km/L。ちなみに田舎の片道5km/hで乗ってる。

 

 

前乗ってたアドレスV125Sの時の燃費が44km/Lだったけど、乗り換えたばかりのスウィッシュも同じくらい。

 

 

スウィッシュは、原付二種の中では、コンパクトだけど、前乗ってたアドレスV125Sと比べると車体の幅が広く感じる。

 

 

燃費や装備では、スウィッシュ。コンパクトさでは、アドレスV125。あとアドレスV125 は、いろんな部品が販売されてるし、値段も安い。

 

 

製造国は、
スウィッシュが台湾。
アドレスV125が中国。

 

 

アドレスV125Sからの乗り換え検討でスウィッシュ試乗したけど、重いし、取り回しも大変だった。カッコイイけど高いな。

 

 

アドレスV125がアジアの中では日本だけで売れまくったのは、取り回しの良さと軽さとコンパクトさで日常の足としての需要があったからで走りを求めてる訳じゃない。スウィッシュは、この部分では、アドレスに勝てない。

 

 

アドレスV125の弱点は、積載量の無さだった。だからリアボックスが必須だった。リアボックス付けたくないならスウィッシュだな。

 

 

アドレスV125Sからスウィッシュリミテッドに乗り換えたけど、アイドリング静かだし、出だしが滑らかだし、グリップヒーターとシートヒーターが温かいし、燃費は、平均50km/Lくらいだし、全てスウィッシュが勝ってる。

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト