リード125とバーグマン200の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

リード125とバーグマン200の違いを比較

 

ホンダ リード125の歴史

1982年2月に初代リード125が新発売。
1982年10月に2ストローク124ccエンジンを搭載したリード125(JF01)を追加しましたが約1年で製造販売終了となり、HONDAの125ccクラススクーターは4ストロークエンジン搭載のスペイシー125ストライカーに移行。それ以降、125ccのリードは、5代目までありません。
2013年7月4日にリード125(5代目)が発売。型式は、EBJ-JF45
車体色は、4色(ブラウン、シルバー、ホワイト、ブラック)。
2015年6月18日にマイナーチェンジ。
車体のフロントトップカバーとヘッドライト上部に配したガーニッシュのクローム処理を艶消しへと変更。アイストに電圧感知機能を追加し、バッテリーサイズを大型化。従来からあるエンジンオイル交換時期の目安をメーター内の液晶ディスプレイに表示する機能で表示が点灯するまでの走行距離を設定範囲内で任意に選択できるようになった。車体色は、新色の「エグザルテッドブルーメタリック」を追加。継続色のシルバー、ブラック、ホワイトに加え、全4色。
2016年4月22日にカラーチェンジ。
車体色は、新色の「キャンディーノーブルレッド」を追加。継続色のブルー、シルバー、ブラック、ホワイトに加え、全5色。
2017年12月8日にマイナーチェンジ。型式は、2BJ-JF45
ヘッドライトがLEDに変更。フロントインナーボックスに電源ソケットが設けられた。フロアステップに左右計で30mmの絞り込みを行い、停車時の足つき性を向上。車体色は、単色がシルバー、ブラック、パールホワイトの3色。ツートーンがレッド、ブルー、パールホワイトの3色の全6色の設定。
リード125「EBJ-JF45」と「2BJ-JF45」の詳しい違いは、こちら
2018年7月2日に特別仕様の「リード125 SPECIAL」を発売。
リード125をベースに、フロントカバーからメーターカバー、フロアカバー、リアセンターカバー、リアキャリにかけてマットブラック塗装をを施したツートーンカラーモデル。

 

 

スズキ バーグマン200の歴史

2014年2月28日に新登場。型式は、JBK-CH41A
車体色は、4色(ブリリアントホワイト、クールシルバー、マットフィブロイングレーメタリック、マットブラックメタリックNo.2)の設定。
2015年7月31日にカラーの追加。
フロントカバーを車体色と同色とし、シート表皮を全面革シボにした「マットムーンシルバーメタリック」を追加。
2016年4月27日にカラーチェンジ。
フロントカバーを車体色と同色に。インナーカバー色を黒に変更。ホイール色を黒に変更。車体色は、3色(ブリリアントホワイト、マットブラックメタリックNo.2、マットフィブロイングレーメタリック)の設定。
2017年4月17日にマイナーチェンジ。型式は、2BK-CH41A
平成28年国内排出ガス規制に対応。車体色は、3色(マットチタニウムシルバーメタリック、マットフィブロイングレーメタリック、ブリリアントホワイト)の設定。
2018年4月26日にカラーチェンジ。
新色2色(マットプラチナムシルバーメタリック、マットブラックメタリックNo.2)と従来色のブリリアントホワイトの全3色の設定。

 

 

ここでは、
2015年6月発売のホンダ リード125(EBJ-JF45)と
2016年4月発売のスズキ バーグマン200(JBK-CH41A)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

ホンダ リード125

スズキ バーグマン200

発売

2015年6月

2016年4月

型式

EBJ-JF45

JBK-CH41A

全長

1835mm

2055mm

全幅

685mm

740mm

全高

1125mm

1355mm

ホイールベース

1275mm

1465mm

シート高

760mm

735mm

最低地上高

140mm

130mm

総重量

114kg

161kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

26°30′

27°

トレール(mm)

75

93

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ディスク

タイヤサイズ(前)

90/90-12 44J

110/90-13 M/C 55P

タイヤサイズ(後)

100/90-10 56J

130/70-12 56L

エンジン種類

水冷4ストロークOHC単気筒

水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒

総排気量

124cc

199cc

圧縮比

11.0

11.0

ボア

52mm

69mm

最高出力(kW/rpm)

8.4(11PS)/8500

14(19PS)/8000

最大トルク(N・m/rpm)

12(1.2kgf・m)/5000

17(1.7kgf・m)/6000

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

乾式自動遠心

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送

燃料タンク容量

6.0L

10.0L

燃料消費率(km/L)

51(60km/h)・48.5(WMTCモード)

41(60km/h)・30.1(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格


¥293,760 エグザルテッドブルーメタリック
¥293,760 アルテミスシルバーメタリック
¥293,760 ポセイドンブラックメタリック
¥293,760 パールジャスミンホワイト


¥523,800 マットフィブロイングレーメタリック
¥523,800 マットブラックメタリックNo.2
¥523,800 ブリリアントホワイト

 

リード125とバーグマン200の違いを比較
リード125とバーグマン200の装備の違いを比較

 

 

リード125とバーグマン200の比較の口コミ

 

排気量が近くてリード125から上級グレードに乗り換えようとしたらスズキのバーグマン200になるけどエンジン、燃費、質感、足回り、信頼性をHONDA並に向上して欲しい。

 

 

バーグマン200は、重いよ。

 

【 バーグマン200 】 161kg
【 マジェスティS 】 145kg
【 フリーウェイ 】 145kg
【 マジェスティ125Fi 】 136kg
【 PCX150 】 130kg
【 NMAX155 (2015) 】 127kg
【 シグナスX 】 122kg
【 アヴェニス150 】 119kg
【 リード125 】 114kg
【 ヴェクスター150 】 106kg
【 アドレスV125S 】 101kg
【 FX110 】     83kg
【 チョイノリ 】 43kg

 

バーグマン200の方が良いところは、収納が大きい。アクセサリーソケットがついてる。タンク容量がでかい。タイヤも大きい。スクリーンも標準装備。リアブレーキもディスク。高速乗れる。リード125より速い速度で巡航できるし、安定している。

 

リード125の方が良いところは、車両本体価格が安い。アイドリングストップ付き。燃費が良い。出足が速い。軽くて取り回しが楽。税金や保険などの維持費が安い。

 

 

最高速は、平地でメーター読みだとバーグマン200が130km/hくらい。リード125が110km/h弱くらい。

 

 

デザインは、どっちも地味だがバーグマン200の方がまだいい。

 

 

バーグマン200は、街乗りでのストップ&ゴーはあまり得意じゃない。街乗りだけならリード125が最強かもしない。

 

 

バーグマン200を見てきたけどかなりデカイ。リード125とは、全然違う。あれで200ccとはないわ。

 

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト