PCX150とNMAX155の違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

PCX150とNMAX155の違いを比較

 

ホンダ PCX150

2012年6月7日に新登場。型式は、JBK-KF12
製造は、タイ。車体色は、2色(パールヒマラヤズホワイト、ミレニアムレッド)の設定
2013年1月17日にカラーの追加。
車体色に新色(マットガンパウダーブラックメタリック)が追加され、継続色2色(ホワイト、レッド)と合わせて全3色の設定。
2014年5月16日にフルモデルチェンジ。型式は、JBK-KF18
全灯火器にLEDが採用されたり新設計のフロント・リアカウルを採用されたり、燃料タンク容量が増えるなどしました。製造をベトナムへ移管。車体色は、全て新色の3色(マットテクノシルバーメタリック、ポセイドンブラックメタリック、バールジャスミンホワイト)の設定。
PCX150のKF12とKF18の詳しい違いはこちら。
2015年5月22日にカラーの追加。
車体色に新色(キャンディーノーブルレッド)が追加され、継続色3色(パールホワイト、ブラック、マットシルバー)と合わせて全4色の設定。
2016年4月22日にカラーチェンジと「PCX150 Special Edition」の発売。
車体色に新色(パールダークアッシュブルー)が追加され、継続色3色(パールホワイト、ブラック、マットシルバー)と合わせて全4色の設定。
「PCX150 Special Edition」は、白or黒の車体色をベースに、それぞれフロントカバーからボディカバー、グラブレールにかけて赤のストライプを配し、シートのステッチ、リアサススプリング、ボディカバー側面の立体エンブレムなどに赤でアクセントをつけた受注期間限定モデル。
2017年2月10日にカラーチェンジ。
車体色に新色3色(クリッパーイエロー、キャンディーロージーレッド(ツートーン)、ポセイドンブラックメタリック(ツートーン))を追加、継続色3色(パールホワイト、ブラック、ダークブルー)と合わせて全6色の設定。
2018年4月20日にフルモデルチェンジ。型式は、2BK-KF30
エンジンは、eSPの仕様を変更し、耐久性、静粛性、燃費性能が向上。フレームが新設計のダブルクレードルタイプへ変更。フロントの顔回りの変更。ワイド化されたタイヤ、スマートキーの採用などの変更が行われた。PCX150は、ABS仕様も選択できるようになった。車体色は、4色(キャンディラスターレッド、ポセイドンブラックメタリック、パールジャスミンホワイト、ブライトブロンズメタリック)の設定。

PCX150のKF18とKF30の違いはこちら
2020年2月28日に限定カラーを発売。
車体色は、2色(マットイオンブルーメタリック、マットギャラクシーブラックメタリック)の設定。

 

 

ヤマハ NMAX155の歴史

2017年4月25日に「NMAX155」が新登場。型式は、2BK-SG50J
エンジンが平成28年環境規制対応の155ccとなった他は、125cc版と共通だが、座席シートが専用品に変更。車体色は、3色(マットレッド、マットグレー、ホワイト)。製造は、インドネシア。
2018年3月20日に「NMAX155 ABS」をカラーチェンジして発売。
新色は、「マットブラック2(マットブラック)」と「ビビッドパープリッシュブルーカクテル5(ブルー)」の2色。継続色の「ホワイト」と合わせて3色の設定。ABSは、元から付いてるが名称が「NMAX155」から「NMAX155 ABS」に変更。
2019年4月30日に「NMAX155 ABS」をカラーチェンジして発売。
新色は、「マットグレーメタリック3」と「ホワイトメタリック6」の2色。継続色の「ビビッドパープリッシュブルーカクテル5」と合わせて3色の設定。

 

 

 

 

 

ここでは、まず最初に
2017年2月10日発売のホンダ PCX150(JBK-KF18)と
2017年4月25日発売のヤマハ NMAX155 ABS(2BK-SG50J)
の違いを比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

PCX150

NMAX155 ABS

発売日

2017年2月10日

2017年4月25日

全長 (mm)

1930

1955

全幅 (mm)

740

740

全高 (mm)

1100

1115

軸間距離 (mm)

1315

1350

最低地上高 (mm)

135

135

シート高 (mm)

760

765

車両重量 (kg)

131

128

乗車定員(名)

2

2

エンジン種類

水冷4ストロークOHC単気筒

水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒

排気量 (cc)

152

155

内径(シリンダーボア)(mm)

58

58

行程(ピストンストローク)(mm)

57.9

58.7

圧縮比(:1)

10.6

10.5

最高出力(kW)

10

11

最高出力(PS)

14

15

最高出力回転数(rpm)

8500

8000

最大トルク(N・m)

14

14

最大トルク(kgf・m)

1.4

1.4

最大トルク回転数(rpm)

5000

6000

燃料タンク容量 (L)

8

6.6

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR7EA-9

CPR8EA-9

搭載バッテリー・型式

GTZ8V

YTZ7V

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.9

1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.8

0.9

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-40

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

フレーム型式

アンダーボーン

バックボーン

キャスター角

27

26

トレール量 (mm)

86

92

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

45.6

41.7

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

タイヤ(前)

90/90-14

110/70-13

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

46

48

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

100/90-14

130/70-13

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

51

57

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

1.85

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

2.15

3.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

メーカー小売価格/カラーバリエーション

360,720円 クリッパーイエロー
360,720円 パールダークアッシュブルー
360,720円 パールジャスミンホワイト
360,720円 ポセイドンブラックメタリック
371,520円 キャンディーロージーレッド(ツートーン)
371,520円 ポセイドンブラックメタリック(ツートーン)

378,000円 マットディープレッドメタリック3
378,000円 マットグレーメタリック3
378,000円 ホワイトメタリック6

国内年間目標販売台数

4,800台

5,000台

製造国

ベトナム

インドネシア

 

PCX150とNMAX155の違いを比較

 

PCX150とNMAX155の比較の口コミ

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
PCX150 131kg | 14ps/8500rpm | 14N・m/5000rpm
NMAX155 ABS 128kg | 15ps/8000rpm | 14N・m/6000rpm

 

 

●シート高
PCX150 760mm
NMAX155 ABS 765mm

 

 

●タンク容量
PCX150 8L
NMAX155 ABS 6.6L

 

●燃費WMTCモード値
PCX150 45.6km/L
NMAX155 ABS 41.7km/L

 

●航続距離
PCX150 8L × 45.6km/L =364.8km
NMAX155 ABS 6.6L × 41.7km/L =275.22km

 

 

リアブレーキは、PCX150が機械式ドラムブレーキで、NMAX155が油圧式ディスク。PCX150の機械式ドラムブレーキは、基本ノーメンテでいいけどNMAX155の油圧ディスクは定期的にフルードを交換したりマスター/キャリパーのメンテナンスが必要だから細かくコスパ重視の人にはPCX150の方がいいかも。ちなみにNMAX155の説明書では、フルードは2年毎に交換と書いてる。マスター/キャリパーは、一般的に2年毎ぐらいにO/Hするから、PCX150よりも2年毎に1万円くらい出費があることになる。NMAX155は、世界戦略車で先を見越してABS化しないといけない事情があったんだと思う。前後油圧でなければ無理だから。

 

 

インドネシアでPCX150よりNMAX155が人気ある。その理由は、NMAX155の方がPCX150より日本円で約10万円も安い。NMAX155は生産がインドネシアで、PCX150は生産がベトナム。関税でPCX150が高くなるから自国生産のNMAX155が安く販売できる。

 

 

PCXからNMAX155に乗り換えた。NMAX155は、買ってから平均燃費42km/L。PCXの時は、平均燃費50km/L切ったことなかったので給油回数が多くなった。でもPCXよりコンパクトに感じる軽快なハンドリングが素晴らしいし、燃費以外は、気に入ってる。

 

 

俺は、乗ってる人が少ないのでNMAX155にしたな。PCXとPCX150に乗ってる人を合わせると凄い数だし、走ってるとPCXだらけだから嫌だった。

 

 

俺がNMAX155にした一番の理由は、安全性。ABSのおかげで助かった人の報告がいくつもある。それにフットポジションの自由度が高い。この2つは、後から装備することできない。

 

 

NMAX155は、バーハンじゃないけど、ハリケーンのクランプバー買ってミラーとの間に挟めば簡単に付くから、そこにスマホホルダー付ければいい。

 

 

NMAX155は、タンクが小さい過ぎるのと、ハンドルにナビとかを付けにくいツーリング向きじゃない作りが気になるな。PCX150は、ABSの面で遅れてるからどっちも一長一短ではあるけど。

 

 

NMAX155とPCX150で悩んだけど燃料タンクとトランクの容量が決め手になってPCX150を選んだ。PCXは、周りにいっぱい乗ってる人いるからあえて黄色にした。

 

 

週末遊びで使うならNMAX155だけど、日常の足で使うなら安定や使いやすさを取ったほうがいろいろ楽だからPCX150になる。

 

 

PCX(KF18)からNMAX155に乗り換えた。大体だけど燃費が10km/Lくらい悪くなったし、メットインもPCXの方が広かった。ただの道具として移動手段で使うならPCXの方がいい。でもNMAX155は、そこまで飛ばさなくても楽しめるし、PCX(KF18)よりトルクが太いし、高剛性シャシー、ABS付きで安心感ある。

 

 

俺は、足として使うからPCX150の方がいい。個性を求めるならスクーターより中型や大型を買ったほうがいい。

 

 

PCX150の優位性は、燃費とタンク容量とシガソケとハンドルに色々付けられるのことぐらいかな。

 

 

PCX150の14インチの細いタイヤよりNMAX155の13インチで太めのタイヤの方が安心感はある。あくまでも実際の安全性は、別にして感覚的な安心感のことだけど。

 

 

PCX150は、静かだし、航続距離が長いし、スマホ充電できるし、ナビを簡単につけられるから遠出する事が多い自分には、ありがたいけど少し経済性に振り過ぎてる感じもする。

 

 

リアボックスが必要だったのと航続距離が決めてでPCX150を買ったけど、ブレーキに関しては、NMAXが断然優れている。

 

 

初期型のPCX150から乗り換えを検討しててNMAX155が気になってる。今PCX150で唯一不満なのが高速でのパワー不足だけどNMAX155にしても大した違いは無さそうだったからまたPCX買いそう。

 

 

航続距離が270km前後でいいならNMAX155かな。

 

 

NMAX155の年間国内販売計画台数が5,000台になってる。ちなみに2016年度のPCX150の販売台数が5342台だった。

 

 

両方試乗してみた。NMAX155は、ライポジがぴったりで最高速もPCX150より出た。でもロングツーリングするから航続距離でPCX150にしたけど。

 

 

2017年度126〜250cc販売台数ランキング
第2位 PCX150(-Since2014-) 販売台数4129台
第8位 NMAX155(-Since2017-) 販売台数2439台

 

 

このページの一番上へ戻る

 

 

次に
2018年4月20日発売のホンダ PCX150 ABS(2BK-KF30)と
2018年3月20日発売のヤマハ NMAX155 ABS(2BK-SG50J)
の違いを比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

PCX150 ABS

NMAX155 ABS

発売日

2018年4月20日

2018年3月20日

型式

2BK-KF30

2BK-SG50J

全長 (mm)

1925

1955

全幅 (mm)

745

740

全高 (mm)

1105

1115

軸間距離 (mm)

1315

1350

最低地上高 (mm)

137

135

シート高 (mm)

764

765

車両重量 (kg)

131

128

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

水冷4ストロークOHC単気筒

水冷4ストロークSOHC4バルブ

排気量 (cc)

149

155

内径(シリンダーボア)(mm)

57.3

58

行程(ピストンストローク)(mm)

57.9

58.7

圧縮比(:1)

10.6

10.5

最高出力(kW)

11

11

最高出力(PS)

15

15

最高出力回転数(rpm)

8500

8000

最大トルク(N・m)

14

14

最大トルク(kgf・m)

1.4

1.4

最大トルク回転数(rpm)

6500

6000

燃料タンク容量 (L)

8

6.6

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

搭載バッテリー・型式

GTZ8V

YTZ7V

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.9

1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.8

0.9

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-40

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

-

1

2次減速比

-

10.208

フレーム型式

ダブルクレードル

バックボーン

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 60km/h走行時(km/L)

52.9

49.9

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

46

41.7

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

タイヤ(前)

100/80-14

110/70-13

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

48

48

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

120/70-14

130/70-13

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

55

57

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS)有

ハザードランプ 有

アイドリングストップ 有

DCソケット 有

 

アンチロックブレーキ(ABS)有

可変バルブ機構 有

 

メーカー小売価格/カラーバリエーション

395,280円 キャンディラスターレッド
395,280円 ポセイドンブラックメタリック
395,280円 パールジャスミンホワイト
395,280円 ブライトブロンズメタリック
 ※ABS無しは、373,680円

 

378,000円 マットブラック2
378,000円 ビビッドパーリッシュブルーカクテル5
378,000円 ホワイトメタリック6

国内年間目標販売台数

6,000台

3,000台

製造国

ベトナム

インドネシア

 

PCX150 ABS(2BK-KF30)とNMAX155 ABS(2BK-SG50J)の比較

 

 

左がPCX150 ABS(2BK-KF30)
右がNMAX155 ABS(2BK-SG50J)
PCX150 ABS(2BK-KF30)とNMAX155 ABS(2BK-SG50J)の装備の比較

 

PCX150 ABS(2BK-KF30)とNMAX155 ABS(2BK-SG50J)の比較の口コミ

 

 

新型PCX150は、エンジンパワー、スマートキー、タイヤ経、ABSとこれまでの俺がPCX150で不満だった点が全て潰されてる。燃費もライトの配光もPCXの方がNMAX155より優れてるし、新型PCX150は、パワーも少し上がってるらしいからNMAX155の強みが薄れてきてる。

 

 

NMAX155で1時間半ほど100km/h巡航してきたけど、やはり新型PCX150のが快適さも燃費も良かった。

 

 

新型PCX150は、前輪だけABSでリアはドラムブレーキ。安全性意識が高い人は、完璧なABSのNMAXにしよう。

 

 

PCX150(KF18)に対してのNMAX155の優位な点は、タイヤが太いのと前後ディスクでABS付きだったのに、PCX(KF30)になってPCXも似た感じになったからさらにNMAXが売れにくくなりそう。装備面では、PCX150(KF18)でもUSBソケットやハザードなんか付いててPCX150の方が良かった。まあ、NMAX155も足元が広いとか若干乗り降りがしやすいとか剛性が高いなどPCX150より上回ってる点もあるけど。

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
PCX150 ABS 131kg | 15ps/8500rpm | 14N・m/6500rpm
NMAX155 ABS 128kg | 15ps/8000rpm | 14N・m/6000rpm

 

 

スペックの数字だけみたら出足では、NMAX155のが速そう。車重が3kg軽いし、
最高出力も最大馬力も500rpm低い。

 

 

総排気量149cm3のPCX150と
総排気量155cm3のNMAX155とでは、
到達回転数に差があるのは当たり前。
pcxは回さなきゃNMAX155より出力が劣る。
NMAX155は、最大トルクと最大出力まで素早く到達できる。
まあたいした差は、ないけどね。

 

 

PCX150とNMAX155の足つきは、ほとんど変わらないので見た目や装備で選べばいい。俺は、タンク容量が決め手になってPCX150にした。

 

 

●シート高
PCX150 ABS 764mm
NMAX155 ABS 765mm

 

 

●タンク容量
PCX150 ABS 8L
NMAX155 ABS 6.6L

 

●燃費WMTCモード値
PCX150 ABS 46km/L
NMAX155 ABS 41.7km/L

 

●航続距離
PCX150 ABS 8L × 46km/L =368km
NMAX155 ABS 6.6L × 41.7km/L =275.22km

 

 

燃費や装備を取るか、走りのポテンシャルを取るかだと思う。NMAX155は、可変バルブ機構のブル−コアエンジンで高回転までスム−ズに力強く吹け上がるし、前後ディスクの前後2チャンネルABSがついてる。それにPCXよりワイドなタイヤだからコーナ−での粘りが違う。加速や走りや制動のコントロ−ル性能は、NMAX155の方が優れてると思う。

 

 

迷ってるならPCXにしといたほうが無難。NMAXは、最初からNMAXに乗りたいって思ってる人やヤマハが好きな人に向いてる。

 

 

新型PCX150(KF30)は、NMAX155にパワーは並んだけど、ピークパワーがNMAX155より500rpm高くて、排気量も減ったから低回転域のトルクが減ってると思う。でもタイヤがワイド化され、フレームが変更され車体剛性も上がったからNMAXに負けてた点をかなり改善してきてるね。

 

2019年5月時点

 

変速比a

一次減速比b

二次減速比c

Rタイヤ外周d

a*b*c/d

ハイギア

NMAX125

2.326

2.917

3.5

1609

0.01476

10.6

NMAX155

2.248

2.917

3.5

1609

0.01426

13.6

PCX(JF81)

2.65

3.312

3.214

1645

0.01715

-3.9

PCXハイブリッド(JF84)

2.55

3.312

3.214

1645

0.0165

0

PCX150(KF30)

2.52

3.666

2.687

1645

0.01509

8.5

 

 

 

PCX150よりNMAX155の方がタイヤが太くて、車重が少し軽くて、ホイルスペースが長い。

 

 

俺は、NMAX155買ったけど、PCX150のスマ−トKeyとテールランプは羨ましい。

 

 

PCX150とNMAX155は、フィーリングが全然違うから、考えるより試乗するのが一番早いよ。俺はPCX150乗って、その後でNMAX155に乗ったらすぐこれだ!ってなってNMAX155を買った。

 

 

2020年5月29日に東京の同じバイク屋で
PCX150の新車のブラックの
車体価格が26.57万円
乗り出し価格が33.33万円

 

PCX150 ABSの新車のホワイトの
車体価格が28.38万円
乗り出し価格が35.14万円

 

NMAX155の新車のホワイトの
車体価格が27.94万円
乗り出し価格が34.07万円

 

PCX150とNMAX155の買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト