CBR125RとNinja250SLの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

CBR125RとNinja250SLの違いを比較

 

ホンダ CBR125Rの歴史

2013年6月17日に日本国内仕様が新登場。型式は、EBJ-JC50
主にヨーロッパ市場向けとして2004年モデルから販売。タイで製造するCBR150Rをベースに排気量の異なるエンジンを搭載。日本国内では輸入代理店などで並行輸入車として販売されていたが2013年6月17日から日本国内仕様を発売。水冷4ストロークOHC単気筒125ccエンジンを搭載したロードスポーツモデル。車両重量は、136kg。車体色は、2色(ロスホワイト、ブラック)の設定。
2015年に生産終了。

 

 

カワサキ Ninja250SLの歴史

2015年4月15日に新登場。型式は、JBK-BX250A
海外で2014年2月にNinja250SL(Ninja RR mono)を発表。当初は、マレーシア仕様、フィリピン仕様、中国仕様、タイ仕様と、インドネシア仕様となるNinja RR monoだけで日本向けの販売は無かったが2015年4月15日からNinja250SLとして日本仕様も正規輸入により発売。エンジンは、KLXシリーズに搭載されている単気筒エンジンを改良したもので高回転域寄りのセッティングで最高出力を向上。生産はタイ。車体色は2色(グリーンとレッド)。
2016年5月15日にマイナーチェンジ。
本体フレームへの溶接となっていたタンデムステップを固定するサブフレームが、Z250SLと同様のボルト接続となり取り外しが可能となった。車体色は1色(ブルーとエボニー)。
2016年5月15日に特別・限定仕様の「Ninja 250SL ABS KRT Edition」を発売。
2015年ワールドスーパーバイク選手権シリーズで戦うNinja ZX-10Rと同イメージのカラーリングを採用した「Ninja 250SL ABS KRT Edition」を発売。スタンダードモデルとの違いは、カラー&グラフィック、ABSの装備、装着タイヤの変更、ウィンドシールド(スモーク)の装着。
車体色は1色(ライムグリーン×エボニー)。

 

 

ここでは、
2013年6月17日発売のホンダ CBR125R(型式 EBJ-JC50)と
2015年4月15日発売のカワサキ Ninja250SL(型式 JBK-BX250A)
の違いを比較しました。

 

 

CBR125RとNinja250SLのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

CBR125R

Ninja 250SL

モデルチェンジ区分

新登場

マイナーチェンジ

型式

EBJ-JC50

JBK-BX250A

発売日

2013年6月17日

2016年5月15日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1985

1935

全幅 (mm)

710

685

全高 (mm)

1135

1075

ホイールベース (mm)

1310

1330

最低地上高(mm)

185

165

シート高 (mm)

793

780

車両重量 (kg)

136

149

最小回転半径(m)

2.5

2.4

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

52.5

43

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

-

31.3

原動機型式

JC39E

BX250AE

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

124

249

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

DOHC

気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

58

72

行程(ピストンストローク)(mm)

47.2

61.2

圧縮比(:1)

11

11.3

最高出力(kW)

9.8

21

最高出力(PS)

13

29

最高出力回転数(rpm)

10000

9700

最大トルク(N・m)

10

22

最大トルク(kgf・m)

1

2.2

最大トルク回転数(rpm)

8000

8200

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

-

燃料タンク容量 (L)

13

11

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

682.5

473

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8E

MR8CI-8

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ6V

YTX9-BS

バッテリー容量

12V-5.0Ah(10HR)

12V-8Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.3

1.3

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1

1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

-

1.1

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

-

1次減速比

3.35

2.8

2次減速比

2.933

3

変速比

1速 3.453/2速 1.940/3速 1.450/4速 1.172/5速 1.041/6速 0.922

1速 3.000/2速 1.932/3速 1.444/4速 1.217/5速 1.044/6速 0.922

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

14

スプロケット歯数・後

44

42

チェーンサイズ

428

520

標準チェーンリンク数

128

104

フレーム型式

ツインチューブ・ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°

24°

トレール量 (mm)

90

90

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

-

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

100/80-17

100/80-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

52

52

タイヤ(前)速度記号

P

S

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/70-17

130/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

62

62

タイヤ(後)速度記号

S

S

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.5

2.75

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

3.5

3.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.75

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

-

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W

21W/5W

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

399,000円(消費税抜き本体価格 380,000円)
ロスホワイト、
ブラック

459,000円(本体価格425,000円、消費税34,000円)
ライムグリーン×エボニー(LIM)、
パッションレッド×エボニー(RED)

販売計画台数(国内・年間)

1,500台

-

生産国

タイ

タイ

 

CBR125RとNinja250SLの違いを比較

 

CBR125RとNinja250SLの違いを比較

 

 

CBR125RからNinja250SLに乗り換えたらそのままパワーアップした感じ。エンジンがパワフルに車格はコンパクトにで重量差はプラス20kgだが走りだせばそんなに変わらない。

 

 

CBR125RとNinja250SLの中古車価格と買取相場

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト