ヤマハ BW'S125の買取相場を知って売る

 

当サイトは、広告を利用しています。記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

 

ヤマハ BW'S125の買取相場を知って売る

 

ヤマハ BW'S125が何円で売れるか下記の3点からチェックしてみました。

 

 

ヤマハ BW'S125の年式毎の定価とモデルチェンジでの変更点

 

ヤマハ BW'S125の歴史

 

2008年に「BW’S125Fi(YW125T)」として台湾で発売。

 

「ヤマハ BW'S125Fi(YW125T)」の主な特徴

  • BW’S100が2ストロークのグランドアクシスの兄弟車であったが、今回の2代目は4ストロークのシグナスX(正確には2型44J)をその系譜に持つ。シグナスXと異なり、発売当初からFiモデルとして販売。
  • 台湾山葉機車工業の車両の為、プレストが一部(初期型のTのみ)を正規輸入していたが、プレストが輸入を止めて以降、並行輸入のみの正規輸入の無い車両となった。
  • エンジンは2型シグナスがベース(ヘッドセンサ径等が異なりFiはフラホ等も異なる)だがケースやクランクシャフトが若干長くカムシャフトも異なるので、ベースは同じでも異なる仕様のエンジンとも言える(ヘッド/シリンダー/ピストン等は同じ)。
  • 駆動系統もエンジンの仕様変更によって、ベルト長さやWRの重さやケース内組込みの2次ギア(減速比/ギアの向き)が異なる。シグナスより低速・発進を重視した駆動の設定、2次ギアの比率となっており、差別化した。
  • 先代とはデザインが大きく変わり、縦目2灯のヘッドライトと横2灯の丸型テールライトなどが特徴。

 

車体色とメーカー小売価格

345,450円 ビビットオレンジソリッド2
345,450円 ブラックメタリックX
345,450円 ホワイトメタリック1
345,450円 カームイエロー
345,450円 ダルブルーメタリック8

 

2009年に「BW’S125X」を発売。

 

「ヤマハ BW’S125X」の主な特徴

  • 足回り(タイア・サス・ブレーキ等)をオンロードへ変更したモタードモデル。
  • アナログメータから液晶のデジタルメータへと変更された。
  • ヘッドライトを横型2灯とし近代としては珍しいガラスレンズを採用。

 

車体色とメーカー小売価格

-円 ホワイトメタリック1
-円 マットライトイエローイッシュグレイメタリック2
-円 ビビッドレッドメタリック5

従来モデルとのスペックの比較

車種 ヤマハ BW’S125 ヤマハ BW’S125X
発売 2008年 2009年
全長 1910mm 1910mm
全幅 715mm 765mm
全高 1110mm 1110mm
ホイールベース 1290mm 1290mm
シート高 780mm 780mm
最低地上高 124mm 130mm
乾燥重量 113kg 116kg
総重量 119kg 122kg
サスペンション形式(前) テレスコピック テレスコピック
サスペンション形式(後) ユニットスイング ユニットスイング
ブレーキ形式(前) ディスク ディスク
ブレーキ形式(後) ドラム ドラム
タイヤサイズ(前) 120/70-12 51L 120/70-12 51J
タイヤサイズ(後) 130/70-12 56L 130/70-12 59J
エンジン種類 空冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒 空冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒
総排気量 124cc 124cc
ボア 52mm 52mm
始動方式 セル セル
クラッチ形式 乾式自動遠心シュー 乾式自動遠心シュー
変速機形式 Vベルト自動無段変速 Vベルト自動無段変速
燃料供給方式 インジェクション インジェクション
燃料タンク容量 6.0L 6.0L

 

2016年2月10日にヤマハ BW'S125の国内仕様が新発売。型式は、EBJ-SEA6J

 

「ヤマハ BW'S125」の主な特徴

  • 2015年に横目2灯のモデルがフルモデルチェンジ。台湾仕様は BW’S R として発表。日本では、2016年2月10日からYW125X ビーウィズ (通称・BW’S125)として正規輸入で発売。「Street Almighty, Roadster BW’S」をコンセプトにSUVテイストが楽しめる走行性とファッション性を高次元でバランスさせた。
  • エンジンは、排ガス中の有害物質が少なく、エンジン音も静かで中高速性能に優れる空冷・4ストローク・4バルブ・FI(フューエルインジェクション)。シグナスX-SRと同じ型式のものが搭載。
  • エンジンとフレームがシグナスとまったく同じ物が使用される為、本来のBW’Sではなく2015年シグナスX-SRのバーハンドル仕様あるいは、シグナスの外装変更仕様と認定される向きもある。
  • スタイリングは、「New Crossover BW’S」のデザインコンセプトのもと、左右非対称ヘッドランプ、立体感あるサーフェイスなどを調和させアクティブ感を強調。
  • スタイリッシュなバーハンドルとオフロードテイストなブラッシュガードを採用。
  • プロジェクターヘッドランプ(Low)を採用。
  • 前後ディスクブレーキを装備。245mm径ウェーブ形状のフロントディスクブレーキは、リアディスク採用と相まって優れたブレーキタッチと軽快な走りをサポート。
  • グリップ特性に優れ、幅広オフロード風ブロックタイヤを採用。
  • シート下のトランクは、容量約29リットル。
  • 開口が広く使いやすい1.4リットルのフロントポケットは、500mlのペットボトルが入る。折りたたみ式コンビニフックを装備。
  • タンデムグリップ付きリアキャリアを装備。
  • 液晶マルチファンクションメーターを採用。
  • 使いやすいフロント給油口を採用。
  • 鍵穴へのイタズラを困難にするキーシャッターが盗難を抑止。
  • 製造は、ヤマハモーター台湾。

 

車体色とメーカー小売価格

318,600円 ディープパープリッシュブルーメタリックC
318,600円 マットブラック2

2016年2月10日発売の「ヤマハ BW'S125」のスペック

認定型式/原動機打刻型式 EBJ-SEA6J/E3T5E
全長/全幅/全高 1,910mm/765mm/1,125mm
シート高 780mm
軸間距離 1,305mm
最低地上高 145mm
車両重量 119kg
燃料消費率 国土交通省届出値定地燃費値 40.4km/L(60km/h) 2名乗車時
燃料消費率 WMTCモード値 36.1km/L(クラス1) 1名乗車時
原動機種類 空冷・4ストローク・SOHC・4バルブ
気筒数配列 単気筒
総排気量 124cm3
内径×行程 52.4mm×57.9mm
圧縮比 10.0:1
最高出力 7.2kW(9.8PS)/7,500r/min
最大トルク 9.9N・m(1.0kgf・m)/6,000r/min
始動方式 セルフ式
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 0.90L
燃料タンク容量 6.5L(無鉛レギュラーガソリン指定)
吸気・燃料装置/燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V, 6.5Ah(10HR)/GT7B-4
1次減速比/2次減速比 1.000/10.667
クラッチ形式 乾式,遠心,シュー
変速装置/変速方式 Vベルト式無段変速/オートマチック
変速比 2.500~0.768:無段変速
フレーム形式 バックボーン
キャスター/トレール 27°00′/95mm
タイヤサイズ(前/後) 120/70-12 51L(チューブレス)/130/70-12 56L(チューブレス)
制動装置形式(前/後) 油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/ユニットスイング
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V, 55W×2
乗車定員 2名

 

2018年2月10日にヤマハ BW'S125をマイナーチェンジして発売。型式は、2BJ-SED9J

 

「ヤマハ BW'S125」の主な変更点

  • 今回は、カラーリング変更と平成28年度国内排出ガス規制へ適合。
  • カラーリングは、マットチタン1(マットチタン)とビビッドイエローソリッド2 (イエロー)の新色2色。

 

車体色とメーカー小売価格

329,400円 マットチタン1
329,400円 ビビッドイエローソリッド2

 

2020年4月25日にヤマハ BW'S125の国内仕様がカラーチェンジして発売。

 

「ヤマハ BW'S125」の主な変更点

  • カラーリングは、新色の「ダークブルーイッシュグレーソリッドC(グレー)」と従来色の「ビビッドイエローソリッド2(イエロー)」の2色。

 

車体色とメーカー小売価格

335,500円 ダークブルーイッシュグレーソリッドC
335,500円 ビビッドイエローソリッド2

 

 

2018年2月10日のマイナーチェンジ前後のスペック変更部分

タイプグレード名 BW'S 125 BW'S 125
モデルチェンジ区分 新登場 マイナーチェンジ
型式 EBJ-SEA6J 2BJ-SED9J
発売日 2016年2月10日 2018年2月10日
仕向け・仕様 国内向けモデル 国内向けモデル
燃料消費率 WMTCモード値(km/L) 36.1 37.3
原動機型式 E3T5E E31CE
メーカー小売価格 318,600円 329,400円

 

ヤマハ BW'S125の年式毎の中古車販売価格

確認した日

車種

年式

走行距離

中古車販売価格

2023-03-22ヤマハ BW’S125 2018年モデル JMCA対応BEAMSマフラーカスタム グリップヒーター ナックルガード装備2018年-8840km25.80万円
2022-11-07ヤマハ BW’S125-17670km25.40万円
2022-11-07ヤマハ BW’S125R 台湾ヤマハ ビームスフルエキ クロライトウインカー内蔵LEDテール フェンダーレスキット リゼットミラー等年式不明-24674km21.28万円
2022-11-07ヤマハ BW’S125-12928km22.00万円
2022-03-07ヤマハ BW’S1252018年-5279km21.99万円
2022-02-05ヤマハ BW’S1252016年-5350km12.80万円
2022-02-05ヤマハ BW’S125 台湾年式不明-7108km10.50万円
2022-02-05ヤマハ BW’S1252017年-21112km19.80万円
2021-05-13ヤマハ BW’S125 2016年モデル ロングスクリーン-2800km25.90万円
2021-05-13ヤマハ BW’S125 SED9J 2018年式 ノーマル2018年-5458km24.80万円
2021-03-05ヤマハ BW’S125 フルノーマル年式不明-3652km25.80万円
2021-03-05ヤマハ BW’S125 フルノーマル SED9J ワンオーナー-3391km25.90万円
2021-03-05ヤマハ BW’S125年式不明-11754km20.80万円
2021-03-05ヤマハ BW’S1252016年-2021km26.40万円
2019-06-26ヤマハ BW’S125 国内正規モデル ナックルガード付2016年-2701km24.80万円
2019-06-26ヤマハ BW’S125 ナックルバイザー ワンオーナー2018年-1793km23.80万円
2018-04-16ヤマハ BW’S125 マフラー変更済み2016年-4360km23.99万円
2017-05-08ヤマハ BW’S125Fi 台湾仕様 ブラック インジェクションモデルブラック6732km12.50万円
2017-05-08ヤマハ BW’S125Fi年式不明ホワイト14902km12.80万円
2017-05-08ヤマハ BW’S125FiホワイトII23920km17.81万円
2017-05-08ヤマハ BW’S125Fi インジェクション ノーマル年式不明レッドII9044km15.88万円
2017-05-08ヤマハ BW’S125Fi ノーマル ボックス付年式不明イエロー17574km13.88万円

 

ヤマハ BW'S125買取価格の事例

 

BW'S125を売った月 2021年05月
年式 2018年
カラー 
走行距離 7049km
買取価格 180000円

BW'S125を売った月 2020年10月
年式 2011年
カラー 不明
走行距離 23053km
買取価格 54000円

BW'S125を売った月 2020年04月
年式 不明
カラー 不明
走行距離 3199km
買取価格 59000円

BW'S125を売った月 2019年09月
年式 2016年
カラー 不明
走行距離 16190km
買取価格 64000円

BW'S125を売った月 2019年09月
年式 2016年
カラー 不明
走行距離 1616km
買取価格 160000円

BW'S125を売った月 2019年09月
年式 2017年
カラー 不明
走行距離 330km
買取価格 180000円

BW'S125を売った月 2019年04月
年式 2008年
カラー 不明
走行距離 21719km
買取価格 35000円

BW'S125を売った月 2019年04月
年式 不明
カラー 不明
走行距離 49695km
買取価格 48000円

BW'S125を売った月 2019年04月
年式 2018年
カラー 不明
走行距離 1427km
買取価格 170000円

BW'S125を売った月 2018年12月
年式 2008年
カラー 不明
走行距離 22777km
買取価格 68000円

 

ここでの買取価格の事例は「年式、走行距離、カラー」しかわからないので実際のバイクの状態(外装の傷、消耗品の状態、カスタムなど)の情報は、わかりません。事故車の可能性もあります。ですから実際は、同じ年式、同じくらいの走行距離でも全然違う査定額になることは、よくあります。あくまでも参考程度にしておきましょう。

 



バイクを高く売る方法

バイクを売る時に知っておいた方がいいのがどこの買取業者もできるだけ安く買い取りたいと思っているということです。
基本的にバイク買取業者は、その時の業者オークションでの落札価格から買取上限価格を決めているので買取上限価格は、どこも似たような価格です。しかし、実際は、どこの会社もお客さんからできるだけ安く仕入れたいというのが本音なので最初に提示される査定額は、意図的に低めの金額を伝えることがあります。

 

ですからバイクを高く売るためには、2社以上に査定を依頼して買い取り価格を競わせることが大事です。

 

2社以上の業者に査定してもらう楽な方法

複数の業者に査定を依頼するのに便利で人気のサイトがカチエックスです。

メリットは、
・全国300社が参加!最大10社の買取額を比較!
・査定も無料。キャンセルも無料。
・しつこい電話も無くネットで完結。
・入力項目も30秒くらいで入力!
・バイクの写真で査定!
・査定開始から最短1営業日以内に専任スタッフから連絡。
・現地減額も禁止されてるのでその金額で売れます!
・専任スタッフに価格交渉してもらうことも可能!

無料査定の流れ
①入力して申し込み
②その後バイクの写真を取って送る
③最大10社の業者が買い取りたい金額で入札し、ランキング形式で表示。査定開始から最短1営業日以内に専任スタッフから専用チャット上で連絡。
④現地減額も禁止されてるのでその金額で売りたければ契約。担当者に価格交渉してもらうことも可能。
⑤契約したらバイクを引き渡す日程調整と代金受け取り。


ちなみにカチエックスを運営してる会社は、 バイク買取で79万人以上の利用実績があります。