アドレスV125Sとリード125の違いの比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

アドレスV125Sとリード125の違いの比較

 

アドレスV125S

2010年8月に新登場。
2011年1月に特別・限定仕様を発売。
2012年1月に特別・限定仕様を発売。
2012年9月にカラーチェンジして発売。
2013年1月に特別・限定仕様を発売。
2013年9月にカラーチェンジして発売。
2013年12月に特別・限定仕様を発売。

 

 

ホンダ リード125の歴史

2013年7月に発売されました。(5代目)型式は、EBJ-JF45
2015年6月にマイナーチェンジ
2016年4月にカラーチェンジ
2017年12月にマイナーチェンジ。型式は、2BJ-JF45
ヘッドライトがLEDに変更。フロントインナーボックスに電源ソケットが設けられた。フロアステップに左右計で30mmの絞り込みを行い、停車時の足つき性を向上。

 

※リード125の初代は、1982年2月に発売されました。1982年10月に2ストローク124ccエンジンを搭載したリード125(JF01)を追加しましたが約1年で製造販売終了となり、HONDAの125ccクラススクーターは4ストロークエンジン搭載のスペイシー125ストライカーに移行しました。それ以降、リードで125ccは、5代目までありません。

 

 

ここでは、
2013年9月発売のアドレスV125S(EBJ−CF4MA)と
2015年6月発売のリード125(EBJ-JF45)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

 

※数字が大きい方をこの色にしています。

 

車種

スズキ アドレスV125S

ホンダ リード125

発売

2013年9月

2015年6月

型式

EBJ−CF4MA

EBJ-JF45

全長

1780mm

1835mm

全幅

635mm

685mm

全高

1035mm

1125mm

ホイールベース

1235mm

1275mm

シート高

745mm

760mm

最低地上高

120mm

140mm

総重量

101kg

114kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

26°

26°30′

トレール(mm)

82

75

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

90/90-10 50J

90/90-12 44J

タイヤサイズ(後)

100/90-10 56J

100/90-10 56J

エンジン種類

空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒

水冷4ストロークOHC単気筒

総排気量

124cc

124cc

圧縮比

9.6

11.0

ボア

54mm

52mm

最高出力(kW/rpm)

7.3(9.9PS)/7500

8.4(11PS)/8500

最大トルク(N・m/rpm)

10(1kgf・m)/6000

12(1.2kgf・m)/5000

始動方式

セル・キック

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

乾式自動遠心シュー

自動乾式多板シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

6.3L

6.0L

燃料消費率(km/L)

52(60km/h)

51(60km/h)・48.5(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格

¥261,450 パールブレーシングホワイト ¥261,450 キャンディカプリブルー ¥261,450 グラススパークルブラック ¥261,450 ファントムブラックメタリックNo.2

¥293,760 エグザルテッドブルーメタリック ¥293,760 アルテミスシルバーメタリック ¥293,760 ポセイドンブラックメタリック ¥293,760 パールジャスミンホワイト

 

アドレスV125Sとリード125の違いの比較

 

 

アドレスV125S(EBJ−CF4MA)とリード125(EBJ-JF45)の比較の口コミ

 

 

最高速度は、リード125が108km/h。アドレスV125Sが98km/h。

 

 

友達のアドレスと競争したらスタートでは、アドレスが前に出ますがリードがすぐに追い付いて、追い越します。

 

出足は、アドレスV125Sが少しだけ速いです。ただし、アドレスV125Sは、60km/h超になるとしんどい感じになります。リード125は、80km/hくらいまでは、スムーズに加速します。音は、リード125の方が圧倒的に静かです。

 

アドレスV125Sで60km/hぐらいで走ってたら後ろからリード125に抜かれた。ついて行こうとしたけどどんどん離されて信号に捕まってダメだった。リードは、速いだけでなく静かで余裕がある感じだった。こっちは結構必死だったのに。

 

 

実燃費は、リード125が51km/L。アドレスV125Sが47km/Lくらい。

 

 

リードのeSPエンジンは、とにかく滑らかで素晴らしい。リードと比較するとアドレスのエンジンは、がさつな感じです。

 

 

ヘッドライトは、リード125がハンドルマウントの35W/35Wマルチリフレクター。アドレスV125Sがで40/40Wマルチリフレクター。

 

 

足つきは、アドレスV125Sの方が良い。背が低い私でも安心です。リード125は、少し高いと思いました。

 

通勤で使うならアドレスV125Sがおすすめです。アドレスV125Sの全幅が635mmでリード125が685mmなので駐輪場に止める時に狭いスペースでも押し込めます。同様にすり抜けも楽です。小回りも効くので狭い場所での扱いやすさは、リードより優れています。

 

フロントインナーボックスは、リード125がカギ無しのワンタッチでオープンできる仕様。蓋を閉められて入る物のは、350mlのペットボトルくらい。差し込むだけなら500mlも可能。アドレスV125Sは、500mlペットボトルが入る。

 

アドレスV125Sは、空冷エンジン。リード125は、水冷エンジン。空冷エンジンの方がメンテナンスが楽で安上がりだからね。

 

 

シートは、リード125の方が固いです。

 

 

アドレスV125からリード125に乗り換えたけどアドレスの方が全然ガソリンが入れやすかった。

 

 

メットホルダーは、両方2個つづ付いてる。

 

 

カスタムするなアドレスV125S。アドレスV125Gとの共通部品が多いから選択肢が多い。リードは、選べるパーツが少ない。

 

 

制動力は、リード125の方が高いです。両方急ブレーキをしてみたらアドレスだけリアタイアが滑りました。

 

メーターパネルは、両方とも時計付き。リード125は、中央にアナログの速度計。その下に液晶で燃料計、右のスイッチで時計、積算計、距離計の表示が切り替わる。アドレスV125Sは、中央にアナログの速度計。右にデジタルで時計、燃料計、ツイントリップ、オイル交換時期表示。

 

 

リード125は、アイドリングストップ機構がある。

 

 

アドレスV125Sは、キックがあるから安心。リード125は、アイドリングストップを使うとバッテリーあがりが心配。マイナーチェンジしてバッテリーの監視機能がついたりバッテリー容量がアップしたけどけどやっぱりキックがついてないと不安だよ。バッテリーも交換となると高いからね。

 

 

アドレスV125Sを売ってリード125を買いました。リードの第一印象は、アドレスと同じ排気量のスクーターとは思えないくらいトルクフル。正直WRを軽くしたアドレスV125Sより出だしと加速が上だとは、想像してなかった。その上。静かで滑らかだからいつの間にか結構なスピードが出てる。リードは、アドレスより車体サイズも大きいので体に当たる風もずいぶんマシになってアドレスと比べてスピードを出しても疲れにくい。 乗り心地も同じ10インチだけど車体剛性がしっかりしてるからなのかアドレスほど悪くはない。

 

 

アドレスは、振動があるからな。リードに乗ったら違いは一目瞭然だよ。快適性が全然違う。

 

ハンドリングは、アドレスの方がいいよ。

 

 

リード125の良さは、燃費と収納。アドレスV125Sの良さは、出足の速さと車体のコンパクトさだね。

 

 

アドレスからリードに乗り替えて気になる部分は、シートの硬さと足元の狭さ。停止した状態からアクセルを回して走り出すまでの小さなタイムラグ。旋回した際のフロントタイヤの切れ込み。給油のしづらさ。

 

 

アドレスV125Sは、9.9ps 101kg F10/R10。
リード125は、11ps 114kg F12/R10。

 

 

シートと着座姿勢はアドレスのが良かった。乗り心地に重きをおくならリードは、あまりお勧めできない。リードで長時間は、行儀よくお座り出来ない人には向いてない。でもその他はリードが優れている部分が多いから自分がどこを重視するかだね。

 

一度、盗まれると標準で盗難防止アラームが付いてるアドレスV125Sに魅力を感じるようになる。 もちろん後からアラームをつければいいけど標準で盗難防止アラームが付いてるというのは、犯人にアピール出来きるからいい。国内クラスで唯一の標準装備だから。

 

 

最初、リードにするつもりだったけど足元が窮屈過ぎた。

 

 

足元のスペースと小回りを犠牲にしても12インチがいいならリード125にすればいい。

 

 

アドレスV125、リード、シグナスに乗った事がある。乗り心地は、間違いなくシグナスが一番。アドレスとリードはいずれも乗り心地は、悪い。どっちも似たり寄ったり。

 

 

アドレスとリードならアドレスの方が乗り心地はいいと思う。

 

 

次は、リードにするつもり。アドレスV125Sは価格の割に故障多いし、考えていたより荷物を積めなくて通勤の時、リュックサックが重くて疲れる。

 

 

アドレスV125Sは、車体が小さいから車に煽られたり、無理な追い抜きや割り込みをされることがある

 

 

リード125は、足を投げ出せないから窮屈に感じる人もいると思う。でもステップ幅が大きくなったのでアドレスと比べると快適に感じるくらい。

 

 

リードは、オッサン用だからな。アドレスV125Sは、ドレスパーツがあるから若い人でもイケる。

 

 

アドレスと比較するとリードは、圧倒的にカスタムパーツが少ない。というか全然無い。ドレスアップやカスタムしたかったらアドレスにした方がいい。

 

 

近場の通勤や通学で渋滞が多いところならすり抜けしやすいアドレスV125S、距離があるのなら高速域の安定性がアドレスV125Sより少し上のリード125ですかね。あとスーパーなどで買い物して買えるならメットインの容量のあるリード125の方がいいですね。

 

アドレスV125Sからリード125に乗り換えたけどリードの方がパワーあるし、特に上り坂が違う。他にもアドレスV125Sより燃費がリッター6kmくらい上がったし、メットインがデカイから箱要らないし、乗り心地も良くなった。悪いくなったのは、給油のやり辛さくらいだね。

 

 

リード125買って初めてアクセル全開にしてみたけどリードは、速いな。間違いなくアドレスより速い。
今までアドレス一筋の自分が言ってるから間違いない。

 

 

リード125は、シートと同じ高さにキャリアがあり、荷物をのせやすい。キャリアには荷がけフックとボックスを取り付けるためのボルト穴があいている。アドレスV125Sも大型化したキャリアが標準装備。

 

 

通勤では、リード125が最強。あとは、ヘッドライトが55Wなら更によかった。アドレスV125Sにも言えるけど車と同じ60km/hで移動できる125ccのスクーターが50cc並みのヘッドライトってどうなん。

 

 

軽量コンパクトで発進加速が良いのがアドレスV125Sの特徴だけどバイク全体としてみるとリード125だな。実用性を考えたらリード125が無難だと思う。

 

 

アドレスV125Sは、足元がかなり広い、カッコいい、かばんホルダー付、加速良し、速い、軽い、小さい。
リード125は、足元が狭すぎ、ダサい、燃費良し、シートが硬すぎ、ECU不具合、速い。

 

 

両方乗ったけど足元の広さは、全然違うよ。リードは、窮屈過ぎる。

 

 

アドレスV125Sの純正マフラーは他と比較してもカッコいいと思う。リード125のマフラーは、ダサすぎる。サイズも50ccみたいだし、排気口がパイプを折ったまま状態みたい。

 

 

積載量と安定性ではリード125。
座り心地と給油ではアドレスV125S。

 

 

リードは、マイナーチェンジでタイヤがMB520になったからな。D307の2倍くらい持つんじゃない?

 

 

リード125は、キックをつけてほしかった。ただ、アドレスV125Sでもキックを使った事ないし、バッテリーが完全に上がったらアドレスは、キックしてもエンジン掛からないんだよね。

 

 

リード125は少し大きいけどあれくらいの方がバランスはいいと思う。とにかく小さくて小回りがいいのがほしいならアドレスだけど後は駐輪場の広さ次第。

 

 

アドレスV125Sの特徴は、他のメーカーと違って足元の広さや足つきの良さや取り回しの良さだろ。タイヤやメットインを大きくしろって言う人がいるけどそれに応えてたらアドレスの特徴がなくなる。軽量かつ快適なアドレスは、一つの完成形だから変える必要はないんだよ。

 

どっちとも乗った感想だけどアドレスは50ccと同じ感覚ですり抜けしたり停めたりできて小回りが利くから使い勝手が良い。マイナス面は、車体が小さい分、スピードが出ると怖いし、割りと煽られやすい。 リード125は、積載最強で直進安定性は、あるけど曲がるのは苦手。 165cm以下の人は、少し足つきが悪いと思うかもしれない。それから慣れるまで長距離は、ケツが痛い。

 

 

リード125の足元がアドレスV125Sより狭いのは間違いない。リード125は、体格や足のサイズも関係なく狭く感じると思う。でもそんなことどうでもいいくらい他の部分でリード125が勝ってるからリードを買った。

 

 

アドレスV125Sで一番前で信号待ちしてたら前に割り込まれて嫌な思いすることがある。おそらく50ccの原チャリと思われていると思う。

 

 

リード125は、アドレスV125Sより高さがあるからそこまで風が気にならない方だね。アドレスV125Sは、時速70キロぐらいだとへそから上が暴風域で腹が冷えてきつい。リード125は、腹に風が当たらない分、楽。

 

 

