グランドアクシス100の「5FA1」と「5FA2」の違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

グランドアクシス100の「5FA1」と「5FA2」の違いを比較

 

ヤマハ グランドアクシス100の歴史

1998年9月20日に新登場。型式は、SB01J
グランドアクシス100は、台湾の台灣山葉機車工業が製造した車体を正規輸入。車体色は、3色(ブラック2、フェアリーシルバー、ベリーダークブルーメタリック7)の設定。
2001年4月27日にマイナーチェンジ。型式は、BD-SB06J
排ガス規制対応2001年モデル。エア・インダクション・システム及び酸化触媒を採用。車体色は、3色(ダークブルーイッシュグレーメタリック4(新色)、ブラックメタリック7(新色)、フェアリーシルバー)の設定。

2003年5月20日にマイナーチェンジ。
エアシュラウドの二重構造化、及び排ガス浄化装置の仕様変更により、騒音を低減し、騒音規制に適合。ニューデザインフロントグリルの採用。車体色は、3色(ホワイトメタリック1(新色)、フェアリーシルバー、ブラックメタリック7)の設定。
2005年7月22日にマイナーチェンジ。
ヘッドライトにマルチリフレクター式を採用。外観のクオリティを向上。車体色は、新色3色(シルバー3、ミッドナイトシルバー、ニューパールホワイト)の設定。
2006年4月10日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックA(新色)、ミッドナイトシルバー、ニューパールホワイト)の設定。
2007年1月10日にカラーチェンジ。
ホイールカラーがブラックになったグランドアクシス100の最終モデル。車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックA、ミッドナイトシルバー、ニューパールホワイト)の設定。
2008年9月に生産終了。
アクシスのモデル名は、2009年8月登場のアクシストリートに引き継がれた。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
1998年9月20日発売のヤマハ グランドアクシス100(SB01J)と
2001年4月27日発売のヤマハ グランドアクシス100(BD-SB06J)
の違いを比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

グランドアクシス100

グランドアクシス100

モデルチェンジ区分

新登場

マイナーチェンジ

型式

5FA1

BD-SB06J

発売日

1998年9月20日

2001年4月27日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1850

1850

全幅 (mm)

680

680

全高 (mm)

1085

1085

ホイールベース (mm)

1275

1275

最低地上高(mm)

110

110

シート高 (mm)

745

745

乾燥重量 (kg)

89

90

車両重量 (kg)

93

95

最小回転半径(m)

2

2

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

41

39

原動機型式

B101E

B109E

原動機種類

2ストローク

2ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

101

101

2スト・吸気形式

クランクケースリードバルブ

クランクケースリードバルブ

内径(シリンダーボア)(mm)

52

52

行程(ピストンストローク)(mm)

47.6

47.6

圧縮比(:1)

6

6

最高出力(kW)

-

7.4

最高出力(PS)

10

10

最高出力回転数(rpm)

7000

7000

最大トルク(N・m)

-

11

最大トルク(kgf・m)

1.1

1.1

最大トルク回転数(rpm)

6000

6000

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

-

SFA2(Y16P)

燃料タンク容量 (L)

6.5

6.5

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

BPR7HS

BPR7HS

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTX5L-BS

YTX5L-BS

バッテリー容量

12V-4Ah(10h)

12V-4Ah(10h)

エンジン潤滑方式

分離給油(2スト)

分離給油(2スト)

2ストエンジンオイルタンク容量

1.2

1

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

-

3.133

2次減速比

-

3.333

フレーム型式

パイプバックボーン

パイプバックボーン

キャスター角

27°50

27°30

トレール量 (mm)

97

97

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

110/70-12

110/70-12

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

47

47

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

120/70-12

120/70-12

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

51

51

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

-

MT

ホイールリム幅(前)

-

2.75

ホイールリム形状(後)

-

MT

ホイールリム幅(後)

-

2.75

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

-

1.75

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

-

2.25

ヘッドライト定格(Hi)

-

35W

ヘッドライト定格(Lo)

-

36.5W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

燃料計 有

燃料計 有

車両装備

ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
キャリア 有
センタースタンド 有

ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
キャリア 有
センタースタンド 有

メーカー小売価格

209,000円

215,000円

 

グランドアクシスの「SB01J」と「BD-SB06J」の違いを比較

 

グランドアクシス100の「5FA1」と「5FA2」の装備の違いを比較

 

グランドアクシスの「SB01J」と「BD-SB06J」の比較の口コミ

 

 

2001年モデルになっての変更点は、排出ガスクリーン化のため、エア・インダクション・システムと酸化触媒を採用し、排ガス規制に対応。あとカラーチェンジ。

 

 

グランドアクシスは、5FA1〜5FA6まである。
大きく分けると初期型の「5FA1」とそれ以降になる。
大きな違いは、排ガス規制によるデチューン。
「5FA2」からチャンバー内触媒とエアインダクションシステムが追加された。
「5FA2」以降でも規制前のチャンバーに変更すれば、気持よく抜けるようになるよ。

 

 

5FA2は、排気ガス対策車だからマフラーに強制的にガスを送り込んで燃焼させてる。

 

 

スペックでの変更点

●型式
5FA1 → BD-SB06J
●発売日
1998年9月20日 → 2001年4月27日
●乾燥重量
89kg → 90kg
●車両重量
93kg → 95kg
●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)
41km/L → 39km/L
●原動機型式
B101E → B109E
●2ストエンジンオイルタンク容量
1.2L → 1L
●キャスター角
27°50 → 27°30
●メーカー小売価格
209,000円 → 215,000円

 

●発売日
1998年9月20日
●車体色
ブラック2
フェアリーシルバー
ベリーダークブルーメタリック7
●販売計画
12,000台(年間、国内)

 

●発売日
2001年4月27日
●車体色
フェアリーシルバー
ダークブルーイッシュグレーメタリック4
ブラックメタリック7
●販売計画
10,000台(年間、国内)

 

 

5FA1(〜2001年3月)と5FA2(2001年4月〜)の見分け方

 

5FA1は、メーターパネル内にヤマハの音叉マーク無し。
5FA2は、メーターパネル内にヤマハの音叉マーク有り。

 

5FA1は、チャンバーにバイパスのホース無し。
5FA2は、チャンバーにバイパスのホース有り。

 

5FA1は、ディスクブレーキローターが径160(?)mmφ-ネジ3ヶ所止め。
5FA2は、ディスクブレーキローターが180mmφ-4箇所止め。

 

5FA1は、排ガス再燃焼のためのチューブがエキゾースト途中に無い。
5FA2は、排ガス再燃焼のためのチューブがエキゾースト途中に有り。

 

 

センタースタンドも仕様変更があったみたい。溶接面積が違うみたい。
5FA1が「5FA-F7111-00」
5FA2が「5FA-F7111-02」

 

 

5FA1と5FA2は、マフラーのカバーの長さが5FA2の方が長い。より熱くなるから。マフラーの排気孔の部分も少し違う。5FA2は、管が2重になってた。

 

 

ウエイトローラーは、
5FA1用が「5FA-17632-00」、重さ11g、外径18mmφ、幅12mm
5FA2用が「5FA-E7632-10」、重さ9.5g、外径18mmφ、幅12mm

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト