リード100とアドレス110の違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

リード100とアドレス110の違いを比較

 

ホンダ リード100の歴史

1998年3月10日に「リード100」を新発売。
リードの3代目。2代目のリード90をフルモデルチェンジをして、排気量を100ccにアップし、新たに前後輪連動のコンビブレーキを採用するなどして発売。型式は、BD-JF06
車体色は、4色(プレシャスグレイメタリック、ミュートブラックメタリック、アザレアオレンジメタリック、グレシャーグリーンメタリック)。
リード90とリード100の違いの比較は、こちら。
2001年6月30日にマイナーチェンジ。盗難抑止システムとして、メインスイッチ、シートオープナー、ハンドルロック機構をメインのキーシリンダーに集約し、キーシリンダーにはキーシャッターを装備。キー付きガソリンタンクキャップやオプションのイモビアラームキットが装着できるプレワイヤリングを標準装備するなどした。車体色は、3色(クリアシルバーメタリック、ミュートブラックメタリック、プレシャスグレイメタリック)。
2003年に生産終了。

 

 

スズキ アドレス110の歴史

1998年4月24日に2ストロークモデルが新登場。型式は、BD-CF11A
2000年3月21日にマイナーチェンジ。
ヘッドランプをマルチリフレクタータイプに変更。リヤターンシグナルランプをクリアタイプにして前後灯火器の質感を向上。リヤキャリアの剛性を高めた。シートを黒とグレーのツートーンカラーに変更。質感が高くスポーティーなデザインのキャストホイールを装着したキャストホイール仕様を設定。車体色は、3色(パールスティルブルーグレー、キャンディグランブルー、ソニックシルバーメタリック)。
2003年に2ストロークモデルが生産中止。
Vシリーズの後継は、アドレスV125となった。
2015年3月19日に4ストロークモデルが発売。型式は、EBJ-CE47A
製造は、インドネシア。車体色は、3色(ブリリアントホワイト、アイスシルバーメタリック、タイタンブラック)。
アドレス110の2stと4stの違いを比較
2016年4月27日にマイナーチェンジ。
シート表皮のデザインを変更。車体色は、3色(ブリリアントホワイト、アイスシルバーメタリック、タイタンブラック)。
2018年3月26日にマイナーチェンジ。型式は、2BJ-CE47A
平成28年国内排出ガス規制対応でパワーと燃費が若干ダウン。最高出力が6.7kW[9.1PS]/8,000rpm→6.5kW[8.8PS]/7,750rpm。最大トルクが8.6N・m[0.88kgf・m]/6,000rpm→8.6N・m[0.88kgf・m]/6,250rpmに変更。WMTCモード値燃費が51.2km/L→48.9km/L。車体色は、4色(トリトンブルーメタリック、アイスシルバーメタリック、タイタンブラック、ブリリアントホワイト)。
アドレス110の「EBJ-CE47A」と「2BJ-CE47A」の違いを比較
2019年8月23日にカラーチェンジ。
車体色は、4色(マットステラブルーメタリック、トリトンブルーメタリック、タイタンブラック、ブリリアントホワイト)。
2020年10月8日にマイナーチェンジ。

左ブレーキレバーを握ると、フロントブレーキとリアブレーキが同時に作動し、効率よく制動力を得られるコンバインドブレーキシステムを新たに採用。車体色は、4色(ソラリスシルバー、ブリリアントホワイト、タイタンブラック、マットステラブルーメタリック)。

 

 

ここでは、
1998年3月10日発売のホンダ リード100(BD-JF06)と
1998年4月24日発売のスズキ アドレス110(BD-CF11A)
の違いを比較しました。

 

 

リード100とアドレス110のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

リード100

アドレス110

型式

BD-JF06

BD-CF11A

発売日

1998年3月10日

1998年4月24日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1795

1855

全幅 (mm)

680

630

全高 (mm)

1060

1120

ホイールベース (mm)

1255

1265

最低地上高(mm)

115

125

シート高 (mm)

660

-

乾燥重量 (kg)

92

-

車両重量 (kg)

99

101

最小回転半径(m)

2

-

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

43.1

40.5

原動機型式

-

F129

原動機種類

2ストローク

2ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

101

113

2スト・吸気形式

ピストンリードバルブ

リード弁式・ピストン弁式

内径(シリンダーボア)(mm)

51

52.5

行程(ピストンストローク)(mm)

49.6

52.2

圧縮比(:1)

6.5

6.8

最高出力(kW)

-

7.4

最高出力(PS)

9.3

10

最高出力回転数(rpm)

6750

6000

最大トルク(N・m)

-

13

最大トルク(kgf・m)

1

1.3

最大トルク回転数(rpm)

6000

5500

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

APBC3

-

燃料タンク容量 (L)

7.5

6

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

323.2

243

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

BR6HSA-9

BPR6HS

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTX5L-BS

YTX5L-BS

エンジン潤滑方式

分離給油(2スト)

分離給油(2スト)

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

-

2.263

2次減速比

-

3.5

フレーム型式

アンダーボーン

パイプレス

キャスター角

27°30

25°20

トレール量 (mm)

68

73

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

-

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

100/90-10

90/90-12

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

56

44

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

-

タイヤ(後)

100/90-10

100/80-12

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

56

56

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

-

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.5

2.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

2.5

2.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

PH11

-

ヘッドライト定格(Hi)

-

35W/36.5W

テールライト定格(制動/尾灯)

-

18W/5W

メーカー小売価格/カラーバリエーション

229,000円 プレシャスグレイメタリック
ミュートブラックメタリック、アザレアオレンジメタリック
グレシャーグリーンメタリック

239,000円

国内年間目標販売台数

シリーズ合計 40,000台

シリーズ合計 20,000台

 

リード100とアドレス110の違いを比較

 

リード100とアドレス110の違いを比較

 

 

1998年3月10日発売のホンダ リード100(BD-JF06)の特徴
  • エンジンは、従来モデルのリード90から排気量を10ccアップさせた新開発の空冷・2サイクル・単気筒を搭載。
  • キャブレターに改良を施し、混合気を薄めに設定し、燃焼過程で有害物質の低減を図った。
  • マフラー内部に新開発の酸化触媒(キャタライザー)を設けた。
  • 車体剛性を高めたフレームを採用。
  • 座り心地の良いロングシートを採用。
  • 新採用のテレスコピック式フロントサスペンションを採用。
  • 使い勝手に優れたコンビ・ブレーキ(前・後輪連動ブレーキ)を採用。
  • 盗難の防止に効果的なセンタースタンド・ロックイン機構と、強化タイプのコンビネーション&ロックスイッチを採用。
  • 前後に新デザインのアルミキャストホイールを採用。

 

1998年4月24日発売のスズキ アドレス110(BD-CF11A)の特徴
  • スムーズで力強い走りの2サイクル113ccエンジンを搭載。
  • 大径の12インチタイヤを採用。
  • ウインドシールド(風防)仕様と、小型でスタイリッシュなメーターバイザー仕様の2種類の仕様を設定。
  • 容量27Lのシート下収納スペースを設定。
  • 駐車時の盗難抑止のためのU字ロック(純正オプション用品)を固定できる専用ホルダーも設定。
  • 収納スペースを照らすパーソナルスペースランプを装備。
  • ワンタッチでキー穴を外から見えなくするシャッター付きメインキーを装備。
  • 駐車時にセンタースタンドを固定するセンタースタンドロックを設定。
  • シートを開けずに給油ができる独立給油リッドを採用。
  • インナーラックとコンビニフックを装備。
  • 格納式ピリオンフットレスト(後席乗員のフットレスト)を採用。

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
リード100 99kg | 9.3PS/6750rpm | 1kgf・m/6000rpm
アドレス110 101kg | 10PS/6000rpm | 1.3kgf・m/5500rpm

 

 

●タンク容量
リード100 7.5L
アドレス110 6L

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)
リード100 43.1km/L
アドレス110 40.5km/L

 

●航続距離(60km/h走行時)
リード100 7.5L × 43.1km/L =323.25km
アドレス110 6L × 40.5km/L =243km

 

 

アドレス110は、速い。でもでかくて重い。装備が充実してるけど、その分値段も高い。あの小さいシールドが萌える。リード100は、全体的にマイルドな味付けで、ロートル向け。ガンガン飛ばす人には、向いてない。

 

 

リード100は、見た目がおっさん臭いけど造りは良いよ。アドレス110は、シート下トランクは、とても広いけど、足元が狭いから足元に大きい荷物は積めない。

 

 

弄らない人は、リード100。
弄る人は、グランドアクシス100。

 

リード100とアドレス110の買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト