初代ディオの1989年12月20日のマイナーチェンジ前後の違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

初代ディオの1989年12月20日のマイナーチェンジ前後の違いを比較

 

ホンダ ディオ(ディオシリーズの初代)の歴史

1988年1月27日に「ディオ」が新登場。型式は、A-AF18
長く続く「ディオ」シリーズの初代モデル。空冷2スト単気筒49ccエンジンを搭載。容量24Lのセンタートランクをシート下に内蔵。4リットルの燃料タンクをフロアステップ下に配置。外観は、スリムでシャープなエアロデザインと鮮やかなツーコート(2層)塗装。
1988年6月に「ディオ」をカラーチェンジ。
1989年1月に「ディオ」をカラーチェンジ。
1989年1月21日に特別・限定仕様の「ディオSP」を発売。
特別カラー仕様を追加して、「SP仕様」としてラインナップ。車体色は、「ロスホワイト/テラブルー」と「ブラック/タスマングレー」。
1989年6月に特別・限定仕様の「ディオ スペシャル マリン エディション」を発売。
特別カラーモデルの「マリン・エディション」
1989年9月に特別・限定仕様の「ディオ スペシャル エスニック エディション」を発売。
特別カラーモデルの「エスニック・エディション」
1989年12月20日に「ディオ」をマイナーチェンジ。
前後タイヤをチューブレスタイプに変更。エンジンの吸気・排気ポート、燃焼室形状、マフラーを新設計し、6.8ps/7,000rpmにパワーアップし、なめらかで力強い出力特性を得た。
1990年1月に特別・限定仕様の「ディオ 新春スペシャルエディション」を発売。
新春大会用の限定カラーモデル。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
1988年1月27日発売のホンダ ディオ(A-AF18)と
1989年12月20日発売のホンダ ディオ(A-AF18)
の違いを比較しました。

 

 

初代ディオの1989年12月20日のマイナーチェンジ前後のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

ディオ

ディオ

モデルチェンジ区分

新登場

マイナーチェンジ

型式

A-AF18

A-AF18

発売日

1988年1月27日

1989年12月20日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1600

1610

全幅 (mm)

615

615

全高 (mm)

990

1000

ホイールベース (mm)

1135

1140

最低地上高(mm)

100

100

シート高 (mm)

700

700

乾燥重量 (kg)

59

63

車両重量 (kg)

63

67

最小回転半径(m)

1.8

1.8

乗車定員(名)

1

1

燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)

67.4

50.5

原動機型式

AF18E

AF18E

原動機種類

2ストローク

2ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

49

49

内径(シリンダーボア)(mm)

39

39

行程(ピストンストローク)(mm)

41.4

41.4

圧縮比(:1)

7.3

7.1

最高出力(PS)

6.4

6.8

最高出力回転数(rpm)

6500

7000

最大トルク(kgf・m)

0.74

0.73

最大トルク回転数(rpm)

6000

6500

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

PB80

PB80

燃料タンク容量 (L)

4

4

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

269.6

202

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

BPR7HS

BR8HSA

点火プラグ必要本数・合計

1

1

エンジン潤滑方式

分離給油(2スト)

分離給油(2スト)

2ストエンジンオイルタンク容量

0.8

0.8

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

変速機・操作方式

自動変速

自動変速

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

26°00

26°00

トレール量 (mm)

70

70

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

3.00-10

3.00-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)プライレーティング

4PR

4PR

タイヤ(前)タイプ

-

チューブレス

タイヤ(後)

3.00-10

3.00-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)プライレーティング

4PR

4PR

タイヤ(後)タイプ

-

チューブレス

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

燃料計 有

燃料計 有

車両装備

ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
キャリア 有
センタースタンド 有

ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
キャリア 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格

126,000円

129,000円

販売計画(国内・年間)

200,000台

190,000台

 

初代ディオの1989年12月20日のマイナーチェンジ前後の違いを比較

 

初代ディオの1989年12月20日のマイナーチェンジ前後の違いを比較

 

 

初代ディオの1989年12月20日のマイナーチェンジの主な変更点

 

  • エンジンは、新設計の吸・排気ポートを持つシリンダーや、新燃焼室形状を持つシリンダーヘッドに排気効率を向上させる新型マフラーを組み合わせ、低速域から高速域までなめらかで力強い出力特性(6.8ps/7,000rpm)を発揮。スポーティさと扱い易さを両立させた。※従来モデルは、(6.4ps/6,500rpm)
  •  

  • 前後輪に新たにチューブレスタイヤ(3.00-10-4PR)を採用。作動性に優れたフロント・テレスコピックサスペンションとあいまって軽快かつ快適な走りを実現。
  •  

  • スタンド掛けを容易にするために、足掛け部分を大型化したメインスタンドを採用し、使い勝手が向上した。
  •  

  • 車体色は、新たに2(ツー)コート塗装による3色(テラシルバーメタリック/タスマングレー、アーバングリーン、ピュアブルー)を加え、従来色3色(ピュアレッド/ウォッシュホワイト、ピュアホワイト/タスマングレー、ピュアブラック/タスマングレー)とあわせて全6色の設定。

 

 

1989年12月20日のマイナーチェンジ前後のスペックの違う部分

 

●発売日
1988年1月27日 → 1989年12月20日

 

●モデルチェンジ区分
新登場 → マイナーチェンジ

 

●全長 (mm)
1600 → 1610

 

●全高 (mm)
990 → 1000

 

●ホイールベース (mm)
1135 → 1140

 

●乾燥重量 (kg)
59 → 63

 

●車両重量 (kg)
63 → 67

 

●燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)
67.4 → 50.5

 

●圧縮比(:1)
7.3 → 7.1

 

●最高出力(PS)
6.4 → 6.8

 

●最高出力回転数(rpm)
6500 → 7000

 

●最大トルク(kgf・m)
0.74 → 0.73

 

●最大トルク回転数(rpm)
6000 → 6500

 

●満タン時航続距離(概算・参考値)
269.6 → 202

 

●点火プラグ標準搭載・型式
BPR7HS → BR8HSA

 

●タイヤ(前)タイプ
  → チューブレス

 

●タイヤ(後)タイプ
  → チューブレス

 

●メーカー希望小売価格
126,000円 → 129,000円

 

●販売計画(国内・年間)
200,000台 → 190,000台

 

初代ディオの買取価格の相場

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト