リード90とリード100の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

リード90とリード100の違いを比較

 

ホンダ リード90の歴史

1988年4月15日にリードの2代目として新登場。 型式は、HF05
1992年1月30日にカラーチェンジ。
1994年7月20日にマイナーチェンジ。ヘッドライトスイッチとポジションライトを廃止。カラーの追加。
1997年4月にカラーチェンジ。
1998年3月10日にフルモデルチェンジされリード100(3代目 型式JF06)を発売。

 

 

ホンダ リード100の歴史

1998年3月10日にリード100を新発売。リードの3代目。フルモデルチェンジをして、リード90の排気量を100ccにアップし、新たに前後輪連動のコンビブレーキを採用するなどして発売。型式は、BD-JF06
車体色は、4色(プレシャスグレイメタリック、ミュートブラックメタリック、アザレアオレンジメタリック、グレシャーグリーンメタリック)。
2001年6月30日にマイナーチェンジ。盗難抑止システムとして、メインスイッチ、シートオープナー、ハンドルロック機構をメインのキーシリンダーに集約し、キーシリンダーにはキーシャッターを装備。キー付きガソリンタンクキャップやオプションのイモビアラームキットが装着できるプレワイヤリングを標準装備するなどした。車体色は、3色(クリアシルバーメタリック、ミュートブラックメタリック、プレシャスグレイメタリック)。
2003年に生産終了。

 

 

ここでは、
1997年4月発売のホンダ リード90(HF05)と
1998年3月10日発売のホンダ リード100(BD-JF06)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

リード90

リード100

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

型式

HF05

BD-JF06

発売日

1997年4月

1998年3月10日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1755

1795

全幅 (mm)

715

680

全高 (mm)

1060

1060

ホイールベース (mm)

1235

1255

最低地上高(mm)

110

115

シート高 (mm)

735

660

乾燥重量 (kg)

78

92

車両重量 (kg)

85

99

最小回転半径(m)

1.9

2

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(km/L)

54.1(50km/h走行時)

43.1(60km/h走行時)

原動機型式

HF05E

-

原動機種類

2ストローク

2ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

89

101

2スト・吸気形式

ピストンリードバルブ

ピストンリードバルブ

内径(シリンダーボア)(mm)

48

51

行程(ピストンストローク)(mm)

49.6

49.6

圧縮比(:1)

6.3

6.5

最高出力(PS)

8.4

9.3

最高出力回転数(rpm)

6500

6750

最大トルク(kgf・m)

1

1

最大トルク回転数(rpm)

4000

6000

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

PB11

APBC3

燃料タンク容量 (L)

7.2

7.5

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

BPR6HSA

BR6HSA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YT4L-BS

YTX5L-BS

エンジン潤滑方式

分離給油(2スト)

分離給油(2スト)

2ストエンジンオイルタンク容量

1.2

-

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

28°00

27°30

トレール量 (mm)

80

68

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

ボトムリンクフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

-

正立フォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

100/90-10

100/90-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

56

56

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

100/90-10

100/90-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

56

56

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.5

2.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

2.5

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

-

ヘッドライト定格(Hi)

18W/18W

-

ヘッドライトタイプ(Hi)

-

PH11

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

燃料計 有

燃料計 有

車両装備

ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有

前後連動式ブレーキ 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

メーカー小売価格

222,000円

229,000円

 

リード90とリード100の違いを比較

 

リード90とリード100の比較の口コミ

 

 

リード90とリード100は、エンジンやフレームが全く違う別物。タイヤサイズが同じなぐらい。

 

 

リード90とリード100は、エンジンが全く違う。
リード90は、シリンダーが縦にあるけど、リード100は、横にある
エンジンハンガーは、少し違う。あと車体とエンジンを繋げるボルトの太さが違う。

 

 

リード100は、排ガス規制対応で触媒付マフラーなった。つまり環境に優しい2サイクルエンジンになったわけ。バイク屋の話では、2ストエンジンを低公害車したせいでアイドリングが不安定だったり、エンジンが止まるなどのトラブルが良くあるらしい。だから2003年9月には、リード100の後継車として4ストのスペイシー100が発売された。やっぱり2スト車なら排ガス規制前のリード90の方がいいと思う。

 

リード100になっての変更点
  • 1999年10月から施行の二輪車排出ガス規制に1年8ヶ月も前に適合。
  • 新設計のエンジンとなり、キャブレターとリードバルブの間に密閉したインテークチャンバーを設け、中速域でのスロットルリニアリティと出力特性が向上。
  • マフラー内部に二輪車用に専用開発した酸化触媒(キャタライザー)を採用。
  • 暖機後の白煙がリード90の10分の1以下に低減。
  • 外観が一新され、シャープで落ち着きのあるデザインに変更。
  • 新デザインのアルミキャストホイールに変更。
  • フロントサスペンションをテレスコピック式に変更。
  • 前・後輪連動のコンビ・ブレーキに変更。
  • 盗難の防止のためにセンタースタンド・ロックイン機構と、強化タイプのコンビネーション&ロックスイッチを採用した。
  • メーカー小売価格は、リード90より7,000円アップ。

 

リード90とリード100の買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト