リード110とアクシストリートの違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

リード110とアクシストリートの違いを比較

 

:ホンダ リード110の歴史

2008年1月にリードの4代目として新登場。2006年から中国で製造販売していたSCR110を日本国内の法規に適合させて発売。 型式は、EBJ-JF19
2009年1月にカラーチェンジ。
2009年2月に特別・限定仕様、スペシャルカラーを2000台限定で発売。
2010年2月にブレーキシステムの改良を中心としたマイナーチェンジをして車名をリード・EXに変更。
2013年7月にリード125(5代目 型式EBJ-JF45)が発売。5代目の発売後もリード・EXは、併売。
2015年にリード・EXの日本仕様の生産終了。

 

 

ヤマハ アクシストリートの歴史

2009年8月25日 新発売。型式は、EBJ-SE53J
2011年2月15日 カラーチェンジ。
2012年7月13日 マイナーチェンジ。
マイナーチェンジでは、シートに赤いステッチが入り、上面にメッシュ加工を施してただけです。他は、変わっていません。
2015年1月 カラーチェンジ。
2017年9月1日に生産終了と発表。

 

 

ここでは、
2008年1月発売のホンダ リード110(EBJ-JF19)と
2009年8月発売のヤマハ アクシストリート(EBJ-SE53J)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

ホンダ リード110

ヤマハ アクシストリート

発売

2008年1月

2009年8月

型式

EBJ-JF19

EBJ-SE53J

全長

1835mm

1795mm

全幅

665mm

675mm

全高

1125mm

1070mm

ホイールベース

1275mm

1255mm

シート高

740mm

735mm

最低地上高

105mm

105mm

総重量

114kg

110kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

26°30′

27°

トレール(mm)

74

74

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

90/90-12 44J

3.50-10 51J

タイヤサイズ(後)

100/90-10 56J

3.50-10 51J

エンジン種類

水冷4ストロークOHC単気筒

空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒

総排気量

107cc

124cc

圧縮比

11.0

9.5

ボア

50mm

52mm

最高出力(kW/rpm)

6.6(9PS)/7500

6(8.1PS)/7000

最大トルク(N・m/rpm)

9.3(0.95kgf・m)/6250

8.9(0.91kgf・m)/6000

始動方式

セル

セル・キック

点火方式

フルトランジスタ

トランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

乾式自動遠心シュー

変速機形式

Vベルト無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送ウエットサンプ

燃料タンク容量

6.5L

5.6L

燃料消費率(km/L)

50(60km/h)

46(60km/h)

カラー/メーカー小売価格


¥273,000 スマートブルーメタリック
¥273,000 キャンディールーシッドレッド
¥273,000 ボスグレーメタリック
¥273,000 パールシルキーホワイト
¥273,000 ブラック

¥220,500 ホワイトメタリック1
¥220,500 ライトグレーメタリックH
¥220,500 ブラックメタリックX

 

リード110とアクシストリートの違いを比較

 

リード110とアクシストリートの比較の口コミ

 

 

アクシストリートのフロントインナーポケットには、500mlのペットボトルが2本入る。リード110は、入れたいものが入らない微妙なインナーボックスがある。せめて500mlのペットボトルが1本入るようにして欲しかった。

 

 

正直下駄としてなら17万円で買えるアクシストリートで十分という考え方もある。最高速は、アクシストリートの方が速いし、キックも付いてるからな。

 

跨った感じでは、アクシストリートの方がハンドル周りのボリューム感は、ある。シートは、アクシストリートの方が柔らかい。リード110は、跨ってすぐ硬いと感じた。リード110は、メットインがデカくて、エンジンが水冷でアルミキャリアだけど価格差の4万円を考えたらそこまで必要か?って思うこともある。アクシストリートにしてその4万円で防風や箱やグリップヒーターなどのオプションを買うというのもいいかもしれない。あとトリートは、リード110よりメットインが深い分、入るフルフェイスの種類は、多いと思う。

 

 

アクシストリートは、針金みたいな鉄のキャリアが嫌。ホイールはアルミなのになんかもったいない。リード110は、アルミキャリアでしょ。

 

 

アクシストリート乗ってるけど知り合いのリード110の積載力が羨ましい。通勤だけなら箱は、必要ないじゃん。加速もリード110の方が速いし。アクシストリートが勝ってるところは、最高速が100km/h弱出ることとスタイルかな。リード110は、カッコ悪い藤は、思わないけどおじさんくさい。

 

 

走りの面では、ノーマルでそのまま乗るだけならどちらも変わらない。ボディパーツを比較するとリードは、チープさが目立つ。もし弄るつもりならトリートの方がオススメ。リードは、軽く弄るだけではどうにもならない部分がある。あとリードの方が積載量は、多いけどそのせいで犠牲になってる部分があることを知っておいたほうが良い。

 

 

トリートよりリードの方が速いよ

 

 

リードは水冷だから音は静か。トリートは、空冷。加速は大して変わらないけど積載性では、リードが優れている。

 

 

リード110とアクシストリートでよーいドンして加速を比べた。出だしは、リード110が速くてしばらく等加速で60km/hくらいリード110が引き離すけど、80km/h越えたぐらいから今度は、アクシストリートが追いついて追い越す感じ。

 

 

リード110は、排気量107ccでアクシストリートは、124cc。でも最高出力と最大トルクは、リードの方が上。最高速は、アクシストリートが上だけど。

 

 

WRを軽くしてプーリーを社外のに交換したら最高速と加速は伸びたからリード110よりは速くなったよ。でも燃費が落ちたし、騒音が大きくなった。

 

 

リードは、キャリアがアルミでシートからキャリアにかけてフラットだから荷物積む時に楽だよ。

 

 

デザインは、トリートの方がいい。リードは、見た目がおっさん過ぎる。

 

 

リード110は、メットインに荷物が入るのは便利だけど、足元が狭すぎて無理って思った。トリートは、足元広いし、遅いのもウエイトローラーをイジれば速くなるからトリートにした。

 

 

トリートのステップの広さが決め手になった。リードは、狭すぎる。

 

 

リードのキャリアは、3点留めでアクシストリートのキャリアは、4点留め。でもリードのも面積は十分過ぎるから取り付け強度は問題なさそう。

 

 

リードの燃費が40km/L前後。トリートが35km/L前後だからリードの方が燃費がいいね。積載量も多いし、俺は、リードの方がいい。

 

 

動力性能は、リード110の方が優れてる。でもリード110は、リミッターがついてるから85km/hぐらいまでしか出ない。アクシストリートは、平らな道でメーター読みで95km/hぐらいまで出る。

 

 

アクシストリートで不満なのがタンデムステップがショボいこと。リードは、トリートよりマシなステップが付いてる。

 

 

2009年9月時点で同じバイク屋でこの価格で売ってた。
アクシストリート 17,8万円
リード110 22,4万円
アドレスV125 21,4万円

 

 

俺は、空冷エンジンのアクシストリートの方がいいわ。水冷エンジンは、空冷より部品数が多くなるから、故障したら時、修理代が高くなる。機械は、単純な造りな程コスパがいい。

 

 

俺は、質感と積載量でリードにした。

 

 

2009年9月号「モーターサイクル」で同じ条件での実燃費の比較が載ってた。
アクシストリート 40.9km
リード110     38.3km
アドレスV125   35.6km

 

リードEXは、通勤カバン入れて更に荷物が入る。アクシストリートは、たぶんカバンすら入らない。まあ、コンビニフックにかけたり、足元に置くなり、リアボックス付けるなりいろんな方法があるけど。雨の日は、メットインに入る方がいいわな。動力性能は、ノーマルどうしなら出だしの加速はリードEX。最高速はアクシストリートの方が速い。あとリードEXはキックがついて無いね。

 

 

リードEXのコンビブレーキとリミッターが嫌じゃなければリードEX買った方がいいでしょ。

 

アクシストリートは、リードEXよりスタートダッシュが遅いというか原付二種クラスで最遅。でも高速域の伸びはリードEXより良い。都心部ならリードEXのがキビキビ走れる。アクシストリートは、昔2stに乗ってた人からすれば遅いけど、現行4stスクーターに乗ってる人には、そんなに気にならないと思う。シート下スペースは、リードEXのが圧倒的に大きい。アクシストリートは、ぼこっとした膨らみが邪魔でヘルメット1つ入れたら、他の物を入れる容量がほとんどない。足元スペースは似たようなもん。どちらもフラットで物が置きやすい。価格的にはアクシストリートの方が安い。アクシストリートの良い所は、給油するときに給油口のキャップが凄く見やすい。メーターに工夫されてオイル交換の時期もわかりやすい。

 

リード110とアクシストリートの買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト