PCX125 グロム の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

PCX125 グロム の違いを比較

 

ホンダ PCXの歴史

2010年3月30日に新登場。型式は、EBJ-JF28。
車体色は、3色(パールヒマラヤズホワイト、キャンディーロージーレッド、アステロイドブラックメタリック)の設定。
2012年5月11日にマイナーチェンジ。
新開発のスクーター用グローバルエンジン「eSP」に変更。エンジンマウント位置の変更。シートのバックレストの形状変更。燃料タンクリッドの開口方向の変更。
車体色は、新色のキャンディーライトニングブルーと従来色のホワイトとブラックの3色の設定。
2012年12月14日に特別・限定仕様 PCXスペシャルエディションを発売。
特別カラーの車体色2色(パールヒマラヤズホワイト、マットガンパウダーブラックメタリック)とゴールドカラーのホイールを採用。
2014年4月24日にフルモデルチェンジ。型式は、EBJ-JF56。
全灯火器にLEDを採用。新設計のフロント、リアカウルを採用。エンジンは、「eSP」の一部を改良し、低・中速域で力強いトルク特性とするともに燃費性能を向上。リアタイヤは、転がり抵抗を軽減する低燃費タイヤを新たに採用。シートは、バックレスト一体型に変更。燃料タンク容量を5.9Lから8.0Lに増やした。車体色は、3色(キャンディーノーブルレッド、ポセイドンブラックメタリック、バールジャスミンホワイト)の設定。
PCXのJF28とJF56の詳しい違いは、こちら
2015年5月22日にカラーを追加。
新色のマットテクノシルバーメタリックを追加。従来色の3色(レッド、ブラック、ホワイト)とあわせて全4色の設定。
2016年2月26日にカラーチェンジ。
新色のパールダークアッシュブルー。従来色の3色(シルバー、ブラック、ホワイト)とあわせて全4色の設定。
2016年4月22日に特別・限定仕様の「PCX Special Edition」を発売。
スポーティーなイメージの特別カラー2色(パールジャスミンホワイト、ポセイドンブラックメタリック)を採用。「白 or 黒」のカラーをベースに、それぞれフロントカバーからボディカバー、グラブレールにかけて赤のストライプを配し、シートのステッチ、リアサススプリング、ボディカバー側面の立体エンブレムなどに赤のアクセントをつけた。

2017年2月10日にカラーチェンジ。
新色は、単色のクリッパーイエローとツートンのキャンディーロージーレッドとポセイドンブラックメタリック。ツートンは、ロアカバーにシルバー、ボディカバーにストライプ、シートにレッドのステッチを採用。従来色の3色(ダークブルー、ホワイト、ブラック)とあわせて全6色の設定。
2018年4月6日にフルモデルチェンジ。型式は、2BJ-JF81
外観を一新。エンジンは、「eSP」の一部仕様を変更し優れた燃費性能と中・高回転域の出力向上を両立。フレームをダブルクレードル構造に変更。前後ホイールの軽量化とタイヤのサイズ変更によるワイド化。リアサスペンションのストローク量を増加。「Honda SMART Keyシステム」を採用。車体色は、4色(キャンディラスターレッド、ポセイドンブラックメタリック、パールジャスミンホワイト、ブライトブロンズメタリック)の設定。
PCXのJF56とJF81の詳しい違いは、こちら

 

 

ホンダ グロムの歴史

2013年6月21日に新登場。型式は、EBJ-JC61
車体色は、黄、赤、黒の3色。
2014年4月15日にマイナーチェンジ。
新色のパールヒマラヤズホワイトを追加、継続色の2色(赤と黒)とあわせて3色の設定。また、車体各部のカラーを変更。ホイール、前後ブレーキキャリパー、サイドカバーガーニッシュにゴールドカラーを採用。シートカウル、ヘッドライトステーに車体色と同色を施した。
2015年3月5日にカラーチェンジ。
新色のマリゴールドイエローを追加。継続色の2色(白と黒)とあわせて全3色の設定。サイドカバーとリアカウルにマットブラック塗装を施した。継続色の2色のシュラウドにあしらったウイングマークをレッドに変更。「GROM」のロゴを拡大しサイドカバーに貼付。
2016年6月9日にマイナーチェンジ。
新設計のLEDヘッドライトを採用。ボディー形状はエッジを効かせたデザインに変更。ヒンジ式のタンクキャップを新たに採用。、イグニッションキーのブレード部を持ち手に収納可能としたフォールディング機能付き「リトラクタブルキー」をHondaの二輪車で初めて採用。
車体色は、レモン、赤、白の3色。
グロムのマイナーチェンジ詳細は、こちら
2017年7月24日にカラーチェンジ。型式は、2BJ-JC75
前後のホイールとブレーキキャリパー、エンジン右側面のカバーにゴールド、リアサスペンションのスプリングにレッドのカラーを採用。車体色に新色の「マットアクシスグレーメタリック」を追加。従来色の赤、白と合わせて全3色の設定。

 

 

ここでは、
2015年5月発売のPCX(EBJ-JF56)と
2015年3月発売のグロム(EBJ-JC61)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

ホンダ PCX

ホンダ グロム

発売

2015年5月

2015年3月

型式

EBJ-JF56

EBJ-JC61

全長

1930mm

1760mm

全幅

740mm

755mm

全高

1100mm

1010mm

ホイールベース

1315mm

1200mm

シート高

760mm

750mm

最低地上高

135mm

160mm

総重量

130kg

102kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

スイングアーム

キャスター角

27°

25°

トレール(mm)

86

81

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ディスク

タイヤサイズ(前)

90/90-14 M/C 46P

120/70-12 51L

タイヤサイズ(後)

100/90-14 M/C 51P

130/70-12 56L

エンジン種類

水冷4ストロークOHC単気筒

空冷4ストロークOHC単気筒

総排気量

124cc

124cc

圧縮比

11.0

9.3

ボア

52mm

52mm

最高出力(kW/rpm)

8.6(12PS)/8500

7.2(9.8PS)/7000

最大トルク(N・m/rpm)

12(1.2kgf・m)/5000

11(1.1kgf・m)/5250

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

湿式多板

変速機形式

Vベルト自動無段変速

4段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

8.0L

5.5L

燃料消費率(km/L)

53.7(60km/h)・50.6(WMTCモード)

63.2(60km/h)・67.6(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格


¥329,400 マットテクノシルバーメタリック
¥329,400 パールジャスミンホワイト
¥329,400 ポセイドンブラックメタリック
¥329,400 キャンディーノーブルレッド


¥334,800 マリゴールドイエロー
¥334,800 パールヒマラヤズホワイト
¥334,800 アステロイドブラックメタリック

 

収納スペース

 

 

PCX

グロム

フロント

フロントパネル左側のグローブボックスには、500mlのペットボトルが収納可能。スマートフォンなどが充電できるアクセサリーソケットも装備。

なし

メットイン

シート下には容量25Lの収納スペースを確保。シートを開閉する際に、途中の位置で固定できるストッパー機能を採用。

なし

 

 

メーター

 

PCX

グロム

メーターには、デジタル時計や平均燃費、燃料計を表示するセンターディスプレイを配置。

液晶ディスプレイのデジタルスピードメーターを採用し、少ない視線の移動で情報を確認できるよう視認性に配慮。また、バーグラフで表示されるタコメーターをはじめ、燃料計や走行距離、時計など多彩な情報を表示します。

 

 

 

外観

 

PCX

 

グロム

 

PCX(EBJ-JF56)とグロム(EBJ-JC61)の比較の口コミ

 

PCX125とグロムでは、PCXの方が速いです。グロムはMT4速です。250ccでも100km/hで6速なのでグロムで100km/hは、厳しいかも。グロムは、カブのエンジンでPCXは、高性能水冷espエンジンです。その代わり燃費は、グロムの方が良いです。スーパーカブ110と同じくらいの燃費です。

 

タンク容量がPCXが8L、グロムが5.5Lですがグロムは、燃費が良いので200Km無給油で走れます。PCXは、直線が速いがコーナーリングと悪路は苦手。スポーティーな走りをするならPCXは、全くダメです。コーナリングで少しバンクさせるだけでタイヤが滑りますし、いいタイヤを履かせてもコーナリングでは安定感がありません。もちろんグロムでもスポーティーな走りは無理ですが。。。

 

 

PCXは、荷物もそれなりに詰めるし快適です。しかしグロムよりも30kgくらい重いですしバンク角もスクーターですからそれなりです。遊ぶならグロムの方が楽しいですがグロムの快適性は皆無です。

 

グロムは以前、リコール発表したし、オイルが乳化しやすいのであまりオススメできません。また、付いている部品が貧弱過ぎて、カスタマイズして乗ってねと言いう仕様。

 

グロムはタイホンダが設計・製作しているので、タイ本国の道路事情を考えて作ってあるため路面状態が悪い道であればPCXより安定して走れるかもしれません。

 

私ならグロムにします。かっこいいし、おもしろそうだから。MTだしバイクに乗ってる感があると思います。荷物なんて、通学とか遊びにいく程度だったらメッセンジャーバッグやデイパックで十分です。

 

どちらもメーターは、豪華だね。グロムも多機能メーターでお手軽な価格なのが嬉しい。タコメーター、トリップ、時計、ガソリン残量。同じ12インチのエイプ100、XR100モタードには、これら機能がついてません。それなのに価格もAPEタイプDとXR100モタードと比較すると安いです。カスタムも含め遊べるバイクです。

 

Honda Innova 125 vs Honda Pcx 125

 

INNOVAは125ccのヨーロッパ版のWAVEだからエンジンは、基本的にGROMと同じもの。途中2:15くらいから信号でPCXとヨーイドンとなるシーンがあるけどPCXがフライング気味だけどその後の加速でさらに引き離されてる

 

 

原付二種クラスの街乗りレベルの話では、軽くアクセルひねるだけで加速できるスクーターの優秀さが光る。

 

 

快適さは、PCXの方が断然上。長時間乗ることがあるならPCXにした方がいい。グロムは、振動が酷いから長時間乗ると腰を痛める。

 

 

通勤で使うならPCXの方が絶対楽。グロムだとダルいよ。だからみんな改造してるし、改造しないと快適に乗れない。だから金がかかる。PCXは、最初から完成度が高いから特に不満がない。

 

 

グロムでバイパスを70〜80km/hで走ると怖い。それにしてもPCXやシグナスにスイスイ抜かされる。同じ原付二種でもスクーターの方が速いね。

 

 

旧型PCXからグロムに乗り換えた。俺の印象では、加速はグロムの方が元気な気がした。まあ、車重でグロムの方が28sも軽いからそう感じたのかも。最高速はPCXの方が速いね。

 

 

加速もPCX(水冷)の方が速いよ。

 

 

グロムは、速度出すと振動がPCXの5倍くらいあると思う。まあ、その振動のおかげスピード出す気がなくなって安全なんだけど。

 

 

グロムは、燃費が凄い。アイドリングストップ付きのPCXよりもいいからね。

 

 

PCXは、すぐ飽きるよ。つまらない優等生って感じ。普通過ぎて何の感想もない。まあ、それはそれで凄いことなんだけど。

 

 

グロムを通勤で使う人は、タイヤは交換して荷物をどうするのか考えておいたほうがいい。通勤なら素直にPCXを買った方が無難だけど。

 

 

あまり細かいことを気にする人は、グロムは向いてない。

 

 

グロムは、大型と2台持ちや4miniやMT好きの人に向いてる。通勤なら絶対PCXの方がいい。見た目でグロムにして通勤で使うと後で後悔するよ。

 

 

エンジン性能はPCXの方が上。でも同じタイホンダだからカウルを?いだら品質はグロムと変わらないけど。

 

 

いじらない前提で、街乗りで便利で快適なのは、間違いなくPCX。

 

 

グロムは、エンジンが空冷だし、直線で水冷のPCXより遅いのは、しかたない。

 

 

要は、乗って楽しめるか。グロムには、十分、楽しめるだけのパワーがある。直線しか楽しめない人は、PCX買えってなるけど。

 

 

グロムで2人乗りはつらい。すぐ近くならいいけど、2人乗りでどこかへツーリングは無理。2人乗りする可能性があるならPCXにした方がいい。

 

 

PCXとかのスクーターは、走っててつまらない。だからすぐ乗り換えたくなる。グロムは、単純に乗ってて楽しいんだよ。

 

 

サッカーやるから足首捻挫することも考えてPCXかな。

 

 

PCXとグロムで迷ってるなら、不満が少ないのは、明らかにPCXだよ。グロムは、お尻が痛いし、ポジションも安定しないし、ディスクが鳴くし、タイヤが滑るし、二人乗りがキツイし不満は多い。そういうのをカスタムして楽しむ趣味のバイク。

 

 

普通に考えたら0スタートは、PCXの方が速い。グロムで高回転で繋げて引っ張っればわからないけど。中間加速含め平地ならトータルでもPCXの方が優勢。山とかで登りがあるなら四速でもギアが選択できるグロムが有利。

 

 

PCXとグロムで迷ってグロムを買った。グロムは、荷物を背負うかキャリーを付けるしかない。ヘルメットも持ち歩いている。あとシフトで靴が痛む。シフトペダルカバーを買ったほうがいいかも。楽に移動するかだけ考えるとPCXだが、操作する楽しさはグロム。あとグロムは、カスタムの楽しみがある。

 

 

両方持ってるけどタンデムは、雲泥の差。タンデムするならPCXにしとけ。

 

 

ほぼ無意識にシフトチェンジできて、それが楽しくできる人は、グロム。意識してシフトチェンジしてる人は、運転するの面倒って言い出すからPCXにしたほうがいいと思う。

 

 

MTに拘りが無い人は、PCXの方がいい。見た目は、1週間で慣れるけど、乗り心地はバイクを売るまで同じ。グロムでツーリングは、精神的にも肉体的にもキツイ。快適にツーリングを楽しみたいなら乗り心地、積載は、重要。

 

 

俺は、グロムにして10分の通勤で使ってるけど、最初は、楽しかったけど今は面倒だぞ。箱付けてないから荷物を背負わないといけないし、帰りに買い物にも行けない。長く乗るならPCXの方がいい。

 

 

俺もグロム乗りだけど利便性を取るならPCXだと思う。俺は、車と使い分けてるからグロムで問題ないけど。

 

 

完全に遊びで乗るならグロム。
通勤の足ならPCX。

 

 

通勤で使うなら雨の日も乗ることになる。グロムは、雨で乗った後のチェーンメンテが必要。その点、スクーターは楽。

 

 

やっぱり通勤だけの便利さを考えるとPCXになる。

 

 

駐輪場は、PCXはでか過ぎて苦労する。サイズ的には、グロムがいい感じ。

 

 

俺もPCXとグロムで迷ったけど、週末しか乗らないから楽しめそうなグロムにした。買って後悔してないけどPCXに普通に抜かされる度にPCXでも良かったなと思う時もある。

 

 

PCXとグロムの両方持ってる。積載性やタンデムのしづらさ、巡航速度が遅いのが気にならない人は、グロム買えばいいと思う。どれか一つでも気になるならPCXにした方が後悔しないはず。

 

 

出足の加速と最高速は、PCXの方が上。まっすぐ走る分にはグロムより速い。

 

 

実用性を取るならPCX。走ってて楽しいのは、グロム。それだけだ。

 

 

安全性では、PCXの方が上かな。グロムは、硬いシートで疲れて、濡れた路面で酷い純正タイヤが滑る可能性がある。

 

 

両方持ってるけどPCXの方が速い、快適、便利。グロムが楽しいと言うけどPCXも意外と楽しい。グロムは、振動とか快適と逆な部分が逆に良いのかもしれない。

 

 

基本的に空冷9.8馬力のグロムに速さを求めちゃだめ。PCXは、水冷で12馬力あるし、右手一捻りで即全開にできる。グロムは、回してもトルクが出ないし、発進毎バカみたいに6000回転以上まで上げて半クラできない。でもグロムは、ガシャガシャ、ミッション操作を楽しめるし、ゆっくり走れて、燃費が良い。手軽に遊べて、さらにカスタムも楽しめるクラッチ付き12インチ。でも通勤メインならPCX一択かな。チェーンメンテ不要だし、すり抜けに向いてるハンドル幅だから。

 

 

PCXの方が豪華に見えるけど、グロムとPCXは、値段がほぼ同じだね。

 

 

PCXの方がコスパはいい。灯火類LED、水冷アイスト付きESP、シート、収納などの差があって値段が変わらないから。PCXのコスパが良い理由は、他のスクーターと共通部品が多く、量産できるからコストが安く済む。グロムは、専用設計のパーツが多いから高くなってる。

 

 

俺は、バイク屋で両方置いてあったから、ジロジロ見比べたらPCXの方が高級感があった。質感が高い。でも俺は、グロムにした。乗って楽しいのが欲しかったから。

 

 

主に通勤だけどPCXとグロムで迷ってる。値段が一緒だから。でもグロムを買うならキャリア付けなきゃ。

 

 

通勤で乗るならPCXの方が後悔しない。燃料タンクが8リットルだし、乗車姿勢や操縦やシートが楽で積載が簡単。雨の時にチェーンメンテ不要だし、変速や半クラがなくて楽。燃費面ではグロムの方が上かな。

 

 

毎日乗るならPCX。週末だけならグロム。

 

 

楽しさは、グロム。
楽さは、PCX。
おもちゃが欲しいならグロム
実用性ならPCX。

 

 

純正タイヤは、どっちもクソ。

 

 

タンデムすることが多いならPCXにしといた方がいい。グロムは、シート長がシグナスレベルでその上薄くて硬い。

 

 

遊べるグロムか実用的なPCXにするか迷うね。

 

 

PCXのアイドリングストップが快適。

 

 

PCXもいいと思ったけど普通過ぎるんだよね。このクラスのバイクではグロムが一番楽しい。

 

 

どちらもホンダの125ccだけど、PCXは豪華装備なのにグロムと同じぐらいの価格設定だからね。PCXが安いのかグロムが高すぎるのか難しいところだね。

 

 

PCXの方がカッコイイし、便利だけど、スクーターは、すぐ飽きるからな。俺は、乗ってて楽しいグロムの方が好き。

 

 

 

次に
2018年4月6日発売のPCX(2BJ-JF81)と
2017年7月24日発売のグロム(2BJ-JC75)
を比較しました。

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種名

PCX

グロム

モデルチェンジ区分

フルモデルチェンジ

カラーチェンジ

発売日

2018年4月6日

2017年7月24日

型式

2BJ-JF81

2BJ-JC75

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1925

1755

全幅 (mm)

745

730

全高 (mm)

1105

1000

軸間距離 (mm)

1315

1200

最低地上高 (mm)

137

155

シート高 (mm)

764

760

車両重量 (kg)

130

104

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

空冷

排気量 (cc)

124

124

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

内径(シリンダーボア)(mm)

52.4

52.4

行程(ピストンストローク)(mm)

57.9

57.9

圧縮比(:1)

11

9.3

最高出力(kW)

9

7.2

最高出力(PS)

12

9.8

最高出力回転数(rpm)

8500

7000

最大トルク(N・m)

12

11

最大トルク(kgf・m)

1.2

1.1

最大トルク回転数(rpm)

5000

5250

燃料タンク容量 (L)

8

5.7

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

搭載バッテリー・型式

GTZ8V

YTZ5S

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.9

1.1

変速機形式

Vベルト式・無段変速

リターン式・4段変速

フレーム型式

ダブルクレードル

バックボーン

キャスター角

-

25°

トレール量 (mm)

-

81

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

54.6

62.7

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

50.7

67.1

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

タイヤ(前)

100/80-14

120/70-12

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

48

51

タイヤ(前)速度記号

P

L

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

120/70-14

130/70-12

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

55

56

タイヤ(後)速度記号

P

L

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.15

2.75

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

3.5

3.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

燃料計 有
時計 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アイドリングストップ 有
DCソケット 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

-

メーカー小売価格

342,360円

351,000円

 

PCX(2BJ-JF81)とグロム(2BJ-JC75)の比較
PCX(2BJ-JF81)とグロム(2BJ-JC75)の装備の比較

 

PCX(2BJ-JF81)とグロム(2BJ-JC75)の比較の口コミ

 

 

販売計画台数(国内・年間)
2018年4月6日 PCX 15,000台
2017年7月24日発売 グロム 3,000台

 

 

PCXは、通勤だけ最高。一方、グロムは、通勤に使える、おもちゃにもなる。その気になればジムカーナやサーキットでも遊べる。

 

 

2019年5月時点での同じバイク店の自賠責保険5年つけた実売価格がPCXが344,350円、グロムが351,350円。

 

中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト