シグナスX SRとアドレスV125Sの違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

シグナスX SRとアドレスV125Sの違いを比較

 

ヤマハ シグナスXの歴史

初代型
2003年5月30日に「シグナスX」が新登場。型式は、BC-SE12J
2004年8月20日に「シグナスX SR」が新登場。型式は、BC-SE12J
シグナスX SRの新たな特徴は、3段階調整式リアサスペンション、スポーティなカラー&グラフィック、ブラック仕上げフロントフォークアウターチューブ、ブラック仕上げ前後アルミホイールなどです。
2005年3月25日に「シグナスX」をマイナーチェンジ。
新色「ガンメタ」を設定。全色にメーターパネル周り、ハンドルスイッチにメタル調の塗装を採用、メーターパネルにブラックメーターパネルを採用。フロントフォークアウターチューブと前後ホイールをブラックとした。
2005年8月22日に特別・限定仕様「シグナスXSR50thアニバーサリースペシャルエディション」を発表。
「シグナス‐X SR」からの変更点は、「USインターカラー」の象徴であるイエローの専用車体色とホワイト&ブラックのストロボパターン専用グラフィック、50周年記念エンブレム、「CYGNUS‐X SR」の専用エンブレム(フロント)。
2005年9月20日に「シグナスX SR」をマイナーチェンジ。
新たな変更点は、マットチタン色メーターパネル周りの採用、マットチタン色ハンドルスイッチカバーの採用、レッドの強制空冷ファン採用などを行った。
2006年4月10日に「シグナスX 」と「シグナスX SR」をカラーチェンジ。
2代目
2007年10月12日に「シグナスX 」をフルモデルチェンジ。型式は、EBJ-SE44J
モデルチェンジでの主な変更点は、始動性に優れ高い環境性能を実現するF.I.採用、駆動系のセッティング変更による中低速域でのパワーフィーリング向上、ポジションランプ一体型ヘッドライト採用などのシャープな新デザイン、シートのクッション厚アップ、フットボード前面の傾斜角拡大、アナログスピードメーターとデジタル表示液晶式燃料計を組み合わせた新メーターパネルの採用などです。
2007年12月14日に「シグナスX SR」をフルモデルチェンジ。型式は、EBJ-SE44J
フルモデルチェンジでの変更点は、上の「シグナスX 」と同じです。
シグナスXの初代と2代目の違いはこちら
2009年12月10日に「シグナスX 」をカラーチェンジ。
車体色にシックなシルバーを新たに設定。全てのカラーにフロントフォークアウターチューブ・前後ホイール・フロントディスクブレーキ内側にブラック塗装を施した。

 

2010年1月20日に「シグナスX SR」をマイナーチェンジ。
車体色の「ブラックメタリックX」で艶ありと艶なしに塗り分けを施し、「ビビッドレッドメタリック5」はレッドとブラックに塗り分けた。またシート表皮に赤いステッチを施し、前輪ディスクブレーキ内側にブラック塗装を施した。
2011年2月25日に「シグナスX SR」をマイナーチェンジ。
アナログ式タコメーターを採用。ホワイト・オレンジ・グリーンから液晶画面の照明色を選べるデジタル式スピードメーターを採用。二人乗り走行時の快適性に配慮した折りたたみ式のタンデムステップを採用。スモーク調の立体エンブレムを新たに装備。車体色も変更した。
2012年2月28日「シグナスX SR」の特別・限定仕様「WGP50thアニバーサリーエディション」を発売。
基本車両をベースに、MotoGPマシン「YZR-M1 WGP参戦50周年記念カラー」と同様の赤と白を基調にしたスポーティなカラーを施したモデル。
3代目
2013年2月8日に「シグナスX 」と「シグナスX SR」をモデルチェンジ。型式は、EBJ-SE44Jのまま。
モデルチェンジの主な特色は、都会派スポーティイメージを印象づける洗練されたスタイリングを採用。従来モデルより約2.5L容量増の約31.0Lの大容量シート下トランクを採用。新デジタル&アナログのコンビネーションメーターを採用。LEDランプ(前ポジション、テールライト)採用などです。
シグナスXの2代目と3代目の違いはこちら
2014年4月に特別・限定仕様「CYGNUS-XSRYSP30thAnniversaryEdition」を発売。
2015年2月14日に「シグナスX SR」をカラーチェンジ。
ビビッドなカラーリングがスポーティさを際立たせる「SHOW OFF SPORTY」系3色と都会的で落ち着いた大人の上質を感じさせる継続設定の「URBAN SPORTY」系2色の全5色設定。
4代目
2015年11月20日にフルモデルチェンジ。型式は、EBJ-SEA5J
主な変更点は、実用域のトルクを向上し、加速性能を向上させつつ、実用燃費も改善。車体は、新作フレーム、新作フロントフォーク&リアアーム、新作5本スポークホイールなど軽量化技術を織り込み、車両重量が従来より4kg軽くなる。ほかにも200mm径リアディスクブレーキを採用。 新リフレクター採用のヘッドライト、LED導光体併用ポジションランプ、LEDと導光材を組み合わせたテールライト、青バックの液晶メーターなどを採用。
シグナスXの3代目と4代目の違いはこちら
2017年2月10日に特別・限定仕様「シグナスX SR SPECIAL EDITION」を発表。
主な特徴は、ヤマハレーシングブルーとシルバーのツートンカラー。「SPECIAL EDITION」専用エンブレム。ゴールドキャリパーなどを追加。
2017年8月21日に「シグナスX SR」のカラーリングを変更と平成28年度国内排出ガス規制へ適合し発売。型式は、2BJ-SED8J
2017年9月6日に特別・限定仕様「シグナスX SR Movistar Yamaha MotoGP Edition」を発表。
主な特徴は、レースを象徴するヤマハレーシングブルーの外装色。スプリングのカラーがイエローのリアサスペンション。ゴールドカラーの前後ブレーキキャリパー。ゴールドカラーの音叉マーク。Movistarロゴマークをあしらったグラブバーなどを採用。
2018年2月10日に「シグナスX SR」に新色を追加して発売。

 

 

アドレスV125S

2010年8月に新登場。型式は、EBJ−CF4MA
2011年1月に特別・限定仕様を発売。
2012年1月に特別・限定仕様を発売。
2012年9月にカラーチェンジして発売。
2013年1月に特別・限定仕様を発売。
2013年9月にカラーチェンジして発売。
2013年12月に特別・限定仕様を発売。

 

 

ここでは、
2015年11月発売のヤマハ シグナスX SR(EBJ-SEA5J)と
2013年9月発売のスズキ アドレスV125S(EBJ−CF4MA)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

ヤマハ シグナスX SR

スズキ アドレスV125S

発売

2015年11月

2013年9月

型式

EBJ-SEA5J

EBJ−CF4MA

全長

1895mm

1780mm

全幅

690mm

635mm

全高

1115mm

1035mm

ホイールベース

1305mm

1235mm

シート高

775mm

745mm

最低地上高

115mm

120mm

総重量

118kg

101kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

27°

26°

トレール(mm)

90

82

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ドラム

タイヤサイズ(前)

110/70-12 47L

90/90-10 50J

タイヤサイズ(後)

120/70-12 51L

100/90-10 56J

エンジン種類

空冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒

空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒

総排気量

124cc

124cc

圧縮比

10.0

9.6

ボア

52mm

54mm

最高出力(kW/rpm)

7.2(9.8PS)/7500

7.3(9.9PS)/7500

最大トルク(N・m/rpm)

9.9(1kgf・m)/6000

10(1kgf・m)/6000

始動方式

セル・キック

セル・キック

点火方式

トランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

乾式自動遠心シュー

乾式自動遠心シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

ウエットサンプ

圧送

燃料タンク容量

6.5L

6.3L

燃料消費率(km/L)

43.3(60km/h)・39.1(WMTCモード)

52(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥307,800 マットブラック2 ¥307,800 ディープパープリッシュブルーメタリックC ¥307,800 ビビッドレッドメタリック5 ¥307,800 ホワイトメタリック1 ¥307,800 ブラックメタリックX

¥261,450 パールブレーシングホワイト ¥261,450 キャンディカプリブルー ¥261,450 グラススパークルブラック ¥261,450 ファントムブラックメタリックNo.2

 


 

 

シグナスX SRとアドレスV125Sの比較の口コミ

 

 

アドレスV125S 9.9ps 101kg F10/R10 
シグナスX SR 9.8ps 118kg F12/R12

 

 

アドレスV125Sは、中身の割には、価格が高く感じる。ちょっとだけ高くて圧倒的にカッコいいシグナスの方が良いわ。

 

 

俺は、以前、原付盗まれたことがあるからアドレスV125Sにした。このクラスで唯一の盗難防止アラームが標準装備なところに惹かれた。シグナスは、カッコよくて人気があるから盗難のリスクが高いんだよな。

 

 

ヘッドライトが明るくてリアがディスクになったシグナスの方がいいよ。

 

 

自分のアドレスV125Sの横にシグナスXが止めてあったけどかなりデカかった。アドレスの二回り位でかく感じた。 シグナス買ったらサブでコンパクトな50ccでも買いたくなりそう。アドレスV125Sではありえないけど。

 

 

アドレスV125S  SOHC 2バルブ
シグナスX SR   SOHC 4バルブ
単純にパワーを稼げて吸排気効率がいいのは4バルブだけどアドレスV125Sと比較すると車体が重いから燃費は悪くなる。

 

 

アドレスV125Sに慣れたらシグナスの取り回しは、苦労しそう。 シグナスは重たいからセンタースタンドを立てる時も大変そうだし。

 

 

アドレスと比べるとシグナスは、メットインが広いし、ガッシリしてるから原付に間違われない。アドレスは、小さいから車に煽られることが多い。でもヤマハは、慣れるまでが結構しんどい。

 

 

シグナスは、重いしでか過ぎるし足元か超狭いからアドレスにした。やっぱアドレスV125Sに箱積むのが最強だ。

 

 

シグナスは、4型になってパワーダウンしたね。でもアドレスV125Sより0.1PS低いだけだけど。

 

 

自分としては原二のスクーターは12インチがベストだと思うし、シグナスの明るいライトが魅力的だけどムダに重くて大きい車体ともっさりしたエンジンが好きになれない。そうなるとアドレスV125Sになるんだよね。

 

 

シグナスは、車体だけ見るとデカイけど人が乗ってる姿を見たらあまり大きく感じないね。

 

 

シグナスは、4バルブ故に出足が遅いが高速域で伸びる。理想は、低速域で2バルブ。高速域で4バルブへシフトの可変バルブ搭載スクーター。

 

 

お金がある人は、シグナス。出費を抑えたい人は、アドレスでいいんじゃない?シグナスは、燃費の他は、特に欠点がないし、走りに不満があっても駆動系を少し弄るだけでいいからね。でもパーツが沢山あるから弄りだすと出費がかさむけどね。でもどんどん愛着が湧いてくる。

 

 

俺の乗り手のイメージだとアドレスは、地味でPCXは、平凡でシグナスは、DQN。

 

 

バイク1台だけならシグナスみたいなスクーターもありだけど車や大型バイクを持ってたらアドレスで十分。原付二種を選ぶ時、最初に軽さ小ささ、次にパワーで選んだらアドレスV125Sになった。

 

 

アドレスV125Sの良さは、車体の軽さとコンパクトさ、出足の速さ、足元の広さってとこか。あとシグナスと比べると燃費がいいね。

 

 

シグナスのステップボードの位置は、アドレスより遥かに高く感じる。

 

 

シグナスX SRは、数年毎にマイナーチェンジやフルモデルチェンジしてるけどアドレスV125Sは、2010年に発売されてからカラーチェンジばかりだね。

 

俺は、アドレスV125G (K7) からシグナス3型に乗り換えたけど出だしの加速は、鈍くなった。でもその反面、高回転の伸びは気持ちがいい。シグナスは、ハンドリングが素直で低速でも高速でも安定してる。一方、アドレスは、車体が小さい分、フラつきやすくて、コーナリングもインに切れ込む癖がある。アドレスからシグナス3型に乗り換えて思ったのは、車格や乗り味からくる安心感。

 

 

俺は、アドレスも検討したけどツーリングでよく使うからシグナスにした。タコメーターとリアのディスクブレーキは、かなり気に入ってる。シグナスのテールとブレーキランプのデザインも独特で好き。

 

 

アドレスは、シグナスみたいに足元が狭くないから足が伸ばせて快適だし、開放的だから楽だよ。まあ、シグナスでも後ろに座るという手もあるけど。

 

 

アドレスV125Sのタイヤサイズは、10インチだし、アドレス110だと14インチになって一気に足元が狭くなる。14インチは、東南アジア向けだし、日本の公道を走るならシグナスの12インチがちょうどいい。

 

 

シグナスは、アドレスと比べると燃費がかなり悪い。でもデザインは、シグナスだな。シグナスのデザインは、原付二種スクーターの中では、ダントツのカッコ良さだと思う。

 

シグナスを修理で出してる時、規制後のアドレスV125に代車で数日間乗ったことがあるけどやっぱシグナスより全然軽い、言いすぎかもしれないけどアドレスは、50ccと同じ感覚。実際にタイヤとホイールサイズも50ccスクーターと同じだし。だからシグナスに比べて加速は、凄く良い。でも旋回性は、シグナスの方が上。あとすり抜けはアドレスの方が圧倒的に楽。あの小さな車体は、すり抜けに向いてる。

 

シグナスは、4型になってから加速重視になったから最高速は落ちたけど加速は、アドレスとの差がかなり縮まった。両方乗った体感的な話だけどアドレスに大きく遅れることはないと思う。4型は、リアブレーキがディスクになったし、マフラーのサイレンサー部が横に出っ張ってる。サイレンサーは車体の右側にあるから何かにあたることはないが乗ってて気になってしまう。

 

 

アドレスと違ってどっしりしてるから飛ばせば飛ばすほど安定感はあるよ。

 

 

アドレス乗ってる友達がアドレスは、加速の良さだけが売りだったのにシグナス4型のフルノーマルにシグナルダッシュで負ける時があるからアドレスの存在価値が無くなったと言ってた。

 

 

アドレスの良さは、原付二種スクーターで最小とも言えるコンパクトさとダッシュ力。でもシグナスは、4型になって加速がアドレスと変わらなくなったから今ならシグナス買うかな?

 

 

前アドレスV125に乗ってたけど、ブレーキ効かないからシグナスに乗り換えた。
でも燃費は、アドレスの方がいいな。給油回数が増えた。

 

モトチャンプ特別編集
2017-2018年 最新スクーターのすべて
※GPSロガーで計測

 

50mタイム

800mタイム

最高速

シグナスX SR

5秒505

37秒052

91.88km

アドレスV125S

5秒561

39秒864

91.27km

 

中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト