Dioとタクトの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

Dioとタクトの違いを比較

 

ホンダ Dioの歴史

※ホンダ DIOは、1988年1月に初代ディオが新登場しています。ここでは、省略して2003年のフルモデルチェンジからにしています。
2003年11月に5代目Dioが新登場。型式は、BA-AF62
これが5代目ディオ。生産拠点を中国に移し、コストの圧縮を図ったモデルとして、「ディオ」だけを車名に持つスクーターが復活した。エンジンは、49ccの強制空冷4スト単気筒で、先に発売されたトゥデイと同じ。左ブレーキレバー(後輪ブレーキ)操作でフロントも制動するコンピブレーキを搭載。
2004年7月に特別仕様の「Dio・スペシャルカラー」を発売。
車体色「イプシロンブルーメタリック」を施した特別仕様車を1,000台限定で発売。
2006年2月にカラーチェンジ。
2007年10月30日にマイナーチェンジ。型式は、JBH-AF68
これが6代目ディオ。ディオ・チェスタとともに2007年10月30日にモデルチェンジ。車体デザインは5代目とほぼ同じだが、ベースとなったトゥディ (JBH-AF67) と同じく、PGM-FI搭載ならびに触媒内蔵マフラーにより平成18年排出ガス規制に適合。
Dioの「AF62(5代目)」と「AF68(6代目)」の違いの比較は、こちら。
2009年1月にカラーチェンジ。
2010年2月にカラーチェンジ。また特別仕様の「Dio Special」を限定発売。
前後ホイールをブラックに変更。「Dio Special」は、特別色のヘビーグレーメタリック-Uで1,000台限定で販売。
2011年2月にマイナーチェンジ。また特別仕様の「Dio Special」を限定発売。
マイナーチェンジでは、燃料ポンプとインジェクションを変更し、エンジンコントロールユニット(ECU)のセッティングを変更。低中速域でのトルクを改善。「Dio Special」は、特別色のパールツインクルブラックで1,000台限定で販売。
2013年11月にカラーチェンジ。
シートがブラック×グレーのツートーンカラーに変更。ホイールは、ゴールドとなった。

2016年に生産終了。
50ccモデルのディオとディオチェスタの日本仕様の生産終了が公表された。

 

 

ホンダ タクトの歴史

2015年1月23日に「タクト」が新発売。型式は、JBH-AF75
タクトの8代目モデル。原付スクーター市場の再活性化を目指すため、ネーミングを復活させたモデル。JBH-AF74型ダンクと基本コンポーネンツを共用する姉妹車。eSPのエンジンを採用。製造はベトナム。車体色は、全3色(キャンディーノーブルレッド、パールジャスミンホワイト、ポセイドンブラックメタリック)の設定。
2016年2月12日にカラーチェンジ。生産をベトナムから熊本製作所に移管。型式は、JBH-AF79
車体色は、新色2色(クラシカルホワイト、マホガニーブラウンメタリック)と継続色1色(キャンディーノーブルレッド)の全3色の設定。
2017年10月17日にマイナーチェンジ。型式は、2BH-AF79
平成28年排出ガス規制対応とカラーチェンジ。車体色は、新色1色(ヘビーグレーメタリック-U)と継続色1色(キャンディーノーブルレッド)の全2色の設定。
タクトの「JBH-AF79」と「2BH-AF79」の違いはこちら。
2019年2月15日にカラーチェンジ。
車体色は、新色1色(マットバリスティックブラックメタリック)と継続色1色(へビーグレーメタリック-U)の全2色の設定。

 

 

ここでは、
2013年11月発売のDioと
2016年2月発売のタクト
を比較しました。

 

スペックの違いを比較

 

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

ホンダ ディオ

ホンダ タクト

発売

2013年11月

2016年2月

型式

JBH-AF68

JBH-AF79

全長

1720mm

1675mm

全幅

650mm

670mm

全高

1020mm

1035mm

ホイールベース

1180mm

1180mm

シート高

695mm

720mm

最低地上高

110mm

105mm

総重量

81kg

79kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

26°30′

26°30´

トレール(mm)

71

75

ブレーキ形式(前)

ドラム

ドラム

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

80/100-10 46J

80/100-10 46J

タイヤサイズ(後)

80/100-10 46J

80/100-10 46J

エンジン種類

空冷4ストロークOHC単気筒

水冷4ストロークOHC単気筒

総排気量

49cc

49cc

圧縮比

10.1

12.0

ボア

38mm

40mm

最高出力(kW/rpm)

2.8(3.8PS)/8250

3.3(4.5PS)/8000

最大トルク(N・m/rpm)

3.7(0.38kgf・m)/7000

4.1(0.42kgf・m)/7500

始動方式

セル・キック

セル・キック

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

自動乾式多板シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

4.6L

4.5L

燃料消費率(km/L)

73(30km/h)

80(30km/h)・56.4(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格

¥159,600 マットアクシスグレーメタリック ¥159,600 アズキブラウンメタリック ¥159,600 パールコットンアイボリー ¥159,600 デジタルシルバーメタリック ¥159,600 パールアメジストパープル

¥172,800 クラシカルホワイト ¥172,800 マホガニーブラウンメタリック ¥172,800 キャンディーノーブルレッド

 


 

 

ホンダ Dioとタクトの比較の口コミ

 

 

タクトは、給油口がフロアステップにあるから給油の時にいちいちメットインを開けなくていいから便利。

 

 

Dio(AF68)は高いし遅いし生産国が中国と三拍子そろってる。Dioは、生産終了になったしタクトにした方がいい。

 

 

タクトベーシックは、ローシートでシート高が705mm(タクト無印は720mm) って書いてるけどDioなんか695mmだからね。705mmは、そんなに低くない。

 

 

原付の乗り換えで何も調べずにDioを買おうと思ってたらバイク屋の店員に絶対タクト買った方がいいと言われた。Dioより15000円位高いけどエンジンが全然違うって言われた。

 

2016年に生産中止になった50ccのDioは、空冷だけどタクトの方が明らかにパワーがある。登り坂でリアボックスに5kgくらいの荷物を乗せてるタクトが新車のDioを軽くちぎれる位パワーに差がある。ちなみにタクトの運転手の方がDioより体重が6kg重かった。

 

 

実質2万円位の差でパワーや装備が結構違うことを考えたらタクトがいいかもね。ちなみにDioが中国製でタクトがベトナム製。※タクトの生産は、これまでベトナムでしたが2016年02月12日に発売されたタクトから日本の熊本製作所に移管しています。

 

 

 

Dioのエンジンは、古いね。タクトは、新型のespでパワーも燃費も上だし、アイドリングストップもついてる。タクトは、カーボン噛み対策もされてるからエンストや始動不良を起こす可能性も低い。

 

 

積載性は、Dioの方が高い。メットインは、Dioが22Lでタクトが20L。フロントポケットもDioの方が大きい。ただ、Dioは、コンビニフックでタクトは、大型フックだからタクトは、大きいかばんを掛けられるからその分メットインが使える。、

 

 

俺のフルフェイスはタクトに入らなかったからジェットを新たに買った。でもフルフェイスでも入る奴もあるみたいだからフルフェイスを持ってる人は、買う前にDioとタクトの両方に入れてみたほうがいい。

 

 

出足の加速と坂道は、タクトの方がいい。Dioは、遅すぎる。

 

 

Dioは、 2007年10月に型式がAF68に変わって6代目になってからそれから大きな変更がない。タクトは、2015年1月に次世代エンジンを載せて発売されている。似たような値段だし、タクトの方がおすすめ。

 

今なら絶対タクトでしょ。ディオよりパワーがあるのに燃費も上。他の4stスクーターと比べても全然違うよ。ディオだと坂道でどんどん失速するけどタクトならすいすい登れる。最高速もDioは、55km/h位だったと思うけどタクトは、60km/hオーバー。エンジンもディオは、空冷だけどタクトは、水冷だから夏に長距離走っても安心だし。

 

Dioとタクトで悩んでてタクトの値段が気になるならタクトベーシックでもいい。違いは、ローシートになってメットインが19Lになってアイドリングストップがなくなるだけだから。

 

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト