ライブディオとライブディオZXの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

ライブディオとライブディオZXの違いを比較

 

ホンダ ライブディオ(ディオシリーズ3代目)の歴史

1994年1月21日に「ライブディオ」が新登場。型式は、A-AF34
ディオシリーズの3代目。空冷2スト単気筒エンジンを搭載するスポーティなスクーター。ベースグレードのライブディオ、前輪がディスクブレーキのライブディオSR、リアスポイラーも備えたライブディオZXがラインナップ。
1994年12月10日に「ライブディオ」をカラーチェンジ。
車体色は、4色(キャンディクラレットマルーン × ブラック(フロア色)、ピュアブラック × ブラック(フロア色)、パールアトランティスブルー × ブラック(フロア色)、パールクリスタルホワイト × タスマングレー(フロア色))。
1995年1月7日に「ライブディオ」をカラーチェンジ。
車体色は、5色(ムーンストーンシルバーメタリックU、キャンディクラレットマルーン × ブラック(フロア色)、ピュアブラック × ブラック(フロア色)、パールアトランティスブルー × ブラック(フロア色)、パールクリスタルホワイト × タスマングレー(フロア色))。
1995年12月7日に「ライブディオ」をカラーチェンジ。
車体色は、4色(ピュアブラック、パールクラレットマルーン、ムーンストーンシルバーメタリック、タスマニアグリーンメタリック)。
1996年12月23日に「ライブディオ」をマイナーチェンジ。型式は、A-AF35
フロントブレーキがドラム式から油圧式ディスクブレーキに変更。さらに新開発のコンビブレーキも装備。コンビブレーキは、左ブレーキレバー(後輪ブレーキ)の操作時に、制動力を前輪にも配分するライダーエイド機構。燃料タンクが6リットルになった。車体色は、4色(ブーンシルバーメタリック、キャンディメープルレッド、ピュアブラック、タスマニアグリーンメタリック)。
ライブディオの「A-AF34」と「A-AF35」の違いの比較は、こちら。
1997年1月1日に「ライブディオSP」をタイプ追加。
ライブディオのスペシャルカラーモデル。
1998年1月20日に「ライブディオ」をカラーチェンジ。
車体色は、4色(ポーセリンシルバーメタリック、アビスブルーメタリック、ココアパウダーメタリック、ピュアブラック)。
1998年11月4日に「ライブディオ」をカラーチェンジ。

車体色は、3色(キャンディグローリーレッド、ピュアブラック、ポーセリンシルバーメタリック)。
1999年9月14日に「ライブディオ」をマイナーチェンジ。型式は、BB-AF35
平成10年排出ガス規制の適合のため、キャブレターセッティングを変更し、マフラーの内部に酸化触媒(キャタライザー)を採用。リアキャリアを大型化。車体色は、3色(ポーセリンシルバーメタリック、キャンディグローリーレッド、べガブラックメタリック)。
ライブディオの「A-AF35」と「BB-AF35」の違いの比較は、こちら。

 

 

ホンダ ライブディオZX(ディオシリーズ3代目)の歴史

1994年1月21日に「ライブディオZX」が新登場。型式は、A-AF35
ディオシリーズの3代目のライブディオがベースにフロントブレーキに油圧式ディスクを装備。クローム仕上げの立体エンブレイムを配し、シートにシルキータッチ素材を使用するなどした。ハイマウント・ストップランプ(発光ダイオード採用)内蔵のリアスポイラー、カラード・ホイールとワイド偏平タイヤは、ZXだけの特別装備。
1995年1月24日に「ライブディオZX」をカラーチェンジ。
フロントにZX専用の油圧式(ハイドロリック)サスペンションと、ZX専用の艶やかな光沢を放つ鏡面処理を施したステンレス・カバードタイプマフラーを装備。車体色は、3色(ピュアフランドルイエロー、パールコーラルリーフブルー、ブラック)。
1996年1月に「ライブディオZX」をカラーチェンジ。
前後ホイールにアルミダイキャストを採用。シート表皮を細かい格子調に変更。車体色は、4色(マグナレッド、キャンディエクストリームブルー、マットアクシスグレイメタリック、ピュアブラック)。
1996年12月23日に「ライブディオZX」をマイナーチェンジ。
燃料タンクを6リットルに変更。ヘッドライトの光量をアップした40W/40Wのハロゲンタイプを採用し、ヘッドライトとウィンカーを四輪車イメージの一体型クリアアウターレンズでまとめた。フロントフォークにツーピースタイプのボトムケースを採用。車体色は、4色(ブーンシルバーメタリック、キャンディマーベラスオレンジ、ピュアブラック、マットアクシスグレイメタリック)。
1997年1月に特別・限定仕様の「ライブディオZX」を発売。
1997年5月に特別・限定仕様の「ライブディオZX」を発売。
1998年1月20日に「ライブディオZX」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(メイイエローメタリック、メタルブラウンメタリック、エスセテシズムシルバーメタリック)。
1998年7月1日に特別・限定仕様の「ライブディオZX 50thアニバーサリースペシャル」を発売。
ホンダ創立50周年を記念して1965年に四輪のF1で初勝利を獲得した「RA272」を彷彿とさせるホワイトを施した50thアニバーサリースペシャルを5,000台限定で発売。クラシカルなクリーミーホワイトを基調に、リアスポイラーと前後ホイール、リアサスペンションスプリングをレッドに。赤いエンブレムをあしらったスペシャルキーやカーボン織布風のパターンのシート側面生地や赤いスペシャルエンブレムを採用。
1998年11月4日に「ライブディオZX」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(パールシーシェルホワイト、ブーンシルバーメタリック、ピュアブラック)。

1999年9月14日に「ライブディオZX」をマイナーチェンジ。型式は、BB-AF35
キャブレターのセッティングを変更し、マフラー内部に酸化触媒(キャタライザー)を採用し、国内の新排出ガス規制に適合。マフラーの構造を変更し、国内の新騒音規制にも適合。マフラープロテクターの形状変更とスケルトンタイプのリアスポイラーを採用。
2000年3月24日に特別・限定仕様の「ライブディオZX スケルトン」を発売。
ハンドルカバーやフロントカバー等の外装部品に半透明の素材を採用したスケルトンを5,000台限定で発売。車体色は、2色(サイバークリアブルーとサイバークリアレッド)。
2000年8月26日に特別・限定仕様の「ライブディオZX スペシャル」を発売。
ブリティッシュ・アメリカン・レーシング(BAR)・ホンダF1チームカラーをイメージしたスペシャルを5,000台限定で発売。フロントカバーに個性が際立つ「BARホンダF1チーム」ロゴを施し、ボディカラーと同色のリアスポイラー、レッドの前後ホイールを装備。
2001年3月22日に「ライブディオZX」をマイナーチェンジ。
盗難抑止システムとして、メインスイッチ、シートオープナー、ハンドルロックをメインのキーシリンダーに集約し、キーシリンダーにはキーシャッターを装備。また、キー付きガソリンタンクキャップや、イモビアラームプレワイヤリングを標準で装備。車体色は、3色(フォースシルバーメタリック、パールミルキーホワイト、チェッカーブラックメタリック)。
2001年9月に「ライブディオZX」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(パールミルキーホワイト、チェッカーブラックメタリック、フォースシルバーメタリック)。これがライブディオZXの最終モデル。

 

 

ここでは、
1994年1月21日発売のホンダ ライブディオ(A-AF34)と
1994年1月21日発売のホンダ ライブディオZX(A-AF35)
の違いを比較しました。

 

 

ライブディオとライブディオZXのスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

ライブディオ

ライブディオZX

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

A-AF34

A-AF35

発売日

1994年1月21日

1994年1月21日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1675

1675

全幅 (mm)

615

630

全高 (mm)

995

995

ホイールベース (mm)

1145

1145

最低地上高(mm)

105

105

シート高 (mm)

700

700

乾燥重量 (kg)

68

71

車両重量 (kg)

73

76

最小回転半径(m)

1.8

-

乗車定員(名)

1

1

燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)

46.9

46.3

原動機型式

AF34E

AF34E

原動機種類

2ストローク

2ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

49

49

内径(シリンダーボア)(mm)

40

40

行程(ピストンストローク)(mm)

39.3

39.3

圧縮比(:1)

7.1

7.1

最高出力(PS)

7

7.2

最高出力回転数(rpm)

6500

6500

最大トルク(kgf・m)

0.79

0.81

最大トルク回転数(rpm)

6250

6250

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

PB2E

-

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

5.3

5.3

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

BR4HSA

BR6HSA

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

-

YTR4A-BS

エンジン潤滑方式

分離給油(2スト)

分離給油(2スト)

2ストエンジンオイルタンク容量

1.3

1.3

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

変速機・操作方式

自動変速

-

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

25°40

25°40

トレール量 (mm)

72

72

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

3.00-10

90/90-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

42

50

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

3.00-10

90/90-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

42

50

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.25

1.25

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2

2

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

燃料計 有

燃料計 有

車両装備

シート下収納(シート下トランク) 有
キャリア 有
センタースタンド 有

シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

144,000円

167,000円

 

ライブディオとライブディオZXの違いを比較

 

ライブディオとライブディオZXの違いを比較

 

 

ライブディオZXだけの特徴
  • ライブディオZXは、特に中・高回転域での伸びやかな加速を生み出す最高出力(7.2PS/6,500rpm)を発揮。ノーマルのライブディオは、(7PS/6,500rpm)。
  •  

  • ライブディオZXは、カラード・ホイールと90/90-10ワイド偏平タイヤを採用。
  •  

  • ライブディオZXは、制動フィーリングに優れた油圧式ディスクを装備。前後輪の幅広チューブレスタイヤとあいまって軽快かつ快適な走りを実現。
  •  

  • ライブディオZXは、フロントカバーとサイドカバー左右にクローム仕上げの立体エンブレイムを配し、シートにシルキータッチ素材を使用するなどし、ノーマルのライブディオよりクオリティを高めたものとした。
  •  

  • Dio ZXは、ハイマウント・ストップランプ(発光ダイオード採用)内蔵のリアスポイラーを採用。

 

 

ライブディオとライブディオZXのスペックの違う部分

 

●タイプグレード名
ライブディオ → ライブディオZX

 

●型式
A-AF34 → A-AF35

 

●全幅 (mm)
615 → 630

 

●乾燥重量 (kg)
68 → 71

 

●車両重量 (kg)
73 → 76

 

●燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)
46.9 → 46.3

 

●最高出力(PS)
7 → 7.2

 

●最大トルク(kgf・m)
0.79 → 0.81

 

●点火プラグ標準搭載・型式
BR4HSA → BR6HSA

 

●ブレーキ形式(前)
機械式リーディングトレーリング → 油圧式ディスク

 

●タイヤ(前)
3.00-10 → 90/90-10

 

●タイヤ(前)荷重指数
42 → 50

 

●タイヤ(後)
3.00-10 → 90/90-10

 

●タイヤ(後)荷重指数
42 → 50

 

●車両装備
キャリア 有 → キャリア 無し

 

●メーカー希望小売価格
144,000円 → 167,000円

 

 

1994年1月21日に新発売された「ライブディオ」は、1988年から続くディオシリーズの3代目。「ライブディオ」は、1994年モデルとして、3タイプ(ライブディオ、ライブディオZX、ライブディオSR)発売されたが、その中で最もスポーツ性が高かったのが「ライブディオZX」で最高出力は、当時の原付1種クラスの自主規制値ギリギリの7.2psだった。(ライブディオとライブディオSRは、7.0ps)。他にも油圧ディスク式のフロントブレーキや、ワイド偏平タイヤ、スポーティなフォルムもあいまって、若者に人気があった。その後、1996年12月23日にライブディオシリーズは、マイナーチェンジされ、タンクが6リットルに拡大され、1999年9月14日に排ガスと騒音規制に対応した。その後、「ライブディオ」は、2001年3月10日には、水冷4ストエンジン搭載の「スマートディオ」(ディオシリーズ4代目)になった。「ライブディオZX」は、2001年3月22日にマイナーチェンジされてキーシャッター装備など盗難防止の装備が強化されて、2001年9月にカラーチェンジされて、それが「ライブディオZX」の最終モデルとなった。

 

 

「ライブディオZX」のZXの読みかたは、「ジーエックス」。当時の若者からは、「ゼックス」と呼ばれることが多かった。

 

 

俺は、ライブディオZXは、2000年3月に5000台限定で発売された50周年を記念モデルが好きだった。半透明のスケルトンで珍しかった。

 

ライブディオの買取価格の相場

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト