「スズキ レッツ4」と「スズキ アドレスV50」の比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

「スズキ レッツ4」と「スズキ アドレスV50」の比較

 

スズキ レッツ4の歴史

2004年10月16日に「レッツ4」と「レッツ4G」が新登場。型式は、BA-CA41A
エンジンは4ストロークエンジンを搭載。ミクニがスズキと共同で開発したディスチャージポンプ式フューエルインジェクションを装備。「レッツ4G」は、レッツ4をベースにハンドルロックと同時にアラームがセットできる盗難抑止アラーム、燃料計、リアキャリアを標準装備。
2005年4月に「レッツ4G」にカラーを追加
2005年11月に「レッツ4」と「レッツ4G」をマイナーチェンジ。
2007年1月30日に「レッツ4」と「レッツ4G」をカラーチェンジ。
2007年9月に「レッツ4」と「レッツ4G」をマイナーチェンジ。型式は、JBH-CA45A
触媒付きマフラーを装着し、平成18年自動車排出ガス規制に対応。
レッツ4の「BA-CA41A」と「JBH-CA45A」の違いの比較は、こちら。
2007年12月1日に「レッツ4」の限定カラーを発売。
2008年4月に「レッツ4」にカラーを追加
2009年4月に「レッツ4」と「レッツ4G」をマイナーチェンジ
2009年11月に「レッツ4」にカラーを追加
2010年11月1日に「レッツ4」と「レッツ4G」をマイナーチェンジ。型式は、JBH-CA46A
エンジンをレッツ5と統合。リアキャリアを標準装備。ヘルメットボックス内のインナーマットを廃止。
レッツ4の「JBH-CA45A」と「JBH-CA46A」の違いの比較は、こちら。
2011年5月24日に「レッツ4」をマイナーチェンジ。

レッツ4バスケットで採用の大型グリップ付きのリアキャリアに変更。スピードメーターパネルのデザインを変更。
2011年12月9日に「レッツ4」をカラーチェンジ
2012年4月25日に「レッツ4」の特別・限定仕様を発売。
特別色の明るい色合いのオーキッドピンクとネーブルオレンジを設定。
2012年12月19日に「レッツ4」をカラーチェンジ
2013年4月に「レッツ4」の特別・限定仕様を発売。
特別色のスウィートブラウンNo.2とグラスバーナードレッドNo.2の2色を設定。
2013年12月19日に「レッツ4」をカラーチェンジ
2015年3月に新型レッツと入れ替わる形で生産終了を公表。

 

 

スズキ アドレスV50の歴史

2006年3月1日に「アドレスV50」と「アドレスV50G」の4ストロークモデルが新登場。型式は、BA-CA42A
アドレスV50の車名を復活させフルモデルチェンジして発売。レッツ4のエンジンを発展させたフューエルインジェクション、4ストロークエンジンを搭載。「アドレスV50G」は、専用のカラーリング、盗難抑止アラーム、シート下トランクに12Vのアクセサリーソケットを装備。
アドレスV50とアドレスV50Gの違いの比較は、こちら。
2007年1月に特別仕様の「アドレスV50」を発売。
シルバーの特別色を採用。
2007年9月に「アドレスV50」をマイナーチェンジ。また「アドレスV50G」を追加。型式は、JBH-CA44A
平成18年国内排出ガス規制に対応。
アドレスV50の「BA-CA42A」と「JBH-CA44A」の違いの比較は、こちら。
2008年1月1日に「アドレスV50 限定車」を発売。
車体色は、キャンディナポレオンブルーを採用。2,000台限定で発売。
2008年12月に「アドレスV50」のカラーを追加。
2009年1月に「アドレスV50」のカラーを追加。
2009年5月に「アドレスV50G」のカラーチェンジ。
2010年7月29日に「アドレスV50」と「アドレスV50G」をマイナーチェンジ。
エアクリーナーボックス形状とマフラー形状とマフラーカバー形状を変更。
アドレスV50の2010年7月29日のマイナーチェンジでの変更点は、こちら。

2010年12月24日に「アドレスV50」をカラーチェンジ。
2011年5月24日に「アドレスV50」をマイナーチェンジ。
前後ホイール色を黒に変更。スピードメーターパネルのデザインを変更。車体サイドの車名ロゴデカールのデザインを変更。
2011年12月26日に「アドレスV50」をカラーチェンジ。
2012年1月27日に「アドレスV50」をカラーチェンジ。
2012年2月20日に「アドレスV50」をマイナーチェンジ。
フロントフォークブーツを廃止。
2012年12月25日に「アドレスV50」をカラーチェンジ。
2013年2月20日に「アドレスV50」をカラーチェンジ。
2013年5月8日に「アドレスV50」をカラーチェンジ。
2014年1月20日に「アドレスV50」をカラーチェンジ。
2015年5月7日に「アドレスV50」をマイナーチェンジ。型式は、JBH-CA4BA
新型レッツと共通のエンジンの搭載し、燃費が向上。同時にガソリンタンク容量もレッツに準じて従来の4.5Lから4.8Lへと増量。シート高やハンドルバーの位置を高めに設定。
アドレスV50の「JBH-CA46A」と「JBH-CA4BA」の違いの比較は、こちら。
2017年9月27日に「アドレスV50」をマイナーチェンジ。型式は、2BH-CA4BA
平成28年国内排出ガス規制に対応。

アドレスV50の「JBH-CA4BA」と「2BH-CA4BA」の違いの比較は、こちら。
2019年1月11日に「アドレスV50」をカラーチェンジ。
2020年1月10日に「アドレスV50」をカラーチェンジ。

 

 

ここでは、
2013年12月発売のスズキ レッツ4(JBH-CA45A)と
2015年5月発売のスズキ アドレスV50(JBH-CA4BA)
の違いを比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

スズキ レッツ4

スズキ アドレスV50

発売

2013年12月

2015年5月

型式

JBH-CA45A

JBH-CA4BA

全長

1665mm

1670mm

全幅

600mm

620mm

全高

985mm

1005mm

ホイールベース

- mm

1150mm

シート高

685mm

710mm

最低地上高

105mm

105mm

総重量

68kg

73kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

25°

25°

トレール(mm)

65

65

ブレーキ形式(前)

ドラム

ドラム

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

80/90-10 35J

80/90-10 35J

タイヤサイズ(後)

80/90-10 35J

80/90-10 35J

エンジン種類

空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒

空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒

総排気量

49cc

49cc

圧縮比

10.7

10.7

ボア

39mm

39mm

最高出力(kW/rpm)

3.3(4.5PS)/8000

3(4.1PS)/8500

最大トルク(N・m/rpm)

3.9(0.4kgf・m)/7000

3.7(0.38kgf・m)/6500

始動方式

セル・キック

セル・キック

点火方式

フルトランジスタ

トランジスタ

クラッチ形式

乾式自動遠心

乾式自動遠心シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送

圧送

燃料タンク容量

4.5L

4.8L

燃料消費率(km/L)

73(30km/h)

73(30km/h)・53.8(WMTCモード)

メーカー小売価格/カラーバリエーション

¥134,400 アイボリーNo.2 ¥134,400 ミスティックシルバーメタリック ¥134,400 キャンディソノマレッド ¥134,400 ソリッドブラック

¥155,520 キャンディダーリングレッド ¥155,520 スプラッシュホワイト ¥155,520 グラスシャインブラック ¥155,520 パールムーンストーングレー

 

 

 

「スズキ レッツ4」と「スズキ アドレスV50」の違い

 

エンジンの違い

 

「スズキ アドレスV50」が2015年5月にマイナーチェンジされてエンジンが変わりました。それまでは、どちらも共通の「エンジン、足周り」でボディと重量だけ違いました。従来のアドレスV50は、カバンホルダーやフロントインナーラックが付いていて、足元も少し広く、レッツ4より質感が高いバイクでした。

 

 

「スズキ アドレスV50」が2015年5月にマイナーチェンジされ、アドレスV50のエンジンは、スズキ独自の最先端技術であるSEP(SUZUKI ECO PERFORMANCE)エンジンが搭載されました。

 

スズキのサイトを見るとSEPエンジンについて下記のように書かれています。

従来のコンパクトなエンジンであることを継承しつつ、さらなる燃費性能の向上を目指して開発されました。50cm3スクーターの限られた空間の中で最大のエンジン性能を発揮するために、吸気ポート形状の最適化や、部品の配置について検討を重ね、国内50cm3スクータークラストップレベルの低燃費を達成。

 

 

エンジンの主な変更点

  • モード燃費で従来機種より +17%の燃費向上、航続距離はタンクの効果も合わせて +24%に。
  • 走行時のエンジン回転数を約4.5%低減させる事により、実用回転域で使いやすく、燃費の良いエンジンへと進化。
  • 馬力 4.5ps/8000rpm → 4.1ps/8500rpm
  • トルク 0.40kgf・m/7000rpm → 0.38kgf・m/6500rpm
  • 燃費 73.0→74.0km/l ※30km/h

 

 

 

少しパワーダウンして少し燃費上げたのか

 

燃料供給は DCPから一般的なFIに変更。ホンダと同様に、バッテリーが少なくてもエンジンがかかる。し、バッテリー電圧が十分にある場合、発電が止まる。燃費が前モデル比17%向上というのも、まあ正しいかも。 実用速度の燃費は、馬力が下がったから、一割も上がらないかも。

 

色々考えての新型エンジン。メッキだとエンジンが冷えすぎてしまうのでメッキシリンダーが廃止。スリーブが入ったことにより音も低減。確実に新型エンジンは旧型の問題点を改善しているので耐久性も向上しているはず。 新型のアドレスV50のメーターも00000kmと万の位まであります。

 

 

■パワーウェイトレシオ(車両重量+65kg) *成人男性の平均体重:65kg

 

スズキ レッツ4(CA45A)
4.5PS/8000rpm 0.40kgf・m/7000rpm 重量133kg 29.6kg/ps 日本製

 

スズキ アドレスV50(CA4BA)
4.1PS/8500rpm 0.38kgf・m/6500rpm 重量138kg 33.7kg/ps 日本製

 

 

装備の違い

 

 

 

アドレスV50のメーターを見るとオドメーターが6桁になっています。レッツ4は、5桁です。

 

 

アドレスV50は、フロントインナーラックにかばんフックがついています。レッツ4は、コンビニ用フックだけです。

 

 

アドレスV50は、スタンド掛けをスムーズな動作でできるようシート下にスタンドグリップを装備しています。レッツ4は、リヤキャリアにスタンドグリップが装備されています。

 

 

アドレスV50は、ゆとりのある乗車ポジションにするためにシート高やハンドルバーの位置を高めに設定しています。

 

 

レッツ4の方が5kg軽くてサイズも少し小さい。アドレスV50はカバンホルダーやインナーラックがあり、足元も少し広い。質感もレッツ4より高い。あとはデザインと価格で決めればいい。

 

 

アドレスV50は、足が伸ばせるけど、一般的な体格の男性がレッツ4に乗ると足元が窮屈すぎる。

 

 

女性向けのレッツ、男性向けアドレスV50という住み分けなのかもしれない。

 

 

2015年4月6日時点の同じバイク屋の価格
レッツ4 89000円
アドレスV50 114000円

 

 

アドレスV50は、新型になって燃費が良くなったけど、馬力が4.5PSから4.1PSに下がったね。50ccスクーターは、もともと燃費が良いから燃費よりパワーの方が重要なのに。値段も上がったし、自分には、4.5PSで安いレッツ4の方がいいな。

 

 

体格が標準以上の人は、レッツ4だと足元が窮屈に感じるかもしれない。まったり乗りたいならアドレスV50の方がいいよ。

 

中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト