KSR110とKLX125の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

KSR110とKLX125の違いを比較

 

カワサキ KSR110の歴史

2002年11月に新登場。型式は、BC-KL110A
2004年03月にカラーチェンジ。
2006年02月にカラーチェンジ。
2006年12月にカラーチェンジ。
2007年12月にマイナーチェンジ。
シート表皮にカワサキのスーパースポーツモデル等にも採用しているホールド性のよい素材を採用し、乗りやすさを向上。
2009年04月にモデル生産終了となる「ファイナルカラー」モデルを発売。
ブラックの外装にグリーンのメッキデカールを採用。
ファイナルカラー仕様をもって日本での正規販売は終了したが生産国のタイでは生産が継続。
2013年2月に台数限定で海外モデルを扱うブライトが国内での正規販売を行った。

 

 

カワサキ KLX125の歴史

2009年12月に新登場。型式は、EBJ-LX125C
2010年7月にカラーチェンジ。
2012年3月にマイナーチェンジ。
シート幅を拡大し快適性を向上。リアフレームの材質を変更し大型のリアキャリアを装着可能とした。
2012年9月にカラーチェンジ。
2013年10月にカラーチェンジ。
カラーの変更の他に価格変更とWMTCモードの燃料消費率も記載されるようになる。
2014年10月にカラーチェンジ。
2015年10月にカラーチェンジ。

 

 

ここでは、
2009年4月発売のカワサキ KSR110(BC-KL110A)と
2009年12月発売のカワサキ KLX125(EBJ-LX125C)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種名

KSR110

KLX125

発売年月

2009年4月

2009年12月

全長 (mm)

1670

1980

全幅 (mm)

705

770

全高 (mm)

995

1090

軸間距離 (mm)

1165

1285

最低地上高 (mm)

225

255

シート高 (mm)

750

830

乾燥重量 (kg)

84

112

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

111

124

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

53

54

行程(ピストンストローク)(mm)

50.6

54.4

圧縮比(:1)

9.5

9.5

最高出力(kW)

6.2

7.5

最高出力(PS)

8.4

10.2

最高出力回転数(rpm)

8500

8000

最大トルク(N・m)

8.1

9.8

最大トルク(kgf・m)

0.83

1

最大トルク回転数(rpm)

6500

6000

燃料タンク容量 (L)

7.3

7

燃料供給方式

キャブレター

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

キックスターター式

セルフスターター式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

CR6HSA

CR7HSA

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YT4L-BS

FTX7L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.1

1.1

クラッチ形式

湿式・多板・遠心

湿式・多板

変速機形式

リターン式・4段変速

リターン式・5段変速

1次減速比

3.409

2.88

2次減速比

2.067

3.357

変速比

1速 3.0000/2速 1.9370/3速 1.3500/4速 1.0860

1速 2.9160/2速 2.0000/3速 1.4730/4速 1.1300/5速 1.0000

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

14

スプロケット歯数・後

31

47

チェーンサイズ

420

428

標準チェーンリンク数

100

124

フレーム型式

-

セミダブルクレードル

キャスター角

26°

26°30

トレール量 (mm)

73

96

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

55

53.5

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

100/90-12

70/100-19

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

49

42

タイヤ(前)速度記号

J

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

タイヤ(後)

100/90-12

90/100-16

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

49

51

タイヤ(後)速度記号

J

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

2.5

1.4

ホイールリム幅(後)

2.5

1.85

メーカー小売価格

272,000円

339,000円

 

KSR110とKLX125の違いを比較

 

KSR110とKLX125の比較の口コミ

 

 

KLX125は、KLX140をベースにモタ風の外装を施し、FI化。KSR110より一回り大きくDトラッカーより一回り小さい。

 

 

俺は、林道を走りたいからKLX125にした。

 

 

KSR110なら小道を発見しても本格的なダートだったら諦めて帰るけど、KLX125なら突撃できる。

 

 

俺は、KSR110乗りだけど、結構足場が悪いガレ場や泥濘とかも2速でアクセルひねれば進んでいってくれるから好き。でもクラッチ付きのKLX125にも乗ってみたい。

 

 

KSR110とKSR110は、形というか大きさが全く違うね。俺は、KSR110のコンパクトさが気に入ってる。

 

 

KSR110は、キャブだから冬場はエンジンが始動まで大体5分ぐらいかかるし、行灯のようなライト、プッシュキャンセルが無いウインカー、トリップが無いメーター、入りの悪いミッションと不満が結構ある。KLX125にすればインジェクションだし、バイクの進化が体験できそう。

 

 

オフ重視ならKSR110よりKLX125にした方が幸せになれる。KSR110でもオフロードを走ろうと思えば走れるけど、耐久力は駄目。少し無理な走りをしたらいろんな部分が壊れてくる。あとKSR110でオフロード走るならタイヤぐらいは、変えたいけど、タイヤも選択肢がない。まっとうなサイズの100/90-12があるK180でもそれほどオフ重視ではないし。

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト