EC-03とE-ビーノの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

EC-03とE-ビーノの違いを比較

 

ヤマハ EC-03の歴史

2010年9月1日に「EC-03」が新登場。型式は、ZAD-SY06J

「EC-03」は、電動ならではの排出ガスゼロ、静粛かつ滑らかな走りに加え、従来型原付1種とは一線を画すスリムさ、軽快さなどが楽しめる。車体色は、2色(ホワイト、ベリーダークオレンジメタリック1)。

 

 

ヤマハ E-ビーノの歴史

2015年8月20日に「E-ビーノ」が新登場。型式は、ZAD-SY11J
「E-Vino」は、原付1種スクーター「Vino」のスタイリングはそのままに、高度なモーター出力制御によるスムーズな加速感や極低速での優れた実用トルク、着脱式バッテリーによる容易な充電、短い充電時間などが特徴で近距離移動に適している。車体色は、2色(ビビッドイエローイッシュレッドメタリック、ホワイトメタリック)。

 

 

ここでは、
2010年9月1日発売のヤマハ EC-03(ZAD-SY06J)と
2015年8月20日発売のヤマハ E-ビーノ(ZAD-SY11J)
の違いを比較しました。

 

 

EC-03とE-ビーノのスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

EC-03

E-Vino

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

ZAD-SY06J

ZAD-SY11J

発売日

2010年9月1日

2015年8月20日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1565

1675

全幅 (mm)

600

660

全高 (mm)

990

1005

ホイールベース (mm)

1080

1160

最低地上高(mm)

110

95

シート高 (mm)

745

715

車両重量 (kg)

56

68

最小回転半径(m)

1.7

1.8

乗車定員(名)

1

1

原動機型式

-

Y809E

原動機種類

電動モーター

電動モーター

排気量 (cc)

-

0.58

最高出力(kW)

1.4

1.2

最高出力(PS)

1.9

1.6

最高出力回転数(rpm)

2250

3760

最大トルク(N・m)

9.6

7.8

最大トルク(kgf・m)

0.98

0.8

最大トルク回転数(rpm)

280

330

1次減速比

-

9.4

フレーム型式

-

バックボーン

キャスター角

-

24°05

トレール量 (mm)

-

70

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

-

正立フォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

60/100-12

90/90-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

36

41

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブレス

タイヤ(後)

60/100-12

90/90-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

36

41

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブレス

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

-

1.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

-

1.75

ホイールリム幅(前)

1.5

-

ホイールリム幅(後)

1.5

-

ヘッドライト定格(Hi)

40W

35W/35W

ヘッドライト定格(Lo)

40W

-

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W

21W/5W

メーカー希望小売価格

252,000円

236,520円

 

 

EC-03(ZAD-SY06J)とE-ビーノ(ZAD-SY11J)の違いを比較

 

EC-03(ZAD-SY06J)とE-ビーノ(ZAD-SY11J)の装備の違いを比較

 

【EC-03】のインプレ動画

 

 

【E-Vino】のインプレ動画

 

 

EC-03(ZAD-SY06J)とE-ビーノ(ZAD-SY11J)の比較の口コミ

 

 

EC-03は、シート下に収納された電源コードを家庭などにある100Vの電源コンセントにつなぐことで直接充電する。フル充電するのに約6時間かかり、電気代は約18円。E-ビーノは、充電は取り外して、室内で充電器につなぐだけ。家庭用100V電源(2極プラグ)を使って3時間でフル充電でき、電気代は約14円。

 

 

E-ビーノからモーターの電流制御に「全域正弦波モーター電流」システムを採用し、スタート時のスムーズ感がEC-03より向上した。

 

 

運転モード切替がEC-03は、「標準モード」と「パワーモード」の2つだったが、E-ビーノは、「STANDERD」と「POWER」といざという時に30秒間のみ使える「BOOST」の3モードとなった。

 

 

バッテリーマネージメント面でも、
EC-03は、5分割残量表示だったのが
E-ビーノは、10分割残量表示となり、
本当に充電が必要なレベルまで安心して使えるようになった。

 

 

EC-03は、一充電あたりの走行可能距離は、43km(30km/h定地走行)。E-ビーノは、満充電での航続距離は約29km。別売りのスペアバッテリー使用で58km走れる。スペアバッテリーの価格は、メーカー希望小売価格で58,740円(税込み)。

 

 

E-ビーノは、予備バッテリー無しだと実際は15〜18kmぐらいしか走らないだろうね。予備バッテリー買って30km〜36km。このくらい走れば安心。でも予備バッテリーつけると29万円ぐらいするし、補助金含めて27万円ぐらいか。航続距離を伸ばすとEC-03より高くなるね。

 

 

EC-03の方がデザインが好きだったな。まあ、E-ビーノは、パット見だとビーノと変わらないから目立たずに乗れるのはいいけど。

 

 

E-ビーノは、シート下トランクが約10リットルある。

 

 

EC-03のパネルは、ダサいけど、E-ビーノのパネルは、いいね。

 

 

E-ビーノの航続距離29kmは短すぎる。フル充電でも片道15km以上あると帰ってこれない。

 

EC-03とE-ビーノの買取相場

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト