アドレス110とNMAXの違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

アドレス110とNMAXの違いを比較

 

スズキ アドレス110の歴史

1998年4月24日に2ストロークモデルが新登場。型式は、BD-CF11A
2000年3月21日にマイナーチェンジ。
ヘッドランプをマルチリフレクタータイプに変更。リヤターンシグナルランプをクリアタイプにして前後灯火器の質感を向上。リヤキャリアの剛性を高めた。シートを黒とグレーのツートーンカラーに変更。質感が高くスポーティーなデザインのキャストホイールを装着したキャストホイール仕様を設定。車体色は、3色(パールスティルブルーグレー、キャンディグランブルー、ソニックシルバーメタリック)。
2003年に2ストロークモデルが生産中止。
Vシリーズの後継は、アドレスV125となった。
2015年3月19日に4ストロークモデルが発売。型式は、EBJ-CE47A
車体色は、3色(ブリリアントホワイト、アイスシルバーメタリック、タイタンブラック)。
2016年4月27日にマイナーチェンジ。
シート表皮のデザインを変更。車体色は、3色(ブリリアントホワイト、アイスシルバーメタリック、タイタンブラック)。
2018年3月26日にマイナーチェンジ。型式は、2BJ-CE47A
平成28年国内排出ガス規制対応でパワーと燃費が若干ダウン。最高出力が6.7kW[9.1PS]/8,000rpm→6.5kW[8.8PS]/7,750rpm。最大トルクが8.6N・m[0.88kgf・m]/6,000rpm→8.6N・m[0.88kgf・m]/6,250rpmに変更。WMTCモード値燃費が51.2km/L→48.9km/L。車体色は、4色(トリトンブルーメタリック、アイスシルバーメタリック、タイタンブラック、ブリリアントホワイト)。

 

 

ヤマハ NMAXの歴史

2016年3月18日に「NMAX」を新登場。型式は、EBJ-SE86J
2017年8月21日に「NMAX ABS」をカラーリングの変更と平成28年度国内排出ガス規制へ適合し発売。型式は、2BJ-SED6J
従来モデルよりWMTCモード値の燃料が45.2km/L→43.6km/Lへダウン。価格が約1万円アップ。新色の「ブラックメタリックX」「マットディープレッドメタリック3」を設定。従来モデルからABSは装備されていたが、ここからモデル名に「ABS」が付いた。
2018年2月10日にカラーリングを変更し発売。
新色の「ビビッドパーリッシュブルーカクテル5」と「マットグレーメタリック3」を設定。

 

 

ここでは、
2016年4月発売のスズキ アドレス110(EBJ-CE47A)と
2016年3月発売のヤマハ NMAX(EBJ-SE86J)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

スズキ アドレス110

ヤマハ NMAX

発売

2016年4月

2016年3月

型式

EBJ-CE47A

EBJ-SE86J

全長

1845mm

1955mm

全幅

665mm

740mm

全高

1095mm

1115mm

ホイールベース

1260mm

1350mm

シート高

755mm

765mm

最低地上高

120mm

135mm

総重量

97kg

127kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

25゜ 45'

26°

トレール(mm)

97

92

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ディスク

タイヤサイズ(前)

80/90-14 M/C 40P

110/70-13 M/C 48P

タイヤサイズ(後)

90/90-14 M/C 46P

130/70-13 M/C 57P

エンジン種類

空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒

水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒

総排気量

112cc

124cc

圧縮比

9.3

11.2

ボア

51mm

52mm

最高出力(kW/rpm)

6.7(9.1PS)/8000

9(12PS)/7500

最大トルク(N・m/rpm)

8.6(0.88kgf・m)/6000

12(1.2kgf・m)/7250

始動方式

セル・キック

セル

点火方式

 

トランジスタ

クラッチ形式

乾式自動遠心シュー

乾式自動遠心シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

 

ウエットサンプ

燃料タンク容量

5.2L

6.6L

燃料消費率(km/L)

53(60km/h)・51.2(WMTCモード)

50.5(60km/h)・45.2(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格

¥205,200 アイスシルバーメタリック ¥205,200 ブリリアントホワイト ¥205,200 タイタンブラック

¥340,200 レッドメタリック7 ¥340,200 ホワイトメタリック6 ¥340,200 マットイエローイッシュグレーメタリック2 ¥340,200 ブラックメタリックX

 

アドレス110とNMAXの違いを比較
アドレス110とNMAXの違いを比較 装備

 

アドレス110とNMAXの比較の口コミ

 

 

 

●燃費の比較

 

カタログスペック
アドレス110が51.2km/L(WMTCモード)
NMAXが45.2km/L (WMTCモード)

 

みんカラでは
アドレス110 46.82km/L (回答数:271人)
NMAX  42.78km/L (回答数:134人)

 

 

最高速は、平地でメーター読みだとどっちも100km/hくらい。

 

 

 

NMAXは、たまに足元に物が置けくて困ることがある。近所の買い物とかちょっと出かける時なんかは、アドレス110の方が気楽でいいわ。

 

 

アドレス110は、足元に灯油のポリタンが積めるがいいね。俺は、NMAXに乗り換えてからは、車で買いに行ってる。

 

 

アドレス110とNMAXで迷ったけど結局NMAXにした。この前、車の見落としで急ブレーキしたけどNMAXのABSに助けられたからこっちにして本当に良かったと思ってる。

 

 

アドレス110でもそれなりに走るけど、あの細いタイヤでスピード出すと怖いし、何回か急制動でリアが滑ったことがあった。そこでABS付きで前後共にディスクブレーキ、太いタイヤのNMAXに試乗してみたらポジションがすごく楽だし、ブレーキの安心感が違ったからその場ですぐ決めた。

 

 

NMAXは、定価でアドレス110より13万5千円も高いんだぜ。新車の原チャリがもう一台買えるじゃないか。NMAXもいいけど価格差程の価値があるかといえば、そうは、思わない。

 

 

アドレス110は、標準装備でアルミ製リアキャリアがついてるし、荷掛フックやリアボックスの取り付けに対応した穴も最初から用意されている。NMAXは、グラブバーが標準装備でオプションのリアボックスを付けるには値段が高いキャリアを付け替える必要がある。

 

 

アドレス110からNMAXに乗り換えようか迷ってる。アドレス110は、ポジションが落ち着かないし、足の置き場の狭さが考えてたよりきつかった。でもそれ以外は、パワーもあって良いバイクだった。NMAXは、デザインや足回りが気に入ってるけどキャリアがついてないのが不満。あと コンビニフックやヘルメットホルダーもないんだよね。あとライトが暗くて夜雨が降ってる時見えないという口コミもある。

 

 

アドレス110は、安いけど無駄がなくて必要な物はきちんとある良いバイク。スズキは、日常生活でのスクーターの使い方をよくわかってる。NMAXやPCXのようなメタボスクーターと対極にあるのがアドレス110。

 

 

アドレス110からNMAXに乗り換えたけど街中をちょこまか走るんだったら軽くて小さいアドレスの方が小回りがきいて気楽に乗れるね。

 

 

アドレス110で信号待ちしてたら横にNMAXが来た。お互いにゆっくりスタートして普通においてかれた。NMAX速いな。

 

 

アドレス110を買ったけど唯一の不満はパワー不足だね。自分は、通勤、買い物、ツーリングと何でも使ってるからパワー不足を痛感してる。まあ、安いから仕方ないけど実際体験してみるとNMAXにしとけば良かったと思うこともある。

 

アドレス110と乗り比べたらNMAXの太いタイヤは、癖が強く感じた。これは、幅広タイヤ独特の癖で
倒すとともにグリップポイントがドンドンイン側に寄って来るからバンク角が深くなっていくがNMAXのタイヤの扁平率が低いから一定のポイントまで倒すと「これ以上はヤバい」ってなってタイヤの余裕のなさを感じる場面が多い。

 

 

アドレス110の全幅が665mmでNMAXが740mmだから7.5センチも違う。幅が広いとすり抜けや駐車スペースの問題が出てくる。更に全長も10センチくらいNMAXの方が長い。

 

 

NMAXに乗ってから久しぶりにアドレス110に乗る機会があったけどアドレス110の細いタイヤは乗ってて怖い。 スピード出てない時は、いいけどスピード出てる時のブレーキが怖い。

 

NMAXは、発売されたばかりだけど、ワイズギアが出してるオプションパーツ以外にあまりにもカスタムパーツが無さすぎる。 アドレス110は、発売されて1年だけど適合するタイヤは30種類以上、メーカー在庫が無いタイヤを除いても20種類以上。社外マフラーは36種類以上。サスペンションも有名メーカーは、一通り出している。買ってからすぐいじりたい人は、アドレス110の方が良いね。NMAXは、1〜2年くらい経過しないと無理かも。

 

 

高速巡行するならNMAXにした方がいいと思うよ。フラットフロアのアドレス110で90km/h出すのは、さすがに怖い。

 

 

全長 全幅 軸間 シート高 タイヤ タンク容量
mm mm mm mm inch L
1,845 665 1,260 755 14_14 05.2 アドレス110
1,955 740 1,350 765 13_13 06.6 NMAX125

 

最高出力 最大トルク 重量(*=乾燥)
kW[PS]/rpm Nm[kgf]/rpm kg
6.7[9.1]/8,000 8.6[0.88]/6,000 97 アドレス110
9.0[12]/7,500 11.7[1.2]/7250 127 NMAX125

 

 

 

俺は、通勤用に探してたけど現物の2台を比べてみると、車体の大きさと価格が違い過ぎて迷わずアドレス110にした。余まったお金でリアボックス、風防、グリップヒーターを付けて通勤快適仕様にする方がよっぽどいいわ。それでもまだ金が余るし。

 

 

アドレス110乗りだけど、NMAXに乗ったら足が凄く快適だった。

 

 

モトチャンプ2016年4月号での計測

 

最高速度(外車は除外)
PCX>リード>NMAX>BWs>アドレス110>Dio110>アドレス125>シグナス>アクシストリート>トリシティ

 

0-100m(外車は除外)
リード>シグナス>BWs>PCX>アドレス125>NMAXアドレス110>Dio110>トリシティ>アクシストリート

 

何でも考えようで変わってくる。NMAXの太いタイヤは、いいけどタイヤが太いと燃費悪くなる。倒す時も安心感があるけど調子に乗って倒しすぎるとガリガリになる。逆にアドレス110の細タイヤだと心細いと思うけど燃費が良くなるし、運転が慎重になって事故にあうリスクが下がる。

 

 

アドレス110は、安いのにパーキングブレーキやコンビニフックなど日常生活で必要なNMAXにない装備が付いてて使い勝手がいい。

 

 

NMAXに試乗してきたけど前後ディスクブレーキで更にABS付き、タイヤも太くて制動力と安定性は、原付二種でトップクラス。アドレス110がコストカットで捨てた部分が付いてる。

 

 

アドレス110は、タイヤが14インチだからタイヤの選択肢が多くて安く買える。NMAXは、13インチだから選択肢が少なくて値段が高い。

 

 

地震が来た時、会社の駐輪場に停めてた俺のアドレス110を見に行ったら倒れてた。でも同じ駐輪場に停めてあったNMAXは、倒れてなかった。軽い方が倒れやすいのかな。

 

 

NMAX買ったけど、狭い場所での取り回しの面倒くささや照射範囲の狭いLEDヘッドライトへの不満があるから、安いアドレス110でも十分だったと思ってる。

 

 

NMAXの修理の代車でアドレス110に乗った。凄く軽いし、加速もそこそこいいね。あとNMAXよりライトの出来がいい。

 

 

夜乗るならアドレス110の方がいいよ。NMAXのライトは、直線しか照らしてくれないし、通勤で街灯の少ない道を通る人には、危ないと思う。ハイビームも使い物にならないし、車がこっちの存在に気づいてくれない。アドレス110のライトは、随分まともだった。

 

 

NMAXは、足を前に投げ出せて楽だけど、冬は、ズボンの裾から風が入るから寒いよ。通勤30分ぐらいなら、安くて軽い空冷14インチスクーターのアドレス110で十分。

 

 

燃費は、アドレス110の方がだいぶいいね。

 

 

アドレス110は、軽いから取り回しが楽。NMAXに乗り換えて少し重くなった。たいした違いは、なさそうに思えるけど、毎日やってたらアドレス110の軽さが恋しくなった。

 

 

足元の自由度は、圧倒的にNMAX。アドレス110の時の足置きのストレスが無くなった。

 

 

NMAXは、足元がゆったりなのはいいけど、フラットフロアじゃないのと車重が130kgちょいあるのが微妙。

 

 

通勤や通学で淡々と走るだけならアドレス110でも充分。排気量の割に流れが速い道でも意外にいける。NAMXは、アドレス110に15万円プラスしてスポーツ性を追加した感じだな。NMAXの走りはいいけど、ソファー的な乗り心地の良さはない。

 

 

NMAXを修理に出して代車でアドレス110乗ってるけど、ヘッドライトは、35ワットのハロゲンだとまともに見えるね。ヘッドライトだけ交換して欲しい。

 

 

アドレス110からNMAXに乗り変えたら、足の自由度が快適だ。アドレス110みたいな腰高感もなくていいけど、NMAXのシートは、結構固いね。

 

 

アドレス110は、ライトがハンドルマウント。
NMAXは、ボディマウント。

 

 

NMAXで街灯の無い山のクネクネ道を走ってたら、暗くて見えないから30km/hぐらいじゃないと走れない。コーナーで車体を傾けると、進行方向が真っ暗で怖い。アドレス110は、ヘッドライトが特に明るいわけではないが全体を照らしてくれるからそんなに怖くない。同じ山道をNMAXの倍ぐらい速いペースで走れた。

 

中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト