ホンダ クロスカブとスーパーカブ110の違い

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

クロスカブとスーパーカブ110の違い






ホンダ クロスカブの歴史

2013年6月14日に新登場。型式は、EBJ-JA10
車体色は、イエローとレッドの2色。
2014年12月12日にカラーチェンジ。
車体色に新色の「ボスグレーメタリック」を追加。継続色のイエローとレッドの2色とあわせて全3色の設定。
2018年2月23日にフルモデルチェンジしてクロスカブ110を発売。型式は、2BJ-JA45
レッグシールドに換えてステアリングヘッドからボディへと続くフレームカバーを採用。LEDヘッドライトを囲むパイプ製のヘッドライトガードを採用。スリット入りのマフラーガード採用など。
車体色は、イエローとレッドとグリーンの3色の設定。
クロスカブ(EBJ-JA10)とクロスカブ110(2BJ-JA45)の詳しい違いは、こちら



ホンダ スーパーカブ110の歴史

2009年6月19日に新登場。型式は、EBJ-JA07
車体色は、コスタブルーとアバグリーンの2色の設定。
2010年2月18日にカラーを追加。
車体色に新色のコルチナホワイトを追加。従来色とあわせて3色の設定。
2010年8月20日にカラーを追加
車体色にカラフルなツートーンシートを採用した新色2色(プコブルーR、バージンベージュR)を追加。従来色の3色とあわせて5色の設定。
2012年3月16日にフルモデルチェンジ。型式は、EBJ-JA10
ニューベーシックカブをコンセプトに従来モデルより実用性や経済性、快適性、デザイン、リーズナブルな価格を目指した。生産は、日本から中国に変更。車体色は、スマートブルーメタリック、パールシルキーホワイト、パールバリュアブルブルー、バージンベージュ、パールプロキオンブラックの5色の設定。
スーパーカブ110の「EBJ-JA07」と「EBJ-JA10」の違い
2017年11月10日にフルモデルチェンジ。型式は、2BJ-JA44
排出ガス規制(平成28年)への対応。ボディーデザインは、オリジナルの“カブスタイル”への回帰といえそうな滑らかな曲面で構成されたボディーラインと丸目ヘッドライト。LED化もされた。生産は、再び日本国内(熊本製作所)となる。車体色は、グリントウェーブブルーメタリック、クラシカルホワイト、バージンベージュ、タスマニアグリーンメタリック、アーベインデニムブルーメタリックの5色の設定。
スーパーカブ110の「EBJ-JA10」と「2BJ-JA44」の違い
2018年11月22日に「スーパーカブ110・60周年アニバーサリー」を受注期間限定で発売。
車体色に鮮やかなマグナレッド、バージンベージュのレッグシールドとサイドカバーを採用。より高級感のあるツートーンシートとブラック塗装を施したリアキャリア。メーターを縁取るリングとフロントカバーのエンブレムにクロームメッキ、サイドカバーとキーに60周年を記念した専用エンブレムを採用。
2019年3月15日に「スーパーカブ110・ストリート」を受注期間限定で発売。
車体色は、淡い色合いの2色(ボニーブルー、ハーベストベージュ)の設定。レッグシールドも車体色と同色とし、サイドカバー、クランクケースカバー、リアキャリア、前後輪のハブ、スイングアーム、チェーンケースにブラックの配色を取り入れた。また、フロントカバーのエンブレムやメーターを縁取るリングにクロームメッキを採用。白のパイピングを施したシートの後部側面やスペシャルキーに、歴代スーパーカブに採用されたさまざまなロゴやスーパーカブを模式化した図案などをあしらった。



ここでは、まず最初に
2013年6月14日発売のクロスカブ(EBJ-JA10)と
2012年3月16日発売のスーパーカブ110(EBJ-JA10)
を比較しました。


スペックの比較

※数字が大きい方をこの色にしています。
車種
ホンダ クロスカブ
ホンダ スーパーカブ110
発売
2013年6月
2012年3月
型式
EBJ-JA10
EBJ-JA10
全長
1945mm
1915mm
全幅
815mm
700mm
全高
1150mm
1050mm
ホイールベース
1225mm
1210mm
シート高
784mm
735mm
最低地上高
155mm
135mm
乾燥重量
- kg
- kg
総重量
105kg
98kg
サスペンション形式(前)
テレスコピック
テレスコピック
サスペンション形式(後)
スイングアーム
スイングアーム
キャスター角
27°
26°30′
トレール(mm)
82
73
ブレーキ形式(前)
ドラム
ドラム
ブレーキ形式(後)
ドラム
ドラム
タイヤサイズ(前)
2.75-17 41P
70/90-17 M/C 38P
タイヤサイズ(後)
2.75-17 41P
80/90-17 M/C 44P
エンジン種類
空冷4ストロークOHC単気筒
空冷4ストロークOHC2バルブ単気筒
総排気量
109cc
109cc
圧縮比
9.0
9.0
ボア
50mm
50mm
最高出力(kW/rpm)
5.9(8PS)/7500
5.9(8PS)/7500
最大トルク(N・m/rpm)
8.5(0.87kgf・m)/5500
8.5(0.87)/5500
始動方式
セル・キック
セル・キック
点火方式
フルトランジスタ
フルトランジスタ
クラッチ形式
自動遠心湿式多板
湿式多板
変速機形式
4段リターン
4段リターン
燃料供給方式
インジェクション
インジェクション
潤滑方式
圧送飛沫併用
圧送飛沫併用
燃料タンク容量
4.3L
4.3L
燃料消費率(km/L)
62.5(60km/h)
63.5(60km/h)
カラー/メーカー小売価格
¥278,250 パールコーンイエロー
¥278,250 ファイティングレッド
¥228,900 スマートブルーメタリック
¥228,900 パールプロキオンブラック
¥228,900 パールバリュアブルブルー
¥228,900 パールシルキーホワイト
¥228,900 バージンベージュ



クロスカブとスーパーカブ110の違いの口コミ


2つのバイクの最大の違いは、クロスカブは、1人乗り専用でフロント周りのオプション(前カゴ)が無いことです。

クロスカブは、タイヤが大きく 重量も重いので性能は、スーパーカブカブが勝ります。

クロスカブとスーパーカブ110のシート高の違いは、シートの厚さ+リアサスの長さで約5cm違います。

エンジンだけは一緒ですが、 クロスカブは、ハンドル、シート、タイヤ、ホイール、リアサスが変わっています。

クロスカブと迷ったけどクロスカブは足つきが悪いし、普段使うには、スーパーカブ110を選ぶのが無難。

走行性能は、あまりわらないので見た目で選べばいいよ。

クロスカブは、前後にスーパーカブプロ110の足回りを装着して前後に17インチタイヤなのでスーパーカブ110と比べて全長・全幅・全高すべてが上回っている。

クロスカブのシートは、広くて厚みもあるのでスーパーカブ110のシート高より49ミリ高い。その分、足つきは、悪いがロングツーリングでは、クロスカブのクッション性の高いシートの方が振動を軽減してくれて疲れにくい。

クロスカブは、最低地上高がスーパーカブ110より20mm高いので路面状況への対応力がよくなっている。

クロスカブは、2次減速比が変更され、低速(加速型)に調整されたのでスーパーカブ110よりゼロスタートからの加速が速い。しかし、その分、最高速がスーパーカブ110より少し劣る。ただ、最高速で走ることは、少ないので加速が速い方が実用的。

制動力に関しては、クロスカブの方がスーパーカブ110より7kg重いがクロスカブは、リアのドラム径を大型化しているので乗ってみるとほとんど違いは、わからない。


スーパーカブ110(JA10)のレッグシールドは、クロスカブもスタンダードもプロも共通。


シートとリアサスは、クロスカブの方がいいね。クロスカブのシートは良く出来てる。スーパーカブのシートは、痛い。


クロスカブに試乗してみたけどこれは、カブじゃなくてバイクだね。良いサスが付いてる。


スーパーカブ110より見た目が良いからホビーユーザーは圧倒的にクロスカブの方が多い。


クロスカブは、風防が似合わないからつけようと思わないんだよね。だから冬は、辛い。


角目はカブを購入する層が買う。クロスカブはバイクを購入する層が買う。クロスカブはリターンライダーや初めてのバイクを買う人が一目惚れして買うことが多いらしい。


角目のブレーキは、気に入らない。クロスカブやJA07と比較してもドラムが小径になってる。


クロスカブに乗せて貰ったけど別物だった。クロスカブのシートが良かった。あれなら長距離でも疲れなさそう。リアサスもスーパーカブとは全く別のテイストでいい感じ。ローギアードなのもおもしろかった。スーパーカブというよりは普通のバイクに乗ってる感じだった。


クロスカブとスーパーカブ110(JA10)のホイールサイズは同じだからクロスカブは無理やり太いタイヤ履かせてることになるのかな?フロントはリム幅1.4だが2.75(標準リム幅1.85)のタイヤ履いてるから尖って直径が長くなってると思う。それからホイールは同じだがブレーキパネルやハブは型番自体違う。


クロスカブ乗りだけど友達のスーパーカブ110(JA10)に乗らせてもらったら、足つきがすごく良い、シートが薄い、目線が低くて、ハンドルも低い。ベースが同じなのに全く違う乗り物だった。


スーパーカブ110で長距離は、無理。お尻が痛いしポンポン跳ねる。


雪道を走るならスーパーカブの方が良い。クロスカブは、タイヤとフロントフェンダーの間が狭すぎて雪道なんか走ると雪が詰まって即フロントロックする。更に雪道では、足つきが良いスーパーカブの方が安心。


スーパーカブ110からクロスカブに乗り換えたがシート高が5cm高くなっただけでこんなに違うんだね。60km/h以上出すとスーパーカブ110よりつらいし、ちょっと後悔してる。


最高速は、どちらも時速90キロいかないくらい。若干スーパーカブ110の方が速いがほとんど同じ。


クロスカブは、足つき悪いって言われてるけど普段オフに乗ってる自分としては、めちゃめちゃ足つき良いとと思ってしまう。


クロスカブのコンセプトであるローギアードが不満だったら スプロケットを変更すればいい。


最初からカブが欲しいならスーパーカブ110。カブのエンジン積んだバイク欲しいならクロスカブ。とりあえず両方試乗シてみたほうがいいよ。全然違うから。


俺は、二人乗りするからクロスカブを諦めてスーパーカブ買った。クロスカブにつけるタンデムステップを常用するのは。。。って感じ。


自分は、クロスカブにした。理由は、取り回しの良さとカスタムパーツが多さ。スーパーカブみたいにレッグシールドが大きく過ぎないのもいい。


クロスカブは、どんな格好して乗るのが似合うのよくわからないね。スーパーカブだったら作業着からスーツまで受け入れてくれるイメージがあるけど今まで見かけたクロスカブは、バイク自体は、カッコいいけど乗り手も含めて見ると何か違和感を感じた。


クロスカブは、ミリタリー系の格好が合うよ。あとは、格好よりヘルメット。


スーパーカブ110より車体が大きいクロスカブは、スーパーカブ110と同じことをしても振動は大きくなる。対処方法としては、オイルを交換することとハンドル端の重りをノーマルより重い社外品に交換すればかなり振動は緩和される。


クロスカブは、足つきだけがネックだと思ってたけど作りが安っぽくて高速域がノーマルのスーパーカブ110と比較すると全然ダメ。スーパーカブ110を手放したのは、失敗だった。


クロスカブに試乗させてもらったけどサスの違いでここまで乗りやすくなるのかって思った。好みの問題もあるけど俺は、スーパーカブよりクロスカブの方がいいと思った。


俺もクロスカブは、一人乗りだからスーパーカブ110にした。


クロスカブは、タンデムステップがないのがな。。。 二人乗りしたいからどうしても買う決断ができない。クロスカブより安いスーパーカブには付いてるのになんで付けないんだろう?


クロスカブは、デカいよね。長距離走る場合には良さそうだけど街乗りの時は、スーパーカブ110の方が扱いやすそう。


クロスカブと悩んだけど俺は、背が低いからスーパーカブ110にした。 クロスカブのシート高はスーパーカブ110より約5cm高い。短足の俺は、足が付かない。



クロスカブとスーパカブ110で迷ったけど、チビだからスーパカブ110にした。試乗したら意外に安定性が良くて決めた。


クロスカブは、一人乗りだからスーパカブ110にした。サイトでスペック表を見ればクロスカブの定員は、定員1名、スーパカブ110は、定員2名と記載されてる。もしかしたらタンデムすることあるかもしれないからこの差は、大きい。


クロスカブでも二人乗りしたいならタンデムステップ付ければいいと思う。クロスカブのタンデム仕様を売ってる店もあるくらいだから。この辺は、グレーゾーンだな。


スーパーカブ110の方が飽きないから長く乗れる。なにか変えたければカスタマイズすればいいだけだし。


スーパーカブ110よりクロスカブの方がハイシート+ワイドハンドルでポジションも大柄だね。


スーパカブ110は、2012年3月にフルモデルチェンジしてからずっと動きがないね。クロスカブは、2014.12月に新色カラーの追加もあったのに。


自分は、デザインが好きでクロスカブにしたけどデザインを気にしなかったらスーパーカブ110にしてた。基本的な性能は、ほとんど同じだから。日頃使うならコンパクトなスーパーカブ110。よくツーリングに行くなら大柄でゆったりしたポジションのクロスカブかな。


クロスカブに跨ってみるとスーパカブ110に比べてハンドルとシートとが高くなってて結構違う感じだった。


俺は、目立ちたくないからスーパカブ110にした。ノーマルでジェットヘル被ってると本当に目立たない。ツーリングに行っても地元の人間と思われる。


もともとJA10のプロを買って14インチから17インチにするつもりだったけどそれならクロスカブを買ってプロの17インチ化した方が安く済むと言われてクロスカブにした。


スーパカブ110に幅広で厚いクロスカブのシートを付けたらかなり座り心地が良くなった。シート高を上げたら窮屈な足元が解放された。ちなみにクロスカブのシートは、ヤフオクで8500円位で買った。


両方持ってるけどスーパーカブは、自分がどう思おうが周りから見れば地味な商業バイク。でもクロスカブは、違うみたい。老若男女問わずいろんな場所で「このバイクいいですね」って よく声を掛けられる。


次のバイクは、JA10とクロスカブで迷ったけど性能的には、JA10と大して差がないのにクロスカブは、価格が高すぎるから自分としては、それほど魅力を感じなかった。クロスカブは、どちらかと言えば、JA10のデザインが嫌な人のためのおしゃれカブという位置づけだね。


クロスカブ見た目好きだけど乗りづらいね。オフロード車よりで重心が高すぎてふらつく。あと前カゴが付かないからスーパーカブの方がいいわ。


クロスカブが初めてのカブだったけどJA10に試乗したらその軽さに驚いた。


俺は、レッグシールドが黒だからクロスカブにした。


俺は、スーパーカブ110にした。似たようなスペックでスーパーカブ110の方が全然安いから。

クロスカブを選ぶ人は、見た目に惚れた以外に理由は、ないでしょ。クロスカブは、当初は、高くてコスパ悪いと言われてたけど目に止まらない商業車と比較するのもどうかと思う。若い頃は、スペックやコスパでバイクを選んでたけど今は、見た目オンリーで即決だわ。


クロスカブは、ノーマルカブよりシート高が49mm、最低地上高が20mm、全高が100mm高い。ロードクリアランスがノーマルカブより多い。つまりオフ性能が高いということ。


スーパーカブかクロスカブで迷ってるならスーパーカブにしといた方がいい。迷わない人が買うのがクロスカブだよ。


俺は、最初クロスカブに興味があって色々調べてたらスーパーカブも候補になって価格差ほどのメリットがクロスカブにあるかどうか迷ったけど見た目と試乗した時に全く違うバイクってわかってクロスカブにした。


クロスカブはスーパーカブ110(JA10)よりギア比が低いので燃費も少し悪い。


俺は、どっちも持ってる。燃費は、55〜65km/Lで似たようなもん。長距離走った時の疲れは、断然クロスカブの方が楽。シートやリアサスとかいろんな違いだろうね。もちろん角目の方が足付きが良いからそれが理由で楽という人もいる。


角目とプロは、膝の曲がりがキツいポジションになるから、足がキツイ。連続2時間とか走るとかなり辛かった。クロスカブは、ゆったりしたポジションだから疲れない。


俺は、街乗り以外なら全てクロスカブの方が楽だと思う。でも街乗りと荷物の積み下ろしはスーパーカブ110の方がいい。


クロスカブの純正シートは、座面が広いし、材質が違うから快適。スーパーカブ110(JA10)は、すぐケツが痛くなる。


JA10からクロスカブに乗り換えた。第一印象は、シート高過ぎ。


クロスカブの方がライポジの違いによって乗り心地がいいし、お尻が痛くなりにくい。


クロスカブは、サスのストロークが長く、シートの幅が広いから、スーパーカブ110より足つきが悪いね。


クロスカブは、ステップ、車高、ハンドル幅、サス、分厚いシート、ギア比とノーマルカブより全体的にダート向けに作られてるから林道を走りたい人は、絶対クロスカブの方がいい。同じカブでもライポジが全然違う。


クロスカブは、ローギア過ぎる。ノーマルカブと同じ丁数にしてる人も多そう。


クロスカブは、スーパーカブ110より最低地上高が高いのでダートを走ってる時に底を打ちにくいし、ダート走行に適した実用的な装備がある。幅広ハンドル、肉厚シート、よく動く前サス、ワイドタイヤ、可倒式ステップ、低速寄りセッティング。俺は、よく林道に行くけど、クロスカブは、スーパーカブ110の見た目を変えただけのバイクじゃないよ。

 

このページの一番上へ戻る


次に
2018年2月23日発売のクロスカブ110(2BJ-JA45)と
2017年11月10日発売のスーパーカブ110(2BJ-JA44)
を比較しました。


スペックの比較

※数字が大きい方をこの色にしています。
タイプグレード名
クロスカブ110
スーパーカブ110
モデルチェンジ区分
フルモデルチェンジ
フルモデルチェンジ
型式
2BJ-JA45
2BJ-JA44
発売日
2018年2月23日
2017年11月10日
仕向け・仕様
国内向けモデル
国内向けモデル
全長 (mm)
1935
1860
全幅 (mm)
795
695
全高 (mm)
1090
1040
ホイールベース (mm)
1230
1205
最低地上高(mm)
157
135
シート高 (mm)
784
735
車両重量 (kg)
106
99
最小回転半径(m)
2
1.9
乗車定員(名)
2
2
燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)
61
62
燃料消費率 WMTCモード値(km/L)
66.7
67
原動機型式
JA10E
JA10E
原動機種類
4ストローク
4ストローク
気筒数
1
1
シリンダ配列
単気筒
単気筒
冷却方式
空冷
空冷
排気量 (cc)
109
109
カム・バルブ駆動方式
OHC(SOHC)
OHC(SOHC)
気筒あたりバルブ数
2
2
内径(シリンダーボア)(mm)
50
50
行程(ピストンストローク)(mm)
55.6
55.6
圧縮比(:1)
9
9
最高出力(kW)
5.9
5.9
最高出力(PS)
8
8
最高出力回転数(rpm)
7500
7500
最大トルク(N・m)
8.5
8.5
最大トルク(kgf・m)
0.87
0.87
最大トルク回転数(rpm)
5500
5500
燃料供給方式
フューエルインジェクション
フューエルインジェクション
燃料供給装置形式
PGM-FI
PGM-FI
燃料タンク容量 (L)
4.3
4.3
燃料タンク・リザーブ容量 (L)
1.3
-
エンジン始動方式
セルフ・キック 併用式
セルフ・キック 併用式
点火装置
フルトランジスタ式
フルトランジスタ式
点火プラグ標準搭載・型式
CPR6EA-9S
CPR6EA-9S
点火プラグ必要本数・合計
1
1
搭載バッテリー・型式
GTZ4V
GTZ4V
バッテリー容量
12V-3Ah
-
エンジン潤滑方式
ウェットサンプ式
ウェットサンプ式
エンジンオイル容量※全容量 (L)
1
1
エンジンオイル量(オイル交換時) (L)
0.8
0.8
推奨エンジンオイル(SAE粘度)
10W-30
10W-30
クラッチ形式
湿式・多板・遠心
湿式・多板
変速機形式
リターン式・4段変速
リターン式・4段変速
1次減速比
4.058
4.058
2次減速比
2.642
2.5
変速比
1速 2.615/2速 1.554/3速 1.136/4速 0.916
1速 2.615/2速 1.554/3速 1.136/4速 0.916
動力伝達方式
チェーン
チェーン
スプロケット歯数・前
14
14
スプロケット歯数・後
37
35
チェーンサイズ
428
428
標準チェーンリンク数
102
100
フレーム型式
バックボーン
バックボーン
キャスター角
27°00
26°30
トレール量 (mm)
78
73
ブレーキ形式(前)
機械式リーディングトレーリング
機械式リーディングトレーリング
ブレーキ形式(後)
機械式リーディングトレーリング
機械式リーディングトレーリング
懸架方式(前)
テレスコピックフォーク
テレスコピックフォーク
懸架方式(後)
スイングアーム式
スイングアーム式
ショックアブソーバ本数(後)
2
-
タイヤ(前)
80/90-17
70/90-17
タイヤ(前)構造名
バイアス
バイアス
タイヤ(前)荷重指数
44
38
タイヤ(前)速度記号
P
P
タイヤ(前)タイプ
チューブタイヤ
チューブタイヤ
タイヤ(後)
80/90-17
80/90-17
タイヤ(後)構造名
バイアス
バイアス
タイヤ(後)荷重指数
44
44
タイヤ(後)速度記号
P
P
タイヤ(後)タイプ
チューブタイヤ
チューブタイヤ
ホイールリム幅(前)
1.6
1.4
ホイールリム幅(後)
1.6
1.6
タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)
1.75
2
タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)
2.25
2.25
ヘッドライトタイプ(Hi)
LED
LED
テールライト定格(制動/尾灯)
21W/5W
-
スピードメーター表示形式
アナログ
アナログ
メーカー小売価格
334,800円
275,400円

クロスカブ110(2BJ-JA45)とスーパーカブ110(2BJ-JA44)の違いを比較

左がクロスカブ110(2BJ-JA45)  右がスーパーカブ110(2BJ-JA44)
クロスカブ110(2BJ-JA45)とスーパーカブ110(2BJ-JA44)の装備の違いを比較


クロスカブとスーパーカブ110の買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト