スマートディオ(4代目)とディオ(5代目)の違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

スマートディオ(4代目)とディオ(5代目)の違いを比較

 

ホンダ スマートディオ(ディオシリーズ4代目)の歴史

2001年3月10日に「スマートディオ」が新登場。型式は、BA-AF56
ディオシリーズの4代目。49ccの水冷4スト単気筒OHCエンジンをアルミ製のダイキャストフレームに搭載。前後連動のコンビブレーキを採用。車体色は、4色(クリアシルバーメタリック、べガブラックメタリック、クリッパーイエロー、ハーブグリーンメタリック)。
2001年3月24日に「スマートディオ デラックス」が新登場。型式は、BA-AF57
デラックスは、標準仕様のスマートディオをベースにアイドリングストップを機構し、フロントディスクブレーキを採用したモデル。車体色は、4色(クリアシルバーメタリック、べガブラックメタリック、クリッパーイエロー、ハーブグリーンメタリック)。
スマートディオとスマートディオデラックスの違いの比較は、こちら。
2003年1月22日に「スマートディオ」と「スマートディオ デラックス」をカラーチェンジ。
車体色は、4色(トラッドブルーメタリック、フォースシルバーメタリック、ベガブラックメタリック、シャスタホワイト)。
2004年1月20日に「スマートディオ」と「スマートディオ デラックス」をカラーチェンジ。
カラーの変更と立体エンブレムを採用した。
2007年1月22日に「スマートディオ」と「スマートディオ デラックス」をカラーチェンジ。
車体色は、「スマート・Dio」は4色(パールシーシェルホワイト、キャンディールビジウムレッド、フォースシルバーメタリック、ベガブラックメタリック)。「スマートディオ デラックス」は、ヘビーグレーメタリックの1色。これが最終仕様。

 

 

ホンダ ディオ(ディオシリーズ5代目)の歴史

2003年11月20日に5代目Dioが新登場。型式は、BA-AF62
ディオシリーズ5代目。生産拠点を中国に移し、コストの圧縮を図ったモデルとして、「ディオ」だけを車名に持つスクーターが復活した。エンジンは、49ccの強制空冷4スト単気筒で、先に発売されたトゥデイと同じ。左ブレーキレバー(後輪ブレーキ)操作でフロントも制動するコンピブレーキを搭載。車体色は、全6色。ツートーン3色(シグマシルバーメタリック×マットアクシスグレイメタリック、シリウスブルーメタリック×マットアクシスグレイメタリック、オリオンイエロー×マットアクシスグレイメタリック)。ソリッドタイプ3色(パールキャンサーホワイト、パールプロキオンブラック、キャンディルーシッドレッド)。
2004年7月2日に特別仕様の「Dio・スペシャルカラー」を発売。
車体色は、夏らしい鮮やかな「イプシロンブルーメタリック」を施した特別仕様車を1,000台限定で発売。
2006年2月24日にカラーチェンジ。
車体色は、4色(パールジェミニブルー、シグマシルバーメタリック、キャンディールーシッドレッド、パールプロキオンブラック)。

 

 

ここでは、
2003年1月22日発売のホンダ スマートディオ(BA-AF57)と
2003年11月20日発売のホンダ ディオ(BA-AF62)
の違いを比較しました。

 

 

スマートディオ(4代目)とディオ(5代目)のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

スマートディオ

ディオ

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

型式

BA-AF56

BA-AF62

発売日

2003年1月22日

2003年11月20日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1710

1720

全幅 (mm)

620

630

全高 (mm)

1010

1020

ホイールベース (mm)

1190

1180

最低地上高(mm)

115

110

シート高 (mm)

710

695

乾燥重量 (kg)

71

73

車両重量 (kg)

76

77

最小回転半径(m)

1.8

1.8

乗車定員(名)

1

1

燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)

75

65

原動機型式

AF55E

AF61E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

空冷

排気量 (cc)

49

49

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

38

37.8

行程(ピストンストローク)(mm)

44

44

圧縮比(:1)

12

10.1

最高出力(kW)

3.7

3

最高出力(PS)

5

4.1

最高出力回転数(rpm)

8000

8000

最大トルク(N・m)

4.6

3.7

最大トルク(kgf・m)

0.47

0.38

最大トルク回転数(rpm)

7000

6500

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

NVK00A

VK0DB

燃料タンク容量 (L)

5

5

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

375

325

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8EH-9

CR7HSA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTX4L-BS

バッテリー容量

12V-6Ah

12V-3Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.7

0.8

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.6

0.7

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

-

3.6

2次減速比

-

3.769

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

26°30

26°30

トレール量 (mm)

72

71

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

90/90-10

80/100-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

50

46

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

90/90-10

80/100-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

50

46

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム幅(前)

2.15

2.15

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.25

1.25

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2

2

ヘッドライト定格(Hi)

40W/40W

40W/40W

ヘッドライトタイプ(Hi)

-

PH11

テールライト定格(制動/尾灯)

-

18W/5W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

燃料計 有

燃料計 有

車両装備

前後連動式ブレーキ 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
キャリア 有
センタースタンド 有

前後連動式ブレーキ 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
キャリア 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

159,000円
クリアシルバーメタリック
べガブラックメタリック
クリッパーイエロー
ハーブグリーンメタリック

119,000円
シグマシルバーメタリック×マットアクシスグレイメタリック
シリウスブルーメタリック×マットアクシスグレイメタリック
オリオンイエロー×マットアクシスグレイメタリック
パールキャンサーホワイト
パールプロキオンブラック
キャンディルーシッドレッド

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 100,000台

60,000台

 

スマートディオ(4代目)とディオ(5代目)の違いを比較

 

スマートディオ(4代目)とディオ(5代目)の違いを比較

 

初代ディオが1988年に新登場し、1990年12月には、スーパーディオ(2代目)が発売。1994年1月には、ライブディオ(3代目)が発売。そして2001年3月10日には、ディオシリーズ4代目となるスマートディオが発売された。このスマートディオは、環境性能が高い水冷4ストロークエンジンを搭載し、従来の2ストロークエンジンよりも燃費性能が約60%も向上した。標準モデルのスマートディオは、2007年モデルまで発売され、原付1種を対象とした平成18年排出ガス規制に適合せず、生産終了した。

 

ディオシリーズ5代目となるディオは、2003年11月20日に発売された。この頃は、まだディオシリーズ4代目のスマートディオも販売されていたが、標準モデルのスマートディオのメーカー小売価格は、15.9万円まで上がっていた。

 

ディオシリーズ5代目となるディオは、2002年8月から新発売の「トゥデイ」と同じ中国の新大洲本田に生産拠点を移管して、「スマートディオ」より4万円も安い11.9万円で販売を開始した。エンジンは、「トゥデイ」と同じ49cc強制空冷4スト単気筒OHCを搭載。ディオシリーズ5代目のディオは、2006年モデルまで販売された。2007年10月からは、マイナーチェンジされ、フューエルインジェクションを搭載したディオシリーズ6代目となるディオが発売された。

 

 

スマートディオ(4代目)からディオ(5代目)への主な変更点

 

  • 型式は、「BA-AF56」から「BA-AF62」に変更。
  •  

  • スマートディオは、水冷エンジンだったが、新型Dioは、「トゥデイ」と同じ信頼性と放熱性に優れた強制空冷エンジンを搭載。コンパクトな燃焼室形状に加え、エアインジェクション(二次空気供給装置)の採用で、排出ガス中の有害物質を低減。発進時や加速時など、街中での走行を重視した低中速域で力強い出力特性。スマートディオより馬力、トルク、燃費ともに下がった。
  •  

  • これまでのスマートディオは、熊本製作所で生産していたが、新型Dioは、日本で研究・開発、アジア諸国で最適な部品を調達し、中国の新大洲本田摩托有限公司が生産を担当。 中国での生産によってメーカー希望小売価格が159,000円 → 119,000円に下がった。

 

 

スマートディオ(4代目)とディオ(5代目)のスペックの違う部分

 

●タイプグレード名
スマートディオ → ディオ

 

●モデルチェンジ区分
カラーチェンジ → 新登場

 

●型式
BA-AF56 → BA-AF62

 

●発売日
2003年1月22日 → 2003年11月20日

 

●全長 (mm)
1710 → 1720

 

●全幅 (mm)
620 → 630

 

●全高 (mm)
1010 → 1020

 

●ホイールベース (mm)
1190 → 1180

 

●最低地上高(mm)
115 → 110

 

●シート高 (mm)
710 → 695

 

●乾燥重量 (kg)
71 → 73

 

●車両重量 (kg)
76 → 77

 

●燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)
75 → 65

 

●原動機型式
AF55E → AF61E

 

●冷却方式
水冷 → 空冷

 

●内径(シリンダーボア)(mm)
38 → 37.8

 

●圧縮比(:1)
12 → 10.1

 

●最高出力(kW)
3.7 → 3

 

●最高出力(PS)
5 → 4.1

 

●最大トルク(N・m)
4.6 → 3.7

 

●最大トルク(kgf・m)
0.47 → 0.38

 

●最大トルク回転数(rpm)
7000 → 6500

 

●燃料供給装置形式
NVK00A → VK0DB

 

●満タン時航続距離(概算・参考値)
375 → 325

 

●点火プラグ標準搭載・型式
CR8EH-9 → CR7HSA-9

 

●搭載バッテリー・型式
YTZ7S → YTX4L-BS

 

●バッテリー容量
12V-6Ah → 12V-3Ah

 

●エンジンオイル容量※全容量 (L)
0.7 → 0.8

 

●エンジンオイル量(オイル交換時) (L)
0.6 → 0.7

 

●トレール量 (mm)
72 → 71

 

●タイヤ(前)
90/90-10 → 80/100-10

 

●タイヤ(前)荷重指数
50 → 46

 

●タイヤ(後)
90/90-10 → 80/100-10

 

●タイヤ(後)荷重指数
50 → 46

 

●メーカー希望小売価格
159,000円 → 119,000円

 

●販売計画台数(国内・年間)
100,000台 → 60,000台

 

 

スマートディオのノーマル買うなら、「中華Dio+プーリー交換」の方がコスパが高いよ。プーリー交換すれば、動力性能は水冷と遜色ない。平地65km/h出るし、下りでは70km/h近くでる。燃費も40km/L前後だし。4スト50スクーターで唯一ボアアップもできる。

 

スマートディオ(4代目)とディオ(5代目)のの買取相場

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト