ヤマハ アクシストリートの買取相場を知って売る

 

当サイトは、広告を利用しています。記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

 

ヤマハ アクシストリートの買取相場を知って売る

 

ヤマハ アクシストリートが何円で売れるか下記の3点からチェックしてみました。

 

 

ヤマハ アクシストリートの年式毎の定価とモデルチェンジでの変更点

 

ヤマハ アクシストリートの歴史

 

2009年8月25日にヤマハ アクシストリートの国内仕様が新登場。型式は、EBJ-SE53J

 

「ヤマハ アクシストリート」の主な特徴

  • 名称のTreetは、ラテン語のTritium(いつもの)と英語のStreet(道)を組み合わせた造語。
  • 台湾山葉機車工業が現地で製造販売している『勁風光』を日本仕様にしたもの。製造はヤマハモーター台湾で行う。
  • 「通勤快速コンパクト125」がコンセプト。ジャストサイズ、シンプルながら収納など必要な要素を満たすユーティリティ、低燃費で力強いエンジンなどを備えている。
  • 車体は旧型のシグナスシリーズ(現行のXより前)がベース。エンジンも旧型同様の4ストロークSOHC2バルブ単気筒124ccだが排ガス規制対応や始動性向上のために燃料噴射装置(Fi)を搭載。
  • 通勤にも使いやすいシンプルなスタイリング。
  • ヘッドライトは、ハロゲンバルブ40/40Wを採用。
  • A4ファイルも納まる容量約22Lのヘルメットボックス。
  • 500mlペットボトル2本が納まるインナーポケットとコンビニフックを装備。
  • リアキャリアを標準装備。
  • 盗難防止に効果的なシャッタキーを装備。
  • オプションでフロントバスケットが装着可能。

 

販売計画 15,000台(年間、国内)

 

車体色とメーカー小売価格

220,500円 ホワイトメタリック1、ライトグレーメタリックH、ブラックメタリックX

 

2011年2月15日にヤマハ アクシストリートをカラーチェンジして発売。

 

「ヤマハ アクシストリート」の主な変更点

  • 車体色は、新色の「ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)」、「ダークグレーメタリックL(ガンメタ)」と継続色の「ライトグレーメタリックH(シルバー)」、「ブラックメタリックX(ブラック)」の合計4色。

 

販売計画 6,500台(年間、国内)

 

車体色とメーカー小売価格

220,500円 ディープパープリッシュブルーメタリックC(新色)、ダークグレーメタリックL(新色)、ライトグレーメタリックH、ブラックメタリックX

 

2011年3月10日にヤマハ アクシストリートのディーラーオプション仕様車「快適セレクション」を発売。

 

「快適セレクション」の特徴

  • 30リットル容量リアボックス(ワンタッチ着脱式・キー付き)を装備。
  • ハンドルまわりの風防効果に優れるスモークナックルバイザーを装備。
  • 戻し忘れ防止機能付きサイドスタンドを装備。
  • 上記の3点がついてノーマルモデルの価格プラス15,750円。
  • 車体色は、「ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)」、「ダークグレーメタリックL(ガンメタ)」、「ライトグレーメタリックH(シルバー)」、「ブラックメタリックX(ブラック)」の4色。

 

車体色とメーカー小売価格

236,250円 ディープパープリッシュブルーメタリックC、ダークグレーメタリックL、ライトグレーメタリックH、ブラックメタリックX

 

2012年7月13日にヤマハ アクシストリートをマイナーチェンジして発売。

 

「ヤマハ アクシストリート」の主な変更点

  • 上面にメッシュ加工を施して快適性を向上させた赤いステッチ入りのシートを採用。
  • 車体色は、新色の「ペールパープリッシュブルーメタリック1(シルバーブルー)」、「ダークレディッシュグレーメタリック2(ダークブラウン)」、「ニューパールホワイト(ホワイト)」と従来色の「ライトグレーメタリックH(シルバー)」、「ブラックメタリックX(ブラック)」の合計5色。

 

販売計画 6,500台(年間、国内)

 

車体色とメーカー小売価格

220,500円 ペールパープリッシュブルーメタリック1(新色)、ダークレディッシュグレーメタリック2(新色) 、ニューパールホワイト、ライトグレーメタリックH、ブラックメタリックX

 

2015年1月10日にヤマハ アクシストリートをカラーチェンジして発売。

 

「ヤマハ アクシストリート」の主な変更点

  • 車体色は、新色の「ビビッドレッドメタリック5」、「ダークグレイッシュパープルメタリック1」と従来色の「ダークレディッシュグレーメタリック2」、「ニューパールホワイト」、「ブラックメタリックX」の合計5色。

 

販売計画 4000台(年間、国内)

 

車体色とメーカー小売価格

226,800円 ビビッドレッドメタリック5(新色)、ダークグレイッシュパープルメタリック1(新色)、ダークレディッシュグレーメタリック2、ニューパールホワイト、ブラックメタリックX

 

2017年9月1日に平成28年自動車排出ガス規制の強化のため生産終了と発表。

 

「ヤマハ アクシストリート」のスペック

タイプグレード名 アクシストリート
モデルチェンジ区分 新登場
発売日 2009年8月25日
型式 EBJ-SE53J
仕向け・仕様 国内向けモデル
全長 (mm) 1795
全幅 (mm) 675
全高 (mm) 1070
軸間距離 (mm) 1255
最低地上高 (mm) 105
シート高 (mm) 735
車両重量 (kg) 110
乗車定員(名) 2
原動機種類 4ストローク
気筒数 1
シリンダ配列 単気筒
冷却方式 空冷
排気量 (cc) 124
4スト・カム駆動方式 OHC(SOHC)
4スト・気筒あたりバルブ数 2
内径(シリンダーボア)(mm) 51.5
行程(ピストンストローク)(mm) 60
圧縮比(:1) 9.5
最高出力(kW) 6
最高出力(PS) 8.1
最高出力回転数(rpm) 7000
最大トルク(N・m) 8.9
最大トルク(kgf・m) 0.91
最大トルク回転数(rpm) 6000
燃料タンク容量 (L) 5.6
燃料(種類) レギュラーガソリン
燃料供給方式 フューエルインジェクション
満タン時航続距離(概算・参考値) 257.6
エンジン始動方式 セルフ・キック 併用式
点火装置 フルトランジスタ式
点火プラグ標準搭載・型式 CR7E
点火プラグ必要本数・合計 1
搭載バッテリー・型式 YTX7A-BS
エンジンオイル容量※全容量 (L) 1.2
エンジンオイル量(オイル交換時) (L) 1
推奨エンジンオイル(SAE粘度) 10W-40
クラッチ形式 乾式・多板・遠心
変速機形式 Vベルト式・無段変速
1次減速比 2.667
2次減速比 2.923
フレーム型式 バックボーン
キャスター角 27°00′
トレール量 (mm) 74
ブレーキオイル適合規格 DOT 4
懸架方式(前) テレスコピックフォーク
懸架方式(後) ユニットスイング式
燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L) 46
ブレーキ形式(前) 油圧式ディスク
ブレーキ形式(後) 機械式リーディングトレーリング
タイヤ(前) 3.50-10
タイヤ(前)構造名 バイアス
タイヤ(前)荷重指数 51
タイヤ(前)速度記号 J
タイヤ(前)タイプ チューブレス
タイヤ(後) 3.50-10
タイヤ(後)構造名 バイアス
タイヤ(後)荷重指数 51
タイヤ(後)速度記号 J
タイヤ(後)タイプ チューブレス
ホイールリム形状(前) MT
ホイールリム幅(前) 2.5
ホイールリム形状(後) MT
ホイールリム幅(後) 2.5
メーター表示 燃料計 有
車両装備 ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
キャリア 有
センタースタンド 有
メーカー小売価格 220,500円

 

ヤマハ アクシストリートの年式毎の中古車販売価格

確認した日

車種

年式

走行距離

中古車販売価格

2022-05-17ヤマハ AXISトリート2013年-489km19.90万円
2021-12-28ヤマハ AXISトリート2018年-8492km14.80万円
2021-12-28ヤマハ AXISトリート ワンオーナー車2011年-1190km16.80万円
2021-06-12ヤマハ AXISトリート2009年-8353km9.99万円
2021-06-12ヤマハ AXISトリート2012年-27584km10.80万円
2020-11-28ヤマハ AXISトリート タイヤ前後新品 ワンオ−ナ−2018年-31463km9.98万円
2020-11-28ヤマハ AXISトリート ブラック ノーマル2009年-17924km10.80万円
2020-10-05ヤマハ AXISトリート 2013年モデル ノーマル車輌-12331km12.80万円
2020-02-18ヤマハ AXISトリート SE53J2015年-9549km11.99万円
2019-07-28ヤマハ AXISトリート グリップヒーター2009年-7722km11.99万円
2019-07-28ヤマハ AXISトリート2009年-13890km13.80万円
2019-07-28ヤマハ AXISトリート2011年-18739km12.50万円
2019-07-28ヤマハ AXISトリート ノーマル2013年-1313km15.10万円
2018-04-18ヤマハ AXISトリート-24806km8.90万円
2018-04-18ヤマハ AXISトリート 前後タイヤ新品2009年-13949km12.96万円
2018-04-18ヤマハ AXISトリート フルノーマル グリップヒーター2009年-15480km11.30万円
2017-05-03ヤマハ AXISトリートシルバー7152km10.80万円

 

ヤマハ アクシストリート買取価格の事例

 

アクシストリートを売った月 2021年01月
年式 2015年
カラー 
走行距離 11380km
買取価格 54000円

アクシストリートを売った月 2020年05月
年式 2009年
カラー 不明
走行距離 23685km
買取価格 23000円

アクシストリートを売った月 2020年05月
年式 2009年
カラー 不明
走行距離 7991km
買取価格 54000円

アクシストリートを売った月 2019年10月
年式 2014年
カラー 不明
走行距離 172km
買取価格 64000円

アクシストリートを売った月 2019年05月
年式 2013年
カラー 不明
走行距離 2803km
買取価格 49000円

アクシストリートを売った月 2019年03月
年式 2010年
カラー 不明
走行距離 11493km
買取価格 45000円

アクシストリートを売った月 2018年11月
年式 2010年
カラー 不明
走行距離 31394km
買取価格 45000円

アクシストリートを売った月 2016年12月
年式 2015年
カラー 
走行距離 19067km
買取価格 126000円

アクシストリートを売った月 2016年05月
年式 2011年
カラー 
走行距離 9650km
買取価格 66000円

アクシストリートを売った月 2016年02月
年式 2011年
カラー 
走行距離 824km
買取価格 65000円

 

ここでの買取価格の事例は「年式、走行距離、カラー」しかわからないので実際のバイクの状態(外装の傷、消耗品の状態、カスタムなど)の情報は、わかりません。事故車の可能性もあります。ですから実際は、同じ年式、同じくらいの走行距離でも全然違う査定額になることは、よくあります。あくまでも参考程度にしておきましょう。

 



バイクを高く売る方法

バイクを売る時に知っておいた方がいいのがどこの買取業者もできるだけ安く買い取りたいと思っているということです。
基本的にバイク買取業者は、その時の業者オークションでの落札価格から買取上限価格を決めているので買取上限価格は、どこも似たような価格です。しかし、実際は、どこの会社もお客さんからできるだけ安く仕入れたいというのが本音なので最初に提示される査定額は、意図的に低めの金額を伝えることがあります。

 

ですからバイクを高く売るためには、2社以上に査定を依頼して買い取り価格を競わせることが大事です。

 

2社以上の業者に査定してもらう楽な方法

複数の業者に査定を依頼するのに便利で人気のサイトがカチエックスです。

メリットは、
・全国300社が参加!最大10社の買取額を比較!
・査定も無料。キャンセルも無料。
・しつこい電話も無くネットで完結。
・入力項目も30秒くらいで入力!
・バイクの写真で査定!
・査定開始から最短1営業日以内に専任スタッフから連絡。
・現地減額も禁止されてるのでその金額で売れます!
・専任スタッフに価格交渉してもらうことも可能!

無料査定の流れ
①入力して申し込み
②その後バイクの写真を取って送る
③最大10社の業者が買い取りたい金額で入札し、ランキング形式で表示。査定開始から最短1営業日以内に専任スタッフから専用チャット上で連絡。
④現地減額も禁止されてるのでその金額で売りたければ契約。担当者に価格交渉してもらうことも可能。
⑤契約したらバイクを引き渡す日程調整と代金受け取り。


ちなみにカチエックスを運営してる会社は、 バイク買取で79万人以上の利用実績があります。