エイプ50とエイプ50タイプDの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

エイプ50とエイプ50タイプDの違いを比較

 

ホンダ エイプ50の歴史

2001年2月15日に「エイプ50」と「エイプ50デラックス」が新登場。型式は、BA-AC16
エイプ(ソリッドタイプ)の車体色は、2色(クラシカルホワイト、ファイティングレッド)。エイプ・デラックス(ストライプタイプ)の車体色は、1色(ブラック)でストライプ部分にクリアー塗装を施し、ハンドルにクロームメッキを施した。
2002年1月22日に「エイプ・スペシャル」を限定発売。
特徴は、1982年発売のXL250Rパリ・ダカールをイメージしたトリコロールカラーのタンク。黒のシリンダーヘッドカバーとクランクケースカバー。赤のフレーム、フェンダー、サイドカバー。車体色は、1色(ファイティングレッド×バーニッシュブルー)。3.000台限定で発売。
2002年2月15日に「エイプ50」をカラーチェンジ。
車体色は、スタンダードタイプが1色(クラシカルホワイト ※フレームは、ブラック)。また、燃料タンクを7色、フレームを3色、フェンダー・サイドカバー・ヘッドライトまわりのセットを2色の組み合わせを選べるカラーオーダープランを採用。 デラックスは、廃止。
2003年1月31日に「エイプ50デラックス」をタイプ追加。
特徴は、ヘッドライト、ハンドル、トップブリッジがメッキパーツ。クランクケース、シリンダーヘッドカバー、フロントフォークボトムケースにバフがけ。ホイールがシャンパンゴールド。タンクロゴにウイングマークを採用。車体色は、1色(ブラック)。
エイプ50とエイプ50デラックスの違いの比較は、こちら。
2004年1月30日に「エイプ」をカラーチェンジ。
車体色は、エイプが2色(リバーサイドブルー、クラシカルホワイト)。エイプ50デラックスが1色(ブラック)。カラーオーダープランを新たに15タイプ設定。
2005年10月29日に「エイプ」と「エイプ・デラックス」をカラーチェンジ。
車体色は、エイプが3色(プラズマイエロー、クラシカルホワイト、リバーサイドブルー)。エイプ50デラックスが2色(シャスタホワイト、ブラック)。エイプ50デラックスは、燃料タンクのロゴが「Hondaウイングマーク」から「HONDA」に変更、サイドカバーにもストライプを施した。カラーオーダープランは、廃止された。
2006年12月20日に「エイプ50」と「エイプ50デラックス」をカラーチェンジ。
車体色は、エイプが3色(ファイティングレッド、グラファイトブラック、クラシカルホワイト)。エイプ50デラックスが2色(シャスタホワイト、プラズマイエロー)。エイプ50デラックスは、燃料タンクとサイドカバーにツートーンのカラー。シャスタホワイトのフレームは、ファイティングレッド。プラズマイエローのフレームは、ブラック。どちらのカラーもシートがブラックとグレーのツートーン。前後ホイールがブラック。
2007年12月7日に「エイプ50」と「エイプ50デラックス」をマイナーチェンジ。型式は、JBH-AC16

新たに電子制御燃料噴射システム(PGM-FI)とキャタライザーを採用し、平成18年国内二輪車排出ガス規制に適合。点火方式をフルトランジスタ式バッテリー点火へ変更。従来モデルから最高出力・最大トルクは変わらず、発生回転数がそれぞれ「7,500rpm→8,000rpm」・「6,500rpm→6,000rpm」へ変更。燃費が90→93km/Lに3.0km/L向上し、寒冷時の始動が容易となり、走りもスムーズになった。車体色は、エイプが3色(シャイニーオレンジ、クラシカルホワイト、グラファイトブラック)。エイプ50デラックスが2色(クラシカルホワイト、グラファイトブラック)。
エイプ50のギャブとFIの違いの比較は、こちら。
2008年1月21日に「エイプ50スペシャル」を限定発売。
車体色は、1色(キャンディーブレイズオレンジ)。往年の名車「ドリームCB750FOUR」をイメージさせるモデルでクロームメッキヘッドライトカバー、クロームメッキハンドル、専用サイドカバーマークなどを装備。受注期間限定・最大1000台で発売。
2008年11月20日に「エイプ50」をカラーチェンジ。
エイプ50の車体色は、3色(リバーサイドブルー、クラシカルホワイト、グラファイトブラック)。
2008年11月20日に「エイプ50TypeD」をタイプ追加。型式は、JBH-AC18
「エイプ50TypeD」は、「エイプ50」に前後のブレーキを油圧式ディスクに変更したモデル。「エイプ50デラックス」は、廃止となった。その後モデルチェンジやカラーチェンジもないまま、この2008年モデルの「エイプ50」と「エイプ50TypeD」が最終モデルとして販売が継続された。
2014年04月に消費税変更に伴い、価格変更を行った。
2017年8月31日で生産終了となった。
2016年7月1日に施行された欧州Euro4とWMTCを参考とした規制値、平成28年排出ガス規制をクリアすることが難しく、平成24年規制に基く継続生産車である本モデルは、生産終了。

 

 

ここでは、
2008年11月20日発売のホンダ エイプ50(型式 JBH-AC16)と
2008年11月20日発売のホンダ エイプ50 タイプD(型式 JBH-AC18)
の違いを比較しました。

 

 

エイプ50とエイプ50タイプDのスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

エイプ50

エイプ50タイプD

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

タイプ追加

型式

JBH-AC16

JBH-AC18

発売日

2008年11月20日

2008年11月20日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1710

1710

全幅 (mm)

770

780

全高 (mm)

970

970

ホイールベース (mm)

1185

1185

最低地上高(mm)

155

155

シート高 (mm)

715

715

車両重量 (kg)

84

82

最小回転半径(m)

1.9

1.9

乗車定員(名)

1

1

燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)

93

93

原動機型式

AC16E

AC16E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

49

49

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

内径(シリンダーボア)(mm)

42

42

行程(ピストンストローク)(mm)

35.6

35.6

圧縮比(:1)

9.2

9.2

最高出力(kW)

2.7

2.7

最高出力(PS)

3.7

3.7

最高出力回転数(rpm)

8000

8000

最大トルク(N・m)

3.6

3.6

最大トルク(kgf・m)

0.37

0.37

最大トルク回転数(rpm)

6000

6000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

5.5

5.5

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

511.5

511.5

エンジン始動方式

キックスターター式

キックスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR6HSA

CR6HSA

搭載バッテリー・型式

FTZ3

FTZ3

バッテリー容量

12V-2.5Ah10HR

12V-2.5Ah10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.9

0.9

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.8

0.8

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

1次減速比

4.437

4.437

2次減速比

3.285

3.285

変速比

1速 3.082/2速 1.881/3速 1.399/4速 1.129/5速 0.959

1速 3.082/2速 1.881/3速 1.399/4速 1.129/5速 0.959

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

46

46

チェーンサイズ

420

420

標準チェーンリンク数

110

110

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

28.3

28.3

トレール量 (mm)

89

89

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

タイヤ(前)

120/80-12

120/80-12

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

55

65

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

120/80-12

120/80-12

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

55

65

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.5

2.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

2.5

2.75

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.75

1.75

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

1.75

1.75

ヘッドライト定格(Hi)

30W/30W

30W/30W

ヘッドライトタイプ(Hi)

PH7

PH7

テールライト定格(制動/尾灯)

10/5W

10/5W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

262,500円(消費税抜き本体価格 250,000円)
リバーサイドブルー、
クラシカルホワイト、
グラファイトブラック

309,750円(消費税抜き本体価格 295,000円)
デジタルシルバーメタリック×バイブラントオレンジ、
グラファイトブラック×キャンディーフェニックスブルー

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計5,000台(「エイプ50」と「エイプ50 Type D」の合計)

 

エイプ50とエイプ50タイプDの違いを比較
エイプ50とエイプ50タイプDの外観のサイドの違いを比較

 

エイプ50とエイプ50タイプDの違いを比較

 

 

2008年11月20日にタイプ追加された「エイプ50タイプD」の専用装備

 

  • 「エイプ50」をベースに前後輪にコントロール性に優れた油圧式ディスクブレーキと、6本スポークのアルミ製のキャストホイールを採用し、一段とスポーティーなイメージとした。
  •  

  • 車体色は、デジタルシルバーメタリックとバイブラントオレンジ、グラファイトブラックとキャンディーフェニックスブルーの2タイプのツートーンを設定。それぞれ燃料タンクとサイドカバーに斬新なストライプを採用。
  •  

  • シートは、ブラックとグレーのツートーンタイプとした。
  •  

  • エンジンに精悍なマットグレー塗装を施した、クランクケースカバーとシリンダーヘッドカバーを採用。

 

 

 

2008年11月20日発売のエイプ50とエイプ50タイプDのスペックの違う部分

 

●タイプグレード名
エイプ50 → エイプ50タイプD

 

●モデルチェンジ区分
カラーチェンジ → タイプ追加

 

●型式
JBH-AC16 → JBH-AC18

 

●全幅 (mm)
770 → 780

 

●車両重量 (kg)
84 → 82

 

●ブレーキ形式(前)
機械式リーディングトレーリング → 油圧式ディスク

 

●ブレーキ形式(後)
機械式リーディングトレーリング → 油圧式ディスク

 

●タイヤ(前)荷重指数
55 → 65

 

●タイヤ(後)荷重指数
55 → 65

 

●ホイールリム幅(後)
2.5 → 2.75

 

●メーカー希望小売価格
262,500円(税抜き本体価格 250,000円) → 309,750円(税抜き本体価格 295,000円)

 

●カラーバリエーション
リバーサイドブルー、クラシカルホワイト、グラファイトブラック → デジタルシルバーメタリック×バイブラントオレンジ、グラファイトブラック×キャンディーフェニックスブルー

 

 

エイプ50は、ドラムブレーキなので限界走行をした時にブレーキの効きがあまり良くないです。そのためディスクブレーキ化するカスタムが流行りました。でもドラムブレーキをディスクブレーキにする場合は、多くの部品を交換が必要で結構お金がかかります。

 

そこで最初からディスクブレーキが装備されたエイプ50タイプDが発売されました。無印のエイプ50との価格差は、約47000円。しかし、ドラムブレーキをディスクブレーキに変更するカスタムなら10万〜20万円ぐらいかかるのでかなりお得です。

 

 

ライトチューンやライトカスタム程度ならエイプ50タイプD。
足回りをカスタムしたければエイプ50がおすすめ。

 

エイプ50とエイプ50タイプDの中古車価格と買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト