ギアとギアCの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

ギアとギアCの違いを比較

 

ヤマハ ギアの歴史

1994年9月1日に「ギア」が新登場。また車体を持ち上げることなく直立したまま簡単にスタンドがけと解除ができる「ギア パーキングスタンド」も発売。型式は、A-4KN
初代ギア。オートマチックミッションのビジネススクーターとして登場。3AA型BW’S50に搭載のエンジンをベースとした50cc縦型シリンダー2ストロークを搭載。メットイン機構を採用せずにシート下は、9Lのガソリンタンクとした。接地面の広いパーキングスタンドやルーフ、リアトランクなどを仕様別に用意し、幅広いニーズに応えるべくラインナップを展開。車体色は、1色(ライトグレーソリッド4)。
ギアとギアパーキングスタンド仕様の違いの比較は、こちら。
1996年6月に「ギア」と「ギア パーキングスタンド」をマイナーチェンジ。また「ニュースギア」をタイプ追加。
サイドスタンドとパーキングロックを標準装備し、リアデッキの荷かけフックを追加し、シート形状を変更。オプション設定のグリップヒーターの取り付けを考慮して発電能力を高めた。車体色は、「ギア」が2色(ブルーイッシュブラックカクテル、ライトグレーソリッド4)。その他は、1色(ライトグレーソリッド4)。
1997年7月に「ニュースギア グリップウォーマー」をタイプ追加。
グリップヒーターを標準装備したモデル。車体色は、1色(ライトグレーソリッド4)。
1999年12月1日に「ギア」と「ギア パーキングスタンド」と「ニュースギア」と「ニュースギア グリップウォーマー」をマイナーチェンジ。型式は、BB-UA03J
2代目ギア。平成10年排出ガス規制の適合のため、排出ガス浄化システムを採用。分割設計マフラーを採用。リアブレーキのドラム径を110mmから130mmに拡大。傾斜した路面でも扱いやすい新型サイドスタンドを採用。車体色は、1色(ライトグレーソリッド4)。
2003年9月25日に特別・限定仕様の「ギア ブラックエディション」を期間限定で販売。
車体色は、1色(ブラックメタリックX)。
2004年8月5日にカスタム仕様の「ギアC」をタイプ追加。
ギアをベースに、クロムメッキを施したパイプハンドル、速度計・別体燃料計、化されたフロントフェンダー、ブラック塗装のアルミホイール&フロントフォークの採用し、インテリア&リアデッキのブラック化などを施してストリート感を強調したモデル。車体色は、2色(ブラックメタリックX、ビビッドレッドカクテル1)。
2005年9月30日に「ギア」と「ギアC」と「ギア パーキングスタンド」と「ニュースギア」をマイナーチェンジ。
フロントフォークアウターチューブの塗装色が変更された。車体色は、「ギアC」だけ2色(ブラックメタリックX、ビビッドレッドカクテル1)。他は、1色(ライトグレーソリッド4)。
2007年10月12日に「ギア」と「ニュースギア」をフルモデルチェンジ。型式は、JBH-UA06J

3代目ギア。生産を台湾山葉機車工業に移管。車体デザインは、フロントと荷台部分に大きな変更があり、新たにマルチリフレクタ式ヘッドライト、ヘッドライトステーを兼ねたフロントキャリアなどを採用。エンジンは、原付1種を対象にした平成18年排出ガス規制に適合するため、新型の水冷4ストロークF.I.採用オートマチックエンジンとなった。車体色は、1色(ホワイトソリッド6)。
2008年3月30日に「ギア パーキングスタンド」をフルモデルチェンジ。
「ギア」と「ニュースギア」に5ヶ月遅れで「ギア パーキングスタンド」もフルモデルチェンジ。
2015年5月25日に「ギア」と「ギア パーキングスタンド」と「ニュースギア」をマイナーチェンジ。型式は、JBH-UA07J
4代目ギア。燃料供給系に効率よい燃焼を促進させる「O2フィードバック制御」を新しく採用。約17%燃費が向上。エンジン出力や登坂時の性能も適正化。クランクシャフトなども変更されエンジン本体の信頼性が向上。サイドスタンドとニュースギアのリヤキャリアが形状変更。車体色は、1色(ホワイトソリッド6)。
2017年5月29日に「ギア」と「ギア パーキングスタンド」と「ニュースギア」をマイナーチェンジ。型式は、2BH-UA08J
平成28年排出ガス規制に適合し、型式が2BH-UA08Jに変更された。他にも車体の車名ロゴ色が変更された。車体色は、1色(ホワイトソリッド6)。

 

 

 

ヤマハ発動機(株)は、タフな走りとストリート感を強調するボディが特徴の原付1種スクーター「ギアBA50C」を2004年8月5日より新発売。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
1999年12月1日発売のヤマハ ギア(型式 BB-UA03J)と
2004年8月5日発売のヤマハ ギアC(型式 BB-UA03J)
の違いを比較しました。

 

 

ギアとギアCのスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

ギア

ギア C

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

新登場

型式

BB-UA03J

BB-UA03J

発売日

1999年12月1日

2004年8月5日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1850

1850

全幅 (mm)

650

630

全高 (mm)

1035

1045

ホイールベース (mm)

1270

1270

最低地上高(mm)

90

90

シート高 (mm)

720

739

乾燥重量 (kg)

84

84

車両重量 (kg)

94

94

最小回転半径(m)

1.8

1.8

乗車定員(名)

1

1

燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)

51

51

原動機型式

A120E

A120E

原動機種類

2ストローク

2ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

49

49

2スト・吸気形式

ピストンリードバルブ

ピストンリードバルブ

内径(シリンダーボア)(mm)

40

40

行程(ピストンストローク)(mm)

39.2

39.2

圧縮比(:1)

7.1

7.1

最高出力(kW)

3.7

3.7

最高出力(PS)

5

5

最高出力回転数(rpm)

6500

6500

最大トルク(N・m)

5.6

5.6

最大トルク(kgf・m)

0.57

0.57

最大トルク回転数(rpm)

6000

6000

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

Y14P

-

燃料タンク容量 (L)

9

9

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

459

459

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

BR7HS

BR7HS

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

GT4L-BS

GT4L-BS

バッテリー容量

12V-3Ah 10H

12V-3.2Ah

エンジン潤滑方式

分離給油(2スト)

分離給油(2スト)

2ストエンジンオイルタンク容量

1.4

1.4

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

変速機・操作方式

自動変速

自動変速

1次減速比

4

4

2次減速比

3.307

3.307

フレーム型式

パイプバックボーン

パイプバックボーン

キャスター角

26°00

26°00

トレール量 (mm)

78

78

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

90/90-12

90/90-12

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

44

44

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

110/90-10

110/90-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

51

51

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム幅(前)

-

2.15

ホイールリム形状(後)

-

MT

ホイールリム幅(後)

-

3

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.5

1.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

1.75

1.75

ヘッドライト定格(Hi)

30W/30W

30W/30W

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W

21W/5W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

燃料計 有

燃料計 有

車両装備

パーキングブレーキ 有
センタースタンド 有

センタースタンド 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

199,000円(税込本体価格)
ライトグレーソリッド4

209,475円(本体価格199,500円)
ブラックメタリックX(ブラック)、
ビビッドレッドカクテル1(レッド)

販売計画台数(国内・年間)

6,000台
ヤマハ ギアの年間販売計画台数の推移は、こちら。

3,000台

 

ギアとギアCの違いを比較

 

ギアとギアCの装備の違いを比較

 

ギアとギアCの違いを比較

 

 

「ギアBA50C」は、「ギアBA50」をベースにストリート感を強調したモデル。ベース車両となる「ギアBA50」は1994年9月1日から発売されたモデルで、トルクフルで扱い易いオートマチックエンジンや、丈夫な専用開発ボディや、積載量20kgを誇る大型リアデッキが特徴。ハードな業務用として幅広い支持を得ていましたがが、お客様のカスタム志向に応え製品化したのが「ギアBA50C」。

 

 

「ギアBA50C」の主な特徴

 

1.パイプハンドル採用。

 

2.メッキ仕上げの速度計・別体燃料計採用。

 

3.小型フロントフェンダー採用。

 

4.ブラック塗装のアルミホイール&フロントフォーク採用。

 

5.インテリア&リアデッキのブラック化。

 

 

ギアC(BA50C)は、ビジネススクーターのギア(BA50)をベースにした、メーカー仕立てのストリートカスタムバージョンとして2004年8月5日に発売。イメージとしては、マジェスティに対するマジェスティCと同じで、パイプハンドルの採用や、メッキ仕上げの速度計・別体燃料計、ショートタイプのフロントフェンダーなどを装備し、インテリアや大きなリアデッキやフロントフォークやアルミホイールなどをブラック塗装し、ストリート感を強調したモデル。49ccの空冷2スト単気筒エンジンをはじめとした車体構成は、ギア(BA50)と同じ。ギアC(BA50C)は、2006年モデルで、フロントフォークのアウターチューブ色(黒)をマット調に変更した。ビグスクのカスタムブームが、原付一種スクーターにも影響した数少ない例だった。

 

ギアとギアCの中古車価格と買取相場

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト