Dio110とNMAXの違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

Dio110とNMAXの違いを比較

 

ホンダ Dio110の歴史

2011年7月18日に新発売。 型式は、EBJ-JF31
車体色は、5色(キャンディーアルジャブルー、ボスグレーメタリック、キャンディールーシッドレッド、パールプロキオンブラック、パールホワイト)。
2013年5月24日にカラーチェンジ。
車体色に新色の「コスミックシルバーメタリック」を追加、継続色2色(パールプロキオンブラック、パールホワイト)を合わせた3色。ステップ下回りのカラーリング変更も行われた。
2015年3月6日にフルモデルチェンジ。 型式は、EBJ-JF58
フルモデルチェンジでは、新開発のeSPエンジンとフレームの採用。アイドリングストップなど追加。車体色は、4色(エグザルテッドブルーメタリック、パールジャスミンホワイト、フォースシルバーメタリック、ポセイドンブラックメタリック)。
Dio110のフルモデルチェンジ前後の詳しい違いはこちら。
2017年4月14日にマイナーチェンジ。 型式は、2BJ-JF58
平成28年自動車排出ガス規制に対応。車体色に新色の2色(マットギャラクシーブラックメタリック、ランベントシルバーメタリック)を追加、従来色の3色(エグザルテッドブルーメタリック、ポセイドンブラックメタリック、パールジャスミンホワイト)と合わせて全5色。
2019年2月22日にカラーチェンジ。
車体色に新色2色(フォギーブルーメタリック、パールアイスバーグホワイト)を追加、従来色の3色(マットギャラクシーブラック、ポセイドンブラックメタリック、ランベントシルバーメタリック)と合わせて全5色。
2019年7月19日にカラーチェンジ。
車体色に新色の「パールジャスミンホワイト」を追加。「パールジャスミンホワイト」は、フロントブレーキキャリパー、リア・スポイラー、リアサススプリングなどにレッドのカラーを配した。従来色の5色(フォギーブルーメタリック、パールアイスバーグホワイト、マットギャラクシーブラック、ポセイドンブラックメタリック、ランベントシルバーメタリック)と合わせて全6色。

 

 

ヤマハ NMAXの歴史

2016年3月18日に「NMAX」を新登場。型式は、EBJ-SE86J
車体色は、「レッドメタリック7」、「ホワイトメタリック6」、「マットイエローイッシュグレーメタリック2」、「ブラックメタリックX」の全4色。
2017年8月21日にマイナーチェンジ。型式は、2BJ-SED6J
「NMAX ABS」をカラーリングの変更と平成28年度国内排出ガス規制へ適合し発売。従来モデルよりWMTCモード値の燃料が45.2km/L→43.6km/Lへダウン。価格が約1万円アップ。新色の「ブラックメタリックX」「マットディープレッドメタリック3」と従来色の「ホワイトメタリック6」をあわせた全3色。従来モデルからABSは装備されていたが、ここからモデル名に「ABS」が付いた。
2018年2月10日にカラーリングを変更。
新色の「ビビッドパーリッシュブルーカクテル5」と「マットグレーメタリック3」と従来色の「ホワイトメタリック6」をあわせた全3色。
2019年6月28日にカラーリングを変更。
カラーリングを変更した新色の「ホワイトメタリック6」と「マットグレーメタリック3」と従来色の「ビビッドパーリッシュブルーカクテル5」をあわせた全3色。

 

 

ここでは、
2017年4月14日発売のホンダ Dio110(2BJ-JF58)と
2018年2月10日発売のヤマハ NMAX(2BJ-SED6J)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

 

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種名

Dio110

NMAX ABS

発売年月

2017年4月

2018年2月

全長 (mm)

1870

1955

全幅 (mm)

690

740

全高 (mm)

1085

1115

軸間距離 (mm)

1255

1350

最低地上高 (mm)

130

135

シート高 (mm)

750

765

車両重量 (kg)

100

127

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

108

124

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

-

4

内径(シリンダーボア)(mm)

50

52

行程(ピストンストローク)(mm)

55.1

58.7

圧縮比(:1)

9.5

11.2

最高出力(kW)

6.6

9

最高出力(PS)

9

12

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

最大トルク(N・m)

9.3

12

最大トルク(kgf・m)

0.95

1.2

最大トルク回転数(rpm)

5500

7250

燃料タンク容量 (L)

5.2

6.6

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

MR8C-9N

CPR8EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

GTZ6V

YTZ7V

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.8

1

クラッチ形式

乾式・多板

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

1

1

2次減速比

-

10.208

フレーム型式

アンダーボーン

バックボーン

キャスター角

26.3

26°00

トレール量 (mm)

83

92

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

57.9

50.5

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

54

43.6

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

タイヤ(前)

80/90-14

110/70-13

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

40

48

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

90/90-14

130/70-13

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

46

57

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

1.85

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

1.85

3.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

HS1

LED

テールライトタイプ

-

LED

メーター表示

燃料計 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アイドリングストップ機構 有
センタースタンド 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
可変バルブ機構 有
センタースタンド 有

メーカー小売価格

231,120円(税抜き 214,000円)
ランベントシルバーメタリック
エグザルテッドブルーメタリック
ポセイドンブラックメタリック
パールジャスミンホワイト

 

234,360円(税抜き 217,000円)
マットギャラクシーブラックメタリック

351,000円(税抜き 325,000円)

 

Dio110とNMAXの違いを比較

 

左がDio110 右がNMAX
Dio110とNMAXの装備の違いを比較

 

Dio110とNMAXの比較の口コミ

 

 

メーカー小売価格は、NMAXのが12万円ぐらい高い。実売価格の差も10万円〜12万円ぐらい。

 

 

燃費は、WMTCモード値で
Dio110が54km/L。
NMAXが43.6km/L。
燃料タンクは、
Dio110が5.2L。
NMAXが6.6L。

 

 

Dio110が9馬力でNMAXが12馬力だけど、公道では、信号や法定速度があるから目的地までの時間は、ほとんど変らないよ。

 

 

走りを楽しんだり、所有感を得たいならNMAX。下駄や道具として使うならDio110。

 

 

9.0kW[12PS]/7,500rpm 12Nm[1.2kgf]/7,250rpm 127kg NMAX125
6.6kW[ 9PS]/7,500rpm 9.3Nm[0.95kgf]/5,500rpm 100kg Dio110

 

 

NMAXの最高速は、110km/h弱。
Dio110の最高速は、90km/hちょい。

 

 

1,955mm 740mm 1,350mm 765mm 13_13インチ 06.6L NMAX125
1,870mm 690mm 1,255mm 750mm 14_14インチ 05.2L Dio110

 

 

シート高は、Dio110が750mm。NMAXが765mm。NMAXは、跨ったけど、167センチで両足の指の付け根までついた。Dio110も足つきは、あまりよくないって評判だけど、どっちも軽いから問題ない。

 

 

 

Dio110は、メットイン容量18リットルでフルフェイスは、小さいやつなら入る。でもヘルメット入れたらあとは、カッパぐらいしか入らない。買い物にも使うならリアボックスは、必要。でも純正以外の箱つけようとしたら別途キャリアも買わないとつかないって人が結構いる。
NMAXは、メットイン容量24リットルで逆にして入れればフルフェイスも入る。ちなみに純正キャリアと純正リアボックスをつけてもらうと4万円ぐらいかかる。社外で1万円ぐらいのキャリアも売ってるらしい。

 

 

 

走りを楽しみたい人や所有感を得たい人は、NMAX。
道具として割り切って安いのが欲しい人は、Dio110。

 

 

NMAXにあってDio110に無い装備は、ABS、タコメーター、時計、ツイントリップ、リアブレーキがディスク、灯火類がLED。
Dio110にあってNMAXに無い装備は、キックとアイドリングストップ。

 

 

Dio110からNMAXに乗り換えたけど、ハンドルを轍に取られやすいのが気になった。NMAXは、Dio110よりタイヤ幅が大きくてホイールが小さいから仕方ないけど。

 

中古車価格と買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト