トリシティ155の「型式2BK-SG37J」と「型式8BK-SG81J」の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる

原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

 

当サイトは、広告を利用しています。記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

トリシティ155の「型式2BK-SG37J」と「型式8BK-SG81J」の違いを比較

 

ヤマハ トリシティ155 ABSの歴史

2017年1月20日に新登場。型式は、 2BK-SG37J
エンジンは、NMAX155同様のVVA(可変バルブ機構)付き「BLUECORE」エンジンを搭載。車体もエンジンに合わせて改良され、後輪はサイズが13インチにアップ。ABS標準装備で別構造でパーキングブレーキを追加。ヘッドライトはLEDとなった。他にも容量約23.5Lのシート下収納スペース、ヘルメットホルダー(2個)、コンビニフック、DC電源ソケット付きの蓋付きの小物入れなどを装備。車両重量は、165kg。生産は、タイ。車体色は、3色(マットビビッドパープリッシュブルーメタリック1、マットブラック2、ホワイトメタリック6)の設定。
トリシティ125とトリシティ155の違いの比較は、こちら。
トリシティ155とNMAX155の違いの比較は、こちら。
2019年3月20日にマイナーチェンジ。
従来モデルよりシート高が約15mm低く、フィット感に優れたシートを新たに採用。車体色は、3色(マットグレーメタリック3(新色)、マットビビッドパープリッシュブルーメタリック1、ホワイトメタリック6)。
トリシティ155の2019年3月20日のマイナーチェンジ前後の違いの比較は、こちら。
2020年5月15日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(ブルーイッシュグレーソリッド4(新色)、マットグレーメタリック3、ホワイトメタリック6)。
2023年4月14日にマイナーチェンジ。型式は、8BK-SG81J
平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合し、型式を「8BK-SG81J」に変更。スマホの上表を表示できる新デザインメーター、照射範囲を拡大したLEDヘッドランプ、自然なハンドリングを生むLMWアッカーマン・ジオメトリ機構、新デザインのインナーパネル、足元の自由度を広げたフットボード、新フレームを採用しホイールベースを60mm延長、スマホとの連携機能、上質感のある乗り心地を生む新作リアサスペンション、操作しやすいタンデムフットレスト、新たにアイドリングストップ機構を採用。車体色は、3色(マットイエローイッシュグレーソリッド1、ホワイトメタリック6、マットグレーメタリック3)。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
2020年5月15日発売のヤマハ トリシティ155 ABS(型式 2BK-SG37J)と
2023年4月14日発売のヤマハ トリシティ155 ABS(型式 8BK-SG81J)
の違いを比較しました。

 

 

トリシティ155の「型式2BK-SG37J」と「型式8BK-SG81J」のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名 トリシティ155 ABS トリシティ155 ABS
モデルチェンジ区分 カラーチェンジ マイナーチェンジ
型式 2BK-SG37J 8BK-SG81J
発売日 2020年5月15日 2023年4月14日
仕向け・仕様 国内向けモデル 国内向けモデル
全長 (mm) 1980 1995
全幅 (mm) 750 750
全高 (mm) 1210 1215
ホイールベース (mm) 1350 1410
最低地上高(mm) 165 165
シート高 (mm) 765 770
車両重量 (kg) 165 172
最小回転半径(m) 2.5 -
乗車定員(名) 2 2
燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L) 43.4 43.6
燃料消費率 WMTCモード値(km/L) 41.7 42.1
原動機型式 G3G9E G3T3E
原動機種類 4ストローク 4ストローク
気筒数 1 1
シリンダ配列 単気筒 単気筒
冷却方式 水冷 水冷
排気量 (cc) 155 155
カム・バルブ駆動方式 OHC(SOHC) OHC(SOHC)
気筒あたりバルブ数 4 4
内径(シリンダーボア)(mm) 58 58
行程(ピストンストローク)(mm) 58.7 58.7
圧縮比(:1) 10.5 11.6
最高出力(kW) 11 11
最高出力(PS) 15 15
最高出力回転数(rpm) 8000 8000
最大トルク(N・m) 14 14
最大トルク(kgf・m) 1.4 1.4
最大トルク回転数(rpm) 6000 6500
燃料供給方式 フューエルインジェクション フューエルインジェクション
燃料タンク容量 (L) 7.2 7.2
燃料(種類) レギュラーガソリン レギュラーガソリン
満タン時航続距離(概算・参考値) 312.4 313.9
エンジン始動方式 セルフスターター式 セルフスターター式
点火装置 フルトランジスタ式 フルトランジスタ式
点火プラグ標準搭載・型式 CPR8EA-9 -
点火プラグ必要本数・合計 1 -
搭載バッテリー・型式 YTZ7V YTZ7V
バッテリー容量 6.0Ah 10HR 6.0Ah 10HR
エンジン潤滑方式 ウェットサンプ式 ウェットサンプ式
エンジンオイル容量※全容量 (L) 1 1
エンジンオイル量(オイル交換時) (L) 0.9 -
推奨エンジンオイル(SAE粘度) 10W-40 -
クラッチ形式 乾式・多板・遠心 乾式・多板・遠心
変速機形式 Vベルト式・無段変速 Vベルト式・無段変速
1次減速比 1 1
2次減速比 10.208 10.208
フレーム型式 アンダーボーン アンダーボーン
キャスター角 20°00 20°00
トレール量 (mm) 67 68
ブレーキ形式(前) 油圧式ディスク 油圧式ディスク
ブレーキ形式(後) 油圧式ディスク 油圧式ディスク
ブレーキオイル適合規格 DOT 4 DOT 4
懸架方式(前) テレスコピックフォーク テレスコピックフォーク
フロントフォークタイプ 正立フォーク 正立フォーク
懸架方式(後) ユニットスイング式 ユニットスイング式
タイヤ(前) 90/80-14 90/80-14
タイヤ(前)構造名 バイアス バイアス
タイヤ(前)荷重指数 43 43
タイヤ(前)速度記号 P P
タイヤ(前)タイプ チューブレス チューブレス
タイヤ(後) 130/70-13 130/70-13
タイヤ(後)構造名 バイアス バイアス
タイヤ(後)荷重指数 57 57
タイヤ(後)速度記号 P P
タイヤ(後)タイプ チューブレス チューブレス
タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前) 2 2
タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後) 2.25 2.25
ヘッドライトタイプ(Hi) LED LED
テールライトタイプ LED LED
スピードメーター表示形式 デジタル デジタル
メーター表示 燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有
燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有
車両装備 アンチロックブレーキ(ABS) 有
前後連動式ブレーキ 有
パーキングブレーキ 有
可変バルブ機構 有
DCソケット 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
前後連動式ブレーキ 有
パーキングブレーキ 有
アイドリングストップ 有
可変バルブ機構 有
DCソケット 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有
メーカー希望小売価格/カラーバリエーション 484,000円(本体価格440,000円/消費税 44,000円)
ブルーイッシュグレーソリッド4(グレー/新色)、
ホワイトメタリック6(ホワイト)、
マットグレーメタリック3(マットグレー)
566,500円(本体価格 515,000円/消費税 51,500円)
マットイエローイッシュグレーソリッド 1(マットベージュ/新色)、
ホワイトメタリック 6(ホワイト/新色)、
マットグレーメタリック 3(マットグレー/新色)
販売計画台数(国内・年間) 1,200台
トリシティ155の年間販売計画台数の推移は、こちら。
1,500台
生産国 タイ タイ

 

トリシティ155の「型式2BK-SG37J」と「型式8BK-SG81J」の違いを比較
トリシティ155の「型式2BK-SG37J」と「型式8BK-SG81J」の装備の違いを比較

 

左がトリシティ155 ABS(型式 2BK-SG37J)
右が新型のトリシティ155 ABS(型式 8BK-SG81J)
トリシティ155の「型式2BK-SG37J」と「型式8BK-SG81J」の比較

 

トリシティ155の「型式2BK-SG37J」と「型式8BK-SG81J」の違いを比較

 

 

トリシティ155の2023年4月14日のマイナーチェンジでの主な変更点
  • 平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合し、型式が「8BK-SG81J」に変更。
  •  

  • 新作シリンダーヘッドを採用し、コンパクトな燃焼室を形成。トリシティ155だけ従来の「10.5:1」から「11.6:1」に圧縮比を高め、高効率燃焼を実現。吸気バルブは 20.5mm径に拡大し、良好な吸気効率を確保。シリンダーヘッドは、冷却経路を最適化し信頼性の向上を図った。
  •  

  • 静粛かつ振動の少ないエンジン始動をもたらす「Smart Motor Generator」。
  •  

  • 省燃費に貢献する「Stop & Start System」。
  •  

  • NIKEN などにも採用される操舵機構「LMW アッカーマン・ジオメトリ」を採用。
  •  

  • フレームの強度・剛性バランスが見直された。
  •  

  • 新フレームにより足元の自由度を広げたフットボード。
  •  

  • ホイールベースも60mm延長されるなどの変更を受けた。
  •  

  • 新エンジン・新フレームに最適化したUBS(Unified Brake System)。
  •  

  • リフレクター構造をアップデートし、照射範囲が拡大したLEDヘッドランプ。
  •  

  • 上質感のある乗り心地を生む新作リアサスペンション。
  •  

  • 操作しやすいタンデムフットレスト。
  •  

  • アイドリングストップ機構を新装備。
  •  

  • スマートキーシステムの搭載。
  •  

  • スマートフォン連携機能に対応した、新デザインのメーターパネルを採用。
  •  

  • CCU(Communication Control Unit)を搭載。専用アプリ「Yamaha Motorcycle Connect(Y-Connect)」をインストールしたスマートフォンと連携することで、さまざまな車両情報を提供。メーター表示機能の拡張や、メンテナンスタイミングのリコメンド機能などを付加することが可能。スマートフォンと車両のメーターが連携。SNS通知、通話着信など、多彩な情報をメーターにアイコン表示し、利便性を高めた。
  •  

  • 車体色は、3色とも新色の「マットイエローイッシュグレーソリッド I」、「ホワイトメタリック6」、「マットグレーメタリック3」を設定。

 

●2020年5月15日発売のヤマハ トリシティ155 ABS(型式 2BK-SG37J)
484,000円(本体価格440,000円/消費税44,000円)
・ブルーイッシュグレーソリッド4(グレー/新色)
・ホワイトメタリック6(ホワイト)
・マットグレーメタリック3(マットグレー)

 

●2023年4月14日発売のヤマハ トリシティ155 ABS(型式 8BK-SG81J)
566,500円(本体価格515,000円/消費税51,500円)
・マットイエローイッシュグレーソリッド I(マットベージュ/新色)
・ホワイトメタリック6(ホワイト/新色)
・マットグレーメタリック3(マットグレー/新色)

 

 

今回のモデルチェンジで乗り心地がアップし、新機能が搭載されてさらに移動を快適かつ楽しめるようになった。

 

 

装備の面では、キーを差し込む手間を省き、ノブ操作だけでエンジンが始動できる「スマートキー」、視認性を高めた新デザインの「メーターパネル」、前後長を約20mm延長して乗降性を高めた「フットボード」、操作が楽な「タンデムフットレスト」、照射角度を広げて夜間のライドも安心の「ヘッドランプ」が良くなった。

 

 

エンジンは、高燃焼率、ロス低減、冷却性の3点をポイントとして開発をおこない、走りの楽しさと燃費・環境性能を両立させた。エンジンは軽量・コンパクト化され、静かで振動の少ないエンジン始動を可能とする「スマートモータージェネレーター(Smart Motor Generator)」と信号待ちなどで停車した時に際自動的にアイドリングをストップさせて無駄な燃料消費を抑える「ストップ&スマートシステム(Stop & Start System)」が搭載された。

 

 

新採用のフレームは、強度と剛性バランスが最適化され、縦剛性、ねじり剛性を強化しつつ、適度なしなりを確保。エンジン搭載位置などのバランスを整えて、上質感のある自然なハンドリングや優れた直進安定性と快適な乗り心地を支えてくれる。

 

 

大型スポーツタイプのLMWモデルで実績のある「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を新たに専用設計。フロントサス周りとのバランスを整えて、自然な操縦性と接地感を実現。快適な乗り心地をもたらすとともに押し歩きもスムーズになった。

 

 

ホイールベースを延長し、リアサスはショックアブソーバーの全長を延長。バネレート及び減衰力を最適化し、上質かつ落ち着いた走りを発揮。

 

 

新たに搭載された機能がヤマハの専用アプリ「YAMAHA Motorcycle Connect(Y-Connect)」とのペアリング機能。Y-Connectで車両とペアリングし、車両のメーター画面に電話やメールの着信、バッテリーの残量が表示される。またスマートフォン画面でエンジン回転数やスロットル開度、エコ運転状況が見えるのでサブメーターとして利用できる。その他、オイル・バッテリーのメンテナンス推奨時期のお知らせや燃費管理、そして車両の最終駐車位置の確認ができる。

 

 

良いけど155で定価566,500円は、高くて買えない

 

トリシティ155の買取価格の相場

バイクを高く売る方法

 

「バイクの一括査定」を利用すれば

複数の買取業者の買取価格を比較して

バイクを売ることができます。

バイクを高く売る一番確実な方法です。

 

 

その方法でバイクを売るには、

カチエックスという

一括査定サイトを使うのが一番オススメです。

 

 

 

 

カチエックスを使うメリットは、

・全国300社が参加!最大10社の買取額を比較!

・査定も無料。キャンセルも無料。

・しつこい電話も無くネットで完結。

・入力項目も30秒くらいで入力!

・バイクの写真で査定!

・査定開始から最短1営業日以内に専任スタッフから連絡。

・現地減額が禁止されてるのでその金額で売れます!

・専任スタッフに価格交渉してもらうことも可能!

 

無料査定の流れ

@入力して申し込み

Aその後バイクの写真を取って送る

B最大10社の業者が買い取りたい金額で入札し、ランキング形式で表示。査定開始から最短1営業日以内に専任スタッフから専用チャット上で連絡。

C現地減額も禁止されてるのでその金額で売りたければ契約。担当者に価格交渉してもらうことも可能。

D契約したらバイクを引き渡す日程調整と代金受け取り。

 

ちなみにカチエックスを運営してる会社は、バイク買取で79万人以上の利用実績があります。