スウィッシュとマジェスティSの違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

スウィッシュとマジェスティSの違いを比較

 

スズキ スウィッシュの歴史

2018年6月26日にスウィッシュの国内向けモデルを発売。型式は、2BJ-DV12B
車体色は、4色(パールブレーシングホワイト、トリトンブルーメタリック、キャンディダーリングレッド、グラススパークルブラック)の設定。
2018年9月21日にスウィッシュ リミテッドを発売。
グリップヒーター、ナックルバイザー、シートヒーターの装備をプラスしたモデル。車体色は、スウィッシュと同じ。

 

 

ヤマハ マジェスティSの歴史

2013年10月30日に新登場。型式は、JBK-SG28J
車体色は4色(ホワイト、ブラック、マットチタン、レッド)。
2015年9月10日にマイナーチェンジとSPシリーズの設定。
2016年モデルの主な変更点は、クッション厚を増加した柔らかいタンデムシートを採用、快適な乗り心地を実現する前後サスペンション、ポジションランプの質感向上(LED片側6個→10個へ、レンズカット織り込み)などを施した。車体色には、新色の「ディープレッドメタリックK(レッド)」を追加。継続色2色(ホワイト、ブラック)とあわせて3色の設定。
SPシリーズは、ツートン塗装の「マットチタン1(マットチタン)」と「ダークグレーイッシュマゼンタメタリック1(パープル)」の2色。追加装備は、前後ブレーキにレッドキャリパーを採用、メッキ処理のハンドルバーエンド、サテンクロームのエンブレム、ブラック塗装テールライトエクステンション、リアホワイトサスペンションの採用など。
2015年11月10日に特別・限定仕様「60th Anniversary」を発売。
「60th Anniversary」は、1970年代から80年代の北米のレースで活躍したヤマハマシンのイメージを再現するスピードブロックをデザイン。車体色は、「ビビッドイエローソリッド2」(イエロー)の1色。
2017年2月10日に特別・限定仕様「MAJESTY S SPECIAL EDITION」を発売。
「SPECIAL EDITION」の標準モデルとの違いは、ヤマハレーシングブルーとシルバーのツートンカラー、「SPECIAL EDITION」専用エンブレム、精悍なゴールドキャリパーなどを追加。車体色は「ディープパープリッシュブルーメタリックC」(ブルー)の1色。
2018年2月26日にマイナーチェンジして発売。型式は、2BK-SG52J
2018年モデルの主な変更点は、LEDヘッドランプおよびLED導光ポジションランプ採用によって精悍なフロントフェイスにデザインを一新、フロントポケットに12V DC電源ジャックの採用。車体色は、スポーティなツートーンカラー2色を含む4色(ホワイト、マットダークグレー、ブラック、ブルー)を設定。

 

 

ここでは、
2018年6月26日発売のスズキ スウィッシュ(2BJ-DV12B)と
2018年1月25日発売のヤマハ マジェスティS(2BK-SG52J)
の違いを比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種名

スウィッシュ

マジェスティS

モデルチェンジ区分

新登場

マイナーチェンジ

発売日

2018年6月26日

2018年1月25日

型式

2BJ-DV12B

2BK-SG52J

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1830

2030

全幅 (mm)

690

715

全高 (mm)

1095

1115

軸間距離 (mm)

1250

1405

最低地上高 (mm)

120

90

シート高 (mm)

760

795

車両重量 (kg)

114

145

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

124

155

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

52.4

58

行程(ピストンストローク)(mm)

57.4

58.7

圧縮比(:1)

10.3

11

最高出力(kW)

6.9

11

最高出力(PS)

9.4

15

最高出力回転数(rpm)

7000

7500

最大トルク(N・m)

10

14

最大トルク(kgf・m)

1

1.4

最大トルク回転数(rpm)

6000

6000

燃料タンク容量 (L)

5.5

7.4

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR7EA-9

CPR8EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

FTX7A-BS

GT7B-4

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.8

1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.65

0.95

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

自動遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

-

1

2次減速比

-

8.787

フレーム型式

アンダーボーン

バックボーン

キャスター角

25°50

26°00

トレール量 (mm)

77

82

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

51

40

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

50.1

37.5

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

タイヤ(前)

100/90-10

120/70-13

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

56

53

タイヤ(前)速度記号

J

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

100/90-10

130/70-13

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

56

57

タイヤ(後)速度記号

J

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有

車両装備

ハザードランプ 有
USBポート 有
キャリア 有

DCソケット 有

メーカー小売価格

318600円

372,600円

 

スウィッシュとマジェスティSの違いを比較

 

スウィッシュとマジェスティSの装備の違いを比較

 

スウィッシュとマジェスティSの比較の口コミ

 

 

スウィッシュとマジェスティSは、車体サイズが結構違う。通勤ですり抜けをよくする人や、駐輪場とか狭い場所に停める人は、スウィッシュの方がいい。あとタイヤもスウィッシュは、前後10インチでマジェスティSは、前後13インチだから街中を軽快に走るならスウィッシュの方がいいし、バイバスとか安定して走るならマジェスティSの方がいい。

 

 

●マジェスティS
フロントタイヤ
120/70-13 M/C 53P
KENDA / K703F
リヤタイヤ:
130/70-13 M/C 57P
KENDA / K703

 

●スウィッシュ
フロントタイヤ
100/90-10 56J
MAXXIS M-6029
リヤタイヤ:
100/90-10 56J
MAXXIS M-6029

 

 

リアブレーキは、スウィッシュがドラムでマジェスティSがディスク。

 

 

スウィッシュは、空冷エンジンでマジェスティSは、水冷エンジン。

 

 

燃費は、スウィッシュが全然良い。

 

 

メットイン容量は、スウィッシュが28L。マジェスティSが32L。
コンビニフックの最大荷重は、スウィッシュが1.5kg。マジェスティSが3kgだからマジェスティSの方が頑丈ってことか。
リアキャリアは、スウィッシュが標準装備でマジェスティSは、オプションで純正キャリアが15000円ぐらいする。

 

 

マジェスティSは、高速走れるからパワーも剛性もスウィッシュより上。

 

 

マジェスティSは、スウィッシュと比べると重い、デカい、ポジション酷過ぎだから、買う前に試乗してみたほうがいい。

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト