ホンダ ジョルノの買取相場を知って売る

ホンダ ジョルノの買取相場を知って売る

 

ホンダ ジョルノが何円で売れるか下記の3点からチェックしてみました。

 

 

ホンダ ジョルノの年式毎の定価とモデルチェンジでの変更点

 

ホンダ ジョルノの歴史

 

 

1992年3月17日にホンダ ジョルノを新発売。型式は、A-AF 24

ジョルノの特徴

  • 外観は、優しく流れる線とふっくらとした局面でボディラインを構成。
  • 丸型のヘッドライトやウィンカーレンズなど個性を 主張する機能パーツを採用。
  • シンプルでスリムなセミロングシートを採用。
  • 大型レッグシールドを採用。
  • ワイドフロア。
  • 別体式フロントフェンダー。
  • エンジンの冷却効果を高める空気導入口を楕円形の網目模様にデザイン。
  • 立体エンブレムをレッグシールドとボディカバーの左右に配した。
  • エンジンは、空冷・2サイクル・単気筒・49ccを搭載。
  • 前・後輪にチューブレスタイヤ(3.00-10 32J)を装着。
  • 前輪にはトレーリングリンク式サスペンションに大径(95mm)フロントブレーキを組み合わせて装備。
  • 20Lのセンタートランクを装備。
  • 速度計、燃料計などを内蔵したファッショナブルで見やすいメーター廻り。
  • 補水不要の小型メンテナンスフリー・バッテリーを採用。
  • スタンド掛けを考虜したリア・グリップ。
  • 寒冷時の始動を容易にするオートチョーク機構を採用。
  • ジョルノ(GIORNO)は、イタリア語で「一日」「昼間」の意味でBUON GIORNO〈ボンジョルノ〉「こんにちは」などに使われる。

車体色

ズッキ-ニグリーン × パスタグリーン
ポモドーロレッド × モツァレラベージュ

販売計画台数(国内・年間)

15,000台

メーカー小売価格

189,000円

 

1993年1月に「ホンダ ジョルノ」の新色を追加し発売

車体色

ピュアブラック × アルバトロスグレー<新色>
ズッキ-ニグリーン × パスタグリ-ン<従来色>
ポモドーロレッド × モツァレラベージュ<従来色>

販売計画台数(国内・年間)

-

メーカー小売価格

189,000円

 

1993年12月10日に「ホンダ ジョルノ」の新色を追加し発売

車体色

ムーンストーンシルバーメタリック × モツァレラベージュ<新色>
キャンディグレースフルパープル × モツァレラベージュ<新色>
ピュアブラック × アルバトロスグレー<従来色>
ズッキーニグリーン × パスタグリーン<従来色>
ポモドーロレッド × モツァレラベージュ<従来色>

販売計画台数(国内・年間)

-

メーカー小売価格

189,000円

 

1995年2月10日に「ホンダ ジョルノ」のスペシャルカラーリングモデルを発売

スペシャルカラーリングモデルの特徴

  • 車体全体を明るい色調のパールホワイトでまとめた。
  • フロントフェンダーと車体サイド部にピンストライプをあしらった。
  • レザー風のツートーンカラーのシートなどを採用。

車体色

パールホワイト

販売計画台数(国内・年間)

4,000台

メーカー小売価格

199,000円

 

1995年12月に「ホンダ ジョルノ」に新色を追加。さらに1996年1月に「ジョルノ デラックス」と「ジョルノ スペシャル」をタイプ追加し発売。

「ジョルノ デラックス」の特徴

  • 外観は、フロント・フェンダーやレッグシールドなどの車体各部にモールをあしらった。
  • シートには新たに専用ツートーンタイプを採用。
  • メッキタイプのマフラー・プロテクターを採用。
  • 専用の立体エンブレムを採用。
  • 専用のスペシャル・キーの採用。
  • ボディカラーは乗る人の個性が引き立つワントーンでまとめた。

「ジョルノ スペシャル」の特徴

  • ジョルノ デラックスをベースにボディカラーをブラック基調にレッドを効果的にあしらった。

車体色

ジョルノ
パールグレートブルー/モツァレラベージュ<新色>
キャンディーグレイスフルパープル/モツァレラベージュ
ムーンストーンシルバーメタリック/モツァレラベージュ

ジョルノ デラックス
マイルドグレーメタリック/ロッシュグレー

ジョルノ スペシャル
ブラック×レッド

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 31,000台

メーカー小売価格

ジョルノ 189,000円
ジョルノ デラックス 199,000円
ジョルノ スペシャル 199,000円

 

1996年11月21日に「ホンダ ジョルノ」と「ホンダ ジョルノ デラックス」に新色を追加し発売。

車体色

ジョルノ
チョコラータブラウン<新色>
ムーンストーンシルバーメタリック(※シート側面のカラーを、白からグレーに変更)

ジョルノ デラックス
パールビーンベージュ<新色>
マイルドグレーメタリック

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 40,000台

メーカー小売価格

ジョルノ 189,000円
ジョルノ デラックス 199,000円

 

1997年1月に特別仕様を発売。

 

1997年5月に特別仕様を発売。

 

1997年12月24日に「ホンダ ジョルノ」と「ホンダ ジョルノ デラックス」に新色を追加し発売。

車体色

ジョルノ
ハイドレンジアブルーメタリック<新色>
ムーンストーンシルバーメタリック<従来色>

ジョルノ デラックス
ジュリオレッドメタリック<新色>
マイルドグレイメタリック<従来色>

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 23,000台

メーカー小売価格

ジョルノ 189,000円 ジョルノ デラックス 199,000円

 

1999年1月29日に「ホンダ ジョルノデラックス」に特別カラーの「ホンダ ジョルノデラックス スプリングコレクション」を追加し発売。

「ホンダ ジョルノデラックス スプリング コレクション」の特徴

  • 車体色は、「ピュアブラック」を採用し、マフラープロテクターなどのクロームメッキパーツやモール部を一段と際立たせてた。
  • シートカラーは、座り面をブラック、側面をブラウンのツートーンとした。

車体色

ピュアブラック

販売計画台数(国内・年間)

3,500台

メーカー小売価格

204,000円

 

1999年6月9日に新世代4ストロークスクーター「ホンダ ジョルノ クレア」シリーズを発売。型式は、BA-AF54

「ジョルノクレア」と「ジョルノクレア・デラックス」の特徴

  • ジョルノ クレアシリーズは、「クリーン」、「エコノミー」、「サイレント」、「タフ」をキーワードに開発。
  • 国内新排出ガス規制値の約1/2レベルを達成(CO、HC)し、従来の2サイクルエンジンに比べ、約30%の燃費向上と高い静粛性を実現。
  • ジョルノ クレア・デラックスには、「アイドルストップ・システム」を採用した。
  • 車体は、国内スクーター初のアルミ製ダイキャストフレームを採用し、モジュール構造としたことで生産効率をアップ。
  • スタイリングは、全体に流麗なデザインとツートーンのカラーリングを採用。

車体色

ジョルノ クレア
サンドストームシルバーメタリック
モスタルダベージュ
ベガブラックメタリック

ジョルノ クレア・デラックス
サンドストームシルバーメタリック

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 25,000台

メーカー小売価格

ジョルノ クレア 189,000円
ジョルノ クレア・デラックス 199,000円

従来モデルとのスペックの比較

通称名 ジョルノ ジョルノ クレア
発売日 1992年3月17日(新発売) 1999年6月9日
型式 A-AF24 BA-AF54
全長×全幅×全高(m) 1.660×0.630×1.010 1.685×0.630×1.005
軸距(m) 1.175 1.19
最低地上高(m) 0.1 0.115
シート高(m) 0.72 0.715
車両重量/乾燥重量(kg) 69/64 84/79
乗車定員(人) 1 1
燃料消費率(km/L)30km/h定地走行テスト値 48.6 61.4
最小回転半径(m) 1.8 1.8
エンジン型式 AF24E(空冷・2サイクル・単気筒) AF54E(水冷・4ストロークOHC・単気筒)
総排気量(cm3) 49 49
内径×行程(mm) 39.0×41.4 36.0×49.0
圧縮比 7 12
最高出力(PS/rpm) 5.6/6,500 4.8/8,000
最大トルク(kgm/rpm) 0.68/5,500 0.46/7,000
キャブレター型式 PA35 VK0B
始動方式 セルフ式(キック式併設) キック式、セルフ式併設
点火装置形式 CDI式マグネット点火 CDI式バッテリ点火
潤滑方式 分離潤滑式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 4.2 5
クラッチ形式 乾式多板シュー式 乾式多板シュー式
変速機形式 無段変速式(Vマチック) 無段変速式(Vマチック)
変速比 1速 2.45~0.85 2.800~0.860
キャスター(度)/トレール(mm) 26°30′/70 26°30′/72
タイヤサイズ 前 3.00-10 32 J(チューブレス) 90/90-10 50J
タイヤサイズ 後 3.00-10 32 J(チューブレス) 90/90-10 50J
ブレーキ形式 前 機械式リーディングトレーリング 機械式リーディングトレーリング
ブレーキ形式 後 機械式リーディングトレーリング 機械式リーディングトレーリング
懸架方式 前 ボトム・リンク式 ボトム・リンク式
懸架方式 後 ユニット・スイング式 ユニット・スイング式
フレーム形式 アンダボーン アンダボーン

 

1999年8月5日に4ストロークスクーター「ジョルカブ」を発売。型式は、BA-AF53

「ジョルカブ」の特徴

  • 「ジョルカブ」は、「ジョルノ」の車体と「スーパーカブ」のエンジンを組み合わせたことで生まれた名前。
  • ジョルカブは、「ジョルノ」のボディをベースに、「スーパーカブ」のエンジンをリファインして搭載。
  • エンジンは、ロングセラーモデル「スーパーカブ」の空冷・4ストローク50ccを搭載。
  • ギアチェンジペダルの操作が可能。ギアチェンジ操作は、スーパーカブと同様のクラッチ操作を必要としない自動遠心式を採用。
  • 燃費は、110km/L(30km/h定地走行テスト値)を実現。
  • スクーター初のスイングアーム式リアサスペンション採用
  • ハーフタイプのヘルメットが収納できるメットインスペースを装備。
  • 4.2Lの燃料タンク。
  • ニュートラルと4速状態を表示するポジショニングランプをメーターパネル上部に採用。
  • 車体色は、モンツァレッドとシャスタホワイトの2色の設定。

車体色

モンツァレッド
シャスタホワイト

販売計画台数(国内・年間)

15,000台

メーカー小売価格

189,000円

「ジョルノ クレア」と「ジョルカブ」のスペックを比較

通称名 ジョルノ クレア ジョルカブ
発売日 1999年6月9日 1999年8月5日
型式 BA-AF54 BA-AF53
全長×全幅×全高(m) 1.685×0.630×1.005 1.660×0.630×1.015
軸距(m) 1.19 1.18
最低地上高(m) 0.115 0.11
シート高(m) 0.715 0.72
車両重量/乾燥重量(kg) 84/79 79/75
乗車定員(人) 1 1
燃料消費率(km/L)30km/h定地走行テスト値 61.4 110
最小回転半径(m) 1.8 1.8
エンジン型式 AF54E(水冷・4ストロークOHC・単気筒) AF53E(空冷・4ストロークOHC・単気筒)
総排気量(cm3) 49 49
内径×行程(mm) 36.0×49.0 39.0×41.4
圧縮比 12 10
最高出力(PS/rpm) 4.8/8,000 3.9/7,000
最大トルク(kgm/rpm) 0.46/7,000 0.41/5,500
キャブレター型式 VK0B PB3H
始動方式 キック式、セルフ式併設 キック式、セルフ式併設
点火装置形式 CDI式バッテリ点火 CDI式マグネット点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 5 4.2
クラッチ形式 乾式多板シュー式 湿式多板コイル・スプリング
変速機形式 無段変速式(Vマチック) 常時噛合式4段リターン
変速比 1速 2.800~0.860 3.181
変速比 2速 - 1.705
変速比 3速 - 1.238
変速比 4速 - 0.958
減速比(1次/2次) - 4.058/2.357
キャスター(度)/トレール(mm) 26°30′/72 26°30′/67
タイヤサイズ 前 90/90-10 50J 80/100-10 46J
タイヤサイズ 後 90/90-10 50J 80/100-10 46J
ブレーキ形式 前 機械式リーディングトレーリング 機械式リーディングトレーリング
ブレーキ形式 後 機械式リーディングトレーリング 機械式リーディングトレーリング
懸架方式 前 ボトム・リンク式 ボトム・リンク式
懸架方式 後 ユニット・スイング式 スイング・アーム式
フレーム形式 アンダボーン アンダボーン

 

2000年6月に「ホンダ ジョルノ クレア」のカラーを変更して発売。

車体色

ジョルノ クレア
プライマリーレッド/クラシカルホワイト<新色>
ベガブラックメタリック/モツァレラベージュ
サンドストームシルバーメタリック/モツァレラベージュ

販売計画台数(国内・年間)

-

メーカー小売価格

ジョルノ クレア 198,450円

 

2001年1月19日に「ジョルノ クレア」のスペシャルカラーの「ジョルノ クレア・スペシャル」を追加して発売。

「ジョルノ クレア・スペシャル」の特徴

  • 車体色にマイルドグレイメタリックを採用。
  • レッグシールドとフロアーには、ロッシュグレイのカラーリングを採用。
  • フロントとサイドカバーには専用のエンブレムを施した。
  • リンクカバーは、クロームメッキを採用。

車体色

マイルドグレイメタリック/ロッシュグレイ

販売計画台数(国内・年間)

ジョルノ クレア・スペシャル 5,000台(限定)

メーカー小売価格

189,000円

 

2001年2月3日に「ジョルカブ」に新色を追加して発売。

変更点

従来色のシャスタホワイトとモンツァレッドに加え、ボディをブラック、レッグシールドをグレイとしたツートーンカラーを新たに追加。

車体色

べガブラックメタリック(新色)
シャスタホワイト(従来色)
モンツァレッド(従来色)

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 15,000台

メーカー小売価格

189,000円

 

2011年1月28日に「ジョルノ」をフルモデルチェンジして発売。型式は、JBH-AF70 これが2代目ジョルノとなります。中国の新大洲本田で生産され日本へ正規輸入している。同所で生産のトゥデイ(AF67)が車体のベースとなっている。

変更点

  • 丸さを取り入れたスタイリングを採用。
  • 大きめのヘッドライトやクリアレンズのウインカーでかわいらしさと個性を強調。
  • メッキパーツやラバー式のフロアマットで高級感と上質感を表現。
  • 22L容量のシート下収納スペースを採用。
  • 1Lのペットボトルも収納可能なフロントインナーラックを採用。
  • 使いやすい形状にこだわったコンビニフックを装備。
  • 盗難抑止に効果が高いシャッター付キーシリンダーを採用。
  • エンジンは、空冷・4ストローク・OHC単気筒エンジンを搭載。
  • PGM-FIを採用し、燃料を最適な量とタイミングで供給し、エンジンのパフォーマンスを効率よく引き出す。
  • マフラー内に装備した触媒装置(キャタライザー)の採用し、高い環境性能を実現。
  • 万が一バッテリーが完全に放電した場合でもキックによって始動ができるシステムを採用。

車体色

アズキブラウンメタリック(新色)
キャンディーコスモスピンク(新色)
パールキャンサーホワイト
デジタルシルバーメタリック
パールクエンチイエロー
パールプロキオンブラック
パールコットンアイボリー

販売計画台数(国内・年間)

15,000台

メーカー小売価格

159,600円

「ジョルノクレア」と「2代目ジョルノ」のスペックの比較

通称名 ジョルノ クレア ジョルノ
発売日 1999年6月9日 2011年1月28日
型式 BA-AF54 JBH-AF70
全長×全幅×全高(m) 1.685×0.630×1.005 1.685×0.650×1.035
軸距(m) 1.19 1.18
最低地上高(m) 0.115 0.11
シート高(m) 0.715 0.71
車両重量(kg) 84 81
乗車定員(人) 1 1
燃料消費率(km/L)30km/h定地走行テスト値 61.4 73
最小回転半径(m) 1.8 1.8
エンジン型式 AF54E(水冷・4ストロークOHC・単気筒) AF70E・空冷4ストロークOHC単気筒
総排気量(cm3) 49 49
内径×行程(mm) 36.0×49.0 37.8×44.0
圧縮比 12 10.1
最高出力(PS/rpm) 4.8/8,000 3.8/8,250
最大トルク(kgm/rpm) 0.46/7,000 0.38/7,000
キャブレター型式/燃料供給装置形式 VK0B 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 キック式、セルフ式併設 セルフ式(キック式併設)
点火装置形式 CDI式バッテリ点火 フル・トランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 5 4.6
クラッチ形式 乾式多板シュー式 乾式多板シュー式
変速機形式 無段変速式(Vマチック) 無段変速式(Vマチック)
変速比 1速 2.800~0.860 2.850~0.860
減速比(1次/2次) - 3.6/3.769
キャスター(度)/トレール(mm) 26°30′/72 26°30´/71
タイヤサイズ 前 90/90-10 50J 80/100-10 46J
タイヤサイズ 後 90/90-10 50J 80/100-10 46J
ブレーキ形式 前 機械式リーディングトレーリング 機械式リーディング・トレーリング
ブレーキ形式 後 機械式リーディングトレーリング 機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 前 ボトム・リンク式 テレスコピック式
懸架方式 後 ユニット・スイング式 ユニットスイング式
フレーム形式 アンダーボーン アンダーボーン

 

2012年1月27日に「ジョルノ」のカラーリングを変更と「ジョルノ・スポルト」をタイプ追加し新発売。型式は、JBH-AF70

ジョルノ・スポルトの特長

  • 車体のフロントからサイド、リアにかけ、レッドの専用ストライプなどを施しスポーティーなイメージに。
  • レッドのパイピングを施した専用シート
  • 車体色は、ホワイトとブラックの2色の設定。

車体色

ジョルノ
アズキブラウンメタリック
パールコットンアイボリー
パールプロキオンブラック
デジタルシルバーメタリック

ジョルノ・スポルト
パールキャンサーホワイト
パールプロキオンブラック

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 22,000台

メーカー小売価格

ジョルノ 159,600円
ジョルノ・スポルト 161,700円

 

2013年01月25日に特別カラーの「ジョルノ・スペシャルエディション」を限定発売。

「ジョルノ・スペシャルエディション」の特徴

  • 車体色のマットアクシスグレーメタリックには、つやを抑えたブラックのボディにハンドルカバーやフロントグリル、サイドカバーにつやのあるブラックを施した。
  • 車体色のパールキャンサーホワイトには、ホワイトのボディに、ハンドルカバーやフロントグリル、サイドカバーにパールコットンアイボリーのカラーを施した。

車体色

パールキャンサーホワイト
マットアクシスグレーメタリック

販売計画台数(国内・年間)

ジョルノ・スペシャルエディション合計 1,500台

メーカー小売価格

161,700円

 

2014年01月24日に「ジョルノ」のカラーリング変更と「ジョルノ・デラックス」をタイプ追加し発売。

「ジョルノ・デラックス」の特徴

  • ジョルノ・デラックスは、ツートーンカラーを採用。

車体色

ジョルノ
オリオンイエロー(新色)
パールプロキオンブラック

ジョルノ・デラックス
スピカピンクメタリック(新色)×パールコットンアイボリー
パールジェミニブルー(新色)×パールコットンアイボリー
アズキブラウンメタリック×パールコットンアイボリー
パールキャンサーホワイト×シグマシルバーメタリック

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 17,000台

メーカー小売価格

ジョルノ 172,200円
ジョルノ・デラックス 177,450円

 

2014年11月20日に「ジョルノ」のカラーバリエーションを変更し発売。

車体色

ジョルノ アズキブラウンメタリック
パールコットンアイボリー
キャンディーコスモスピンク
パールプロキオンブラック
ジョルノ・デラックス スピカピンクメタリック×パールコットンアイボリー
パールジェミニブルー×パールコットンアイボリー

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 18,000台

メーカー小売価格

ジョルノ 177,120円
ジョルノ・デラックス 182,520円

 

2015年10月16日に「ジョルノ」をフルモデルチェンジし、発売。型式は、JBH-AF77 これが3代目ジョルノとなります。

変更点

  • エンジン(AF74E)とフレームは、タクトと共通となった。
  • 生産地が中国から日本の熊本製作所に移管された。
  • デザインを一新。円をモチーフにした個性的なフロントデザインは、やや大きめの丸いヘッドライトとロゴエンブレムを配し、各部のメッキパーツやラバー式フロアマットで高級感と上質感を演出。
  • エンジンは、「Dunk(ダンク)」や「タクト」で採用している水冷・4ストローク・OHC・単気筒50ccエンジン「eSP」を新たに搭載。
  • 低フリクション技術を随所に採用し、「電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)」と「アイドリングストップ・システム」の採用などで優れた燃費性能、環境性能、力強い出力特性を実現。
  • 容量20Lのシート下ラゲッジボックスを採用。
  • 時計表示機能付きメーターパネルを採用。
  • フロント左側のグローブボックスに、スマートフォンなどの充電が可能なアクセサリーソケットを装備。
  • フロント右側のインナーボックスは、500mLのペットボトルも収納可能な。
  • 買い物袋などが掛けられるリング状の大型フックを採用。
  • いたずら防止や盗難抑止に効果が高い「シャッター付キーシリンダー」と「シートオープナースイッチ」を装備した集中コンビスイッチを採用。

車体色

パールマーメイドブルー(新色)
パールアンブラウン(新色)
アーベインデニムブルーメタリック
パールジャスミンホワイト
マグナレッド
ポセイドンブラックメタリック

販売計画台数(国内・年間)

18,000台

メーカー小売価格

189,000円

「2代目ジョルノ」と「3代目ジョルノ」のスペックの比較

※変更があった部分だけ表示しています。
通称名 ジョルノ(2代目) ジョルノ(3代目)
発売日 2011年1月28日 2015年10月16日
型式 JBH-AF70 JBH-AF77
全長×全幅×全高(m) 1.685×0.650×1.035 1.650×0.670×1.035
最低地上高(m) 0.11 0.105
シート高(m) 0.71 0.72
燃料消費率(km/L)30km/h定地走行テスト値 73 80
エンジン型式 AF70E・空冷4ストロークOHC単気筒 AF74E・水冷4ストローク OHC 単気筒
内径×行程(mm) 37.8×44.0 39.5×40.2
圧縮比 10.1 12
最高出力(kW[PS]/rpm) 2.8[3.8]/8,250 3.3[4.5]/8.000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 3.7[0.38]/7,000 4.1[0.42]/7.500
燃料タンク容量(L) 4.6 4.5
キャスター(度)/トレール(mm) 26°30´/71 26°30′/75

 

2016年4月15日に「ジョルノ・くまモン バージョン」をタイプ設定し発売。

「ジョルノ・くまモン バージョン」の特徴

  • 「ジョルノ」をベースにくまモンのイメージカラーであるブラックとレッドを基調としたカラーリングを採用。
  • ツートーンカラーのシート。
  • くまモンの頬をイメージしたレッドのグローブボックスとインナーボックス。
  • フロントトップカバーにはくまモンのイラストをあしらったエンブレムを採用。
  • ボディーカバー両サイドには水玉模様とくまモンのイラストをデザインしたストライプに色調を合わせた専用の立体エンブレムを採用。
  • 車体色は、グラファイトブラック1色の設定。

車体色

グラファイトブラック

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 16,000台

メーカー小売価格

197,640円

 

2017年4月14日に「ジョルノ」と「ジョルノ・くまモン バージョン」をマイナーチェンジして発売。

変更点

  • 平成28年排出ガス規制に対応。型式が「JBH-AF77」から「2BH-AF77」へ変更
  • 「ジョルノ」は、カラーバリエーションを変更。

車体色

ジョルノ
・プコブルー(新色)
・パールソフトベージュ(新色)
・ポセイドンブラックメタリック
・パールジャスミンホワイト
・パールアンブラウン
・アーベインデニムブルーメタリック

ジョルノ・くまモン バージョン
・グラファイトブラック

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 11,500台

メーカー小売価格

ジョルノ
194,400円

ジョルノ・くまモンバージョン
203,040円

マイナーチェンジ前後のスペックの比較

※変更があった部分だけ表示しています。
車種 ジョルノ ジョルノ
発売年月 2015年10月 2017年11月
型式 JBH-AF77 2BH-AF77
最大トルク回転数(rpm) 7500 6000
燃料消費率 WMTCモード値(km/L) 56.4 58.4

 

2019年1月25日に「ジョルノ・スペシャル」を受注期間限定で発売。

「ジョルノ・スペシャル」の特徴

  • 「キャンディープロミネンスレッド」を主体色に、ホワイトをあしらったツートーンカラーを採用し、車体側面にストライプを配した。

車体色

キャンディープロミネンスレッド

販売計画台数(国内・年間)

2,000台

メーカー小売価格

199,800円

 

2019年2月15日に「ジョルノ」のカラーチェンジと「ジョルノ・デラックス」を追加し発売。

「ジョルノ・デラックス」の特徴

  • 「ジョルノ・デラックス」は、ツートーンカラーの「ボニーブルー」と「タスマニアグリーンメタリック」の2色を採用。ボニーブルーのリアサイドカバーとストライプにはソフトベージュを。タスマニアグリーンメタリックのリアサイドカバーとストライプには、シルバーを採用。

車体色

ジョルノ・デラックス
・ボニーブルー
・タスマニアグリーンメタリック

ジョルノ
・プコブルー
・パールソフトベージュ
・ポセイドンブラックメタリック
・パールアンブラウン

ジョルノ・くまモン バージョン
・グラファイトブラック

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計   10,500台

メーカー小売価格

ジョルノ・デラックス
199,800円
ジョルノ
194,400円
ジョルノ・くまモン バージョン
203,040円

 

ホンダ ジョルノの年式毎の中古車販売価格

確認した日

車種

年式

走行距離

中古車販売価格

2020-03-26ホンダ ジョルノ 2018年モデル ワンオーナー カゴ付き2018年-153km14.80万円
2020-03-26ホンダ ジョルノ2018年-4705km13.00万円
2020-03-26ホンダ ジョルノ2019年-146km15.80万円
2020-03-26ホンダ ジョルノ AF77型2016年-6657km13.80万円
2020-03-26ホンダ ジョルノ2016年-236km14.80万円
2019-12-19ホンダ ジョルノ2011年-4604km12.00万円
2019-12-19ホンダ ジョルノ2019年-2573km13.80万円
2019-04-25ホンダ ジョルノ2011年-320km13.50万円
2017-08-13ホンダ ジョルノ年式不明シルバー3140km3.48万円
2017-08-13ホンダ ジョルノブラウンM9504km14.31万円
2017-04-14ホンダ ジョルノブラウンM5706km9.80万円
2017-04-14ホンダ ジョルノ1997年ホワイトII2362km5.00万円
2017-04-14ホンダ ジョルノ アズキブラウン2011年ブラウン6899km13.47万円
2017-01-06ホンダ ジョルノ ワンオーナー車2013年ホワイト5930km11.50万円
2017-01-06ホンダ ジョルノ AF77型 アイドリングストップ機能 シガーソケット付2015年パールマーメイドブルー75km12.94万円
2019-10-31ホンダ ジョルノDX フルノーマル AF70型2014年-9082km11.00万円
2019-10-31ホンダ ジョルノDX フル整備済み 消耗品オール新品 Quickカスタム1996年-5670km12.98万円
2019-04-17ホンダ ジョルノDX バッテリー新品--km6.90万円
2019-04-17ホンダ ジョルノDX年式不明-13138km12.80万円
2019-04-17ホンダ ジョルノDX2011年-14959km9.69万円
2018-04-25ホンダ ジョルノDX2014年-7500km9.00万円
2018-04-25ホンダ ジョルノDX2015年-5155km11.34万円
2017-08-28ホンダ ジョルノDX    2サイクル  後期型グレー488km7.77万円
2017-06-26ホンダ ジョルノDX アズキブラウンメタリック・パールコットンアイボリーブラウンII3km12.60万円
2017-06-26ホンダ ジョルノDXシルバーII7649km4.20万円
2017-01-10ホンダ ジョルノDX 消耗品オール新品 Quickカスタムブラック/レッド/イエロー-km9.99万円
2017-01-10ホンダ ジョルノDXブラウン7328km10.90万円
2017-01-10ホンダ ジョルノDX タイヤベルト他消耗品フルチェンジシルバーM8900km10.59万円
2017-01-10ホンダ ジョルノDX年式不明レッドII-km2.90万円
2017-01-10ホンダ ジョルノDX ノーマルモデル2011年ピンク8578km9.98万円
2020-04-04ホンダ ジョルノSP2019年-720km15.80万円
2020-04-04ホンダ ジョルノSP eSPエンジン搭載 現行モデル FRタイヤ新品2019年-4574km19.07万円
2019-09-27ホンダ ジョルノSP2019年-2km17.80万円

 

ホンダ ジョルノ買取価格の事例

 

ジョルノを売った月 2020年07月
年式 2011年(平成23年)
カラー 不明
走行距離 60km
買取価格 34000円

ジョルノを売った月 2020年04月
年式 2011年(平成23年)
カラー 不明
走行距離 14903km
買取価格 34000円

ジョルノを売った月 2020年04月
年式 2016年(平成28年)
カラー 不明
走行距離 4698km
買取価格 74000円

ホンダ ジョルノを売った月 2019年10月
年式 2012年(平成24年)
カラー 不明
走行距離 19489km
買取価格 43000円

ジョルノを売った月 2019年05月
年式 不明
カラー 不明
走行距離 4732km
買取価格 38000円

ジョルノを売った月 2019年05月
年式 不明
カラー 不明
走行距離 6696km
買取価格 44000円

ジョルノを売った月 2019年01月
年式 2011年(平成23年)
カラー 不明
走行距離 4557km
買取価格 55000円

ジョルノを売った月 2018年02月
年式 2015年(平成27年)
カラー 不明
走行距離 4406km
買取価格 14000円

ジョルノを売った月 2016年10月
年式 2012年(平成24年)
カラー 
走行距離 3663km
買取価格 54000円

ジョルノを売った月 2016年05月
年式 2013年(平成25年)
カラー 
走行距離 2381km
買取価格 84000円

 

ここでの買取価格の事例は「年式、走行距離、カラー」しかわからないので実際のバイクの状態(外装の傷、消耗品の状態、カスタムなど)の情報は、わかりません。事故車の可能性もあります。ですから実際は、同じ年式、同じくらいの走行距離でも全然違う査定額になることは、よくあります。あくまでも参考程度にしておきましょう。

 

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト