ベンリィ110とクロスカブ110の違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

ベンリィ110とクロスカブ110の違いを比較

 

ホンダ ベンリィ110の歴史

2012年1月24日に「ベンリィ 110」と「ベンリィ110プロ」が新登場。型式は、EBJ-JA09
新聞配達や宅配用途に積載量を重視したビジネス向けスクーター。最大60kgの積載が可能なリアデッキや10Lのフューエルタンクが特徴。「ベンリィ110プロ」は、ベンリィ 110をベースに大型フロントバスケット、大型リアキャリア、フットブレーキを装備したモデル。製造は、中国。車体色は、どちらもパールホワイトの1色の設定。
ベンリィ110とベンリィ110プロの違いの比較は、こちら。
2012年2月23日に「ベンリィ110」にカラーを追加。
「ベンリィ110」の車体色に新色2色(パールホワイト×ブラウン、オニキスブルーメタリック×ブラック)を追加し、既存色のパールホワイトと合わせて3色の設定。
2015年9月10日に「ベンリィ110」と「ベンリィ110プロ」をマイナーチェンジ。
主な変更点は、「ベンリィ110」と「ベンリィ110プロ」共にスパークプラグメンテナンスリッドの大型化、サイドスタンドとメインスタンドの耐久性を向上などの熟成を図った。「ベンリィ110プロ」は、更に大型ナックルバイザーを装備した。車体色は、どちらもロスホワイトの1色の設定。
2017年10月27日に「ベンリィ110」と「ベンリィ110プロ」をマイナーチェンジ。型式は、2BJ-JA09
「ベンリィ110」と「ベンリィ110プロ」共に平成28年度排出ガス規制に適合し、リアブレーキロック機構を新採用。「ベンリィ110プロ」は、更にポジションランプとナックルバイザーを新採用。車体色は、どちらもロスホワイトの1色の設定。
ベンリィ110の「EBJ-JA09」と「2BJ-JA09」の違いの比較はこちら。

 

 

ホンダ クロスカブの歴史

2013年6月14日に「クロスカブ」が新登場。型式は、EBJ-JA10
2012年で生産終了となった海外向け輸出仕様のCT110(ハンターカブ)の実質的後継。製造は、中国。クロスカブの車体色は、2色(パールコーンイエロー、ファイティングレッド)。
ハンターカブとクロスカブの違いの比較は、こちら
2014年12月12日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(ボスグレーメタリック(新色)、パールコーンイエロー、ファイティングレッド)。
2018年2月23日にフルモデルチェンジして「クロスカブ110」を発売。型式は、2BJ-JA45
レッグシールドに換えてステアリングヘッドからボディへと続くフレームカバーを採用。LEDヘッドライトを囲むパイプ製のヘッドライトガードを採用。スリット入りのマフラーガード採用など。車体色は、3色(パールシャイニングイエロー、マグナレッド、カムフラージュグリーン)。生産拠点を熊本製作所に移管。
クロスカブ(EBJ-JA10)とクロスカブ110(2BJ-JA45)の詳しい違いは、こちら
2019年6月21日に「クロスカブ110・くまモン バージョン」を新たに追加。
熊本県とのコラボレーションにより「くまモン」をイメージしたブラックとレッドのカラーリングを車体各部に採用。車体色は、1色(グラファイトブラック)。
2019年7月19日に「クロスカブ110」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(カムフラージュグリーン、クラシカルホワイト、パールシャイニングイエロー)。
2020年6月19日に「クロスカブ110」と「クロスカブ110・くまモン バージョン」をマイナーチェンジ。
灯火器基準に関する法規対応を施したテールランプを採用。車体色は、「クロスカブ110」が3色(カムフラージュグリーン、パールシャイニングイエロー、クラシカルホワイト)。「クロスカブ110・くまモン バージョン」が1色(グラファイトブラック)。
2021年7月22日に「クロスカブ110」のスペシャルカラーを発売。
車体色は、「プコブルー」で2,000台限定で発売。

 

 

 

 

 

 

ここでは、まず最初に
2012年1月24日発売のホンダ ベンリィ110(型式 EBJ-JA09)と
2013年6月14日発売のホンダ クロスカブ(型式 EBJ-JA10)
の違いを比較しました。

 

 

ベンリィ110(型式 EBJ-JA09)とクロスカブ(型式 EBJ-JA10)のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

ベンリィ110

クロスカブ

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

EBJ-JA09

EBJ-JA10

発売日

2012年1月24日

2013年6月14日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1805

1945

全幅 (mm)

700

815

全高 (mm)

1040

1150

ホイールベース (mm)

1280

1225

最低地上高(mm)

115

155

シート高 (mm)

710

784

車両重量 (kg)

113

105

最小回転半径(m)

1.9

2

乗車定員(名)

2

1

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

53

62.5

原動機型式

JA09E

JA10E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

107

109

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

-

2

内径(シリンダーボア)(mm)

50

50

行程(ピストンストローク)(mm)

55

55.6

圧縮比(:1)

9.5

9

最高出力(kW)

5.8

5.9

最高出力(PS)

7.9

8

最高出力回転数(rpm)

7000

7500

最大トルク(N・m)

8.6

8.5

最大トルク(kgf・m)

0.88

0.87

最大トルク回転数(rpm)

5000

5500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

10

4.3

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

530

268.7

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR8EA-9

CPR6EA-9S

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTX7L-BS

YTX4L-BS

バッテリー容量

12V-6Ah 10HR

12V-3Ah10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.8

1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.7

0.8

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

湿式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

リターン式・4段変速

変速機・操作方式

-

フットシフト

1次減速比

2.5

4.058

2次減速比

3.769

2.642

変速比

-

1速 2.615/2速 1.554/3速 1.136/4速 0.916

動力伝達方式

-

チェーン

スプロケット歯数・前

-

14

スプロケット歯数・後

-

37

チェーンサイズ

-

420

標準チェーンリンク数

-

102

フレーム型式

アンダーボーン

バックボーン

キャスター角

26°30

27°00

トレール量 (mm)

76

82

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

-

正立フォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

-

2

タイヤ(前)

90/90-12

2.75-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

44

41

タイヤ(前)速度記号

J

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

タイヤ(後)

110/80-10

2.75-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

58

41

タイヤ(後)速度記号

J

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

2.5

1.4

ホイールリム幅(後)

2.75

1.6

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.75

1.75

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

2.25

ヘッドライト定格(Hi)

35W/35W

35W/35W

ヘッドライトタイプ(Hi)

-

HS1

テールライト定格(制動/尾灯)

-

21W/5W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

燃料計 有

燃料計 有

車両装備

前後連動式ブレーキ 有
キャリア 有
センタースタンド 有

キャリア 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

239,400円(消費税抜き本体価格 228,000円)
パールホワイト、
パールホワイト×ブラウン、
オニキスブルーメタリック×ブラック

278,250円(消費税抜き本体価格 265,000円)
パールコーンイエロー、
ファイティングレッド

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計5,000台(「ベンリィ110」と「ベンリィ110プロ」の合計)

3,000台

生産国

中国

中国

 

ベンリィ110とクロスカブ110の違いを比較
ベンリィ110とクロスカブ110の外観のサイドの違いを比較

 

 

このページのメニューに戻る

 

 

次に
2017年10月27日発売のホンダ ベンリィ110(型式 2BJ-JA09)と
2018年2月23日発売のホンダ クロスカブ110(型式 2BJ-JA45)
の違いを比較しました。

 

 

ベンリィ110(型式 2BJ-JA09)とクロスカブ110(型式 2BJ-JA45)のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

ベンリィ110

クロスカブ110

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

フルモデルチェンジ

型式

2BJ-JA09

2BJ-JA45

発売日

2017年10月27日

2018年2月23日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1805

1935

全幅 (mm)

690

795

全高 (mm)

1040

1090

ホイールベース (mm)

1280

1230

最低地上高(mm)

115

157

シート高 (mm)

710

784

車両重量 (kg)

117

106

最小回転半径(m)

1.9

2

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

53

61

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

50.3

66.7

原動機型式

JA09E

JA10E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

107

109

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

-

2

内径(シリンダーボア)(mm)

50

50

行程(ピストンストローク)(mm)

55

55.6

圧縮比(:1)

9.5

9

最高出力(kW)

5.8

5.9

最高出力(PS)

7.9

8

最高出力回転数(rpm)

7000

7500

最大トルク(N・m)

8.6

8.5

最大トルク(kgf・m)

0.88

0.87

最大トルク回転数(rpm)

5000

5500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

10

4.3

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

-

1.3

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

530

262.3

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR8EA-9

CPR6EA-9S

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTX7L-BS

GTZ4V

バッテリー容量

12V-6Ah10HR

12V-3Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.8

1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.7

0.8

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

湿式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

リターン式・4段変速

変速機・操作方式

-

フットシフト

1次減速比

2.5

4.058

2次減速比

3.769

2.642

変速比

-

1速 2.615/2速 1.554/3速 1.136/4速 0.916

動力伝達方式

-

チェーン

スプロケット歯数・前

-

14

スプロケット歯数・後

-

37

チェーンサイズ

-

428

標準チェーンリンク数

-

102

フレーム型式

アンダーボーン

バックボーン

キャスター角

26°30

27°00

トレール量 (mm)

76

78

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

-

正立フォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

-

2

タイヤ(前)

90/90-12

80/90-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

44

44

タイヤ(前)速度記号

J

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

タイヤ(後)

110/80-10

80/90-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

58

44

タイヤ(後)速度記号

J

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

2.5

1.6

ホイールリム幅(後)

2.75

1.6

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.75

1.75

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

2.25

ヘッドライトタイプ(Hi)

-

LED

テールライト定格(制動/尾灯)

-

21W/5W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

燃料計 有

燃料計 有

車両装備

前後連動式ブレーキ 有
キャリア 有
センタースタンド 有

キャリア 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

280,800円(消費税抜き本体価格 260,000円)
ロスホワイト

334,800円(消費税抜き本体価格 310,000円)
パールシャイニングイエロー、
マグナレッド、
カムフラージュグリーン

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計5,200台(ベンリィ、ベンリィプロ、ベンリィ110、ベンリィ110プロの合計)

シリーズ合計5,200台(クロスカブ50とクロスカブ110の合計)

生産国

中国

日本

 

2018年モデルのベンリィ110とクロスカブ110の違いを比較

 

ベンリィ110とクロスカブ110の違いを比較

 

 

ベンリィ110からクロスカブに乗り換えたけど、遅いよ。山道ばかり走るから登板力は上がったからいいけど。

 

 

クロスカブのヘッドライトの位置がベンリィ110くらいの位置だったら、フロントキャリアも余裕あったのにね。

 

 

クロスカブは、趣味的でオシャレなデザイン。ベンリィ110は、ビジネスバイクだからピザ屋や新聞配達のスクーターと同じで地味なデザイン。

 

 

ツーリングならベンリィ110もクロスカブも大差無いと思うよ。クロスカブの方がワクワクさせる見た目だから売れてると思う。単なるオシャレなカブとして乗ってる人も結構いると思うし。クロスカブは、スーパーカブ110の外装を変えただけだからね。ベンリィも同じ様にアドベンチャーモデルやカントリーモデルが発売されてたらまた違ってたと思う。

 

 

ベンリィは、そもそもレジャービークルじゃないビジネススクーターなのに、航続距離と荷台が便利なのが理由でレジャーにも使う人が一定数いるよね。クロスカブもレジャービークルじゃないと思う。あれはファッションビークル。

 

 

ベンリィ買ってカスタムしてアドベンチャーモデルを目指してる人も結構いるよ。

 

 

クロスカブ110にベンリィ110のタンクがあれば理想的なのに。

 

 

重い荷物を積むならベンリィ110の方がサイドスタンドだけでも安定感が良かった。クロスカブに乗り換えてから3回も転倒させた。街乗りや買い物ならベンリィ110の方が積載性、燃料タンク、航続距離で使い勝手が良かった。70km/h巡航もベンリィ110の方が楽だった。でもクロスカブにして後悔してない。無償に乗りたくなるしかまってあげたくもなる。少し手間がかかるぐらいの方がいいのかも。

 

 

クロスカブ110も気になるけど、めっちゃでかい箱が付けられないんだよな。だから結局自分の中では、ベンリィ110の競合がいない。

 

 

クロスカブの足付きは、そんなには悪くないけど、ベンリイ110は膝がしっかり曲がるくらい足付きが良いので獣道系のダートだとクロスカブ110よりベンリイ110の方が踏破性は高いと思う。

 

 

クロスカブは、タイヤがチューブレスじゃないか釘を拾うとすぐにパンクするし、燃料タンクが小さいから航続距離が短いのが気になる。ベンリィ110は、チューブレスだし、燃料タンクが10Lもある。

 

 

ベンリィ110もクロスカブもバッテリーレスでキックスタートできる。

 

 

ホンダ・クロスカブ110 vs ベンリィ110 どっちが先にゴール!?

 

ベンリィ110とクロスカブ110の中古車価格と買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト