リードEXとDio110の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

リードEXとDio110の違いを比較

 

:ホンダ リードEXの歴史

2010年2月25日にリード110をマイナーチェンジし、車名をリード・EXに変更。 型式は、EBJ-JF19
コンビブレーキシステムに新たに3ポットのフロントブレーキキャリパーを採用。サイドスタンドの戻し忘れを検知するインヒビタースイッチを内蔵した純正オプションのサイドスタンドを装着可能とした。車体色は、新色3色(コスミックシルバーメタリック、キャンディーバリュアブルレッド、パールコーンイエロー)と継続色2色(パールシルキーホワイト、ブラック)の5色の設定。また、前・後ホイールおよびリアキャリアのカラーリングをバーニアグレーメタリックに変更。
2013年7月4日にリード125(5代目 型式EBJ-JF45)が発売。5代目の発売後もリード・EXは、併売。
2015年にリード・EXの日本仕様の生産終了。

 

 

ホンダ Dio110の歴史

2011年7月18日に新発売。 型式は、EBJ-JF31
車体色は、5色(キャンディーアルジャブルー、ボスグレーメタリック、キャンディールーシッドレッド、パールプロキオンブラック、パールホワイト)。
2013年5月24日にカラーチェンジ。
車体色に新色の「コスミックシルバーメタリック」を追加、継続色2色(パールプロキオンブラック、パールホワイト)を合わせた3色。ステップ下回りのカラーリング変更も行われた。
2015年3月6日にフルモデルチェンジ。 型式は、EBJ-JF58
フルモデルチェンジでは、新開発のeSPエンジンとフレームの採用。アイドリングストップなど追加。車体色は、4色(エグザルテッドブルーメタリック、パールジャスミンホワイト、フォースシルバーメタリック、ポセイドンブラックメタリック)。
Dio110のフルモデルチェンジ前後の詳しい違いはこちら。
2017年4月14日にマイナーチェンジ。 型式は、2BJ-JF58
平成28年自動車排出ガス規制に対応。車体色に新色の2色(マットギャラクシーブラックメタリック、ランベントシルバーメタリック)を追加、従来色の3色(エグザルテッドブルーメタリック、ポセイドンブラックメタリック、パールジャスミンホワイト)と合わせて全5色。
2019年2月22日にカラーチェンジ。
車体色に新色2色(フォギーブルーメタリック、パールアイスバーグホワイト)を追加、従来色の3色(マットギャラクシーブラック、ポセイドンブラックメタリック、ランベントシルバーメタリック)と合わせて全5色。
2019年7月19日にカラーチェンジ。
車体色に新色の「パールジャスミンホワイト」を追加。「パールジャスミンホワイト」は、フロントブレーキキャリパー、リア・スポイラー、リアサススプリングなどにレッドのカラーを配した。従来色の5色(フォギーブルーメタリック、パールアイスバーグホワイト、マットギャラクシーブラック、ポセイドンブラックメタリック、ランベントシルバーメタリック)と合わせて全6色。

 

 

ここでは、
2010年2月発売のホンダ リードEX(EBJ-JF19)と
2011年7月発売のホンダ Dio110(EBJ-JF31)
の違いを比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

通称名

リード・EX

Dio110

発売日

2010年2月

2011年7月

車名・型式

ホンダ・EBJ-JF19

ホンダ・EBJ-JF31

全長×全幅×全高(m)

1.835×0.675×1.125

1.845×0.670×1.090

軸距(m)

1.275

1.255

最低地上高(m)

0.105

0.12

シート高(m)

0.74

0.755

車両重量(kg)

114

103

乗車定員(人)

2

2

最小回転半径(m)

1.9

2

エンジン型式・種類

JF19E・水冷 4ストロークOHC単気筒

JF31E・空冷4ストロークOHC単気筒

総排気量(cm3)

107

107

内径×行程(mm)

50.0×55.0

50.0×55.0

圧縮比

11

9.5

最高出力(kW[PS]/rpm)

6.6[9.0]/7,500

6.2[8.4]/8,250

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)

9.3[0.95]/6,250

8.7[0.89]/6,500

燃料消費率(km/L)

50.0(60km/h定地走行テスト値)

52.0(60km/h定地走行テスト値)

燃料供給装置形式

電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>

電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>

始動方式

セルフ式

セルフ式(キック式併設)

点火装置形式

フル・トランジスタ式バッテリー点火

フル・トランジスタ式バッテリー点火

潤滑方式

圧送飛沫併用式

圧送飛沫併用式

燃料タンク容量(L)

6.5

5.5

クラッチ形式

乾式多板シュー式

乾式多板シュー式

変速機形式

無段変速式(Vマチック)

無段変速式(Vマチック)

変速比1速

2.590〜0.880

2.520〜0.820

減速比1次

2.5

2.833

減速比2次

3.769

3.75

キャスター(度)/トレール(mm)

26°30´/74

26°30´/83

タイヤサイズ前

90/90-12 44J

80/90-14M/C 40P

タイヤサイズ後

100/90-10 56J

90/90-14M/C 46P

ブレーキ形式前

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式後

機械式リーディング・トレーリング

機械式リーディング・トレーリング

懸架方式前

テレスコピック式

テレスコピック式

懸架方式後

ユニットスイング式

ユニットスイング式

フレーム形式

アンダーボーン

アンダーボーン

販売計画台数(国内・年間)

13,500台

18,000台

メーカー希望小売価格

249,900円

199,500円

 

リード110/EXとDio110の違いを比較

 

リードEXとDio110の比較の口コミ

 

 

DIO110は、前後14インチ。リードEXは、フロント12インチ、リア10インチで小さ過ぎる。エンジンはリードEXが水冷でDIO110が空冷。

 

 

リードEXは、フロアステップに2L×6本のペットボトルの箱が載る。でもDio110は、載らない。

 

 

狭い駐輪場に停めるなら軽いDio110の方がいい。リードEXは重いよ。

 

リードEXの魅力は、広いメットインと静かで快適な乗り心地と前カゴが取り付け可能なこと。 Dioは、値段の安さと14インチホイールの走行性能と最高速95km/hまで出ること。積載のリードEXと走りのDio110だね。

 

 

ホンダドリームで価格差は約3万円。Dio110よりリードEXの方が少しだけ高いね。

 

 

リードEXとDio110で迷ってる。タンデムもするからシートの長さを測るとリードEXは、長さが短いけどリアシートの幅広い。 馬力は、リードEXが少し上。

 

 

実車を見て比較したけどDio110のチープさが気に入らなかった。ステップ狭いし、メーターもショボいし、メットインも狭い。結局リードEXにした。

 

 

リードEXでタンデムしてる人は、見かけるけどDio110でタンデムしてるのは、見たこと無い。

 

 

Dio110とリードEXの両方乗ったけど最高速が80km/hちょいで頭打ちになるリードEXよりDio110の方が不満がなかった。Dio110は、最高速出る分、加速が劣るというほどでもなかったし。

 

 

ノーマル同士の比較なら最高速はDioの方が10km/hくらい速いけど、加速は気持ち程度しか変わらない。

 

 

リードEXは、ノーマルなら83km/hくらいまでしかでないけどインジェクションコントローラー、リアタイア外形アップ、ウェイトローラー軽量化、プーリー加工で110km/h出るらしい。DIO110は、元々14インチでハイギア効果で95km/hなんでエンジンは、空冷水冷の違いだけで一緒かもね。

 

Dio110の特徴は、価格の安さと14インチタイヤに尽きる。リードEXも前輪12インチのおかげで前後10インチのスクーターよりは安定性は高いけど前後14インチの安定感には、かなわない。でもその差をハッキリ感じられるのは、80km/h超の領域やワイディングやオフの時みたいだけど。整備された普通の道路では、あまり差は感じられない。ノーマル同士を比べると低中速域の加速はリードEXの方が若干速い。最高速は、Dio110は、95km/hまで伸びるのでDioの勝ちだけどそのぶん低中速域ではハイギアード気味になる。でもWRを軽くすればそれなりのレベルまで改善する。あと燃費は、Dio110の方が5km/L前後、良いみたい。

 

 

ホンダドリームでDio110とリードEXを乗り比べてリードEXに決めてきた。Dio110は、走りが鈍い感じがしたし、使い勝手は、全然リードEXの方が上だった。

 

 

Dio110は、キックやサイドスタンドが付いてる。リードEXは、サイドスタンドもキックも付いてない。

 

 

メーカー小売希望価格だとリードEXの方が5万円高い。実際バイク屋では、3万程度の差だったからこれならリードEX買ったほうがいいわ。

 

Dio110に試乗してみたがリードEXより最高速が5km/hぐらい上だったけど加速は間違いなくリードEXの方が上だった。それにDio110は、85km/hくらいでエンジンが限界そうな感じだったけどリードEXは、80km/hでもまだ余裕があると感じた。メットインスペースもDio110は、リードEXの半分くらいしか無かった。 Dio110は、シートを開ける時もキーを挿し変えなければいけないし、最高速以外は全てリードEXの方が良かった。

 

金峰山という600m位の山でリードEXとディオ110を乗り比べたことがある。坂の途中での再加速は、リードEXよりディオ110の方が若干きつかった。メットインのサイズは、圧倒的に違うけどディオ110は、タイヤが14インチだからリアボックスが似合う。ディオ110が明らかに勝ってるの点は、価格の安さと直進安定性とデザインくらい。

 

 

dio110はメットインキーが不便なんだよ。あれだけで買って後悔するレベル。

 

 

メットインスペースなどの利便性は圧倒的にリードEXが上。Dioを買う人は、価格の安さか、スタイルに魅力を感じた人。

 

俺は、Dio110かリードEXで悩んでリードEX買ったけど実際使ってるとこれで大正解だと思ってる。Dioの優位性は、価格ぐらい。14インチなんかにするとメットインや足元が狭くなるだけ。

 

 

Dio110は、14インチにしたからメットインと足元が狭くなってる。直進安定性を取るか、積載性をとるかだね。

 

 

Dio110は、14インチによる安定感がいいけど総合的に考えるとリードのがいい。でもDIOにすると3万円は金が浮くからそれでリアボックスやスクリーンやグリップヒーターとか色々付けれる。

 

 

Dio110は、足元がリードEXより狭くなることと、メットイン専用の鍵穴があるのが不便。メットイン開ける度にキーを差し替えなければいけない。自分は、それが面倒だからリードEXにした。

 

 

DIO110は、色選びが楽しかった。赤、白、青、ガンメタ、黒とどの色も有りって感じでどれにするか迷った。一方、リードEXは、逆で良い色が無くて消去法だった。結局、白を買ったけど今でも微妙だと思ってる。でも他の4色にすれば良かったとも思わない。

 

 

俺がリードEXで妻がDio110。エンジン音は、リードEXの方が静か。特に60km/h超になると違いがハッキリ分かる。さらにDio110は、70km/hくらいからバイブのような振動が出て手がしびれる。加速も40〜50km/h辺りまでは、間違いなくリードEXが上。でもDio110も十分静かだし、そこまで遅くない。燃費は条件が同じじゃないから比較にならないけど妻は、のんびり乗ってるDioは47km/L前後。俺は、せっかちに乗ってるリードは、43km/L前後。

 

 

●2012年7月時点のGOOBIKEでの「新車 全国」で検索した最安実売価格。
ホンダ DIO110(JF31) 145000円 (定価199500円)
ホンダ リードEX(JF19) 170000円 (定価249900円)

 

2012年の夏くらいに発売された原付二種スクーター雑誌の最高速テストによるとこうなってた。

 

  • シグナスX 103km
  • PCX 100km
  • アドレスV125S 97km
  • Dio110 93km
  • アクシス 91km
  • リード110(EX) 80km(リミッター作動)

 

まぁ街乗りだと60〜70km以上出すことはめったに無いけどね。

 

125CCスクーター頂上決戦(スクーターオールカタログ12-13)

順位/項目

シグナルダッシュ 

シート下収納力

スラローム対決

取り回し性能

タンデム

燃費

1位

PCX

リードEX

アドレスV125S

アドレスV125S

Dio110

PCX

2位

アドレスV125S

シグナスX

リードEX

Dio110

PCX

Dio110

3位

リードEX

PCX

Dio110

トリート

トリート

リードEX

4位

シグナスX

トリート

シグナスX

リードEX

リードEX

アドレスV125S

5位

トリート

Dio110

PCX

シグナスX

シグナスX

シグナスX

6位

Dio110

アドレスV125S

トリート

PCX

アドレスV125S

トリート

 

パワーウェイトレシオ順(2012年07月)

 

1位 スズキ アドレスV125(CF4EA)
9.9PS/7500rpm 1.0kgf・m/6000rpm 車両重量97kg 9.8kg/ps 台湾製

 

2位 ホンダ PCX125(JF28)
12PS/8500rpm 1.2kgf・m/6500rpm 車両重量128kg 10.7kg/ps タイ製

 

3位 ヤマハ シグナスX(SE44J)
11PS/8500rpm 0.93kgf・m/7500rpm 車両重量122kg 11.1kg/ps 台湾製

 

4位 ホンダ DIO110(JF31)
8.4PS/8250rpm 0.89kgf・m/6500rpm 車両重量103kg 12.3kg/ps 中国製

 

5位 ホンダ リードEX(JF19)
9.0PS/7500rpm 0.95kgf・m/6250rpm 車両重量114kg 12.7kg/ps 中国製

 

 

代車でDio110に乗ったけど PCXやリードEXなんかの原付二種ばかりか50ccのDioやTODAYのメットインにすら入ったヘルメットが Dio110のメットインに入らなかった。車体が小さくて14インチにするとメットインにしわ寄せが来るんだね。

 

リード110/EXとDio110の買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト