ズーマーとクレアスクーピーの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

ズーマーとクレアスクーピーの違いを比較

 

ホンダ ズーマーの歴史

2001年6月1日に新登場。 型式は、BA-AF58
エイプに続くNプロジェクトの第2弾として発売。主に個性を主張する若者をターゲットとし、スクーター特有のプラスチックカバーがないネイキッドスタイルや前後極太タイヤやデュアルヘッドライトなどが特徴。
2002年3月8日に特別・限定仕様「スペシャル」を3000台限定で発売。
2003年1月10日にカラーチェンジ。
2003年5月30日にカラー追加。
2003年12月20日にマイナーチェンジ。
メインキーとキーシリンダーのシャッターオープン用マグネットキーを一体化し、使い勝手がよくなった。
2004年7月2日に限定仕様「スペシャルカラー」を1500台限定で発売。
2005年10月29日にカラーチェンジ。
2006年7月20日に特別・限定仕様「スペシャルエディション」を期間限定受注で発売。
2007年10月5日にマイナーチェンジ。 型式は、JBH-AF58
新たに電子制御燃料噴射システムを搭載し、排出ガスのクリーン化、スムーズな走り、始動性向上を実現。ウインカープッシュキャンセラーも新採用。
ズーマーの「BA-AF58」と「JBH-AF58」の違いの比較は、こちら。
2008年1月22日に特別・限定仕様「スペシャルエディション」を受注期間限定で発売。
2008年11月21日にカラーチェンジ。
2011年2月10日にカラーチェンジ。

2011年6月16日に特別・限定仕様「10thアニバーサリー」を受注期間限定で発売。
2012年2月10日にカラーチェンジ。
2017年8月31日をもって生産終了。

 

 

ホンダ クレアスクーピーの歴史

2001年1月26日に「クレアスクーピー」と「クレアスクーピー・i」が新登場。型式は、BA-AF55
ファッションスクーターとして発売。エンジンは、1999年6月発売の「ジョルノクレア」用に新開発したモジュール・エンジンをベースに軽量・コンパクト化と低燃費を実現した水冷・4ストローク50ccエンジンを搭載。「クレアスクーピー・i」の専用装備は、多機能デジタル式コミュニケーションメーターの搭載とアイドル・ストップシステムを採用。
2001年8月8日に限定カラーの「クレアスクーピースペシャル」と「クレアスクーピー・iスペシャル」を発売。
2002年1月18日に「クレアスクーピー」と「クレアスクーピー・i」に新色を追加。
2002年1月22日に限定カラーの「クレアスクーピースペシャル」と「クレアスクーピー・iスペシャル」を発売。
スペシャルモデルは、千鳥格子柄にオレンジ(クレアスクーピー)とブラック(クレアスクーピー・)の2タイプを設定。
2002年7月25日に限定カラーの「クレアスクーピースペシャル」を発売。
車体色に高級感を高めた「パールシーシェルホワイト」を基調としシートにブラウン系のツートーンカラーを採用。
2003年1月22日に限定カラーの「クレアスクーピースペシャル」を発売。
車体色に「キャンディーグレイスフルレッド」を基調としミラーにクロームメッキを施した。
2003年1月31日に「クレアスクーピー」と「クレアスクーピー・i」に新色を追加。
2003年7月1日に限定カラーの「クレアスクーピー」を追加。
車体色に「パールスペンサーブルー」と「アクアピンクメタリック」の2色を設定。ツートーンカラーのシートとクロームメッキを施したミラーを採用。
2004年1月20日に「クレアスクーピー」と「クレアスクーピー・i」をマイナーチェンジ。
車体ロゴマークを一新。
2005年1月18日に「クレアスクーピー」と「クレアスクーピー・i」をカラーチェンジ。また限定仕様の「クレアスクーピー・スペシャル」を発売。

「クレアスクーピー・スペシャル」は、ベースの「クレアスクーピー」にシルバーメッキを施したメーターカバーと左右のバックミラーと専用のメーターパネルを採用。車体色は、「ピュアブラック」と「ペンギングレー」のツートーンで「ピュアブラック」のシートにシルバーのパイピングを施し、前後ホイールもブラックとした。
2007年1月22日に限定仕様の「クレアスクーピー・スペシャル」を発売。
2007年1月22日にグロスカムフラージュパターンを発売。クラシカルホワイトの車体にグレイを基調としたカムフラージュパターン。ブラックとダークグレイのツートーンシートの採用し、前後ホイールとベルコンカバーは、ブラック。バックミラーにメッキを施した。2007年3月6日にハイビスカスパターンを発売。クラシカルホワイトの車体にピンクの色調でハイビスカスをあしらった。ダークブラウンとライトブラウンのツートーンシート。バックミラーにメッキを施した。
2007年10月5日に「クレアスクーピー」をマイナーチェンジ。型式は、JBH-AF55
エンジンは、電子制御燃料噴射システム(PGM-FI)を搭載。PGM-FIとキャタライザー(触媒装置)の採用で平成18年国内二輪車排出ガス規制に適合。4ストローク特有の力のある滑らかな走りを実現し、燃費は従来モデルより約2%向上し、CO2も低減。ウインカープッシュキャンセラーを採用。後輪上部に位置する左右のサイドカバーに「Crea SCOOPY」の新しいロゴマークを配した。新たにスタンダードとデラックスの2タイプを設定。デラックスタイプ専用の装備としては、メッキ塗装のバックミラーとツートーンのカラーの車体とシート。
クレアスクーピーのキャブとFIの違いは、こちら。
2007年10月に「クレアスクーピー・i」が販売終了。
2008年2月22日に限定カラーの「クレアスクーピー・スペシャル」を発売。
ツートーンの車体色が2色。ピュアブラックを主体色としたプライマリーレッドとのツートーンとマットアクシスグレーメタリックを主体色としたペンギングレーとのツートーン。それぞれレッドとグレーのパイピングを施し、銀メッキのマフラープロテクターを採用し、サイドカバーにスペシャルモデル専用の車名ロゴを配した。シートは、異なる表皮パターンを採用したツートーンシート。
2008年11月21日に「クレアスクーピー」と「クレアスクーピー・デラックス」をカラーチェンジ。
2010年02月18日に「クレアスクーピー」のカラーチェンジ。
高級感のあるメッキ仕上げのバックミラーを採用し、パイピングを施したシートを採用。ハンドルグリップの色をそれぞれの車体色にあわせた。
2011年に「クレアスクーピー」が生産終了。
2011年に復活販売のジョルノと入れ替わる形で日本仕様の生産終了。

 

 

 

ここでは、まず最初に
2001年6月1日発売のホンダ ズーマー(BA-AF58)と
2001年1月26日発売のホンダ クレアスクーピー(BA-AF55)
の違いを比較しました。

 

 

ズーマーとクレアスクーピーのスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

ズーマー

クレアスクーピー

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

BA-AF58

BA-AF55

発売日

2001年6月1日

2001年1月26日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1860

1695

全幅 (mm)

735

625

全高 (mm)

1025

1000

ホイールベース (mm)

1265

1190

最低地上高(mm)

145

115

シート高 (mm)

735

710

乾燥重量 (kg)

79

72

車両重量 (kg)

84

77

最小回転半径(m)

1.9

1.8

乗車定員(名)

1

1

燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)

75

75

原動機型式

AF55E

AF55E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

49

49

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

-

2

内径(シリンダーボア)(mm)

38

38

行程(ピストンストローク)(mm)

44

44

圧縮比(:1)

12

12

最高出力(kW)

3.6

3.6

最高出力(PS)

4.9

4.9

最高出力回転数(rpm)

8000

8000

最大トルク(N・m)

4.5

4.5

最大トルク(kgf・m)

0.46

0.46

最大トルク回転数(rpm)

7000

7000

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

NVK00C

NVK00A

燃料タンク容量 (L)

5

5

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8EH-9

CR8EH-9

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

-

バッテリー容量

12V-6Ah

-

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.7

0.7

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.6

0.6

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

変速機・操作方式

自動変速

-

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

26.3

26°30´

トレール量 (mm)

75

72

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

120/90-10

90/90-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

54

50

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/90-10

90/90-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

59

50

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

-

ホイールリム幅(前)

3

2.15

ホイールリム形状(後)

MT

-

ホイールリム幅(後)

3

2.15

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.75

1.25

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

1.75

2

ヘッドライト定格(Hi)

15W/15W

-

ヘッドライトタイプ(Hi)

PH7

-

テールライト定格(制動/尾灯)

10/5W

-

メーカー希望小売価格

189,000円

159,000円

 

ズーマー(JBH-AF58)とクレアスクーピー(JBH-AF55)の違いを比較

 

 

ズーマー(JBH-AF58)とクレアスクーピー(JBH-AF55)の違いを比較

 

 

エンジンは、ズーマーもクレアスクーピーも同じだよ。

 

 

女は、クレアスクーピー。
男は、ズーマー。

 

 

ノーマルのクレアスクーピーに乗る機会があったけど、俺のマフラー替えたズーマーより中速の伸びが良かった。音は、小さかったけど。

 

 

車両重量の差で出足も加速もクレアスクーピーの方がいい。

 

 

 

ズーマーの良さは、ワイルドでかっこいい。見え目重視だからデカくて重いから遅いし、取り回しが劣る。クレアスクーピーは、かわいい見た目でスタイルも良いでも質感が安っぽい。メットインが22Lあって大きい。エンジンは、共通なんでデザインと用途で選べばいい。

 

 

ヤフオクで相場より安いからズーマー買ったら、見た目はズーマーなのにフレームがクレアスクーピーだった。ちなみに事故ってバイク屋でわかった。バイク屋の話しでは、ズーマーを始めクレアスクーピー、ジョルノなどのバイクは、フレームが前後で2分割出来て、前の部分が前途の車種と全く共通らしい。ズーマーは、AF58だけど俺がヤフオク買ったのは、AF55のフレームを使ったニコイチらしい。安いのは、ズーマーは、要注意。オークションでもAF58フレームは、40000円くらい。AF54?57などのフレームは、6000円?と安い。

 

 

俺は、クレアスクーピーとズーマー持ってるけど、実際ばらしてみればわかるけど、クレアスクーピーからズーマーに変身させようと思ったらメインフレームとエンジン本体以外に共通部品はない。Fステムは幅広だし、ハンドルポストも別物。ブレーキワイヤー周りも別物。駆動系ケースもロングだし、ハーネスやCDIも別物。燃料タンクのセンサーも違う。リアフレーム一式も必要だし、Fカウルやステーも揃えなければいけない。

 

 

スクーピーとジョルノクレアとズーマーのフレームは、ぱっと見で形は変わらない。でもズーマーのフレームだけ人気が高くて、高値で取引されている。だから盗難車や事故車のズーマーのフレームだけを安いフレームと交換して、オークションとかで売る人がいる。

 

 

 

次に
2007年10月5日発売のホンダ ズーマー(JBH-AF58)と
2007年10月5日発売のホンダ クレアスクーピー(JBH-AF55)
の違いを比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

ズーマー

クレアスクーピー

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

型式

JBH-AF58

JBH-AF55

発売日

2007年10月5日

2007年10月5日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1860

1695

全幅 (mm)

735

625

全高 (mm)

1025

1000

ホイールベース (mm)

1265

1190

最低地上高(mm)

145

115

シート高 (mm)

735

710

車両重量 (kg)

87

79

最小回転半径(m)

1.9

1.8

乗車定員(名)

1

1

燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)

75

76.5

原動機型式

AF69E

AF69E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

49

49

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

-

2

内径(シリンダーボア)(mm)

37.8

37.8

行程(ピストンストローク)(mm)

44

44

圧縮比(:1)

12

12

最高出力(kW)

3.1

3.2

最高出力(PS)

4.2

4.4

最高出力回転数(rpm)

8500

8000

最大トルク(N・m)

4

4

最大トルク(kgf・m)

0.41

0.41

最大トルク回転数(rpm)

5500

6000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

4.8

4.8

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8EH-9

CR8EH-9

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

-

バッテリー容量

12V-6Ah

-

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.7

0.7

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.6

0.6

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

変速機・操作方式

自動変速

-

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

26.3

26°30

トレール量 (mm)

75

72

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

120/90-10

90/90-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

57

50

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/90-10

90/90-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

61

50

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

-

ホイールリム幅(前)

3

2.15

ホイールリム形状(後)

MT

-

ホイールリム幅(後)

3

2.15

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.75

1.25

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

1.75

2

ヘッドライト定格(Hi)

15W/15W

40W/40W

ヘッドライトタイプ(Hi)

PH7

-

テールライト定格(制動/尾灯)

12V-10/5W

-

メーカー希望小売価格

236,250円

199,500円

 

ズーマー(JBH-AF58)とクレアスクーピー(JBH-AF55)の違いを比較

 

ズーマー(JBH-AF58)とクレアスクーピー(JBH-AF55)の違いを比較

 

 

クレアスクーピーの良い点は、デザインがかわいいのと、22リットルのそれなりに荷物が入るメットインがあること。あとアイドリングオフの機能も付いてる。悪い点は、ズーマーよりカスタムパーツが少ないから、イジりたい人は、ズーマーの方がいい。ズーマーの良い点は、無骨なデザインがかっこいいのと、外観を変えられるパーツが沢山あること。悪い点は、クレアスクーピーに比べて荷物が積めないのと、ボアアップするのが難しいことかな。

 

ズーマーとクレアスクーピーの中古車価格と買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト