PCXハイブリッドとPCX e:HEVの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

PCXハイブリッドとPCX e:HEVの違いを比較

 

ホンダ PCXハイブリッドの歴史

2018年9月14日に「PCXハイブリッド」が新登場。型式は、2AJ-JF84
量産用オートバイでは世界初となるハイブリッドシステムを搭載。容量23Lのメットインスペース後方に48Vリチウムイオンバッテリーを搭載し、ACGスターターに駆動アシストの機能を追加。変速モードを、適度なアシストで低燃費に寄与するDモードと、アシストを強めてよりスポーツ性を高めたSモードに切換が可能。PCX150にオプション設定された前輪のみ動作するABSを標準装備。製造は、ベトナム。車体色は、1色(パールダークナイトブルー)の設定。
2021年1月28日にフルモデルチェンジした「PCX e:HEV」を発売。型式は、2AJ-JK06
PCXハイブリッドがフルモデルチェンジされ名称が「PCX e:HEV」になった。エンジン始動などで用いられるACGモーターが駆動力のアシストを行うところなど、ハイブリッドシステムの基本は踏襲したがエンジンは、新型の水冷単気筒となり、4バルブ化された。後輪のスリップを抑制する Honda セレクタブルトルクコントロールを採用。ABS付きのブレーキは前後ともディスク式となった。リアのホイールは、前モデルまでの14インチから13インチにサイズダウン。タイヤの幅は、前後とも1サイズアップされた。フロントポケットに「USB Type-C」の充電ソケットが設けられた。シート下スペースの容量が1リットル増え24リットルとなった。車体色は、1色(パールジャスミンホワイト)。

 

 

ここでは、
2018年9月14日発売のホンダ PCXハイブリッド(型式 2AJ-JF84)と
2021年1月28日発売のホンダ PCX e:HEV(型式 2AJ-JK06)
の違いを比較しました。

 

 

PCXハイブリッドとPCX e:HEVのスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

PCX HYBRID

PCX e:HEV

モデルチェンジ区分

新登場

フルモデルチェンジ

型式

2AJ-JF84

2AJ-JK06

発売日

2018年9月14日

2021年1月28日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1952

1935

全幅 (mm)

745

740

全高 (mm)

1105

1105

ホイールベース (mm)

1315

1315

最低地上高(mm)

137

135

シート高 (mm)

764

764

車両重量 (kg)

135

136

最小回転半径(m)

1.9

1.9

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

55

55.4

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

51.9

51.2

原動機型式

JF84E-K96

JK06E-K1N

原動機種類

ハイブリッド

ハイブリッド

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

124

124

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

52.4

53.5

行程(ピストンストローク)(mm)

57.9

55.5

圧縮比(:1)

11

11.5

最高出力(kW[PS]/rpm) エンジン

9.0[12]/8,500

9.2[12.5]/8,750

最高出力(kW[PS]/rpm) 電動機(モーター)

1.4[1.9]/3,000

1.4[1.9]/3,000

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)エンジン

12[1.2]/5,000

12[1.2]/6,500

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)電動機(モーター)

4.3[0.44/3,000

4.3[0.44]/3,000

電動機(モーター)定格出力(kW)

0.36

0.36

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

8

8.1

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

フレーム型式

ダブルクレードル

アンダーボーン

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

ショックアブソーバ本数(後)

2

2

タイヤ(前)

100/80-14

110/70-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

48

50

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

120/70-14

130/70-13

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

55

63

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

燃料計 有
時計 有
トリップ 有

燃料計 有
時計 有
トリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
アイドリングストップ 有
DCソケット 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
アイドリングストップ 有
USBポート 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

432,000円(税込み) パールダークナイトブルー

448,800円(税込み) パールジャスミンホワイト

販売計画台数(国内・年間)

2,000台

1,500台

 

PCXハイブリッドとPCX e:HEVの違いを比較

 

PCXハイブリッドとPCX e:HEVの違いを比較

 

 

 

2021年1月28日のフルモデルチェンジでの主な変更点

 

     

  • モデルチェンジを受け、名称は「PCX HYBRID」から「PCX e:HEV」に変更。
  •  

  • 型式は、従来モデルの「2AJ-JF84」から「2AJ-JK06」に変更。
  •  

  • 先進性と上質感をより強調した外観に一新。水平基調で伸びやかなプロポーションと、シンプルでエレガントな面構成に、ダイナミックな流れを感じさせるエッジラインを合わせたデザインに。
  •  

  • 「PCX e:HEV」の車体色は、ホワイトとブルーのコンビネーションで先進的なイメージを表現した「パールジャスミンホワイト」1色の設定。
  •  

  • ヘッドライトのシグネチャーランプ裏側のブラケットと、テールランプ点灯部のインナーレンズをブルーとした。
  •  

  • シートをブラックとブルーのツートーンカラーとした。
  •  

  • 「e:HEV」専用のエンブレムを採用。
  •  

  • 軽快なハンドリングと日常での取り回しやすさを追求した新設計フレームを採用。剛性バランスを保ちながらフレームボディー単体での軽量化を実現。
  • PCXハイブリッドとPCX e:HEVのフレームの違いを比較

     

  • エンジン始動などに用いられるACGモーターが、駆動力のアシストを行うところなど、ハイブリッドシステムの基本は踏襲されたが、新設計の水冷・4ストローク・4バルブ・124cc単気筒エンジン「eSP+」に変更。「eSP+」は、環境対応型コミューター用エンジン「eSP」に付加価値技術を採用して、高い環境性能だけでなく、出力の向上とフリクションの低減を実現したエンジン。動弁機構を4バルブ化し、バルブ面積を拡大させ、混合気の吸気効率と燃焼ガスの排気効率を高めることで高出力化を達成。さらにシリンダー内径×行程のショートストローク化による摺動抵抗の低減と圧縮比を高めた他、ピストン裏側へのエンジンオイルを噴射し、効率的な冷却と点火時期の進角化を可能とするピストンオイルジェットの採用などで出力向上に寄与。油圧式カムチェーンテンショナーリフターを採用し、フリクション低減と、騒音、振動の抑制を両立。
  •  

  • 「PCX e:HEV」は、この「eSP+」のエンジンに高出力型リチウムイオンバッテリーをエネルギー源としたモーターによるアシストを組み合わせ、低回転域でのトルク向上を図り、機敏なスロットルレスポンスや高い動力性能を、静粛性などの上質感を保ちながら実現。
  •  

  • エアクリーナーからインレットパイプまでの吸気経路の拡大と、スロットルボディー径を拡大によって吸気効率を向上。マフラー内部構造の最適化や排気抵抗の低減などを図るとともに、キャタライザーの配置を最適化し排気ガスの浄化性能を高めるなど、力強い走りと優れた環境性能を高次元で両立。
  •  

  • 後輪がディスクブレーキになった。
  •  

  • 新たにHonda セレクタブルトルクコントロール(HSTC)を採用。前後輪の車輪速センサーとスロットルポジションセンサーからの信号をもとに、燃料噴射量制御を行うことでエンジントルクを制御し後輪のスリップを抑制し、スリップしやすい路面での安心感に寄与。Honda セレクタブルトルクコントロールは、スリップをなくすためのシステムではなく、あくまでもライダーのアクセル操作を補助するシステム。
  •  

  • 「PCX e:HEV」のラゲッジボックスの容量は、23Lから24Lに拡大。
  •  

  • フロントインナーボックス内に携帯端末の充電などに便利な「USB ソケット」を標準装備。表裏問わず挿入可能なTYPE-Cコネクタを採用。
  •  

  • ホイールを新設計しタイヤのワイドサイズ化を図るとともに、リアアクスルトラベルを伸長させることで、軽快なハンドリングと快適な乗り心地に寄与。
  •  

  • ラバーマウント構造のハンドルホルダーを採用し、車体からライダーの手に伝わる不快な振動を軽減。心地良いライディングに寄与。
  •  

  • 別売りの純正アクセサリーに「トップボックス35L スマートキーシステムタイプ」を新たに設定。Honda SMART Key システムと連動させることで、より便利にトップボックスの解錠が可能となった。前モデルのHonda SMART Keyスマートキーシステムには非対応。
  •  

 

 

PCXハイブリッドとPCX e:HEVのスペックの違う部分

 

●発売日
2018年9月14日 → 2021年1月28日

 

●タイプグレード名
PCX HYBRID → PCX e:HEV

 

●モデルチェンジ区分
新登場 → フルモデルチェンジ

 

●型式
2AJ-JF84 → 2AJ-JK06

 

●全長 (mm)
1952 → 1935

 

●全幅 (mm)
745 → 740

 

●最低地上高(mm)
137 → 135

 

●車両重量 (kg)
135 → 136

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)
55 → 55.4

 

●燃料消費率 WMTCモード値(km/L)
51.9 → 51.2

 

●原動機型式
JF84E-K96 → JK06E-K1N

 

●気筒あたりバルブ数
2 → 4

 

●内径(シリンダーボア)(mm)
52.4 → 53.5

 

●行程(ピストンストローク)(mm)
57.9 → 55.5

 

●圧縮比(:1)
11 → 11.5

 

●最高出力(kW)
9 → 9.2

 

●最高出力(PS)
12 → 12.5

 

●最高出力回転数(rpm)
8500 → 8750

 

最大トルク回転数(rpm)
5000 → 6500

 

●燃料タンク容量 (L)
8 → 8.1

 

●ブレーキ形式(後)
機械式リーディングトレーリング → 油圧式ディスク

 

●タイヤ(前)
100/80-14 → 110/70-14

 

●タイヤ(前)荷重指数
48 → 50

 

●タイヤ(後)
120/70-14 → 130/70-13

 

●タイヤ(後)荷重指数
55 → 63

 

●車両装備
DCソケット 有 → USBポート 有
トラクションコントロール 無し → トラクションコントロール 有

 

●メーカー希望小売価格(税込み)
432,000円 → 448,800円

 

●カラーバリエーション
パールダークナイトブルー → パールジャスミンホワイト

 

●販売計画台数(国内・年間)
2,000台 → 1,500台

 

PCXの買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト