ジャイロXとジャイロキャノピーの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

ジャイロXとジャイロキャノピーの違いを比較

 

ホンダ ジャイロX

1982年10月14日に「ジャイロX」が新登場。型式は、TD01
1981年11月に発売のストリームに続く、スリーホイールの新感覚乗り物「スリーター」の第2弾モデル。49ccの空冷2ストロークエンジンを搭載。後輪はダブルで不整地や雪道など、不安定な路面でも走ることを可能にした。
1983年10月29日に「ジャイロX」をマイナーチェンジ。
フロントにもキャリアを標準装備。前輪ホイールが8インチから10インチに変更。グリップヒーターをオプション設定。
1989年12月19日に「ジャイロX」をマイナーチェンジ。型式は、A-TD01
エンジンの燃焼室形状や変速比を変更し、発進の力強さと低速域の粘り強さを向上。リアキャリアの取り付け部やフレームなどの強度、耐久性を向上。グリップヒーター装着車を設定。
ジャイロXの「TD01」と「A-TD01」の違いの比較は、こちら。
1992年6月19日に「ジャイロX」をカラーチェンジ。
車体色にシャスタホワイトを採用。
1993年12月3日に「ジャイロX」をカラーチェンジ。
汚れが目立たないようにシート、リアフェンダーなどを薄いブルーに変更。
1999年12月16日に「ジャイロX」をマイナーチェンジ。型式は、BB-TD01
排気管内で未燃焼ガスを再燃焼させる二次エア導入装置などを採用し、排出ガス規制に適合。バリエーションは、スタンダードタイプとグリップヒーター標準装備タイプの2タイプを設定。
ジャイロXの「A-TD01」と「BB-TD01」の違いの比較は、こちら。
2002年6月28日にマイナーチェンジした「ジャイロXスタンダード」と「ジャイロXベーシック」を発売。
車体色にレッドを追加。ホワイトと合わせて2色設定に。従来通りのウインドスクリーン及び前後のキャリアを装備したモデルは、ジャイロXスタンダードの名称となり、ウインドスクリーンとリアキャリアを省略し、価格を抑えたモデルとして、ジャイロXベーシックを新設定。

ジャイロXスタンダードとジャイロXベーシックの違いの比較は、こちら。
2008年3月27日に「ジャイロXスタンダード」と「ジャイロXベーシック」をフルモデルチェンジ。型式は、JBH-TD02
平成18年排出ガス規制の対応のため、これまでの2ストロークエンジンから4ストロークエンジンに変更。同時にキャブレターからフューエルインジェクションに変更。リアホイールサイズを従来の6インチから8インチに拡大。
ジャイロXスタンダードの「BB-TD01」と「JBH-TD02」の違いの比較は、こちら。
2017年9月22日に「ジャイロXスタンダード」と「ジャイロXベーシック」をマイナーチェンジ。型式は、2BH-TD02
平成28年排出ガス規制に適合。排出ガスの異常を警告する車載故障診断装置などを搭載。また、メンテナンス性を向上させるため、リアフェンダー左側にエンジンオイルの点検窓(開閉式)を設置。
ジャイロXスタンダードの「JBH-TD02」と「2BH-TD02」の違いの比較は、こちら。

 

 

ホンダ ジャイロキャノピー

1990年12月1日に「ジャイロキャノピー デッキタイプ」と「ジャイロキャノピー ワゴンタイプ」が新登場。型式は、A-TA02
ジャイロキャノピーは、雨天走行にも便利なルーフ一体式大型風防を装備したファッショナブルな三輪ビジネスバイク。49ccの空冷2ストローク単気筒エンジンを搭載。デッキタイプは、幅広い用途に対応するフラットな荷台を持つタイプ。ワゴンタイプは、容量62Lのキー付きリアトランクを備えたタイプ。
1993年4月15日に「ジャイロキャノピー デッキタイプ」と「ジャイロキャノピー ワゴンタイプ」をマイナーチェンジ。
低・中回転域での出力特性を向上させ、変速比を変更した無段変速機構との組み合わせた。屋根の形状・材質を変更し強度向上。ワゴンタイプのトランクに開閉ダンパーを装着。
1996年9月21日に「ジャイロキャノピー デッキタイプ」と「ジャイロキャノピー ワゴンタイプ」をマイナーチェンジ。
屋根部分の材質を変更し強度を高め、屋根の色をブラックからグレーへ変更。ロゴマークのカラーがレッドからグリーンへ変更。マフラーのテールキャップ部を溶接固定タイプから着脱タイプに変更。
1999年10月20日に「ジャイロキャノピー デッキタイプ」と「ジャイロキャノピー ワゴンタイプ」をマイナーチェンジ。型式は、BB-TA02
排出ガス規制に適合させるため、二次エア導入装置などを採用。
2002年6月28日に「ジャイロキャノピー デッキタイプ」と「ジャイロキャノピー ワゴンタイプ」をカラーチェンジ。
標準色のシャスタホワイトに加えて、5色のカラーオーダープランを採用。デッキタイプは、フロントカバーを5色(ブラック、ファイティングレッド、レインボーブルー、クリッパーイエロー、クロームオレンジ)から選べた。ワゴンタイプは、フロントカバーとリアボックスを5色(ブラック、ファイティングレッド、レインボーブルー、クリッパーイエロー、クロームオレンジ)から選べた。
2008年3月27日にフルモデルチェンジして「ジャイロキャノピー」を発売。型式は、JBH-TA03
平成18年排出ガス規制に適合するため、エンジンを水冷4ストローク4バルブSOHC単気筒のTA03E型へ変更し、キャブレターからフューエルインジェクションになった。リアホイールサイズが6インチから8インチに拡大。このモデルからワゴンタイプの設定がなくなった。
2017年9月15日に「ジャイロキャノピー」をマイナーチェンジ。型式は、2BH-TA03
平成28年排出ガス規制に適合。排出ガスの異常を警告する車載故障診断装置などを搭載。リアフェンダー左側にエンジンオイルの点検窓(開閉式)を設置。

 

 

ここでは、まず最初に
1989年12月19日発売のホンダ ジャイロX(A-TD01)と
1990年12月1日発売のホンダ ジャイロキャノピー(A-TA02)
の違いを比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

ジャイロX

ジャイロキャノピー デッキタイプ

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

新登場

型式

A-TD01

A-TA02

発売日

1989年12月19日

1990年12月1日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1635

1895

全幅 (mm)

640

650

全高 (mm)

1405

1680

ホイールベース (mm)

1155

1410

最低地上高(mm)

105

85

シート高 (mm)

715

690

乾燥重量 (kg)

88

121

車両重量 (kg)

93

128

最小回転半径(m)

1.7

2

乗車定員(名)

1

1

燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)

51.2

38.3

原動機型式

TA01E

TA01E

原動機種類

2ストローク

2ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

49

49

内径(シリンダーボア)(mm)

40

40

行程(ピストンストローク)(mm)

39.3

39.3

圧縮比(:1)

6.9

7

最高出力(PS)

4.5

5.3

最高出力回転数(rpm)

6500

7000

最大トルク(kgf・m)

0.54

0.57

最大トルク回転数(rpm)

4500

6500

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料タンク容量 (L)

5

7.3

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

256

279.5

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

BR4HSA

BR8HIX

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

-

YTZ7S

バッテリー容量

-

12V-6Ah

エンジン潤滑方式

分離給油(2スト)

分離給油(2スト)

2ストエンジンオイルタンク容量

1.3

1.2

クラッチ形式

乾式・多板

乾式・多板

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

変速機・操作方式

自動変速

自動変速

1次減速比

-

3.416

2次減速比

-

3.916

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

27°00

27°00

トレール量 (mm)

84

62

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

ボトムリンクフォーク

ボトムリンクフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

3.50-10

4.00-12

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

-

65

タイヤ(前)速度記号

-

J

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

5.40-6

130/90-6

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

-

63

タイヤ(後)速度記号

-

J

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

燃料計 有

燃料計 有

車両装備

パーキングブレーキ 有
キャリア 有

パーキングブレーキ 有

メーカー小売価格

200,000円

399,000円

販売計画台数(国内・年間)

7,000台

10,000台

 

ジャイロX(A-TD01)とジャイロキャノピー(A-TA02)の違いを比較

 

ジャイロXとジャイロキャノピーの違いを比較

 

 

ジャイロキャノピーは、電動ウォッシャー付ダブルリンク式ワイパー付きのウインドスクリーン(風防)とルーフを装備した屋根付の三輪ビジネスバイク。フロントカウルもジャイロXと異なる曲線基調のタイプとなり、ヘッドライトも1灯式から2灯式に変更され、新デザインの分離型2灯式(クリプトンバルブ・18/18W×2)を採用。タイプ設定は、大きな開口部をもつ容量62Lのキー付きトランクを装備した「ワゴンタイプ」とフラットな荷台形状の「デッキタイプ」の2タイプがある。

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
ジャイロX(A-TD01) 93kg | 4.5PS/6500rpm | 0.54kgf・m/4500rpm
ジャイロキャノピー(A-TA02) 128kg | 5.3PS/7000rpm | 0.57kgf・m/6500rpm

 

 

ジャイロXとジャイロキャノピーは、かなり車重が違う。

 

 

●シート高
ジャイロX(A-TD01) 715mm
ジャイロキャノピー(A-TA02) 690mm

 

 

●タンク容量
ジャイロX(A-TD01) 5L
ジャイロキャノピー(A-TA02) 7.3L

 

●燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)
ジャイロX(A-TD01) 51.2km/L
ジャイロキャノピー(A-TA02) 38.3km/L

 

●航続距離(30km/h走行時)
ジャイロX(A-TD01) 5L × 51.2km/L =256km
ジャイロキャノピー(A-TA02) 7.3L × 38.3km/L =279.59km

 

 

 

 

次に
2008年3月27日発売のホンダ ジャイロXスタンダード(JBH-TD02)と
2008年3月27日発売のホンダ ジャイロキャノピー(JBH-TA03)
の違いを比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

ジャイロXスタンダード

ジャイロキャノピー

モデルチェンジ区分

フルモデルチェンジ

フルモデルチェンジ

型式

JBH-TD02

JBH-TA03

発売日

2008年3月27日

2008年3月27日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1700

1895

全幅 (mm)

665

660

全高 (mm)

1405

1690

ホイールベース (mm)

1205

1410

最低地上高(mm)

85

85

シート高 (mm)

735

700

車両重量 (kg)

112

139

最小回転半径(m)

1.7

2

乗車定員(名)

1

1

燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)

59

54.5

原動機型式

TA03E

TA03E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

49

49

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

38

38

行程(ピストンストローク)(mm)

44

44

圧縮比(:1)

12

12

最高出力(kW)

3.4

3.4

最高出力(PS)

4.6

4.6

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

最大トルク(N・m)

4.4

4.4

最大トルク(kgf・m)

0.45

0.45

最大トルク回転数(rpm)

7000

7000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

4.7

6.8

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

277.3

370.6

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

ER8EH-N

ER8EH-N

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTZ7S

バッテリー容量

12V-6Ah10HR

12V-6Ah10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.6

0.6

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.49

0.49

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

乾式・多板

乾式・多板

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

変速機・操作方式

自動変速

自動変速

1次減速比

3.5

3.5

2次減速比

4.083

4.083

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

25°25

27°00

トレール量 (mm)

76

62

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

ボトムリンクフォーク

ボトムリンクフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

90/100-10

100/100-12

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

53

62

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/70-8

130/70-8

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

42

42

タイヤ(後)速度記号

L

L

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム幅(前)

2.15

2.5

ホイールリム幅(後)

4

4

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.5

1.75

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

1.25

1.75

ヘッドライト定格(Hi)

30W

18W

ヘッドライト定格(Lo)

30W

18W

テールライト定格(制動/尾灯)

18/5W

18/5W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

燃料計 有

燃料計 有

車両装備

パーキングブレーキ 有
キャリア 有

パーキングブレーキ 有

メーカー小売価格

379,050円

523,950円

販売計画台数(国内・年間)

ジャイロXシリーズ 4,000台

5,000台

 

ジャイロXスタンダード(JBH-TD02)とジャイロキャノピー(JBH-TA03)の違いを比較

 

ジャイロXスタンダードとジャイロキャノピーの違いを比較

 

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
ジャイロXスタンダード(JBH-TD02) 112kg | 4.6PS/7500rpm | 0.45kgf・m/7000rpm
ジャイロキャノピー(JBH-TA03) 139kg | 4.6PS/7500rpm | 0.45kgf・m/7000rpm

 

 

●シート高
ジャイロXスタンダード(JBH-TD02) 735mm
ジャイロキャノピー(JBH-TA03) 700mm

 

 

●タンク容量
ジャイロXスタンダード(JBH-TD02) 4.7L
ジャイロキャノピー(JBH-TA03) 6.8L

 

●燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)
ジャイロXスタンダード(JBH-TD02) 59km/L
ジャイロキャノピー(JBH-TA03) 54.5km/L

 

●航続距離(30km/h走行時)
ジャイロXスタンダード(JBH-TD02) 4.7L × 59km/L =277.3km
ジャイロキャノピー(JBH-TA03) 6.8L × 54.5km/L =370.6km

 

 

ジャイロXとジャイロキャノピーの利点と欠点は、はっきりしてる。ジャイロXの利点は、ジャイロキャノピーでは弱点で逆もまた然り。ジャイロXは車重が軽いので取り回しが楽。軽いので燃費も良いし、最高速度や加速が良い。ジャイロキャノピーは、車重が重いから乗ってて安定するし、疲れない。もちろん小雨とか気にならない。どちらが良いかはその人による。

 

 

ジャイロキャノピーは、夏場に日差しは軽減できるかもしれないけど、走行風を受けないのでその分暑いよ。

 

 

雨が嫌な人は、ジャイロキャビーナに乗ればいい。車あるならジャイロXでいいけど。

 

 

ジャイロXには、スポンジマットが付いてないけど、ジャイロキャノピーには付いてる。後期ジャイロXと後期ジャイロキャノピーはエンジン部分の構造がほとんど同じだから小石の跳ね上げとかの条件は同じと思けど、スポンジマットの有無の差は、なんでだろう?

 

 

街中走ってるとジャイロXよりジャイロキャノピーの方が見かける事が多い。

 

 

ヤクルト、郵便局は、ジャイロX。
ピザ屋、ALSOKは、ジャイロキャノピー。

 

 

ジャイロXとジャイロキャノピーを持ってて、一人で軽トラに積んだことあるけど、ジャイロXは結構余裕だったけど、ジャイロキャノピーはめちゃくちゃ大変だった。

 

ジャイロXとジャイロキャノピーの買取価格の相場

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト