グロムとスーパーカブC125の違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

グロムとスーパーカブC125の違いを比較

 

ホンダ グロムの歴史

2013年6月21日に「グロム」が新登場。型式は、EBJ-JC61
2013年1月に「MSX125」としてタイで生産し、タイで発売開始したモデルを日本にも導入。小型のバックボーン型フレームにウェーブ125iと共通設計でスーパーカブシリーズと同様の前傾80°JC61E型空冷4ストロークSOHC単気筒エンジンを搭載。燃料供給は、ウェーブ125i同様のPGM-FI電子式燃料噴射装置だが、本モデル向けにチューニングを施し、エンジンオイル容量を0.9L→1.1Lに増加。クラッチは自動遠心から通常のマニュアルへ変更。マニュアルトランスミッションは常時噛合式4段。マフラーはアップタイプを装着。ホイールサイズは前後とも12インチ。車体色は、3色(パールクィーンビーイエロー、パールバレンタインレッド、アステロイドブラックメタリック)。
MSX125とグロムの違いの比較は、こちら。
2014年4月15日にマイナーチェンジ。
新色のパールヒマラヤズホワイトを追加、継続色の2色(アステロイドブラックメタリック、パールバレンタインレッド)とあわせて3色の設定。また、車体各部のカラーを変更。ホイール、前後ブレーキキャリパー、サイドカバーガーニッシュにゴールドカラーを採用。シートカウル、ヘッドライトステーに車体色と同色を施した。
2015年3月5日にカラーチェンジ。
新色のマリゴールドイエローを追加。継続色の2色(パールヒマラヤズホワイト、アステロイドブラックメタリック)とあわせて全3色の設定。サイドカバーとリアカウルにマットブラック塗装を施した。継続色の2色のシュラウドにあしらったウイングマークをレッドに変更。「GROM」のロゴを拡大しサイドカバーに貼付。
2016年6月9日にマイナーチェンジ。
新設計のLEDヘッドライトを採用。ボディー形状はエッジを効かせたデザインに変更。ヒンジ式のタンクキャップを新たに採用。、イグニッションキーのブレード部を持ち手に収納可能としたフォールディング機能付き「リトラクタブルキー」をHondaの二輪車で初めて採用。車体色は、3色(パールバレンタインレッド、レモンアイスイエロー、パールヒマラヤズホワイト)。
グロムの2016年6月9日のマイナーチェンジ前後の違いの比較は、こちら
2017年7月24日にカラーチェンジ。型式は、2BJ-JC75
前後のホイールとブレーキキャリパー、エンジン右側面のカバーにゴールド、リアサスペンションのスプリングにレッドのカラーを採用。車体色に新色の「マットアクシスグレーメタリック」を追加。従来色のパールバレンタインレッド、パールヒマラヤズホワイトと合わせて全3色の設定。
グロムの「EBJ-JC61」と「2BJ-JC75」の違いを比較
2020年3月13日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ロスホワイト、マットアクシスグレーメタリック)。共通の変更点としてエッジの効いたストライプを施し、前後のホイールとエンジン右側面のカバー、リアサスペンションスプリングをブラック塗装とした。ブレーキキャリパーにはレッドを採用。車体色ロスホワイトは、サイドカバーとリアカウルがレッド。車体色マットアクシスグレーメタリックは、グレーとゴールドを組み合わせた。
2021年3月25日にマイナーチェンジ。型式は、2BJ-JC92

モデルチェンジされ、3代目となった。新開発の空冷・4ストローク・OHC・単気筒123ccエンジンは、従来よりボア×ストロークがロングストローク型となり、圧縮比も高くなった。タンク容量が0.3L増え6.0Lとなり、ミッションが4速→5速に変更。外観は、一新され、シート形状がフラットになった。フロント1チャンネルABSを搭載。メーターにギアポジションインジケーターとREVインジケーターを追加。車体色は、2色(フォースシルバーメタリック、マットガンパウダーブラックメタリック)。
グロムの2021年3月25日のマイナーチェンジ前後の違いの比較は、こちら。

 

 

ホンダ スーパーカブC125の歴史

2018年9月14日に「スーパーカブC125」が新登場。型式は、2BJ-JA48
2018年6月28日にタイホンダ・マニュファクチュアリングカンパニー・リミテッドが製造、本田技研工業が輸入事業者となる形で2018年9月14日から日本で販売開始。レッグシールドからリアフェンダーに繋がる滑らかな曲線のスタイルは、これまでのスーパーカブだが、フレームは、最新の解析技術により最適な剛性が与えられた新開発のバックボーンフレーム。エンジンは、シリンダーを水平方向に寝かせた横置きエンジンに見えるが、それはグロムやモンキー125と共通の最新のOHC124tエンジン。キャストホイール・前輪ディスクブレーキ・スチール製リヤフェンダーを装着。LEDやスマートキーシステムを採用。始動方式は、シリーズ初のセルフ式のみ。車体色は、パールニルタバブルーの1色。
モンキー125とスーパーカブC125の違いの比較は、こちら。
2019年6月21日に新色を追加。
車体色は、2色(パールカデットグレー、パールニルタバブルー)の設定。
2020年7月31日に新色を追加。
車体色は、3色(パールシャイニングブラック(新色)、パールカデットグレー、パールニルタバブルー)。

 

 

ここでは、
2017年7月24日発売のホンダ グロム(型式 2BJ-JC75)と
2018年9月14日発売のホンダ スーパーカブC125(型式 2BJ-JA48)
の違いを比較しました。

 

 

グロムとスーパーカブC125のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

グロム

スーパーカブC125

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

型式

2BJ-JC75

2BJ-JA45

発売日

2017年7月24日

2018年9月14日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1755

1915

全幅 (mm)

730

720

全高 (mm)

1000

1000

ホイールベース (mm)

1200

1245

最低地上高(mm)

155

125

シート高 (mm)

760

780

車両重量 (kg)

104

110

最小回転半径(m)

1.9

2

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

62.7

69

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

67.1

66.1

原動機型式

JC75E

JA48E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

124

124

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

52.4

52.4

行程(ピストンストローク)(mm)

57.9

57.9

圧縮比(:1)

9.3

9.3

最高出力(kW)

7.2

7.1

最高出力(PS)

9.8

9.7

最高出力回転数(rpm)

7000

7500

最大トルク(N・m)

11

10

最大トルク(kgf・m)

1.1

1

最大トルク回転数(rpm)

5250

5000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

-

燃料タンク容量 (L)

5.7

3.7

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR6EA-9

CPR6EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ5S

YTZ5S

バッテリー容量

12V-3.5Ah 10HR

12V-3.5Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.1

1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.9

0.8

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・4段変速

リターン式・4段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

3.35

3.363

2次減速比

2.266

2.571

変速比

1速 2.500/2速 1.549/3速 1.149/4速 0.922

1速 2.500/2速 1.549/3速 1.149/4速 0.922

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

14

スプロケット歯数・後

34

36

チェーンサイズ

420

420

標準チェーンリンク数

106

106

フレーム型式

バックボーン

バックボーン

キャスター角

25°00

26°30

トレール量 (mm)

81

71

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

機械式リーディングトレーリング

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

倒立フォーク

-

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

2

タイヤ(前)

120/70-12

70/90-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

51

38

タイヤ(前)速度記号

L

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/70-12

80/90-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

56

44

タイヤ(後)速度記号

L

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

-

ホイールリム幅(前)

2.75

-

ホイールリム形状(後)

MT

-

ホイールリム幅(後)

3.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

2

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2

2.25

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

アナログ

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

-

センタースタンド 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

351,000円(消費税抜き本体価格 325,000円)
マットアクシスグレーメタリック、
パールバレンタインレッド、
パールヒマラヤズホワイト

399,600円(消費税抜き本体価格 370,000円)
パールニルタバブルー

販売計画台数(国内・年間)

3,000台
グロムの年間販売計画台数の推移は、こちら。

シリーズ合計 3,000台

製造国

タイ

タイ

 

グロムとスーパーカブC125の違いを比較
グロムとスーパーカブC125の外観のサイドの違いを比較
グロムとスーパーカブC125の違いを比較

 

グロムとスーパーカブC125の違いを比較

 

 

スーパーカブC125のJA48E型空冷4ストロークSOHC単気筒前傾80°シリンダーエンジンの内径x行程=52.4mm×57.9mm、圧縮比9.3、排気量124t、PGM-FI電子制御式燃料噴射装置による燃料供給は、2017年7月24日に発売されたグロムのJC75E型と共通で、出力特性をスーパーカブC125用にチューニングして最高出力を「7.1kW〔9.7ps〕/7,500rpm」、最大トルクを10Nm〔1.0kgf・m〕/5,000rpmのスペックとなった。

 

 

スーパーカブC125やグロムだけでなくモンキー125もベースエンジンがWAVE125iだね。

 

 

スーパーカブC125は、シフトインジケーターが付いてるし、スマートキーなのがいい。

 

 

グロムのタンク容量は、5.7リットルしかないけど、スーパーカブC125の3.7リットルに比べたらマシだな。

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
グロム 104kg | 9.8ps/7000rpm | 11N・m/5250rpm
スーパーカブC125 110kg | 9.7ps/7500rpm | 10N・m/5000rpm

 

 

●シート高
グロム 760mm
スーパーカブC125 780mm

 

 

●タンク容量
グロム 5.7L
スーパーカブC125 3.7L

 

●燃費WMTCモード値
グロム 67.1km/L
スーパーカブC125 66.1km/L

 

●航続距離
グロム 5.7L × 67.1km/L =382.47km
スーパーカブC125 3.7L × 66.1km/L =244.57km

 

 

2021年1月20日に東京の店で
グロムの新車のホワイトの
車体価格が29.59万円
乗り出し価格が32.72万円

 

スーパーカブC125の新車のダークブルーの
車体価格が36.52万円
乗り出し価格が39.65万円

 

グロムとスーパーカブC125の中古車価格と買取相場

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト