ADV150とトリシティ155の違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

ADV150とトリシティ155の違いを比較

 

ホンダ ADV150の歴史

2020年2月14日に新登場。型式は、2BK-KF38
ダブルクレードル構造のフレームに、グローバルエンジン「eSP(イーエスピー)」を搭載。足まわりは、専用設計でフロントサスは、クラス最長の130mmのストローク量。リアサスは、120mmのストローク量とし、放熱効果の高いリザーバータンク付きを採用。ブレーキは、1チャンネルタイプABS +ウェーブディスクを採用。ホイールはフロント12本、リア10本スポークを採用。他にもHonda SMART Keyシステム、エマージェンシーストップシグナル、アイドリングストップシステム、容量27Lのラゲッジボックス、容量2Lでアクセサリーソケット付きのフロントインナーボックスなどを採用。製造国は、タイ。車体色は、3色(マットメテオライトブラウンメタリック、マットガンパウダーブラックメタリック、ゲイエティーレッド)の設定。
2021年7月22日に限定カラーを追加。
限定カラー「ロスホワイト」を設定。受注期間は2021年6月11日〜8月31日まで。車体色は、継続色を含めた4色(ロスホワイト、マットメテオライトブラウンメタリック、マットガンパウダーブラックメタリック、ゲイエティーレッド)の設定。

 

 

ヤマハ トリシティ155 ABSの歴史

2017年1月20日に新登場。型式は、 2BK-SG37J
エンジンは、NMAX155同様のVVA(可変バルブ機構)付き「BLUECORE」エンジンを搭載。車体もエンジンに合わせて改良され、後輪はサイズが13インチにアップ。ABS標準装備で別構造でパーキングブレーキを追加。ヘッドライトはLEDとなった。他にも容量約23.5Lのシート下収納スペース、ヘルメットホルダー(2個)、コンビニフック、DC電源ソケット付きの蓋付きの小物入れなどを装備。生産は、タイ。車体色は、3色(マットビビッドパープリッシュブルーメタリック1、マットブラック2、ホワイトメタリック6)の設定。
トリシティ125とトリシティ155の違いの比較は、こちら。
トリシティ155とNMAX155の違いの比較は、こちら。
2019年3月20日にマイナーチェンジ。
従来モデルよりシート高が約15mm低く、フィット感に優れたシートを新たに採用。車体色は、3色(マットグレーメタリック3(新色)、マットビビッドパープリッシュブルーメタリック1、ホワイトメタリック6)。
2020年5月15日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(ブルーイッシュグレーソリッド4(新色)、マットグレーメタリック3、ホワイトメタリック6)。

 

 

ここでは、
2020年2月14日発売のホンダ ADV150(型式 2BK-KF38)と
2019年3月20日発売のヤマハ トリシティ155 ABS(型式 2BK-SG37J)
の違いを比較しました。

 

 

ADV150(型式 2BK-KF38)とトリシティ155 ABS(型式 2BK-SG37J)のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

ADV150

トリシティ 155 ABS

モデルチェンジ区分

新登場

マイナーチェンジ

型式

2BK-KF38

2BK-SG37J

発売日

2020年2月14日

2019年3月20日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1960

1980

全幅 (mm)

760

750

全高 (mm)

1150

1210

ホイールベース (mm)

1325

1350

最低地上高(mm)

165

165

シート高 (mm)

795

765

車両重量 (kg)

134

165

最小回転半径(m)

1.9

2.5

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

54.5

43.4

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

44.1

41.7

原動機型式

KF38E

G3G9E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

149

155

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

57.3

58

行程(ピストンストローク)(mm)

57.9

58.7

圧縮比(:1)

10.6

10.5

最高出力(kW)

11

11

最高出力(PS)

15

15

最高出力回転数(rpm)

6500

8000

最大トルク(N・m)

14

14

最大トルク(kgf・m)

1.4

1.4

最大トルク回転数(rpm)

6500

6000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

-

燃料タンク容量 (L)

8

7.2

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

MR8K-9

CPR8EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ8V

YTZ7V

バッテリー容量

12V-7Ah(10HR)

6.0Ah 10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.9

1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.8

0.9

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-40

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

-

1

2次減速比

-

10.208

フレーム型式

ダブルクレードル

アンダーボーン

キャスター角

26°30

20°00

トレール量 (mm)

85

67

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

ショックアブソーバ本数(後)

2

-

タイヤ(前)

110/80-14

90/80-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

53

43

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/70-13

130/70-13

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

57

57

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

2

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

2.25

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

燃料計 有
時計 有

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
アイドリングストップ 有
DCソケット 有
可変スクリーン 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有
緊急制動表示灯 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
前後連動式ブレーキ 有
パーキングブレーキ 有
可変バルブ機構 有
DCソケット 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

メーカー小売価格/カラーバリエーション

451,000円(消費税抜き本体価格 410,000円)
マットメテオライトブラウンメタリック、
マットガンパウダーブラックメタリック、
ゲイエティーレッド

475,200円(本体価格440,000円/消費税35,200円)
マットグレーメタリック3(マットグレー)、
ホワイトメタリック6(ホワイト)、
マットビビッドパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)

国内年間計画販売台数

3,000台

1,500台(シリーズ合計)
トリシティ155の年間販売計画台数の推移は、こちら。

生産国

タイ

タイ

 

ADV150(型式 2BK-KF38)とトリシティ155(型式 2BK-SG37J)の外観の違いを比較

 

ADV150(型式 2BK-KF38)とトリシティ155(型式 2BK-SG37J)の外観の違いを比較

 

左がADV150(型式 2BK-KF38)
右がトリシティ155 ABS(型式 2BK-SG37J)
ADV150(型式 2BK-KF38)とトリシティ155(型式 2BK-SG37J)の装備の違いを比較

 

ADV150とトリシティ155の違いを比較

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
ADV150 134kg | 15ps/6500rpm | 14N・m/6500rpm
トリシティ155 ABS 165kg | 15ps/8000rpm | 14N・m/6000rpm

 

 

トリシティ155は、軽量化にあまりコスト掛けてないせいか無駄に重い。

 

 

●シート高
ADV150 795mm
トリシティ155 ABS 765mm

 

 

身長170cmでシートの段差の部分まで深く腰掛けると
トリシティ155は、片足つま先立ち。
ADV150は、両足つま先立ち。

 

 

●タンク容量
ADV150 8L
トリシティ155 ABS 7.2L

 

●燃費WMTCモード値
ADV150 44.1km/L
トリシティ155 ABS 41.7km/L

 

●航続距離
ADV150 8L × 44.1km/L =352.8km
トリシティ155 ABS 7.2L × 41.7km/L =300.24km

 

 

2020年5月4日に東京のSOXで
トリシティ155の新車のマットグレーの
車体価格が36.52万円
乗り出し価格が42.22万円

 

ADV150の新車のレッドの
車体価格が38.39万円
乗り出し価格が45.15万円

 

 

ADV150は、3輪のトリシティ155とほぼ同じぐらいの価格設定だから結構高いね。

 

 

ADV150のシート下スペースは、容量27Lリットル。
トリシティ155のシート下スペースは、容量23.5リットルで夜便利なLED照明付き。

 

 

150クラスで高速走行云々の話だとトリシティ155が最強な気がする。通勤で使ってリアボックス付けて週末にソロキャンプしたりする感じだとADV150よりトリシティ155のがハマりそう。ADV150の魅力は、見た目と街中で最強クラスに速いことかな。

 

 

トリシティ155は、デカ過ぎる。拒否される駐輪場もあるって聞いたことがあるし。

 

 

悪天候の中走るならトリシティ155が最強だよ。

 

ADV150とトリシティ155の中古車価格と買取相場

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト