アクシスZとNMAXの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

アクシスZとNMAXの違いを比較

 

ヤマハ アクシスZの歴史

2017年4月25日に「アクシスZ」が新発売。型式は、2BJ-SED7J
2015年モデルまで設定されたアクシストリートの後継モデル。先代にあたるアクシストリート同様に、台湾山葉機車工業が2016年より現地で製造している「勁豪」を日本向け仕様として正規輸入し販売。環境性能に優れた「BLUE CORE」エンジンと、新しい軽量なフレームの採用などで優れた燃費を実現。容量37.5リットルのシート下トランクや666oのロングシートを装備。車両重量は、アクシストリートから10kg減。車体色は、4色(グレーイッシュブルーメタリック8、ホワイトメタリック1、ダークグレーメタリックM、ダルレッドメタリックD)の設定。
アクシスZとアクシストリートの違いの比較は、こちら。
2019年2月15日 カラーチェンジ。
車体色は、新色4色(マットダルパープリッシュブルーメタリック2、マットダークブルーイッシュグレーメタリック3、ダークグレーイッシュマゼンタメタリック1、ブラックメタリックX)。従来色の1色(ホワイトメタリック1)をあわせた全5色。
2021年2月5日 カラーチェンジ。
車体色は、5色(マットダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック2(新色)、ブラックメタリックX、ホワイトメタリック1、マットダークブルーイッシュグレーメタリック3、ダークグレーイッシュマゼンダメタリック1)。
2022年3月18日 マイナーチェンジ。型式は、8BJ-SEJ6J
エンジンの平成32年排出ガス規制適合化、静粛かつ振動の少ないエンジン始動をもたらす「SMG(Smart Motor Generator)」を採用、リアブレーキ操作でフロントブレーキもバランスよく効力を発生させる「UBS(Unified Brake System)」を採用、ヘッドランプの光量アップ。車体色は、5色(マットダークパープリッシュブルーメタリック1、ブラックメタリックX、グレーメタリックM、マットダークイエローイッシュグレーメタリック4、ブルーイッシュホワイトカクテル1)。
アクシスZの「型式 2BJ-SED7J」と「型式 8BJ-SEJ6J」の違いの比較は、こちら

 

 

ヤマハ NMAXの歴史

2016年3月18日に「NMAX」の日本仕様が新登場。型式は、EBJ-SE86J
2015年1月に生産国のインドネシアの現地仕様として155cc版が発表されていたが、日本仕様は2016年3月18日に発売。新開発の「BLUE CORE」エンジンを搭載し、高回転域への対応として可変バルブ機構の「VVA」を装備した4バルブの水冷仕様。排気量は、155cc版のエンジン(内径58mm)を52mmにボアダウンして対応。前後13インチ、前後ディスクブレーキ、ABSは標準装備。ヘッドライト、ストップ&テールランプにLED、容量約24リットルのシート下スペース、メーターは、液晶マルチファンクションディスプレイを採用。製造は、インドネシア。車体色は、「レッドメタリック7」、「ホワイトメタリック6」、「マットイエローイッシュグレーメタリック2」、「ブラックメタリックX」の全4色。
NMAXとNMAX155の違いの比較は、こちら。
2017年8月21日にマイナーチェンジ。型式は、2BJ-SED6J
「NMAX ABS」をカラーリングの変更と平成28年度国内排出ガス規制へ適合し発売。従来モデルよりWMTCモード値の燃料が45.2km/L→43.6km/Lへダウン。価格が約1万円アップ。新色の「ブラックメタリックX」「マットディープレッドメタリック3」と従来色の「ホワイトメタリック6」をあわせた全3色。従来モデルからABSは装備されていたが、ここからモデル名に「ABS」が付いた。
NMAXの「EBJ-SE86J」と「2BJ-SED6J」の違いを比較
2018年2月10日にカラーリングを変更。
新色の「ビビッドパーリッシュブルーカクテル5」と「マットグレーメタリック3」と従来色の「ホワイトメタリック6」をあわせた全3色。
2019年6月28日にカラーリングを変更。
新色の「ホワイトメタリック6」と「マットグレーメタリック3」と従来色の「ビビッドパーリッシュブルーカクテル5」をあわせた全3色。
2020年4月25日にカラーリングを変更。
新色の「マットダークパープリッシュブルーメタリック5」と従来色の「マットグレーメタリック3」と「ホワイトメタリック6」をあわせた全3色。
2021年6月28日にフルモデルチェンジ。型式は、8BJ-SEG6J
外観のデザインは、全体的にシャープな印象に変更。新たにトラクションコントロールシステムを採用した平成32年排出ガス規制適合の新「BLUE CORE」エンジンを採用。静かなエンジン始動・再始動が可能な「Smart Motor Generator system」やアイドリングストップシステムを採用。新フレームと快適な乗り心地を支える前後サスペンションを採用。着信通知や燃費管理が可能なスマホ用アプリを採用。車体色は、全4色(ホワイトメタリックB、パステルダークグレー、マットダークグレーメタリック8、マットダークパープリッシュブルーメタリック5)。
NMAXの2021年6月28日のフルモデルチェンジ前後の違いの比較は、こちら。

 

 

 

 

 

 

 

ここでは、まず最初に
2017年4月25日発売のヤマハ アクシスZ(型式 2BJ-SED7J)と
2018年2月10日発売のヤマハ NMAX ABS(型式 2BJ-SED6J)
の違いを比較しました。

 

 

アクシスZ(型式 2BJ-SED7J)とNMAX ABS(型式 2BJ-SED6J)のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種名

アクシスZ

NMAX ABS

発売日

2017年4月25日

2018年2月10日

認定型式/原動機打刻型式

2BJ-SED7J/E31BE

2BJ-SED6J/E31AE

全長/全幅/全高

1,790mm/730mm/1,145mm

1,955mm740mm/1,115mm

シート高

770mm

765mm

軸間距離

1,275mm

1,350mm

最低地上高

135mm

135mm

車両重量

100kg

127kg

燃料消費率 国土交通省届出値

58.0km/L(60km/h)2名乗車時

50.5km/L(60km/h) 2名乗車時

燃料消費率 WMTCモード値

54.6km/L (クラス1)1名乗車時

43.6km/L(クラス1) 1名乗車時

原動機種類

空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ

水冷・4ストローク・SOHC・4バルブ

気筒数配列

単気筒

単気筒

総排気量

124cm3

124cm3

内径×行程

52.4 mm×57.9 mm

52.0mm×58.7mm

圧縮比

11.0:1

11.2:1

最高出力

6.0kW(8.2PS)/6,500r/min

9.0kW(12PS)7,500r/min

最大トルク

9.7N・m(0.99kgf・m)/5,000r/min

12N・m(1.2kgf・m)7,250r/min

始動方式

セルフ式

セルフ式

潤滑方式

ウェットサンプ

ウェットサンプ

エンジンオイル容量

0.84L

1.00L

燃料タンク容量

5.5L(無鉛レギュラーガソリン指定)

6.6L(無鉛レギュラーガソリン指定)

吸気・燃料装置/燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

点火方式

TCI(トランジスタ式)

TCI(トランジスタ式)

バッテリー容量/型式

12V,4AH(10H)/YTX5L

12V, 6.0Ah(10HR)/YTZ7V

1次減速比/2次減速比

1.000/7.500

1.000/10.208

クラッチ形式

乾式, 遠心, シュー

乾式,遠心,シュー

変速装置/変速方式

Vベルト式無段変速/オートマチック

Vベルト式無段変速/オートマチック

変速比

2.219〜0.749:無段変速

2.326〜0.731:無段変速

フレーム形式

アンダーボーン

バックボーン

キャスター/トレール

26°30´/80 mm

26°00′/92mm

タイヤサイズ(前/後)

100/90-10 56J(チューブレス)/100/90-10 56J(チューブレス)

110/70-13M/C 48P(チューブレス)/130/70-13M/C 57P(チューブレス)

制動装置形式(前/後)

油圧式シングルディスク/機械式リーディングトレーリングドラムブレーキ

油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ

懸架方式(前/後)

テレスコピック/ユニットスイング

テレスコピック/ユニットスイング

ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ

ハロゲンバルブ/12V,35/35W×1

LEDLED

乗車定員

2名

2名

メーカー小売価格/カラーバリエーション

243,000円(本体価格 225,000円/消費税18,000円)
グレーイッシュブルーメタリック8、
ホワイトメタリック1、
ダークグレーメタリックM、
ダルレッドメタリックD

351,000円(本体価格 325,000円/消費税26,000円)
ビビッドパーリッシュブルーカクテル5、
マットグレーメタリック3、
ホワイトメタリック6

国内年間計画販売台数

4,000台
アクシスZの年間販売計画台数の推移は、こちら。

6,000台
NMAXの年間販売計画台数の推移は、こちら。

製造国

台湾

インドネシア

 

アクシスZとNMAXの違いを比較

 

左がアクシスZ 右がNMAX
アクシスZとNMAXの比較の画像

 

 

アクシスZとNMAXの装備の比較

 

アクシスZとNMAXの比較の口コミ

 

 

市街地だけの便利な足として考えてるならアクシスZで十分。さらにプチツーや快適に乗りたいとか思うならNMAXにした方が後悔しない。

 

 

片道12kmの通勤で使うから燃費が気になる。アクシスZの方が安いけどNMAXは、メーターで燃費が確認できるからいいね。

 

 

原付二種スクーターでアドレス125と同等に足を伸ばせたのがNMAXだったけど、NMAXは、センタートンネルがあるのが嫌だったし、アドレス125なら後からウェイトローラー交換して、LEDヘッドライトにして、リアボックス付けても安く済むからアドレス125にした。速さは、NMAXだけど、アドレス125の方が全然コスパが良い。

 

 

燃費が気になる人は、アクシスZに乗ればいい。NMAXの燃費は、40km/L弱だからな。

 

 

加速、最高速、走りの楽しさは、NMAXの方が上。

 

 

NMAXからアクシスZに乗り換えた。イライラするほど遅いと思ってたらそんなことなかった。登坂と最高速は下がったけどそれなりに走れるから気になるほどじゃない。

 

 

アクシスZの後ろに乗せてもらったけど、NMAXでタンデムした時より良かった。でもアクシスZの運転席の人は、狭くて運転しにくいって言ってた。

 

 

NMAXのシート下トランクは容量約24リットルでフルフェイスが1個入る。
アクシスZのシート下トランクは容量約37.5リットルで半ヘルか普通のジェットが2個入るけど、浅いからフルフェイスは無理。

 

 

買い物にも使うからアクシスZの方がいい。メットインにパンパンの買い物袋が2個入るし、コンビニフック付いてて足元フラットだから荷物いっぱい詰める。NMAXは、足元フラットじゃないし、コンビニフックもないし、メットインも小さい。

 

 

NMAXのLEDは、他から見ると凄く眩しいのに照らす力が弱過ぎるし、光が拡散しないから暗い道だと怖くてスピード出せなかった。でも35W電球のアクシスZのちゃんと見えた。

 

 

NMAXは、ABSついてるから、値段が高いし、メンテ代も高くつく。

 

 

ABSがついてるとメンテナンス代が少し高くなるけど、もしABS無しでロックしてコケたらメンテナンス代なんか安く思えるぐらいの修理費がかかるぞ。

 

 

実用車としてならメットインが広くてフラットフロアのアクシスZの方がいい。NMAXにするならNMAX155の方をおすすめする。

 

 

motor-fanの記事(2018/12/29)
●加速力比較

車種/距離

50m

100m

200m

300m

400m

500m

最高速

NMAX

5.203秒

8.383秒

13.172秒

17.406秒

21.341秒

25.121秒

102.34km/h

アクシスZ

5.354秒

8.551秒

13.660秒

18.230秒

22.532秒

26.669秒

90.58km/h

 

 

motor-fanの記事(2018/12/29)
●50km/h→0km/h 制動力比較
NMAX 7.7m(9.5m)
アクシスZ 8.5m(10.0m)
※2回ずつテスト。制動距離の短い方を採用。( )内は普通のライダー代表のテスト結果。

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
アクシスZ 100kg | 6.0kW/6500rpm | 9.7N・m/5000rpm
NMAX 127kg | 9.0kW/7500rpm | 12N・m/7250rpm

 

 

アクシスZの馬力は、8.2PSしかないから12PSのNMAXの3分の2しかない。

 

 

●シート高
アクシスZ  770mm
NMAX     765mm

 

 

NMAXは、アクシスZより航続距離が短いんだね。

 

 

●タンク容量
アクシスZ 5.5L
NMAX 6.6L

 

●燃費WMTCモード値
アクシスZ 54.6km/L
NMAX 43.6km/L

 

●航続距離
アクシスZ 5.5L × 54.6km/L =300.3km
NMAX 6.6L × 43.6km/L =287.76km

 

 

アクシスZとNMAXは、どっちもブルーコアエンジンだけど、NMAXはパワー上げて、燃費あまり良くないし、アクシスZは、燃費良くしてパワー無い。パワーと燃費の両立できないんだね。

 

 

アクシスZとNMAXは、違うエンジン。
アクシスZは、空冷ブルーコア。
NMAXは、水冷ブルーコア。
アクシスZは、燃費を稼ぐためにパワーをかなり搾ってるから動力性能はあまり期待しないほうがいいよ。

 

 

アクシスZとNMAXは、どちらもブルーコアだけど完全に別物だよ。アクシスZの方は、2バルブでバルブ開度が小さいから吸気効率が悪くて高回転になると空気がピストンに入ってこないから6500rpmから急激に馬力が衰える。NMAXの方は、4バルブでさらに高回転になるとバルブ開度が更に大きくなって吸気効率が良くなるから7000rpm以上まで軽快に回る。つまりNMAXのは、4バルブで可変バルブが付いたふけ上がるようなブルーコアに対して、アクシスZのは2バルブで燃費全振り仕様だから高回転が全く回らない。

 

 

NMAXからアクシスZに乗り換えたから80km/h以上での伸びがなくなった。でも街乗りならアクシスZでも及第点。

 

 

このページの一番上へ戻る

 

次に
2022年3月18日発売のヤマハ アクシスZ(型式 8BJ-SEJ6J)と
2021年6月28日発売のヤマハ NMAX ABS(型式 8BJ-SEG6J)
の違いを比較しました。

 

 

アクシスZ(型式 8BJ-SEJ6J)とNMAX ABS(型式 8BJ-SEG6J)のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

アクシスZ

NMAX ABS

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

フルモデルチェンジ

型式

8BJ-SEJ6J

8BJ-SEG6J

発売日

2022年3月18日

2021年6月28日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1790

1935

全幅 (mm)

685

740

全高 (mm)

1145

1160

ホイールベース (mm)

1275

1340

最低地上高(mm)

125

135

シート高 (mm)

770

765

車両重量 (kg)

100

131

最小回転半径(m)

-

2

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

58

48.7

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

51.9

46.9

原動機型式

E33VE

E32TE

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

124

124

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

52.4

52

行程(ピストンストローク)(mm)

57.9

58.7

圧縮比(:1)

10.2

11.2

最高出力(kW)

6.1

9

最高出力(PS)

8.3

12

最高出力回転数(rpm)

7000

8000

最大トルク(N・m)

9.8

11

最大トルク(kgf・m)

1

1.2

最大トルク回転数(rpm)

5000

6000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

5.5

7.1

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

319

345.7

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

-

CPR8EA-9

点火プラグ必要本数・合計

-

1

搭載バッテリー・型式

YTX5L-BS

YTZ7V

バッテリー容量

12V-4.0Ah(10HR)

12 V 6.0Ah 10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.84

1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

-

0.9

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

-

10W-40

ドレンボルト呼び径(mm)

-

12

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

1

1

2次減速比

7.5

10.208

フレーム型式

アンダーボーン

バックボーン

キャスター角

26°30

26°30

トレール量 (mm)

80

100

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

ショックアブソーバ本数(後)

-

2

タイヤ(前)

100/90-10

110/70-13

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

56

48

タイヤ(前)速度記号

J

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

100/90-10

130/70-13

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

56

63

タイヤ(後)速度記号

J

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.75

1.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2

2.5

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

LED

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W

LED

スピードメーター表示形式

アナログ

デジタル

メーター表示

燃料計 有

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

前後連動式ブレーキ 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
トラクションコントロール 有
アイドリングストップ 有
可変バルブ機構 有
DCソケット 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

271,700円(本体価格 247,000円/消費税 24,700円)
マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)、
ブラックメタリックX(ブラック)、
グレーメタリックM(グレー)、
マットダークイエローイッシュグレーメタリック4(マットブラウン)、
ブルーイッシュホワイトカクテル1(ホワイト)

368,500円(本体価格335,000円/消費税33,500円)
ホワイトメタリックB(シルバー)、
パステルダークグレー(グレー)、
マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)、
マットダークパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー)

販売計画台数(国内・年間)

6,000台

3,500台
NMAXの年間販売計画台数の推移は、こちら。

生産国

台湾

インドネシア

 

アクシスZ(型式 8BJ-SEJ6J)とNMAX ABS(型式 8BJ-SEG6J)の違いを比較

 

アクシスZ(型式 8BJ-SEJ6J)とNMAX ABS(型式 8BJ-SEG6J)の装備の違いを比較

 

 

左が2022年3月18日発売のヤマハ アクシスZ(型式 8BJ-SEJ6J)
右が2021年6月28日発売のヤマハ NMAX ABS(型式 8BJ-SEG6J)
アクシスZ(型式 8BJ-SEJ6J)とNMAX ABS(型式 8BJ-SEG6J)の装備の違いを比較2

 

 

アクシスZ(型式 8BJ-SEJ6J)とNMAX ABS(型式 8BJ-SEG6J)の違いを比較

 

 

NMAXの方が車体が少し大きくて足の置き場に自由度があるから長時間乗るには、NMAXの方が楽だと思う。でも近場だけならとにかく軽い方が便利。アクシスZは、100kgしかないから凄く扱いやすい。

 

 

●パワーウエイトレシオで比較
NMAX 10.92kg/PS
アクシスZ 12.05kg/PS
スペック上の加速は、NMAX>アクシスZ

 

アクシスZとNMAXの買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト