リード110とVOXの違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

リード110とVOXの違いを比較

 

ホンダ リード110/EXの歴史

2008年1月25日にリードの4代目として新登場。2006年から中国で製造販売していたSCR110を日本国内の法規に適合させて発売。 型式は、EBJ-JF19
車体色は、5色(キャンディールーシッドレッド、ボスグレーメタリック、ブラック、スマートブルーメタリック、パールシルキーホワイト )の設定。
2009年1月23日にカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(ブレイシングブルーメタリック、アドバンスドオレンジメタリック)と継続色3色(パールシルキーホワイト、ブラック、ボスグレーメタリック)の5色の設定。
2009年2月12日に特別・限定仕様のリード・スペシャルカラーを2000台限定で発売。
車体色は、オニキスブルーメタリックとし、フロントロアカバーから足元のアンダーカバーにかけてクリーンシルバーメタリックをあしらったツートーン。
2010年2月25日にマイナーチェンジし、車名をリード・EXに変更。
コンビブレーキシステムに新たに3ポットのフロントブレーキキャリパーを採用。サイドスタンドの戻し忘れを検知するインヒビタースイッチを内蔵した純正オプションのサイドスタンドを装着可能とした。車体色は、新色3色(コスミックシルバーメタリック、キャンディーバリュアブルレッド、パールコーンイエロー)と継続色2色(パールシルキーホワイト、ブラック)の5色の設定。また、前・後ホイールおよびリアキャリアのカラーリングをバーニアグレーメタリックに変更。
2013年7月4日にリード125(5代目 型式EBJ-JF45)が発売。5代目の発売後もリード・EXは、併売。
2015年にリード・EXの日本仕様の生産終了。

 

 

ヤマハ VOXの歴史

2006年5月30日にVOXが新登場。型式は、JBH-SA31J
車体色は、グリニッシュホワイトメタリック1、ライトオレンジメタリック5、ダルブルーメタリック8、ブラックメタリックXの4色の設定。
2007年3月30日にVOXがマイナーチェンジ。
フロントフォークにオイルダンパーを採用し優れた乗り心地を実現。車体色は、新色のライトレディッシュイエローメタリック2とシルバー3、従来色のダルブルーメタリック8をあわせた全3色の設定。
2007年3月30日にVOXデラックスが新登場。型式は、JBH-SA31J
VOXデラックスは、VOXをベースにメーターケース上部、ヘッドライトリム、バックミラー、ハンドルバー、シートヒンジなどにクロームメッキ処理を施し、クロームメッキの専用立体エンブレム、塗装仕上げのフロントフォークアウターカバーやシルバー塗装ホイールを採用。車体色は、ダークレディッシュグレーメタリック2、ブルーイッシュホワイトカクテル1、ブラックメタリックXの全3色の設定。
2009年3月10日にVOXデラックスがマイナーチェンジ。
F.I.等のセッティングを変更し、市街地での扱い易さの向上。フロントフォークをシルバー塗装に変更しホイールはシルバーからブラック塗装とした。車体色は、ブラックメタリックX、ダークレディッシュグレーメタリック2、ブルーイッシュホワイトカクテル1の3色の設定。
2009年4月10日にVOXがマイナーチェンジ。
F.I.等のセッティングを変更し、市街地走行での扱い易さの向上。車体色は、新色のダークグリーニッシュグレーソリッド1。
2009年5月11日にVOXがカラー追加。
車体色に新色のライトイエローイッシュグレーソリッド4を追加。
2012年2月14日にVOXがカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(ダークグレーメタリック、グレーイッシュブルーメタリック8)の設定。
2012年2月14日にVOXデラックスがカラーチェンジ。
車体色は、新色のダークイエローイッシュグレーメタリック1と従来色のブラックメタリックXとブルーイッシュホワイトカクテル1をあわせた全3色の設定。

2013年2月1日に特別・限定仕様「VOXリミテッド」を1000台限定で発売。
リミテッドモデルは、レッドの塗装が施されたフロントフォークカバーを初め、クロームメッキヘッドライトトリム(デラックスと共通)、クロームメッキグリップエンド&ハンドルバー(デラックスと共通)、レッド塗装ホイール、レッド塗装シートヒンジ、マットブラックのシートパネル、レッド塗装メーターケース、マットブラックのフロントインナーパネルなどの専用装備を採用。車体色は、ブラックメタリックXの1色。
2014年2月14日にVOXがカラーチェンジ。
車体色は、新色のミッドナイトシルバーとグレーイッシュグリーンソリッド3の2色の設定。
2014年2月14日にVOXデラックスがマイナーチェンジ。
ハンドルスイッチ、ハンドルホルダー、レバーをブラック仕様とした。車体色は、ダークイエローイッシュグレーメタリック1、ブラックメタリックX、ブルーイッシュホワイトカクテル1の3色の設定。
2014年4月にVOXとVOXデラックスが消費税変更により価格が変更。
2016年2月15日にVOXデラックスがマイナーチェンジ。型式は、JBH-SA52J
排気系の見直しなどでエンジン性能がアップ。新ECUの採用やO2フィードバック制御の織り込みなどF.I.システムの変更で燃費もアップ。最高出力は、3.1kW/8,000rpm→3.3kW/8,500rpmにアップ、最大トルクは、3.9N・m/6,500rpm→4.2N・m/6,500rpmにアップ。燃費は30km/h定地走行テスト値で65.0km/L→70.5km/Lへアップ。車体色は、新色のブルーイッシュホワイトカクテル1とダークグレーイッシュブルーメタリックAと従来色のダークイエローイッシュグレーメタリック1とブラックメタリックXの全4色の設定。
2017年9月1日に生産終了と発表。

 

 

ここでは、
2008年1月発売のホンダ リード110(EBJ-JF19)と
2007年3月発売のヤマハ ボックスデラックス(JBH-SA31J)
の違いを比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種名

リード

VOX デラックス

発売年

2008年1月

2007年3月

全長 (mm)

1835

1855

全幅 (mm)

665

725

全高 (mm)

1125

1045

軸間距離 (mm)

1275

1280

最低地上高 (mm)

105

115

シート高 (mm)

740

735

車両重量 (kg)

114

88

エンジン種類

水冷4ストロークOHC単気筒

水冷・4ストローク・SOHC・3バルブ

排気量 (cc)

107

49

内径(シリンダーボア)(mm)

50

38

行程(ピストンストローク)(mm)

55

43.5

圧縮比(:1)

11

12

最高出力(kW)

6.6

3.8

最高出力(PS)

9

5.2

最高出力回転数(rpm)

7500

8000

最大トルク(N・m)

9.3

4.6

最大トルク(kgf・m)

0.95

0.47

最大トルク回転数(rpm)

6250

6500

燃料タンク容量 (L)

6.5

4.5

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフ・キック 併用式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR7EH-9

CR7E

搭載バッテリー・型式

YTX7L-BS

YTX5L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.8

0.8

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.7

0.78

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

2.5

3.846

2次減速比

3.769

3.583

キャスター角

26.3

26°00′

トレール量 (mm)

74

84

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 60km/h走行時(km/L)

50

65

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

機械式リーディングトレーリング

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

90/90-12

120/90-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

44

57

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(後)

100/90-10

120/90-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

56

57

タイヤ(後)速度記号

J

J

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.5

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

2.75

3

メーカー希望価格(税抜)

273,000円

210,000円

 

リード110とVOXの違いを比較

 

リード110とVOXの比較の口コミ

 

 

VOXなんかメットインは、広いけどリアキャリア無しでリアボックス付けれない。ステップフロアもコンビニフックも無しさらに前カゴも付かない。設計者の意図がまったく見えない。

 

 

ヤマハVOXは、完全にデザインが売りの車両。VOXは、シート幅が広すぎて、深めに腰を掛けると踵がつかない。

 

 

リードとVOXのシート下スペースは、1Lしか容量が違わない。でもリードの方がVOXより深い。

 

 

VOXは荷物を沢山積めるからいいと思っている人がいるかもしれないけど大間違い。リアキャリア無し、足元もフラットでないからディオの方がよっぽど積める。リード、は、スクーターの中で一番荷物を積めるといっても過言じゃない。

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト