XL125SとXL125Rの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

XL125SとXL125Rの違いを比較

 

ホンダ XL125S

1978年10月13日に「XL125S」が新登場。型式は、L125S
エンジンは、XL125からのキャリーオーバーで124ccの空冷単気筒エンジンを搭載。最高出力12ps。キック始動。6速ミッションの組み合わせ。燃料タンク容量は7.0リットル。タコメーター装備。特殊ブロックパターンのタイヤなどを装備。
1978年8月に「XL125S」をマイナーチェンジ。型式は、JD02

 

 

ホンダ XL125R

1982年3月5日に「XL125R」が新登場。型式は、JD04
エンジンは、4サイクル・OHC単気筒エンジン。XL125SからのキャリーオーバーでL125SE型。プロリンク・リアサスペンションを装備。フロント・フォークにも独自のフイックス・ブッシュ・フロントフォーク機構とフロント・エアアシスト・サスペンションを採用。
1983年3月18日に「XL125Rパリ・ダカール」をタイプ追加。
パリ・ダカールラリー出場車ホンダ・XL500R改をモデルに開発したもので、赤白紺のトリコロールカラーを大胆にデザインした17Lの大容量燃料タンクやシート、フロントオーバーフェンダーなど、各部にそのイメー ジを反映させた。幅広いライディングポジションが得られるシート、泥はね防止に効果的なオーバーフェンダー、小物入れに便利なタンクバック、長距離ツーリングに適した大型リアキャリア、12V・3AHの小型高性能バッテリー、35W/35Wのヘッドライトなど、ランドスポーツ車にふさわしい充実した装備を備えた。
1985年6月27日にマイナーチェンジ
今回は、デザインの一新と装備の充実。車体色を白色とし、フレームに赤色、シートに青色を用い、外観は、角型のヘッドライトや大型フロントフェンダーなどの採用。コンパクトで操作性に優れたハンドルスイッチ、ツーリング等に小物入れとして便利なリアバッグ、35/36・5W(ワット)のハロゲンヘッドライトなどを新たに採用。
1988年にNX125へフルモデルチェンジされる形で製造終了。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
1979年8月発売のホンダ XL125S(JD02)と
1982年3月発売のホンダ XL125R(JD04)
の違いを比較しました。

 

 

XL125SとXL125Rのスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

XL125S

XL125R

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

新登場

型式

JD02

JD04

発売日

1979年8月

1982年3月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2095

2065

全幅 (mm)

840

840

全高 (mm)

1130

1175

ホイールベース (mm)

1310

1355

最低地上高(mm)

270

265

シート高 (mm)

-

840

乾燥重量 (kg)

106

106

車両重量 (kg)

112

114

最小回転半径(m)

2.1

2.1

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(50km/h走行時)(km/L)

60

60

原動機型式

L125SE

L125SE

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

124

124

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

56.5

56.5

行程(ピストンストローク)(mm)

49.5

49.5

圧縮比(:1)

9.4

9.4

最高出力(PS)

12

12

最高出力回転数(rpm)

9500

9000

最大トルク(kgf・m)

0.97

1

最大トルク回転数(rpm)

8000

7500

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料タンク容量 (L)

7

8

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

420

480

エンジン始動方式

キックスターター式

キックスターター式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

D8EA

D8EA

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

6N4-2A-4

YB3L-A

バッテリー容量

6V-4Ah

12V-3Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.1

1.1

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

3.333

3.333

2次減速比

3.357

3.533

変速比

1速 3.082/2速 1.940/3速 1.399/4速 1.129/5速 0.922/6速 0.785

1速 3.082/2速 1.940/3速 1.399/4速 1.129/5速 0.922/6速 0.785

動力伝達方式

チェーン

チェーン

チェーンサイズ

428

428

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

27°50

27°50

トレール量 (mm)

122

118

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

フロントサスペンションストローク(mm)

200

204

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

2

1

タイヤ(前)

2.75-21

2.75-21

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)プライレーティング

4PR

4PR

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

4.10-18

4.10-18

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)プライレーティング

4PR

4PR

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ヘッドライト定格(Hi)

35W/36W

-

テールライト定格(制動/尾灯)

17W/5.3W

-

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

エンジン回転計 有

エンジン回転計 有

 

XL125SとXL125Rの違いを比較

 

HONDA XL125S 1979年式

 

HONDA XL125R 1982年式

 

 

XL125SとXL125Rの違いを比較

 

 

XL125Rは、1982年3月5日にXL125Sのフルモデルチェンジ車として発売されたがフレームが弱く、2年でラインナップから消えた。XL125Sは、レーサーXR185と同じフレームで剛性が高く、ベトナム軍の正式車両やニュージーランドなどでの農耕用などその後30年に渡り生産が続けられた。

 

 

XL125Sは、リヤ2本サス。
XL125Rは、リヤ1本サス(プロリンク)。

 

 

XL125Sは、リヤにコンベンショナルタイプの倒立マウント2本サスのトレールバイク。
XL125Rは、リヤにプロリンクサスを搭載し、フロントサスのストロークもUPしたランドオフローダー。

 

 

XL125SとXL125Rは、エンジンとキャブレターだけ同じ。エンジンは、色が違う。

 

XL125SとXL125Rの中古車価格と買取相場

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト