PCX 年式の違い


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

PCX 年式の違い

 

PCX(125cc)は、2010年3月30日に新登場。
ワンランク上の次世代125ccスクーターとして
下記の3つをキーワードに開発されました。

 

  1. クラスを超えた質感の高さと先進スタイリング
  2. 高い動力性能と環境性能の両立
  3. スクーターに求められる快適さと使い勝手の良さ

 

 

メーカー希望小売価格は、299,250円 。

 

 

主な特徴として下記のものがあげれられます。

 

 

  • エンジンは、低フリクション技術を採用した水冷・4ストローク・単気筒125ccエンジン。
  • 電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)を搭載。
  • 一時停止すると自動的にエンジンが停止するアイドリングストップ・システムを125ccクラスで国内初の搭載。
  • 53km/L(60km/h定地走行テスト値)の低燃費。
  • 前・後14インチの大径ホイールを採用。
  • Honda独自のコンビブレーキ(前・後輪連動ブレーキ)を標準装備。
  • シート下には、フルフェイスヘルメット一個とグローブなどが入る容量25Lの収納。
  • フロントカウルにも容量1.5Lのグローブボックス付き。

 

 

 

2012年5月11日に「PCX」がマイナーチェンジして発売されました。

 


メーカー希望小売価格 299,250円

 

従来のPCXから下記の点が変更されました。

 

  • エンジンを、耐久性と静粛性、燃費性能を高めた「eSP(イーエスピー)」に変更。
  • 燃費が53km/Lから53.2km/Lにアップ。
  • シートのバックレストの形状とエンジンマウント位置を変更し、乗り心地を向上。
  • 燃料タンクリッドの開口方向を変更。
  • 新たにオプション設定として35Lの大容量トップボックスとロングタイプのウインドシールドなどを追加。
  • 車両重量が126kgから128kgにアップ。
  • 燃料タンクの容量が6.1Lから5.8Lにダウン。

 

 

 

 

2012年6月7日に「PCX150」が発売されました。

 


メーカー希望小売価格 329,700円

 

約1ヶ月前に発売された
125ccのマイナーチェンジされたPCXとの違いですが
スペックが変わった部分だけ下記の表に抜き出しています。
下記の表に記載されていない全長、全幅、全高などは、全く同じです。

 

発売日

2012年5月11日

2012年6月7日

通称名

PCX

PCX150

車名・型式

ホンダ・EBJ-JF28

ホンダ・JBK-KF12

車両重量(kg)

128

129

エンジン型式・種類

JF28E・水冷 4ストローク OHC 単気筒

KF12E・水冷 4ストローク OHC 単気筒

総排気量(cm3)

124

152

内径×行程(mm)

52.4×57.9

58.0×57.9

圧縮比

11

10.6

最高出力(kW[PS]/rpm)

8.5[12]/8,500

9.9[13]/8,500

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)

12[1.2]/6,500

14[1.4]/5,500

燃料消費率(km/L)

53.2(60km/h定地走行テスト値)

49.0(60km/h定地走行テスト値)

変速比 1 速

2.600〜0.820

2.450〜0.810

減速比 1 次

3.117

3.117

減速比 2 次

3.615

3.384

 

 

 

2014年4月、5月に
「PCX」と「PCX150」がフルモデルチェンジされました。
「PCX」は、2014年04月24日に発売。
「PCX150」は、2014年05月16日に発売。

 

 

メーカー希望小売価格
PCX 329,400円
PCX150 360,720円

 

今回のフルモデルチェンジの主な変更点は、下記のものです。

 

  • ヘッドライト、テールランプ、ウインカーランプ、ライセンスランプの全灯火器にLEDに変更。
  • 新設計のフロント・リアカウルを採用し高級感のある外観に。
  • エンジンは、「eSP(イーエスピー)」の一部を改良し、低・中速域の力強いトルク特性にして燃費性能を向上。
  • リアタイヤに転がり抵抗を軽減する低燃費タイヤを採用し、燃費性能を向上。
  • シートは、バックレスト一体型とし、ライディングポジションの自由度を高める形状に。
  • シート開閉時に途中の位置で固定できるストッパーを新たに採用。
  • 時計、平均燃費計を装備した新デザインのメーター。
  • アイドリングストップシステムでは、バッテリーの電圧を監視するシステムを新しく採用し、電圧が一定以下になると自動で停止する機能を追加。

 

 

従来のPCXでは、アイドリングストップシステムでのバッテリーあがりの問題がありましたが全灯火器をLEDに変更したり、バッテリーの電圧を監視するシステムを追加したりすることによりアイドリングストップシステムの問題が改善されています。

 

 

次に仕様を比較してみました。
まずは、125ccのPCXです。
約2年前にマイナーチェンジされて発売された
125ccのPCXと比較して変更された箇所だけ
下記の表に抜き出しています。

 

変更

マイナーチェンジ

フルモデルチェンジ

発売日

2012年5月11日

2014年4月24日

通称名

PCX

PCX

車名・型式

ホンダ・EBJ-JF28

ホンダ・EBJ-JF56

全長×全幅×全高(mm)

1,915×740×1,090

1,930×740×1,100

最低地上高(mm)

130

135

車両重量(kg)

128

130

エンジン型式・種類

JF28E・水冷 4ストローク OHC 単気筒

JF56E・水冷 4ストローク

総排気量(cm3)

124

124

最高出力(kW[PS]/rpm)

8.5[12]/8,500

8.6[12]/8,500

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)

12[1.2]/6,500

12.0[1.2]/5,000

燃料消費率(km/L)

53.2(60km/h定地走行テスト値)

53.7(60km/h定地走行テスト値)

燃料タンク容量(L)

5.9

8

 

 

次に150ccのPCXの比較です。
約2年前に新登場で発売されたPCX150と
今回フルモデルチェンジされたPCX150の比較です。
こちらも変更された箇所だけ
下記の表に抜き出しています。

 

変更

新登場

フルモデルチェンジ

発売日

2012年6月7日

2014年5月16日

通称名

PCX150

PCX150

車名・型式

ホンダ・JBK-KF12

ホンダ・JBK-KF18

全長×全幅×全高(mm)

1,915×740×1,090

1,930×740×1,100

最低地上高(mm)

130

135

車両重量(kg)

129

131

エンジン型式・種類

KF12E・水冷 4ストローク OHC 単気筒

KF18E・水冷 4ストローク

総排気量(cm3)

152

152

最高出力(kW[PS]/rpm)

9.9[13]/8,500

10[14]/8,500

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)

14[1.4]/5,500

14[1.4]/5,000

燃料消費率(km/L)

49.0(60km/h定地走行テスト値)

52.9(60km/h定地走行テスト値)

燃料タンク容量(L)

5.9

8

変速比 1 速

2.450〜0.810

2.400〜0.800

 

 

 

 

2018年4月に
「PCX」と「PCX150」がフルモデルチェンジされました。
「PCX」は、2018年4月6日に発売。
「PCX150」は、2018年4月20日に発売。

 

 

メーカー希望小売価格
PCX      342,360円
PCX150     373,680円
PCX150<ABS> 395,280円

 

今回のフルモデルチェンジの主な変更点は、下記のものです。

 

  • 外観を一新。ヘッドライトからウインカーへ繋がる目がよりシャープとなり、フロントからリアまで連続的に変化する曲面で構成した流麗で伸びやかなデザインとなった。
  • エンジンでは耐久性と静粛性、燃費性能を向上させるためにeSPの仕様を変更。優れた燃費性能と中・高回転域の出力向上を両立した。
  • フレームは新設計のダブルクレードルタイプへと変更し剛性を高めた。
  • 前後ホイールの軽量化とタイヤのサイズ変更によりワイド化を図った。
  • リアサスペンションのストローク量を増加させ、より快適な乗り心地と軽快な操縦性を実現。
  • PCX150だけフロントのみが作動するABSを搭載したタイプを設定。
  • 「Honda SMART Keyシステム」を新たに採用。

 

 

 

次に仕様を比較してみました。
まずは、125ccのPCXです。
約4年前にフルモデルチェンジされて発売された
125ccのPCXと比較して変更された箇所だけ
下記の表に抜き出しています。

 

車名型式

EBJ-JF56

2BJ-JF81

PCX

PCX

発売日

2014年4月24日

2018年4月6日

全長×全幅×全高(m)

1.930×0.740×1.100

1.925×0.745×1.105

最低地上高(m)

0.135

0.137

シート高(m)

0.76

0.764

燃費消費率(km/L)

53.7(国交省届出値 定地燃費値 60km/h 2名乗車時)

54.6〈52.9〉(国交省届出値 定地燃費値 60km/h 2名乗車時)

50.8(WMTCモード値 クラス1 1名乗車時)

50.7(WMTCモード値 クラス1〈クラス2.1〉1名乗車時)

最小回転半径(m)

2

1.9

エンジン型式

JF56E

JF81E

総排気量(cm3)

124

124

内径×行程(mm)

52.4×57.9

52.4×57.9

圧縮比

11

11

最高出力(kW[PS]/rpm)

8.6[12]/8,500

9.0[12]/8,500

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)

12.0[1.2]/5,000

12[1.2]/5,000

タイヤサイズ

90/90-14M/C 46P

100/80-14M/C 48P

100/90-14M/C 51P

120/70-14M/C 55P

フレーム形式

アンダーボーン

ダブルクレードル

 

 

次に150ccのPCXの比較です。
約4年前に新登場で発売されたPCX150と
今回フルモデルチェンジされたPCX150の比較です。
ABS非搭載のモデル同士で比較しています。
こちらも変更された箇所だけ
下記の表に抜き出しています。

 

車名型式

JBK-KF18

2BK-KF30

PCX150

PCX150

発売日

2014年5月16日

2018年4月20日

全長×全幅×全高(m)

1.930×0.740×1.100

1.925×0.745×1.105

最低地上高(m)

0.135

0.137

シート高(m)

0.76

0.764

燃費消費率(km/L)

52.9(国交省届出値 定地燃費値 60km/h 2名乗車時)

52.9(国交省届出値 定地燃費値 60km/h 2名乗車時)

45.6(WMTCモード値 クラス2-1 1名乗車時)

46.0(WMTCモード値 クラス1〈クラス2.1〉 1名乗車時)

最小回転半径(m)

2

1.9

エンジン型式

KF18E

KF30E

総排気量(cm3)

152

149

内径×行程(mm)

58.0×57.9

57.3×57.9

圧縮比

10.6

10.6

最高出力(kW[PS]/rpm)

10[14]/8,500

11[15]/8,500

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)

14[1.4]/5,000

14.0[1.4]/6,500

タイヤサイズ

90/90-14M/C 46P

100/80-14M/C 48P

100/90-14M/C 51P

120/70-14M/C 55P

フレーム形式

アンダーボーン

ダブルクレードル

 

 

 

 

2021年1月に
「PCX」がフルモデルチェンジされました。
さらに「PCX160」が発売されました。

 

「PCX」は、2021年1月28日に発売。
「PCX160」は、2021年1月28日に発売。

 

 

メーカー希望小売価格
PCX     357,500円(消費税抜き本体価格325,000円)
PCX160    407,000円(消費税抜き本体価格370,000円)

 

 

今回の「PCX」フルモデルチェンジの主な変更点は、下記のものです。

 

 

 

  • PCXの型式は、「2BJ-JF81」→「2BJ-JK05」に変更。PCX160の型式は、PCX150の「2BK-KF30」から「2BK-KF47」に変更。
  •  

  • 「PCX」のエンジンは、新設計の水冷・4ストローク・4バルブ・124cc単気筒エンジン「eSP+」。「eSP+」は、環境対応型コミューター用エンジン「eSP」に付加価値技術を採用し、高い環境性能だけじゃなく、出力の向上とフリクションの低減を達成。>「PCX160」のエンジンは、新型PCX(型式 2BJ-JK05)をベースに、エンジン排気量を従来モデルの149ccから156ccへ拡大してより力強く快適な走行性能を実現。
  •  

  • 動弁機構を4バルブ化し、バルブ面積を拡大して、混合気の吸気効率と燃焼ガスの排気効率を高めることによって高出力化を実現。さらにシリンダー内径×行程のショートストローク化による摺動抵抗の低減と圧縮比を高めたり、ピストン裏側へのエンジンオイルを噴射し、効率的な冷却と点火時期の進角化を可能とするピストンオイルジェットの採用などで出力向上に寄与。
  •  

  • 油圧式カムチェーンテンショナーリフターを採用し、フリクション低減と、騒音、振動の抑制を両立。
  •  

  • エアクリーナーからインレットパイプまでの吸気経路の拡大と、スロットルボディー径を拡大による吸気効率を向上。マフラー内部構造の最適化や排気抵抗の低減などを図り、キャタライザーの配置を最適化し排気ガスの浄化性能を高めるなど、力強い走りと優れた環境性能を高次元で両立。
  •  

  • 日常での取り回しやすさと軽快なハンドリングを追求した新設計フレームを採用し、剛性バランスを保ちつつフレームボディ単体での軽量化を達成。
  •  

  • 外観は、 先進性と上質感をより強調したものに一新。水平基調で伸びやかなプロポーションとシンプルでエレガントな面構成にダイナミックな流れを感じさせるエッジラインを合わせたデザインに。
  •  

  • 前・後輪ディスクブレーキにフロントのみ作動する1チャンネルABSを標準装備。ABS作動時は、キックバックによってシステム作動を知らせる。
  •  

  • Honda セレクタブルトルクコントロールを採用。前・後輪の車輪速センサーとスロットルポジションセンサーからの信号をもとに、燃料噴射量制御を行うことでエンジントルクを制御し後輪のスリップを抑制し、スリップしやすい路面での安心感に寄与。Honda セレクタブル トルク コントロールは、スリップをなくすためのシステムではなく、あくまでもライダーのアクセル操作を補助するシステムです。
  •  

  • フロントインナーボックス内に携帯の充電などができるUSBソケットを標準装備。表裏問わず挿入可能なTYPE-Cコネクタを採用。
  •  

  • シート下トランク容量が28L→30Lに拡大。
  •  

  • ホイールを新設計しタイヤのワイドサイズ化を図り、リアアクスルトラベルを伸長させ、軽快なハンドリングと快適な乗り心地に。
  •  

  • ラバーマウント構造のハンドルホルダーを採用し、車体からライダーの手に伝わる不快な振動を軽減。
  •  

  • オプションの純正アクセサリーに「トップボックス35L スマートキーシステムタイプ」を新たに追加。Honda SMART Key システムと連動させることによって、より便利にトップボックスの解錠が可能になった。これは、前モデルの「Honda SMART Keyスマートキーシステム」では非対応。
  •  

     

     

    次に仕様を比較してみました。
    まずは、125ccのPCXです。
    2018年4月にフルモデルチェンジされて発売された
    125ccのPCXと比較して変更された箇所だけ
    下記の表に抜き出しています。

     

    タイプグレード名

    PCX

    PCX

    モデルチェンジ区分

    フルモデルチェンジ

    フルモデルチェンジ

    型式

    2BJ-JF81

    2BJ-JK05

    発売日

    2018年4月6日

    2021年1月28日

    全長 (mm)

    1925

    1935

    全幅 (mm)

    745

    740

    最低地上高(mm)

    137

    135

    車両重量 (kg)

    130

    132

    燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

    54.6

    55

    燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

    50.7

    47.4

    原動機型式

    JF81E

    JK05E

    排気量 (cc)

    124

    124.8

    気筒あたりバルブ数

    2

    4

    内径(シリンダーボア)(mm)

    52.4

    53.5

    行程(ピストンストローク)(mm)

    57.9

    55.5

    圧縮比(:1)

    11

    11.5

    最高出力(kW)

    9

    9.2

    最高出力(PS)

    12

    12.5

    最高出力回転数(rpm)

    8500

    8750

    最大トルク回転数(rpm)

    5000

    6500

    燃料タンク容量 (L)

    8

    8.1

    フレーム型式

    ダブルクレードル

    アンダーボーン

    ブレーキ形式(後)

    機械式リーディングトレーリング

    油圧式ディスク

    タイヤ(前)

    100/80-14

    110/70-14

    タイヤ(前)荷重指数

    48

    50

    タイヤ(後)

    120/70-14

    130/70-13

    タイヤ(後)荷重指数

    55

    63

    車両装備

    ハザードランプ 有
    アイドリングストップ 有
    DCソケット 有
    ヘルメット収納 有
    シート下収納(シート下トランク) 有
    センタースタンド 有

    ハザードランプ 有
    アンチロックブレーキ(ABS) 有
    アイドリングストップ 有
    USBポート 有
    ヘルメット収納 有
    シート下収納(シート下トランク) 有
    センタースタンド 有
    トラクションコントロール 有

    メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

    342,360円(消費税抜き本体価格 317,000円)
    キャンディラスターレッド、
    ポセイドンブラックメタリック、
    パールジャスミンホワイト、
    ブライトブロンズメタリック

    357,500円(消費税抜き本体価格 325,000円)
    キャンディラスターレッド、
    ポセイドンブラックメタリック、
    パールジャスミンホワイト、
    マットディムグレーメタリック、
    マットコスモシルバーメタリック

     

    販売計画台数(国内・年間)

    15,000台

    18,000台

     

     

     

    次にPCX160の比較です。
    2018年4月にフルモデルチェンジされたPCX150と
    今回発売されたPCX160の比較です。
    こちらも変更された箇所だけ
    下記の表に抜き出しています。

     

    タイプグレード名

    PCX150 ABS

    PCX160

    モデルチェンジ区分

    フルモデルチェンジ

    フルモデルチェンジ

    型式

    2BK-KF30

    2BK-KF47

    発売日

    2018年4月20日

    2021年1月28日

    全長 (mm)

    1925

    1935

    全幅 (mm)

    745

    740

    最低地上高(mm)

    137

    135

    車両重量 (kg)

    131

    132

    燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

    52.9

    53.5

    燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

    46

    45.2

    原動機型式

    KF30E

    KF47E

    排気量 (cc)

    149

    156

    気筒あたりバルブ数

    2

    4

    内径(シリンダーボア)(mm)

    57.3

    60

    行程(ピストンストローク)(mm)

    57.9

    55.5

    圧縮比(:1)

    10.6

    12

    最高出力(kW)

    11

    12

    最高出力(PS)

    15

    15.8

    最大トルク(N・m)

    14

    15

    最大トルク(kgf・m)

    1.4

    1.5

    燃料タンク容量 (L)

    8

    8.1

    点火プラグ標準搭載・型式

    MR8K-9

    LMAR8L-9

    搭載バッテリー・型式

    GTZ8V

    WTZ8VIS

    フレーム型式

    ダブルクレードル

    アンダーボーン

    キャスター角

    27°00

    26°30

    トレール量 (mm)

    85

    79

    ブレーキ形式(後)

    機械式リーディングトレーリング

    油圧式ディスク

    タイヤ(前)

    100/80-14

    110/70-14

    タイヤ(前)荷重指数

    48

    50

    タイヤ(後)

    120/70-14

    130/70-13

    タイヤ(後)荷重指数

    55

    63

    車両装備

    ハザードランプ 有
    アンチロックブレーキ(ABS) 有
    アイドリングストップ 有
    DCソケット 有
    ヘルメット収納 有
    シート下収納(シート下トランク) 有
    センタースタンド 有

    ハザードランプ 有
    アンチロックブレーキ(ABS) 有
    アイドリングストップ 有
    USBポート 有
    ヘルメット収納 有
    シート下収納(シート下トランク) 有
    センタースタンド 有
    トラクションコントロール 有

    メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

    PCX150 ABS 395,280円(消費税抜き本体価格 366,000円)
    キャンディラスターレッド、
    ポセイドンブラックメタリック、
    パールジャスミンホワイト、
    ブライトブロンズメタリック
    ※ABS無しは、373,680円(消費税抜き本体価格 346,000円)

    407,000円(消費税込み) パールジャスミンホワイト、キャンディラスターレッド、ポセイドンブラックメタリック、マットディムグレーメタリック

    販売計画台数(国内・年間)

    PCX150/PCX150<ABS> 合計 6,000台

    4,500台

     

     

     

     

    PCXの中古車価格と買取相場を同時にチェック

    バイクを高く売る方法


    何社も査定してもらう場合

    バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

    バイク比較ドットコムの特徴

    • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
    • これまでの利用者数は、42万人
    • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
    • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
    • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
    ※2017年4月時点

    バイク比較.comの公式サイト



    1社だけ査定してもらう場合

    査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

    バイク王の公式サイト