ホンダ CBR400Rの買取相場を知って売る

 

当サイトは、広告を利用しています。記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

 

ホンダ CBR400Rの買取相場を知って売る

 

ホンダ CBR400Rが何円で売れるか下記の3点からチェックしてみました。

 

 

ホンダ CBR400Rの年式毎の定価とモデルチェンジでの変更点

 

ホンダ CBR400Rの歴史

 

1986年7月15日にホンダ CBR400Rの国内仕様が新登場。型式は、NC23

 

1986年7月15日発売のホンダ CBR400Rの買取相場

 

「ホンダ CBR400R」の主な特徴

  • 新設計の水冷4サイクルDOHC直列4気筒エンジンを35度前傾で搭載。
  • 高回転時でさらに正確な弁作動と摩擦抵抗の低減をはかったカムギャトレーンシステムを採用。新型4連キャブレター、集合管マフラーを採用。
  • アルミ製ツインチューブ・ダイヤモンド式フレームを採用。
  • スイングアームと共に可動する後フェンダーの装備などでフェアリング内部の空気をダイレクトに車体後方へ流すなど空力特性を追求。
  • 前フェンダーやフェアリング、バックミラー、ヘッドライトなどの形状によって空気抵抗を大幅に低減。
  • 足着きを向上し、シート高が765mmとなった。
  • 前・後輪ともに油圧式ディスクブレーキを装備。前輪は、ダブルディスクブレーキ。
  • 偏平タイヤ、S字断面スポークと幅広リムをもつアルミホイール、アルミ製スイングアーム(後輪)を採用。
  • ジュラルミン製のセパレートハンドルとステップホルダーとメインステップを採用。
  • オイルクーラーとアルミ製2分割ラジエターを装備。
  • バッテリーは、MF(メンテナンスフリー)タイプの12V8AHを採用。

 

車体色とメーカー小売価格

669,000円 シャスタホワイト/ファイティングレッド
669,000円 シャスタホワイト/ミクロネシアンブルーメタリック(1986年9月発売)

 

2013年4月23日にホンダ CBR400Rの国内仕様がフルモデルチェンジして発売。型式は、EBL-NC47

 

2013年4月23日発売のホンダ CBR400Rの買取相場

 

「ホンダ CBR400R」の主な特徴

  • 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・直列2気筒400ccのエンジンを搭載。CBRシリーズ初の2気筒エンジン。
  • デザインキーワードは、「Super Sports DNA」。
  • CBRシリーズのフラッグシップモデル「CBR1000RR」のDNAを受け継ぐ空力特性に優れたフルカウルを装備。
  • シャープなデザインのデュアルヘッドライトを採用。
  • フルカウルでエンジンの力強い造形美を見せる処理をした。
  • 新開発のダイヤモンドタイプのフレームを採用。
  • ライディングポジションは、幅広いユーザーを想定し、ツーリングからスポーティーな走行までをカバーできるハンドル位置の設定。
  • サスは、フロントにインナーチューブ径41mmのテレスコピックタイプ、リアにプロリンクサスペンションを採用。

 

車体色とメーカー小売価格

●CBR400R
669,900円 グラファイトブラック
669,900円 ヴィクトリーレッド
701,400円 ロスホワイト
●CBR400R ABS
719,250円 グラファイトブラック
719,250円 ヴィクトリーレッド
750,750円 ロスホワイト

 

2016年2月26日にホンダ CBR400Rの国内仕様がフルモデルチェンジして発売。型式は、2BL-NC47

 

「ホンダ CBR400R」の主な変更点

  • 外観を一新。スタイリングコンセプトを「AGGRESSIVE SPEED SHAPE」とし、CBRシリーズのフラッグシップモデル「CBR1000RR」のDNAを受け継いだスピード感を強調。
  • 新設計のLEDデュアルヘッドライトとテールランプを採用。
  • ブルーアルマイト処理を施したフォークキャップを採用。ハンドル周りに高級感を演出。
  • ヘッドライト上部やミドルカウルにダクトを設け、導風経路を設定し軽快なハンドリングを実現。
  • ウインドスクリーン下端部にダクトを設け、走行時のライダーの頭部周辺の乱流を抑制した。
  • ヒンジタイプのフューエルキャップを採用。
  • 新設計のフューエルタンクは、容量が1リットル増えて16リットルに。
  • ギアチェンジペダルの操作荷重を低減し、操作フィーリングを向上。
  • 新形状の異型断面マフラーは、内部構造などを変更。排気効率を向上し、マスの集中化を図った。低音が増幅した心地の良い排気サウンドに。
  • フロントサスに調整可能なプリロードアジャスターを装備。
  • 5段階の調整機構付きのブレーキレバーを装備。

 

車体色とメーカー小売価格

●CBR400R
699,840円 グラファイトブラック
699,840円 ヴィクトリーレッド
732,240円 ロスホワイト
●CBR400R ABS
750,600円 グラファイトブラック
750,600円 ヴィクトリーレッド
783,000円 ロスホワイト

 

2017年4月7日にホンダ CBR400Rの国内仕様がカラーチェンジして発売。

 

「ホンダ CBR400R」の主な変更点

  • レッドを基調にスポーティーかつシャープな印象のホワイトとブラックのグラフィックを施した「ヴィクトリーレッド」とホワイトを基調にブルーとブラックのグラフィックを施した「パールグレアホワイト」の新色2色と従来色のグラファイトブラックとあわせて全3色。

 

車体色とメーカー小売価格

●CBR400R
699,840円 グラファイトブラック
732,240円 ヴィクトリーレッド
732,240円 パールグレアホワイト
●CBR400R ABS
750,600円 グラファイトブラック
783,000円 ヴィクトリーレッド
783,000円 パールグレアホワイト

 

2018年4月20日にホンダ CBR400Rの国内仕様がカラーチェンジとABSを標準装備して発売。

 

「ホンダ CBR400R」の主な変更点

  • 車体色は、グランプリレッドとパールグレアホワイトとグラファイトブラックの3色。CBR400R独自イメージのストライプを施し、よりスポーティーなスタイリングに。
  • これまでタイプ設定だったABSが標準装備となった。

 

車体色とメーカー小売価格

●CBR400R
783,000円 グランプリレッド
783,000円 グラファイトブラック
783,000円 パールグレアホワイト

 

2019年3月22日にホンダ CBR400Rの国内仕様がマイナーチェンジして発売。型式は、2BL-NC56

 

2019年3月22日発売のホンダ CBR400Rの買取相場

 

「ホンダ CBR400R」の主な変更点

  • 開発のキーワードは、「より刺激的に、より自由自在に」。
  • 外観をよりスポーティーなスタイリングに一新。直線を基調としたスピード感溢れるデザインのフルカウルを装備。これまでトップブリッジ上側に配置してたセパレートハンドルをトップブリッジ下側へ配置。よりスポーティーなライディングポジションとなった。
  • スポーティーなイメージをより際立たせるシャープな造形としたLEDヘッドライト、テールランプに加えて、新たに前後ウインカーにもLEDを採用。
  • パワーユニットは、吸気系の見直しとバルブタイミングとリフト量とインジェクターの最適化を図り、低中回転域のトルクを向上。
  • エキゾーストパイプとマフラーの構造を一部変更し、力強い加速と心地よい吹け上がりとよりパルス感のある排気音を実現。
  • サスペンション内のガスとオイルを完全に分離させる構造の分離加圧式のリアサスペンションを採用するなどし、サスペンションの作動性をより高めた。
  • 急ブレーキ時にハザードランプを高速点滅させるエマージェンシーストップシグナルを採用。
  • 制御をより緻密化したABSモジュレーターを採用。ABS作動時のブレーキレバー、ブレーキペダルへのキックバックを低減させ、制動時の安心感をより高めた。
  • 新設計のLCDメーターに新たにギアポジションインジケーター、シフトアップインジケーター、水温計などの機能を採用。
  • フューエルタンクは、従来より容量が約1L増えたものを採用。
  • トランスミッションのドッグ形状の変更と本数を増やし、スムーズで質感の高いシフトチェンジフィーリングを実現。
  • 新たにアシストスリッパークラッチを採用。クラッチレバーの形状変更とクラッチレバーの操作荷重を低減させ、より扱いやすいクラッチ操作フィーリングとし、連続的なシフトダウンなどで生じる後輪ホッピングを抑制し操る楽しさを向上させた。
  • 車体色は、グランプリレッドとマットアクシスグレーメタリックとパールグレアホワイトの3色。

 

車体色とメーカー小売価格

●CBR400R
793,800円 グランプリレッド
793,800円 マットアクシスグレーメタリック
793,800円 パールグレアホワイト

 

 

「ホンダ CBR400R」のスペックの比較

車種名 CBR400R CBR400R CBR400R CBR400R
モデルチェンジ区分 新登場 新登場 フルモデルチェンジ フルモデルチェンジ
発売日 1986年7月15日 2013年4月23日 2016年2月26日 2019年3月22日
型式 NC23 EBL-NC47 2BL-NC47 2BL-NC56
仕向け・仕様 国内向けモデル 国内向けモデル 国内向けモデル 国内向けモデル
全長 (mm) 2015 2075 2080 2080
全幅 (mm) 685 740 750 755
全高 (mm) 1095 1145 1145 1145
軸間距離 (mm) 1380 1410 1410 1410
最低地上高 (mm) 140 140 140 130
シート高 (mm) 765 785 785 785
車両重量 (kg) 184 192 192 192
乗車定員(名) 2 2 2 2
原動機種類 4ストローク 4ストローク 4ストローク 4ストローク
気筒数 4 2 2 2
シリンダ配列 並列(直列) 並列(直列) 並列(直列) 並列(直列)
冷却方式 水冷 水冷 水冷 水冷
排気量 (cc) 399 399 399 399
4スト・カム駆動方式 DOHC DOHC DOHC DOHC
4スト・気筒あたりバルブ数 4 4 4 4
内径(シリンダーボア)(mm) 55 67 67 67
行程(ピストンストローク)(mm) 42 56.6 56.6 56.6
圧縮比(:1) 11 11 11 11
最高出力(kW) - 34 34 34
最高出力(PS) 59 46 46 46
最高出力回転数(rpm) 12500 9500 9500 9000
最大トルク(N・m) - 37 37 38
最大トルク(kgf・m) 3.8 3.8 3.8 3.9
最大トルク回転数(rpm) 10000 7500 7500 7500
燃料タンク容量 (L) 16 15 16 17
燃料(種類) レギュラーガソリン レギュラーガソリン レギュラーガソリン レギュラーガソリン
燃料供給方式 キャブレター フューエルインジェクション フューエルインジェクション フューエルインジェクション
エンジン始動方式 セルフスターター式 セルフスターター式 セルフスターター式 セルフスターター式
点火装置 フルトランジスタ式 フルトランジスタ式 フルトランジスタ式 フルトランジスタ式
点火プラグ標準搭載・型式 C9EH-9 CPR8EA-9 CPR8EA-9 -
点火プラグ必要本数・合計 4 2 2 -
搭載バッテリー・型式 YTX9-BS YTZ10S YTZ10S -
エンジンオイル容量※全容量 (L) 3.5 3.2 3.2 -
クラッチ形式 湿式・多板 湿式・多板 湿式・多板 湿式・多板
変速機形式 リターン式・6段変速 リターン式・6段変速 リターン式・6段変速 リターン式・6段変速
1次減速比 - 2.029 2.029 2.029
2次減速比 - 3 3 3
変速比 - 1速 3.2850/2速 2.1050/3速 1.6000/4速 1.3000/5速 1.1500/6速 1.0430 1速 3.2850/2速 2.1050/3速 1.6000/4速 1.3000/5速 1.1500/6速 1.0430 1速 3.2850/2速 2.1050/3速 1.6000/4速 1.3000/5速 1.1500/6速 1.0430
動力伝達方式 チェーン チェーン チェーン チェーン
スプロケット歯数・前 15 15 15 -
スプロケット歯数・後 44 45 45 -
チェーンサイズ 525 520 520 -
標準チェーンリンク数 108 114 114 -
フレーム型式 ダイヤモンド ダイヤモンド ダイヤモンド ダイヤモンド
キャスター角 - 25°30 25°30 25°30
トレール量 (mm) - 102 102 102
ブレーキオイル適合規格 - DOT 4 DOT 4
懸架方式(前) テレスコピックフォーク テレスコピックフォーク テレスコピックフォーク テレスコピックフォーク
懸架方式(後) スイングアーム式 スイングアーム式 スイングアーム式 スイングアーム式
燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L) 43 39.7 39.7 41
燃料消費率 WMTCモード値(km/L) - - 28.2 28.3
ブレーキ形式(前) 油圧式ダブルディスク 油圧式ディスク 油圧式ディスク 油圧式ディスク
ブレーキ形式(後) 油圧式ディスク 油圧式ディスク 油圧式ディスク 油圧式ディスク
タイヤ(前) 100/80-17 120/70ZR17 120/70ZR17 120/70ZR17
タイヤ(前)構造名 バイアス ラジアル ラジアル ラジアル
タイヤ(前)荷重指数 52 58 58 58
タイヤ(前)速度記号 H (W) (W) (W)
タイヤ(前)タイプ - チューブレス チューブレス チューブレス
タイヤ(後) 130/70-18 160/60ZR17 160/60ZR17 160/60ZR17
タイヤ(後)構造名 バイアス ラジアル ラジアル ラジアル
タイヤ(後)荷重指数 63 69 69 69
タイヤ(後)速度記号 H W (W) (W)
タイヤ(後)タイプ - チューブレス チューブレス チューブレス
ホイールリム形状(前) - MT MT -
ホイールリム幅(前) - 3.5 3.5 -
ホイールリム形状(後) - MT MT -
ホイールリム幅(後) - 4.5 4.5 -
ヘッドライトタイプ(Hi) - - LED LED
テールライトタイプ - - LED LED
メーカー小売価格 669,000円 669,900円 699,840円 793,800円

 

ホンダ CBR400Rの年式毎の中古車販売価格

確認した日

車種

年式

走行距離

中古車販売価格

2022-07-21ホンダ CBR400R ABS  ETC グリップヒーター付き2016年-5500km49.80万円
2022-07-21ホンダ CBR400R NC47型 ノーマル車 バッテリー新品交換2017年-10252km59.80万円
2022-02-27ホンダ CBR400R2014年-19041km42.80万円
2022-02-02ホンダ CBR400R ABS標準装備/シフトインジケーター/ワンオーナー2019年-5193km74.80万円
2021-02-17ホンダ CBR400R スマートフォンホルダー マルチバー ヘルメットホルダー付2019年-6319km75.80万円
2021-02-17ホンダ CBR400R ABS LEDヘッドライトモデル2016年-17623km51.70万円
2020-10-26ホンダ CBR400R 純正ETC2.0 マルチバー USB2019年-8085km73.20万円
2020-10-26ホンダ CBR400R  2013年モデル2014年-9685km44.30万円
2020-10-26ホンダ CBR400R2017年-2504km65.80万円
2020-10-26ホンダ CBR400R マルチバー付 現行型2019年-5040km75.80万円
2020-05-04ホンダ CBR400R2013年-16400km41.80万円
2019-07-27ホンダ CBR400R2016年-5289km64.58万円
2019-07-27ホンダ CBR400R2016年-13158km56.16万円
2019-07-27ホンダ CBR400R ABS ワンオーナー 社外ナビ付き2013年-2761km49.90万円
2018-03-03ホンダ CBR400R ドリーム優良認定中古車2013年-7700km48.90万円
2017-10-04ホンダ CBR400R2016年ホワイトII1872km52.80万円
2017-04-27ホンダ CBR400R ノーマル車2014年レッド12103km35.90万円

 

ホンダ CBR400R買取価格の事例

 

CBR400Rを売った月 2021年09月
年式 2021年
カラー 
走行距離 4654km
買取価格 740000円

CBR400Rを売った月 2021年09月
年式 2016年
カラー 
走行距離 3990km
買取価格 405000円

CBR400Rを売った月 2020年03月
年式 2015年
カラー 不明
走行距離 25583km
買取価格 337000円

CBR400Rを売った月 2020年03月
年式 2017年
カラー 
走行距離 7227km
買取価格 368000円

CBR400Rを売った月 2020年03月
年式 2017年
カラー 不明
走行距離 7044km
買取価格 460000円

CBR400Rを売った月 2019年04月
年式 2013年
カラー 不明
走行距離 22468km
買取価格 255000円

CBR400Rを売った月 2019年04月
年式 2015年
カラー 不明
走行距離 6773km
買取価格 280000円

CBR400Rを売った月 2019年04月
年式 2016年
カラー 不明
走行距離 17164km
買取価格 350000円

CBR400Rを売った月 2019年04月
年式 2016年
カラー 不明
走行距離 3468km
買取価格 542000円

CBR400Rを売った月 2017年09月
年式 2013年
カラー 
走行距離 11730km
買取価格 310000円

 

ここでの買取価格の事例は「年式、走行距離、カラー」しかわからないので実際のバイクの状態(外装の傷、消耗品の状態、カスタムなど)の情報は、わかりません。事故車の可能性もあります。ですから実際は、同じ年式、同じくらいの走行距離でも全然違う査定額になることは、よくあります。あくまでも参考程度にしておきましょう。

 



バイクを高く売る方法

バイクを売る時に知っておいた方がいいのがどこの買取業者もできるだけ安く買い取りたいと思っているということです。
基本的にバイク買取業者は、その時の業者オークションでの落札価格から買取上限価格を決めているので買取上限価格は、どこも似たような価格です。しかし、実際は、どこの会社もお客さんからできるだけ安く仕入れたいというのが本音なので最初に提示される査定額は、意図的に低めの金額を伝えることがあります。

 

ですからバイクを高く売るためには、2社以上に査定を依頼して買い取り価格を競わせることが大事です。

 

2社以上の業者に査定してもらう楽な方法

複数の業者に査定を依頼するのに便利で人気のサイトがカチエックスです。

メリットは、
・全国300社が参加!最大10社の買取額を比較!
・査定も無料。キャンセルも無料。
・しつこい電話も無くネットで完結。
・入力項目も30秒くらいで入力!
・バイクの写真で査定!
・査定開始から最短1営業日以内に専任スタッフから連絡。
・現地減額も禁止されてるのでその金額で売れます!
・専任スタッフに価格交渉してもらうことも可能!

無料査定の流れ
①入力して申し込み
②その後バイクの写真を取って送る
③最大10社の業者が買い取りたい金額で入札し、ランキング形式で表示。査定開始から最短1営業日以内に専任スタッフから専用チャット上で連絡。
④現地減額も禁止されてるのでその金額で売りたければ契約。担当者に価格交渉してもらうことも可能。
⑤契約したらバイクを引き渡す日程調整と代金受け取り。


ちなみにカチエックスを運営してる会社は、 バイク買取で79万人以上の利用実績があります。