アドレスV50とアドレスV50Gの違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる

原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

アドレスV50とアドレスV50Gの違いを比較

 

スズキ アドレスV50の歴史

2006年3月1日に「アドレスV50」と「アドレスV50G」の4ストロークモデルが新登場。型式は、BA-CA42A
アドレスV50の車名を復活させフルモデルチェンジして発売。レッツ4のエンジンを発展させたフューエルインジェクション、4ストロークエンジンを搭載。66kgの軽量ボディ(アドレスV50Gは67kg)、フルフェイスが横向きに収納できるシート下トランク、ハンドル下にインナーポケット、かばんホルダー、リヤキャリアなどを装備。「アドレスV50G」は、専用のカラーリング、盗難抑止アラーム、シート下トランクに12Vのアクセサリーソケットを装備。
2007年1月に特別仕様の「アドレスV50」を発売。
シルバーの特別色を採用。
2007年9月に「アドレスV50」をマイナーチェンジ。また「アドレスV50G」を追加。型式は、JBH-CA44A
平成18年国内排出ガス規制に対応。
アドレスV50の「型式BA-CA42A」と「型式JBH-CA44A」の違いの比較は、こちら。
2008年1月1日に「アドレスV50 限定車」を発売。
車体色は、キャンディナポレオンブルーを採用。2,000台限定で発売。
2008年12月に「アドレスV50」のカラーを追加。
2009年1月に「アドレスV50」のカラーを追加。
2009年5月に「アドレスV50G」のカラーチェンジ。
2010年7月29日に「アドレスV50」と「アドレスV50G」をマイナーチェンジ。
エアクリーナーボックス形状とマフラー形状とマフラーカバー形状を変更。
アドレスV50の2010年7月29日のマイナーチェンジでの変更点は、こちら。
2010年12月24日に「アドレスV50」をカラーチェンジ。

2011年5月24日に「アドレスV50」をマイナーチェンジ。
前後ホイール色を黒に変更。スピードメーターパネルのデザインを変更。車体サイドの車名ロゴデカールのデザインを変更。
2011年12月26日に「アドレスV50」をカラーチェンジ。
2012年1月27日に「アドレスV50」をカラーチェンジ。
2012年2月20日に「アドレスV50」をマイナーチェンジ。
フロントフォークブーツを廃止。
2012年12月25日に「アドレスV50」をカラーチェンジ。
2013年2月20日に「アドレスV50」をカラーチェンジ。
2013年5月8日に「アドレスV50」をカラーチェンジ。
2014年1月20日に「アドレスV50」をカラーチェンジ。
2015年5月7日に「アドレスV50」をマイナーチェンジ。型式は、JBH-CA4BA
新型レッツと共通のエンジンの搭載し、燃費が向上。同時にガソリンタンク容量もレッツに準じて従来の4.5Lから4.8Lへと増量。シート高やハンドルバーの位置を高めに設定。
アドレスV50の「型式JBH-CA46A」と「型式JBH-CA4BA」の違いの比較は、こちら。
2017年9月27日に「アドレスV50」をマイナーチェンジ。型式は、2BH-CA4BA
平成28年国内排出ガス規制に対応。
アドレスV50の「型式JBH-CA4BA」と「型式2BH-CA4BA」の違いの比較は、こちら。

2019年1月11日に「アドレスV50」をカラーチェンジ。
2020年1月10日に「アドレスV50」をカラーチェンジ。
2021年1月8日に「アドレスV50」の価格を改定して発売。
メーカー希望小売価格(税込み価格)が旧価格の178,200円から182,600円にアップ。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
2006年3月1日発売のスズキ アドレスV50(型式 BA-CA42A)と
2006年3月1日発売のスズキ アドレスV50G(型式 BA-CA42A)
の違いを比較しました。

 

 

アドレスV50とアドレスV50Gのスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名 アドレスV50 アドレスV50G
モデルチェンジ区分 新登場 新登場
型式 BA-CA42A BA-CA42A
発売日 2006年3月1日 2006年3月1日
仕向け・仕様 国内向けモデル 国内向けモデル
全長 (mm) 1670 1670
全幅 (mm) 605 605
全高 (mm) 1005 1005
ホイールベース (mm) 1150 1150
最低地上高(mm) 105 105
車両重量 (kg) 71 72
最小回転半径(m) 1.8 1.8
乗車定員(名) 1 1
燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L) 76 76
原動機型式 A404 A404
原動機種類 4ストローク 4ストローク
気筒数 1 1
シリンダ配列 単気筒 単気筒
冷却方式 空冷 空冷
排気量 (cc) 49 49
カム・バルブ駆動方式 OHC(SOHC) OHC(SOHC)
気筒あたりバルブ数 2 2
内径(シリンダーボア)(mm) 39 39
行程(ピストンストローク)(mm) 41.8 41.8
圧縮比(:1) 10.7 10.7
最高出力(kW) 3.8 3.8
最高出力(PS) 5.2 5.2
最高出力回転数(rpm) 8500 8000
最大トルク(N・m) 4.5 4.5
最大トルク(kgf・m) 0.46 0.46
最大トルク回転数(rpm) 6500 6500
燃料供給方式 フューエルインジェクション フューエルインジェクション
燃料タンク容量 (L) 4.5 4.5
燃料(種類) レギュラーガソリン レギュラーガソリン
エンジン始動方式 セルフ・キック 併用式 セルフ・キック 併用式
点火装置 C.D.I.式 C.D.I.式
点火プラグ標準搭載・型式 CR6HSA CR6HSA
点火プラグ必要本数・合計 1 1
搭載バッテリー・型式 YT4L-BS YT4L-BS
エンジン潤滑方式 ウェットサンプ式 ウェットサンプ式
エンジンオイル量(オイル交換時) (L) 0.7 0.7
推奨エンジンオイル(SAE粘度) 10W-40 10W-40
クラッチ形式 乾式・多板・遠心 乾式・多板・遠心
変速機形式 Vベルト式・無段変速 Vベルト式・無段変速
変速機・操作方式 自動変速 自動変速
1次減速比 3.5 3.5
2次減速比 3.769 3.769
フレーム型式 アンダーボーン アンダーボーン
キャスター角 25°00′ 25°00′
トレール量 (mm) 65 65
ブレーキ形式(前) 機械式リーディングトレーリング 機械式リーディングトレーリング
ブレーキ形式(後) 機械式リーディングトレーリング 機械式リーディングトレーリング
懸架方式(前) テレスコピックフォーク テレスコピックフォーク
懸架方式(後) ユニットスイング式 ユニットスイング式
タイヤ(前) 80/90-10 80/90-10
タイヤ(前)構造名 バイアス バイアス
タイヤ(前)荷重指数 35 35
タイヤ(前)速度記号 J J
タイヤ(前)タイプ チューブレス チューブレス
タイヤ(後) 80/90-10 80/90-10
タイヤ(後)構造名 バイアス バイアス
タイヤ(後)荷重指数 35 35
タイヤ(後)速度記号 J J
タイヤ(後)タイプ チューブレス チューブレス
ホイールリム幅(前) 2.15 2.15
ホイールリム幅(後) 2.15 2.15
ヘッドライト定格(Hi) 35W 35W
ヘッドライト定格(Lo) 30W 30W
テールライト定格(制動/尾灯) 21/5W 21/5W
スピードメーター表示形式 アナログ アナログ
車両装備 シート下収納(シート下トランク) 有
キャリア 有
センタースタンド 有
シート下収納(シート下トランク) 有
キャリア 有
センタースタンド 有
盗難抑止アラーム 有
DCソケット 有
メーカー希望小売価格/カラーバリエーション 126,000円(消費税込み本体価格)
アルファレッド、
グラスシャインブラック、
グラスコスミックダークブルー、
ソリッドスペシャルホワイトNo.2
136,500円(消費税込み本体価格)
ユークレースシルバーメタリック、
グラスシャインブラック、
オールトグレーメタリック
販売計画台数(国内・年間) シリーズ合計30,000台(「アドレスV50」と「アドレスV50G」の合計)

 

アドレスV50(型式 BA-CA42A)とアドレスV50G(型式 BA-CA42A)の違いを比較

 

アドレスV50(型式 BA-CA42A)とアドレスV50G(型式 BA-CA42A)の違い

 

装備の違い

 

「アドレスV50」と「アドレスV50G」の共通の装備は、
500mlのペットボトルが余裕で入るフロントインナーポケット。
大型サイズのストッパー付カバンホルダー。
フルフェイスが収納できるシート下トランク。
スタンド掛けがしやすいスタンドグリップを装備。
フューエルインジェクションの不調やバッテリーの電圧低下を知らせる、インジケーターやアナログ式の燃料計を採用したメーターパネル。

 

「アドレスV50G」だけの装備は、携帯電話の充電ができるDCソケットをシート下トランク内に装備した。

 

 

セキュリティ機能の違い

 

「アドレスV50」と「アドレスV50G」の共通のセキュリティ機能は、メインキーにハンドルロックとシートロック解除を一体化した集中ロックを採用。直結始動抑止回路を搭載したシャッター付キーシリンダーを採用した。

 

「アドレスV50G」だけのセキュリティ機能は、駐車中の車体の揺れを感知してアラームで知らせる盗難抑止アラームを装備した。

 

車体色の違い

 

●アドレスV50(全4色)
赤色「アルファレッド」
黒色「グラスシャインブラック」
紺色「グラスコスミックダークブルー」
白色「ソリッドスペシャルホワイトNo.2」

 

●アドレスV50G(全3色)
青銀色「ユークレースシルバーメタリック」
黒色「グラスシャインブラック」
灰銀色「オールトグレーメタリック」

 

 

アドレスV50(型式 BA-CA42A)とアドレスV50G(型式 BA-CA42A)の比較の口コミ

 

 

アドレスV50Gには、メットイン内にDCソケットが装備されてるのと盗難防止アラームが付いてるのとカラーリングが違うだけだね。それで車重が1kg重くなって値段は、10500円アップ。

 

 

アドレスV50とアドレスV50Gの違いって限定色+DCソケット+アラームだけ。それに差額分出す価値があるか悩むね。

 

 

アラームは、泥棒が動かそうとしたら鳴るから盗難が心配な人は、アドレスV50Gがいいね。

 

 

アドレスV50GのDCソケットはメットインの中にある。たしか蓋付きだったと思うから便利だよ。ソケットが足りないなら車用の追加ソケットを付ければいい。まあ1万円ぐらいしか違わないから俺は、アドレスV50Gにした。気休めの防犯アラームも付いてるし。

 

 

あまり乗らない人がDCソケットを使い続けたらバッテリー上がるよ。

 

 

アドレスV50Gのアラームの質は結構いいよ。

 

アドレスV50とアドレスV50Gの買取相場

バイクを高く売る方法

 

何社も査定してもらう場合

 

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

 

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。

※2017年4月時点

 

バイク比較.comの公式サイト

 

 

1社だけ査定してもらう場合

 

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

 

バイク王の公式サイト