トリシティとジョグ125の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる

原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

 

当サイトは、広告を利用しています。記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

トリシティ125とジョグ125の違いを比較

 

ヤマハ トリシティ125の歴史

2014年9月10日に「トリシティ125」が新登場。型式は、 EBJ-SE82J
ヤマハは、「ニュースタンダード シティコミューター」のコンセプトを基にLMWと呼ばれる二輪のように傾斜して曲がる三輪以上の車両の開発に着手し、その第一弾がトリシティで2014年4月にタイの現地法人のタイヤマハモーターで製造販売を開始。日本では、「トリシティ MW125」として2014年9月10日に発売。水冷4ストローク124cm3 CVTエンジンを搭載。液晶デジタルメーター、60/55W(H4)ヘッドライト、LEDポジションランプ、・90/80-14 前輪タイヤ、110/90-12 後輪タイヤ。シート下トランク容量は、20リットル。車両重量は、164kg。車体色は、3色(ブラック、ホワイト、マットレッド)の設定。
2015年4月20日に「トリシティ125 ABS」を追加。
ABS(アンチロックブレーキシステム)を標準装備した「トリシティ125 ABS」を発売。
車体色は、3色(ブラック、ホワイト、マットレッド)の設定。
2015年12月15日に「トリシティ125」と「トリシティ125 ABS」に新色を追加。
新色のマットブルーメタリック3(マットブルー)を追加。
2016年3月1日に快適セレクションを追加。
トリシティ125/トリシティ125 ABSにトップケースとナックルバイザー等を標準装着した快適セレクションをラインナップに追加。車体色は、4色(ブラック、ホワイト、マットブルー、マットレッド)の設定。
2018年1月20日にフルモデルチェンジ。型式は、2BJ-SEC1J
主な特徴は、VVA(可変バルブ機構)搭載の「BLUE CORE」エンジンを採用。乗り心地や足元スペースの拡大に貢献する新設計フレームと新サスペンションの採用。足付きを考慮したシート高765mmのメインシートを採用。LEDヘッドランプを採用。リヤホイール径を12インチからトリシティ155と同じ13インチにアップ。シート下トランク容量は、23.5リットルにアップ。車体色は、「トリシティ125」が2色(ホワイトとマットグレー)。「トリシティ125 ABS」が2色(ホワイトとシアン) 。
トリシティ125(EBJ-SE82J)とトリシティ125(2BJ-SEC1J)の詳しい違いはこちら
2019年3月20日にカラーチェンジ。
車体色は、新色のマットペールブルーメタリック2(マットペールブルー)と継続色2色(ホワイト、マットグレー)をあわせた3色の設定。
2021年4月8日にカラーチェンジ。
車体色は、新色のライトリーフグリーンソリッド6(イエロー)と継続色2色(ホワイト、マットグレー)をあわせた3色の設定。

2023年2月28日にマイナーチェンジ。型式は、8BJ-SEK1J
平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合し、型式を「8BJ-SEK1J」に変更。スマホの上表を表示できる新デザインメーター、照射範囲を拡大したLEDヘッドランプ、自然なハンドリングを生むLMWアッカーマン・ジオメトリ機構、新デザインのインナーパネル、足元の自由度を広げたフットボード、新フレームを採用しホイールベースを60mm延長、スマホとの連携機能、上質感のある乗り心地を生む新作リアサスペンション、操作しやすいタンデムフットレスト、新たにアイドリングストップ機構を採用。また、ABSモデルが廃止されて、前後連動式ブレーキ搭載モデルのみになった。車体色は、新色の3色(ダークグレーイッシュブルーソリッドB、ホワイトメタリック6、マットグレーメタリック3)。
トリシティ125の「型式2BJ-SEC1J」と「型式8BJ-SEK1J」の違いの比較は、こちら。

 

 

ヤマハ ジョグ125の歴史

2022年11月28日に「ジョグ125」が新発売。型式は、8BJ-SEJ5J
124ccの空冷4スト単気筒OHC2バルブ「BLUE CORE」エンジンを新設計のアンダーボーンフレームに搭載。このフレームの採用による735mmというシート高と広いフットスペース、シート下トランク容量21.3L、リアブレーキ操作でフロントブレーキにもバランスよく効力を発生させる「UBS(Unified Brake System)」、前後10インチのホイールなどを採用。車両重量、95kg。車体色は、4色(マットダルパープリッシュブルーメタリック2、ブラックメタリックX、ダルレッドメタリックD、ホワイトメタリック1)。製造は、台湾。

 

 

ここでは、
2021年4月8日発売のヤマハ トリシティ125(型式 2BJ-SEC1J)と
2022年11月28日発売のヤマハ ジョグ125(型式 8BJ-SEJ5J)
の違いを比較しました。

 

 

トリシティ125(型式 2BJ-SEC1J)とジョグ125(型式 8BJ-SEJ5J)のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名 トリシティ125 ジョグ125
モデルチェンジ区分 カラーチェンジ 新登場
型式 2BJ-SEC1J 8BJ-SEJ5J
発売日 2021年4月8日 2022年11月28日
仕向け・仕様 国内向けモデル 国内向けモデル
全長 (mm) 1980 1740
全幅 (mm) 750 675
全高 (mm) 1210 1090
ホイールベース (mm) 1350 1205
最低地上高(mm) 165 110
シート高 (mm) 765 735
車両重量 (kg) 159 95
最小回転半径(m) 2.5 -
乗車定員(名) 2 2
燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L) 46.2 57.7
燃料消費率 WMTCモード値(km/L) 43.6 51.9
原動機型式 E3V7E E33VE
原動機種類 4ストローク 4ストローク
気筒数 1 1
シリンダ配列 単気筒 単気筒
冷却方式 水冷 空冷
排気量 (cc) 124 124
カム・バルブ駆動方式 OHC(SOHC) OHC(SOHC)
気筒あたりバルブ数 4 2
内径(シリンダーボア)(mm) 52 52.4
行程(ピストンストローク)(mm) 58.7 57.9
圧縮比(:1) 11.2 10.2
最高出力(kW) 9 6.1
最高出力(PS) 12 8.3
最高出力回転数(rpm) 7500 7000
最大トルク(N・m) 12 9.8
最大トルク(kgf・m) 1.2 1
最大トルク回転数(rpm) 7250 5000
燃料供給方式 フューエルインジェクション フューエルインジェクション
燃料タンク容量 (L) 7.2 4
燃料(種類) レギュラーガソリン レギュラーガソリン
エンジン始動方式 セルフスターター式 セルフスターター式
点火装置 フルトランジスタ式 フルトランジスタ式
点火プラグ標準搭載・型式 CPR8EA-9 -
点火プラグ必要本数・合計 1 -
搭載バッテリー・型式 YTZ7V YTX5L-BS
バッテリー容量 12V-6.0Ah 10H 12V-4Ah(10HR)
エンジン潤滑方式 ウェットサンプ式 ウェットサンプ式
エンジンオイル容量※全容量 (L) 1 0.84
エンジンオイル量(オイル交換時) (L) 0.9 -
推奨エンジンオイル(SAE粘度) 10W-40 -
クラッチ形式 乾式・多板・遠心 自動遠心
変速機形式 Vベルト式・無段変速 Vベルト式・無段変速
1次減速比 1 1
2次減速比 10.208 7.5
フレーム型式 アンダーボーン アンダーボーン
キャスター角 20°00 27°00
トレール量 (mm) 67 81
ブレーキ形式(前) 油圧式ディスク 機械式リーディングトレーリング
ブレーキ形式(後) 油圧式ディスク 機械式リーディングトレーリング
懸架方式(前) テレスコピックフォーク テレスコピックフォーク
フロントフォークタイプ 正立フォーク 正立フォーク
懸架方式(後) ユニットスイング式 ユニットスイング式
タイヤ(前) 90/80-14 90/90-10
タイヤ(前)構造名 バイアス バイアス
タイヤ(前)荷重指数 43 50
タイヤ(前)速度記号 P J
タイヤ(前)タイプ チューブレス チューブレス
タイヤ(後) 130/70-13 90/90-10
タイヤ(後)構造名 バイアス バイアス
タイヤ(後)荷重指数 57 50
タイヤ(後)速度記号 P J
タイヤ(後)タイプ チューブレス チューブレス
タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前) 2 -
タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後) 2.25 -
ヘッドライトタイプ(Hi) LED 35W/35W
テールライトタイプ LED -
スピードメーター表示形式 デジタル アナログ
メーター表示 燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有
燃料計 有
車両装備 前後連動式ブレーキ 有
可変バルブ機構 有
DCソケット 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有
前後連動式ブレーキ 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有
メーカー希望小売価格/カラーバリエーション 423,500円(本体価格385,000円/消費税38,500円)
ライトリーフグリーンソリッド6(イエロー)、
マットグレーメタリック3(マットグレー)、
ホワイトメタリック6(ホワイト)
255,200円(消費税抜き本体価格 232,000円/消費税 23,200円)
マットダルパープリッシュブルーメタリック2(マットブルー)、
ブラックメタリックX(ブラック)、
ダルレッドメタリックD(レッド)、
ホワイトメタリック1(ホワイト)
販売計画台数(国内・年間) 800台
トリシティの年間販売計画台数の推移は、こちら。
3,000台
生産国 タイ 台湾

 

トリシティ125とジョグ125の違いを比較

 

左がトリシティ125(型式 2BJ-SEC1J)   右がジョグ125(型式 8BJ-SEJ5J)
トリシティ125(型式 2BJ-SEC1J)とジョグ125(型式 8BJ-SEJ5J)の装備の違いを比較

 

トリシティ125とジョグ125の違いを比較

 

トリシティ125(型式 2BJ-SEC1J)とジョグ125(型式 8BJ-SEJ5J)の違いを比較

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
トリシティ125 159kg | 9kW/7500rpm | 12N・m/7250rpm
ジョグ125 95kg | 6.1kW/ 7000rpm | 9.8N・m/5000rpm

 

 

●シート高
トリシティ125 765mm
ジョグ125 735mm

 

 

●タンク容量
トリシティ125 7.2L
ジョグ125 4L

 

●燃費WMTCモード値
トリシティ125 43.6km/L
ジョグ125 51.9km/L

 

●航続距離
トリシティ125 7.2L × 43.6km/L =313.92km
ジョグ125 4L × 51.9km/L =207.6km

 

 

メットインスペースの容量は、
トリシティ125(型式 2BJ-SEC1J)が23.5リットル。
ジョグ125(型式 8BJ-SEJ5J)が21.3リットル。

 

 

2022年11月2日に大阪の同じ店で

 

ヤマハ トリシティ125ABS 2021年モデル 国内仕様 ホワイト 新車
車体価格が39.8万円
乗り出し価格が42.38万円

 

ヤマハ ジョグ125 2022年モデル 国内仕様 ホワイト 新車
車体価格が22万円
乗り出し価格が24.58万円

 

 

ジョグ125は、前後ドラムブレーキ。
トリシティ125は、前後ディスクブレーキ。

 

トリシティとジョグ125の中古車価格と買取相場をチェック

バイクを高く売る方法

 

「バイクの一括査定」を利用すれば

複数の買取業者の買取価格を比較して

バイクを売ることができます。

バイクを高く売る一番確実な方法です。

 

 

その方法でバイクを売るには、

カチエックスという

一括査定サイトを使うのが一番オススメです。

 

 

 

 

カチエックスを使うメリットは、

・全国300社が参加!最大10社の買取額を比較!

・査定も無料。キャンセルも無料。

・しつこい電話も無くネットで完結。

・入力項目も30秒くらいで入力!

・バイクの写真で査定!

・査定開始から最短1営業日以内に専任スタッフから連絡。

・現地減額が禁止されてるのでその金額で売れます!

・専任スタッフに価格交渉してもらうことも可能!

 

無料査定の流れ

@入力して申し込み

Aその後バイクの写真を取って送る

B最大10社の業者が買い取りたい金額で入札し、ランキング形式で表示。査定開始から最短1営業日以内に専任スタッフから専用チャット上で連絡。

C現地減額も禁止されてるのでその金額で売りたければ契約。担当者に価格交渉してもらうことも可能。

D契約したらバイクを引き渡す日程調整と代金受け取り。

 

ちなみにカチエックスを運営してる会社は、バイク買取で79万人以上の利用実績があります。