アドレスV125S乗りだけど弟がリード125に乗っててたまに交換するけど乗り心地は、リード125の方が全然良い。ただし、リード125は、シートが硬いからそれを嫌がって乗り心地が悪いと言う人もいるかもしれない。あとリード125の方が腰高で低速の取り回しの時にふらつきやすい気がする。

 

 

アドレスV125Sからリードに乗り換えたけど大満足。シートとハンドリングとすり抜け以外は、アドレスV125Sより全てで上だと思う。

 

 

アドレスV125から乗り替えてリード125に初めて乗った時に思わず硬!って言ってしまった。でもある程度乗れば慣れるけど。

 

 

駐輪場に止めるならアドレス一択。小さくて軽いし、カウル部分が少なくて気を使わなくて済む。

 

 

リード125は、アドレスみたいに足の置き場が無いから踏ん張りがきかなくて足が落ち着かない。

 

 

乗り心地はアドレスV125Sに比べるとリード125は、マシだけどどっちも良くない。

 

 

アドレスV125Sよりリード125は、車重が11.9%(12kg)増し。体積だと20.9%増し。リード125は、大きくて重い。

 

 

アドレスV125Sのリアフェンダーはカッコイイけどリード125のフェンダーはダサいし、カットしてもダサい。

 

 

リード125は、速くて燃費が良い。でもダサいし、足元が凄く狭いし、シートが凄く硬い、あとECU不具合がある。アドレスV125Sは、軽いし小さいし速い。見た目もカッコイイし、足元がかなり広い。

 

 

アドレスV125Sからリード125に乗り換えたけど、安定感が全然違った。単純にフロントタイヤが2インチ違うだけじゃない気がした。サスや剛性も違うのかな?

 

 

小柄な人ならリード125でもいいと思うけど、体が大きい人が狭いフットスペースのせいでガニ股で乗ってる姿を見るとおかしい。背が高い人は、アドレスV125Sの方が絶対楽。

 

 

リード125は、フロントにバッテリーを持ってきてるせいで足元スペースがかなり狭くなってる。足元は、アドレスV125Sの方が快適。

 

 

リード125のシート下スペースに入らないスーツケースでもアドレスV125Sなら足元に置ける、アドレスならポリタンクも運べるし。

 

 

リード125は、給油するのに3〜5分も時間を使う。12インチなのに乗り心地が悪い。シートとサスも凄く硬い。乗り心地は、アドレスV125の方が全然マシ。それにリード125のウインカーとホーンスイッチの位置が逆だからいざという時にホーンを鳴らせない。メットイン容量はあるけど、アドレスも箱付ければ困ることはない。あとリード125は、足元が狭いから乗り降りする時に、足を横に捻らないとボディに靴が擦れる。リード125のフロントポケットも小さすぎて使い物にならない。

 

 

アドレスV125Sは、メーカ小売価格が高過ぎ。リード125と比べて3万円弱しか安くない。まあ、値引き幅が大きいから買う人がいるんだけど。

 

 

俺がリード125と悩んで結局アドレスV125Sを買った理由は、足元の広さを優先したから。これだけは、後からどうにもならないからね。後で足元狭いのが嫌になったら買い換えるしかない。メットインは、狭くても箱付ければいいだけ。箱もリード125よりアドレスV125Sの方がつけれる種類が多そう。

 

 

確かにアドレスV125Sの方が乗ってて快適。ホンダは、サスもシートが特に硬いからね。スズキは、サスもシートもマシな方。

 

 

アドレスV125Sに乗ってる時は、30分ぐらい全開で走らせたら、疲労感が凄かったけど、リード125に乗り換えたら余裕ができた。

 

 

取り回しは絶対アドレスV125の方がいい。自転車駐輪場で少ししか隙間がなくても入る。リード125に乗り換えてからは、何度も切り返して入れなきゃいけないからその点では、アドレスV125の方が良かった。

 

 

アドレスV125(k7)からリード125に乗り換えたけど、リード125はデカイし、重い。アドレスV125の時は、エンジンを切って横断歩道を押して歩いても全然いけたし、サイズが50cc原チャと同じだからどこにでも停めやすくて楽だった。都内で5km程度しか乗らないなら
リード125にしたメリットがあまり実感できない。都内ならk5、K7が最強だと思う。郊外の国道バイパスを走るならリード125の方が向いてる。

 

 

アドレスの楽チンなポジションと評判が良いシートがリード125にあれば完璧なのに。

 

 

乗り心地は、アドレスV125Sの方がいい。でもリード125は、あくまで一人で普通に座ってる時がつらいということ。でも体格の良い人ならあまり痛くないポジションに座りやすいし、タンデムは、アドレスV125Sよりかなり安定して楽。長距離走る場合もリードの方がアドレスより楽。リードで不満なのは、段差が多い舗装路を通る時にシートとハンドルに凄い衝撃がくる。あとリードの給油口は酷い。ウインカーとホーンの位置が逆なのも面倒。

 

 

アドレスV125Sは、リード125に比べてメットインがかなり小さいけど、フロントポケットに色々ものを入れて置ける。

 

 

アドレスV125Sのフロントポケットは、普段のちょっとした物入れに便利。あと前カゴ付けると更に便利。リード125は、メットインの広さで全て補う感じ。

 

 

リード125乗りだけど、知り合いのアドレスV125に乗せてもらったらシートがフワフワだった。アドレスV125からリード125に乗り換える人は、板に座ってる感覚になるかもしれない。

 

 

アドレスV125(K7)の方が少し速い。最高速度は、リード125の方が速い。

 

 

アドレスv125(k7)からリード125に乗り換えで今日納車された。メットインがデカくて最高だけど10年前のk7と比べたら少しだけパワーダウンしてる。

 

 

リード125乗りで代車でアドレスV125を借りたけど軽すぎて怖い。リード125も軽いけどリードの方がパワーと釣りあってる。

 

 

2015年にアドレスV125(K7)からリード125に乗り換え。発進から60km/hぐらいまではほとんど同じ。でもその後は、リードの方が速い。メーター読みで110km/hぐらいまで伸びる。狭い駐輪場ならアドレスV125の方が楽だが、その他はリード125の圧勝。特にリード125に乗り換えた時、ブレーキの効きというかタッチに感動した。

 

 

アドレスV125Sの方がシートが柔らかいし、ポジションも楽。マッタリ走るならアドレスV125S。

 

 

リード125よりアドレスV125Sのが小さなタイヤだけど乗り心地が良い。

 

 

都内でちょい乗りならアドレスV125Sの方が楽。シートが腰痛になるような柔らかさじゃないし、よく出来てる。リード125のシートの硬さは、腰痛になる。

 

 

アドレスV125Sからリード125に乗り換えたけど、リード125は、重いね。特にフロントが重い。でもこの重さが走行中の安定感と疲れの軽減に繋がってるとわかってきた。

 

 

リード125とアドレスV125Sのどちらも試乗してリード125を買った。リード125の方が優れてたのは、安定感と積載性とタンデム。サイズの割に取り回しがいいし、時計もあって便利。メットインにも大体のフルフェイスが入る。エンジンは思ったよりうるさいけど、燃費は良い。アイストは乗り方次第ではあまり効かない。給油とサスとシートは、ダメだけど、ブレーキは使いやすくて安全性が高い。アドレスV125Sは、すり抜け、小回り、足つき性が良かった。前カゴつけれるし、中古パーツの種類が多いのもいいし、乗り心地がリード125より良かった。あとリード125と比べて値段が安いね。不満は、タンデムがつらいのとメットインが狭くて、入らないフルフェイスが多いし、入ってもメット以外が何も入らない。

 

 

リード125と比べてアドレスV125Sが確実に勝ってるのは、軽さと取り回しの良さと拡張性とキックの有無。

 

 

リード125は、デザインがダサいし、フロントポケットが無いし、足を前に投げだせるようになってないから俺は、アドレスV125Sだな。

 

 

アドレスとリードで迷ってるならコンパクトさを取るかで決めればいい。

 

 

全幅は、リード125の方が5cmでかい。通勤ですり抜けするならアドレスの方が良さそう。

 

 

アドレスV!25Sの欠点がメットイン容量の小ささでリード125の強みがメットインのでかいさだけど、アドレスV!25Sもリアボックス付ければ変わらないからね。

 

 

アドレスV125Sは、ホイール径が10インチなのにフロント12インチのリード125より乗り心地が格段に良い。

 

 

下道の短距離をゆっくり走るのがメインならアドレスV125Sの方が軽くて良いけど、リード125程度重さなら女の人でも問題無いレベルの重さだし、ある程度は重くないと安定感が無いし、台風とかきたら停めてる時に風で倒れるよ。

 

 

アドレスV125Sからリード125に乗り換えたけど。跨った時の最初の一言が「板じゃん!」。シートは、アドレスよりかなり硬く感じた。まあ、半年ぐらいで慣れたけど。

 

 

中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト