マグナ50とVツインマグナの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

マグナ50とVツインマグナの違いを比較

 

ホンダ マグナ50の歴史

1995年4月24日にホンダ マグナ50が新登場。型式は、A-AC13
マグナフィフティは、「Vツインマグナ」のスタイルを継承し、原付の概念を超える存在感あふれるカスタムスポーツバイク。エンジンは、空冷・4サイクル・単気筒。鞍型のシート、クラッチ付4段変速機、燃料タンク上面に配置した速度計、メガフォンタイプのマフラーを採用。車体色は、3色(ブラック、パールシャイニングイエロー、マックスシルバーメタリック)。
1996年1月にカラーチェンジ。
車体色は、3色(ブラックパールシャイニングイエロー、マックスシルバーメタリック)。
1999年3月24日にマイナーモデルチェンジ。型式は、BA-AC13
排出ガス規制の対応でブローバイガス還元装置を採用し、キャブレターのセッティングを変更。パンク発生に対する不安を軽減するタフアップチューブを前後輪に採用。燃料タンクに「MAGNA」のロゴをあしらう。車体色は、2色(ブーンシルバーメタリック、マットビュレットシルバー)。
2001年2月21日にカラーチェンジ。
タンクマークを250ccのV-TWINマグナと同デザインに変更。車体色は、2色(ブラック、ブーンシルバーメタリック)。
2003年2月28日にカラーチェンジ。
タンクにセンターストライプを施し、タンクロゴマークを一新。車体色は、2色(クラシカルホワイト、ブラック)。
2004年1月23日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パールヘロンブルー、クラシカルホワイト)。
2007年1月16日にカラーチェンジ。
車体色は、1色(グラファイトブラック)。
2007年9月に排ガス規制をもって生産終了が公表された。

 

 

ホンダ Vツインマグナの歴史

1994年6月25日に「Vツインマグナ」が新発売。型式は、MC29
エンジンは、VTシリーズなどに搭載された水冷4ストロークDOHC4バルブ90°V型2気筒のエンジン「MC15E型」のトルク特性を中低速領域に変更して、エンジンフィーリングに鼓動感をもたせた。車体右側にショートタイプのメガフォンマフラーを2連装で装備。車体色は、スターライトシルバーとマグナムガンメタリックの2色。
1995年6月に「Vツインマグナ」をカラーチェンジ。
車体色は、マグナムガンメタリックとパールグレートブルーとスターライトシルバーの3色。
1996年6月15日に「VツインマグナS」を新発売。
「Vツインマグナ」から変更された部分は、これまで後輪のみディッシュホイールだったが前輪にもディッシュホイールを採用。リアサスペンションにリジットサス風のフルカバー付きショックアブソーバーを採用。車体色は、ブラックとパールクリスタルホワイトの2色。
1997年1月15日に「Vツインマグナ」と「VツインマグナS」をマイナーチェンジ。
ハザードランプを装備、調節可能なアジャスタブルタイプのフロントブレーキレバーを採用。リアフェンダー左右側面のグラブバーに荷掛けフックを装備。車体色は、「Vツインマグナ」がキャンディワインベリーレッドとスターライトシルバーメタリックの2色。「VツインマグナS」がパールクリスタルホワイトとブラックとサンディーベージュメタリックの3色。
1997年6月に「VツインマグナS Special Edition」を発売。
車体色は、グリーン。
1999年3月24日に「Vツインマグナ」をマイナーチェンジ。型式は、BA-MC29
より余裕のあるポジションにするため、スリムな新形状のシートを採用し、ステップ位置を従来モデルより40mm前方へ移動。新排出ガス規制と新騒音規制の適合のためにエキゾースト・エアインジェクションシステムと新設計のエキゾーストマフラーを採用。フレームとエンジンをブラック塗装とし、燃料タンクに「MAGNA」のロゴをあしらった。車体色は、ブラックとキャンディフェニックスブルーの2色。
2000年12月15日に「Vツインマグナ」をカラーチェンジ。
サイドカバーにHONDAロゴマークを追加。燃料タンクのマークを変更。車体色は、フォースシルバーメタリック。
2003年1月31日に「Vツインマグナ」をカラーチェンジ。
車体色は、フォースシルバーメタリックとパールホワイトの2色。

2004年11月30日に「Vツインマグナ」をマイナーチェンジ。
燃料タンクに新デザインのロゴマークと「SPIRIT OF THE PHOENIX」の立体エンブレムを採用。他にも強化ハンドルロック機構や強化キーシリンダー、イグニション配線の直結始動防止回路を採用。イモビアラームキット(別売)が取り付け可能なプレワイヤリングを装備。車体色は、ブラックとパールクリスタルホワイトの2色。
2006年11月24日に「Vツインマグナ」をカラーチェンジ。
エンジン、フロントホイール中心部、フロントディスクブレーキの内側、リアブレーキカバーをブラックに。車体色は、グラファイトブラック。これが最終モデルとなった。
2007年9月に生産終了を公表。

 

 

ここでは、
1999年3月24日発売のホンダ マグナ50(BA-AC13)と
1999年3月24日発売のホンダ Vツインマグナ(BA-MC29)
の違いを比較しました。

 

 

マグナ50とVツインマグナのスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

マグナ50

Vツインマグナ

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

型式

BA-AC13

BA-MC29

発売日

1999年3月24日

1999年3月24日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1960

2315

全幅 (mm)

760

880

全高 (mm)

945

1065

ホイールベース (mm)

1320

1620

最低地上高(mm)

165

130

シート高 (mm)

635

690

乾燥重量 (kg)

87

171

車両重量 (kg)

96

183

最小回転半径(m)

2.3

3.1

乗車定員(名)

1

2

燃料消費率 国交省届出

105(30km/h走行時)(km/L)

36(60km/h走行時)(km/L)

原動機型式

AC09E

MC15E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

2

シリンダ配列

単気筒

V型(L型)

シリンダバンク角(°)

-

90

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

49

249

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

DOHC

気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

39

60

行程(ピストンストローク)(mm)

41.4

44.1

圧縮比(:1)

10

11

最高出力(kW)

-

20

最高出力(PS)

3.9

27

最高出力回転数(rpm)

8000

10000

最大トルク(N・m)

-

23

最大トルク(kgf・m)

0.38

2.3

最大トルク回転数(rpm)

6000

7500

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

PB3E

-

燃料タンク容量 (L)

8

11

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

-

2.9

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

840(30km/h走行時)

396(60km/h走行時)

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

C.D.I.式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR6HSA

CR8EH-9

点火プラグ必要本数・合計

1

2

搭載バッテリー・型式

YTR4A-BS

YTX7L-BS

バッテリー容量

-

12V-6.0Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.8

2.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.6

2.1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

-

1.9

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

湿式・単板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・4段変速

リターン式・5段変速

1次減速比

4.312

2.821

2次減速比

2.8

2.714

変速比

1速 3.272/2速 1.937/3速 1.350/4速 1.042

1速 2.733/2速 1.799/3速 1.375/4速 1.110/5速 0.964

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

14

スプロケット歯数・後

42

38

チェーンサイズ

420

520

標準チェーンリンク数

100

110

フレーム型式

ダブルクレードル

ダブルクレードル

キャスター角

32°25

35

トレール量 (mm)

104

159

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

-

2

タイヤ(前)

80/100-16

120/80-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

45

61

タイヤ(前)速度記号

P

S

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブレス

タイヤ(後)

4.50-12

150/80-15

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

61

70

タイヤ(後)速度記号

J

S

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

1.6

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

2.75

3.5

ヘッドライト定格(Hi)

30W/30W

60W/55W

メーカー希望小売価格

299,000円

545,000円

 

マグナ50とVツインマグナの違いを比較

 

マグナ50とVツインマグナの外観の比較のGIF動画

 

マグナ50とVツインマグナの違いを比較

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
マグナ50    96kg | 3.9ps/8000rpm | 0.38kgf・m/6000rpm
Vツインマグナ 183kg | 27ps/10000rpm | 2.3kgf・m/7500rpm

 

 

●シート高
マグナ50 635mm
Vツインマグナ 690mm

 

 

●タンク容量
マグナ50 8L
Vツインマグナ 11L

 

●燃料消費率 国交省届出
マグナ50 105km/L(30km/h走行時)
Vツインマグナ 36km/L(60km/h走行時)

 

 

●発売日
1999年3月24日

 

●通称名
マグナ フィフティ

 

●型式
BA-AC13

 

●車体色(2色)
ブーンシルバーメタリック
マットビュレットシルバー

 

●販売計画台数 (国内・年間)
5,500台

 

●メーカー希望小売価格
299,000円(参考価格。消費税を含まず。)

 

●発売日
1999年3月24日

 

●通称名
V-ツイン マグナ

 

●型式
BA-MC29

 

●車体色(2色)
キャンディフェニックスブルー
ブラック

 

●販売計画台数 (国内・年間)
2,500台

 

●メーカー希望小売価格
545,000円(参考価格。消費税を含まず。)

 

 

50ccと250ccは、別物だから250ccのVツインマグナに乗ったほうがいいよ。それにこれは、俺の持論だけど、アメリカンは排気量が大きいほどカッコイイ。

 

 

アメリカンは、足つきは良いから背が低い人でもどっちを選んでも問題ない。

 

 

Vツインマグナは、排気量が250ccだから普通自動二輪免許が必要。マグナ50は、50ccだから原付免許で乗れる。

 

 

マグナ50は、50ccだから30km/h制限と二段階右折がある。

 

 

Vツインマグナは、二人乗りできるけど、マグナ50は、二人乗りできない。

 

 

普通自動二輪免許が無いならマグナ50でもいいと思うけど、原付アメリカンは正直ダサいと思う。なんか背伸びして乗ってるみたいな感じがする。

 

 

マグナ50の方が売れてる。

 

マグナ50とVツインマグナの買取価格の相場

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト