アドレスV100とタイプSの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

アドレスV100とタイプSの違いを比較

 

スズキ アドレスV100の歴史

1991年1月に新登場。型式は、CE11A
1992年7月にマイナーチェンジ。
フューエルメーターの針を帰零式に変更。ハンドルスイッチASSY(R)の電気配線関係の変更。
1995年4月にマイナーチェンジ。
燃料タンク容量を6Lに増量。バッテリーをFTX5L-BS(12V4A)に変更。ヘッドランプを昼間点灯式に変更。タイヤを変更。フロントブレーキキャリパを変更。フューエルレベルゲージを変更。リヤビューミラーを変更。
1995年12月にマイナーチェンジ。
施錠装置にグリップエンドロックを追加し、それに伴いグリップエンドキャップを設けて車幅が0.61m→0.635mへ変更。
1997年10月にマイナーチェンジ。
レッグシールドラックを装備。スピードメータの文字盤を変更。
1999年4月にマイナーチェンジ。
シャッター式キーを採用し、グリップエンドロックを取り外した。マフラカバーをクロムメッキに。シート前下にセンターフックを設けた。
2000年7月1日に80周年記念モデルを発売。型式は、BD-CE11A
2000年11月にフルモデルチェンジ。型式は、BD-CE13A
CDIを変更。キャブレターセッティングを変更。二次空気供給装置と触媒装置を追加し排気ガス規制に対応。ヘッドランプ球のワット数を変更。スピードメータ文字盤を変更。充電発電装置を変更。
2001年7月10日にSummer Versionを発売。
2001年9月5日にマイナーチェンジ。

新たにセンタースタンドロックを装備。ハンドルロックと同時にスタンドロックがかかるシャッター付きメインキーも採用。
2002年3月28日にマイナーチェンジ。
集中ロックシステムを採用。イグニションスイッチ、シートのロック、燃料注入口の開閉、ハンドルロック、センタースタンドのロックがメインスイッチ部で操作可能に。
2002年7月8日にSummer Versionを発売。
2002年12月24日に50周年記念車を発売。
2003年1月14日に「アドレスV100 Type S」を発売。
クラッチの構造を変更、発進性能を向上。ホワイトメーターパネルとクロームメッキのマスコットキーを採用。シート表皮にディンプル加工。フットレスト部に小型アルミパンチングプレートを装着。リアスポイラーにLEDハイマウントストップランプを装備。
2005年5月で最終型「BD-CE13A型」の生産終了。後継車種のアドレスV125に引き継がれる。
アドレスV100とアドレスV125の違いは、こちら。

 

 

ここでは、
2002年3月28日発売のスズキ アドレスV100(BD-CE13A)と
2003年1月14日発売のスズキ アドレスV100タイプS(BD-CE13A)
の違いを比較しました。

 

 

アドレスV100とタイプSのスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

アドレスV100

アドレスV100 Type S

型式

BD-CE13A

BD-CE13A

発売日

2002年3月28日

2003年1月14日

全長 (mm)

1745

1745

全幅 (mm)

635

635

全高 (mm)

1015

1015

ホイールベース (mm)

1240

1240

最低地上高(mm)

110

110

車両重量 (kg)

90

90

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

43

43

原動機型式

134E

134E

原動機種類

2ストローク

2ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

99

99

2スト・吸気形式

リード弁式・ピストン弁式

リード弁式・ピストン弁式

内径(シリンダーボア)(mm)

52.5

52.5

行程(ピストンストローク)(mm)

46

46

圧縮比(:1)

6.5

6.5

最高出力(kW)

6.6

6.6

最高出力(PS)

9

9

最高出力回転数(rpm)

6000

6000

最大トルク(N・m)

11

11

最大トルク(kgf・m)

1.1

1.1

最大トルク回転数(rpm)

5500

5500

燃料タンク容量 (L)

6

6

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

258

258

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

BPR6HS

BPR6HS

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTZ7S

エンジン潤滑方式

分離給油(2スト)

分離給油(2スト)

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

変速機・操作方式

自動変速

自動変速

1次減速比

1

1

フレーム型式

パイプレス

パイプレス

キャスター角

25°20

25°20

トレール量 (mm)

68

68

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

ボトムリンクフォーク

ボトムリンクフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

タイヤ(前)

3.50-10

3.50-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

51

51

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(後)

3.50-10

3.50-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

51

51

タイヤ(後)速度記号

J

J

ホイールリム幅(前)

2.15

2.15

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

ヘッドライト定格(Hi)

35W

35W

ヘッドライト定格(Lo)

36.5W

36.5W

テールライト定格(制動/尾灯)

18/5W

18/5W

車両装備

ヘルメット収納 有
キャリア 有

ヘルメット収納 有
キャリア 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

208,950円 サターンブラックメタリック、パープルスズキディープブルー、ソニックシルバーメタリック

228,900円 ガラススプラッシュホワイト、パールディープシーブルー

販売目標台数(国内・年間)

15,000台

4,000台

 

アドレスV100とタイプSの違いを比較

 

アドレスV100とタイプSの違いを比較

 

 

「アドレスV100 タイプS」は、「アドレスV100」をスポーティーな仕様に変更したモデル。

 

「アドレスV100 タイプS」の専用装備
  • リアスポイラーにLED(発光ダイオード)ハイマウントストップランプを装備。
  •  

  • フットレスト部にスポーティーな印象の小型アルミパンチングプレートを装着。
  •  

  • シート表皮にスポーティーな印象のディンプル加工を施した。
  •  

  • 専用デザインのホワイトメーターパネルを採用。
  •  

  • クロームメッキのマスコットキーを採用。。
  •  

  • クラッチの構造を変更して発進性能を向上。
  •  

  • 車体色に専用色の白(ガラススプラッシュホワイト)、青(パールディープシーブルー)を採用。

 

 

アドレスV100の性能にスポーティさを加えたのが「アドレスV100タイプS」。LEDハイマウントストップランプを持つリヤスポイラー、パネルを白にしたメーター、フットレストに貼ったアルミパンチングプレート、ディンプル模様のシート表皮など、全体にスタイリッシュさを演出し、その外装に合わせるように、クラッチの特性を見直して発進加速性能をさらに向上した。

 

 

「アドレスV100 タイプS」は、「アドレスV100」とどこが違うのか、商品企画グループの人に聞いてきました。

 

●ステップ
コーナリング時のライディングフォームがしっくりいくようなステップの配置にしてある。

 

●キー
クロームメッキが施されている。

 

●加速
信号ダッシュと低速時からの立ち上がり加速は、同クラスの他のスクーターに圧倒的な差をつける。

 

●カラー
ガラススプラッシュホワイトと、パールディープシーブルーの2色。

 

●タイヤ
ハイグリップタイヤにすればもっと「タイプS」を楽しめるかも。

 

●シート
パンチングがしてある。パターンも少し違う。

 

●アルミパンチングプレート
カスタム感あふれるスタイルがいい。本当は、速さをイメージするヘアラインを入れようとしたらしいが、プレートの穴がつぶれてしまい不採用になったみたい。でもエンブレムではクロームのヘアラインがあしらわれている。

 

 

タイプSの黒のホイールは、かっこいいね。

 

 

アドレスV100にタイプSのクラッチだけ付けたやつが欲しいな。ハイマウントストップランプなんか要らない。

 

 

2003年1月18日に「アドレスV100 Type S」を契約してきた。全部込みで203700円。

 

 

タイプS買ったけど、夜間のメーターパネルの視認性に難がある。パネル表面を照らすライト球が透過パネルの下にきたので文字や走行カウンターが闇に隠れて見えない。

 

 

普通のアドレスV100買って、クラッチ取り換えだけじゃ、タイプSの加速にならないらしい。

 

 

タイプS乗りだけど、タイプSはリアスポイラーがあるから、荷台がなくてリアボックスを付けられない。見た目重視じゃなければ、ノーマルの方がいいかも。

 

 

今日、タイプSのスポイラー部分をじっくり見てみたけど、ノーマルの荷台に換装することはできそうだった。荷台用の2つの穴が蓋で塞がれているのに気づいた。

 

 

タイプS乗ってるならノーマルのアドレスV100のリアキャリアさえあれば、簡単につけ換え出来るみたいだから、気分によって箱つけたり、ハネにしたりすればいい。ネジ緩めて閉めるだけだから。逆にノーマルのアドレスV100にハネ付ける場合は、穴あけ加工とかしなきゃいけないから手間かかりそう。

 

 

俺は、タイプSのリアスポイラーを外してノーマルのアドレスV100のリアキャリアつけてる。まあ、タイプS買った意味無い気もするけど。

 

 

サービスマニュアルは、CE13Aのマニュアル買ったら、タイプSの電気配線だけ書いた8ページのマニュアルがついてくるよ。

 

 

昨日、タイプSのクラッチを分解して気がついたけど、金属部分の形もシューの短さもアドレス110のクラッチシューによく似てる。もしかしたらタイプSとアド110のクラッチシューは同じなのかって思った。

 

アドレスV100とタイプSの中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト