アドレスV100とアドレスV125の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

アドレスV100とアドレスV125の違いを比較

 

スズキ アドレスV100の歴史

1991年1月に新登場。型式は、CE11A
1992年7月にマイナーチェンジ。
フューエルメーターの針を帰零式に変更。ハンドルスイッチASSY(R)の電気配線関係の変更。
1995年4月にマイナーチェンジ。
燃料タンク容量を6Lに増量。バッテリーをFTX5L-BS(12V4A)に変更。ヘッドランプを昼間点灯式に変更。タイヤを変更。フロントブレーキキャリパを変更。フューエルレベルゲージを変更。リヤビューミラーを変更。
1995年12月にマイナーチェンジ。
施錠装置にグリップエンドロックを追加し、それに伴いグリップエンドキャップを設けて車幅が0.61m→0.635mへ変更。
1997年10月にマイナーチェンジ。
レッグシールドラックを装備。スピードメータの文字盤を変更。
1999年4月にマイナーチェンジ。
シャッター式キーを採用し、グリップエンドロックを取り外した。マフラカバーをクロムメッキに。シート前下にセンターフックを設けた。
2000年7月に80周年記念モデルを発売。型式は、BD-CE11A
2000年11月にフルモデルチェンジ。型式は、BD-CE13A
CDIを変更。キャブレターセッティングを変更。二次空気供給装置と触媒装置を追加し排気ガス規制に対応。ヘッドランプ球のワット数を変更。スピードメータ文字盤を変更。充電発電装置を変更。
2001年7月10日にSummer Versionを発売。
2001年9月5日にマイナーチェンジ。

新たにセンタースタンドロックを装備。ハンドルロックと同時にスタンドロックがかかるシャッター付きメインキーも採用。
2002年3月28日にマイナーチェンジ。
集中ロックシステムを採用。イグニションスイッチ、シートのロック、燃料注入口の開閉、ハンドルロック、センタースタンドのロックがメインスイッチ部で操作可能に。
2002年7月8日にSummer Versionを発売。
2002年12月24日に50周年記念車を発売。
2003年1月14日にType Sを発売。
クラッチの構造を変更、発進性能を向上。ホワイトメーターパネルとクロームメッキのマスコットキーを採用。シート表皮にディンプル加工。フットレスト部に小型アルミパンチングプレートを装着。リアスポイラーにLEDハイマウントストップランプを装備。
2005年5月で最終型「BD-CE13A型」の生産終了。後継車種のアドレスV125に引き継がれる。

 

 

スズキ アドレスV125の歴史

2005年2月26日に新登場。型式は、BC-CF46A
アドレスV125シリーズは、アドレスV100のフルモデルチェンジにあたり、このモデルから4ストロークエンジンを導入。車体色は、黒、白、紺の全3色。
2006年3月からは生産が台湾の合弁会社である台鈴工業へ移管。
2007年2月28日にマイナーチェンジ。
メーターパネルにターンシグナルインジケーターを新しく採用し、文字盤のデザインを変更。シート下トランクに荷物の損傷を軽減するスポンジタイプのインナーマットを採用。車体色は、黒、白の全2色。
2010年1月15日にマイナーチェンジ。型式は、EBJ-CF4EA
2008年に一旦生産を終了となったアドレスV125がリアキャリア、インナーラックを装着するマイナーチェンジを施し復活。車体色は、3色(ソニックシルバーメタリックNo.2、グラススパークルブラック、ソリッドスペシャルホワイトNo.2)の設定。
アドレスV125の「BC-CF46A」と「EBJ-CF4EA」の違いを比較は、こちら。
2010年12月24日にカラー追加。
新色のファントムブラックメタリックNo.2を追加した。
2012年6月26日にカラーチェンジ。
新色のキャンディカプリブルーを追加。継続色3色(シルバー、ホワイト、ブラック)と合わせ全4色の設定。
2013年7月31日にカラーチェンジ。
新色のパールグラスホワイトNo.2を追加。継続色3色(シルバー、ブルー、ブラック)と合わせ全4色の設定。
2017年9月に日本向け車両のV125シリーズ全仕様の生産終了を発表。

 

 

ここでは、
2004年7月発売のスズキ アドレスV100(BD-CE13A)と
2005年2月26日発売のスズキ アドレスV125(BC-CF46A)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

アドレスV100

アドレスV125

型式

BD-CE13A

BC-CF46A

発売日

2004年7月

2005年2月26日

全長(mm)

1745

1750

全幅(mm)

635

635

全高(mm)

1015

1030

シート高(mm)

718

740

乾燥重量(kg)

85

85

キャスター角(度/分)

25/20

26/00

トレール(mm)

68

82

ブレーキ型式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ型式(後)

リーディングトレーリング

リーディングトレーリング

タイヤサイズ(前)

3.50-10 51J

90/90-10 50J

タイヤサイズ(後)

3.50-10 51J

100/90-10 56J

エンジン・トランスミッション型式

E134

F468

総排気量

99

124

エンジン種類

2サイクル・強制空冷・単気筒・リードバルブ

4サイクル・強制空冷・単気筒

ボア(mm)

52.5

53.5

圧縮比(:1)

6.5

10

最高出力(kW/rpm)

6.6(9.0PS)/6000

8.4(11.4PS)/7500

ストローク(mm)

46

55.2

始動方式

セルフ式(キック式併設)

セルフ式(キック式併設)

最大トルク(N・m/rpm)

11(1.1kg・m)/5500

12(1.2kg・m)/6000

クラッチ方式

乾式自動遠心シュータイプ

乾式自動遠心式シュータイプ

点火方式

CDI式

CDI式

燃料供給方式

キャブレター

インジェクション

変速機型式

Vベルト無段変速

Vベルト無段変速

燃料タンク(L)

6

6

潤滑方式

分離潤滑式

圧送式

メーカー小売価格

208,950円

208,950円

 

アドレスV100(BD-CE13A)とアドレスV125(BC-CF46A)の比較

 

アドレスV100(BD-CE13A)とアドレスV125(BC-CF46A)の比較の口コミ

 

 

最後の2st。最終型アドレスV100。
最新のFI制御。アドレスV125。

 

 

デザインは、アドレスV100の方がカクカクしたデザインだね。

 

 

今度アドレスV125が発売されるけど、俺は、アドレスV100の方がいいな。リヤキャリアが標準装備だし、給油口や前ウインカーの位置もアドレスV100の方が好き。

 

 

シートは、アドレスV125の方が大きいね。

 

 

アドレスV125は、価格でがんばってるけど、その分装備を削りすぎてる。アドレスV125Gは装備がアドレスV100並みだけど、実売価格が高いね。最高速の差も10km/hあるかないかのレベルだし、燃費も少し良いだけだから、自分なら内装、給油口、照明とかの差と価格の安さアドレスV100の最終型を買うかも。

 

 

最高速10km/hの差は、でかいよ。俺は、アドレスV100乗ってるけど、パワー不足で夜中の幹線道路走るのが怖いからアドレスV125に乗り換えようかと思ってる。ちなみにアドレスV100の最高速は、ノーマルだとせいぜい85km/hがいいとこ。

 

 

アドレスV100とアドレスV125で迷ってる。アドレスV125の方がいいけど、給油口の位置とメットインが不便そうなのだけ気に入らない。

 

 

アドレスV125も欲しいけど、アドレスV100のメットインの内装、照明、給油口が気に入ってるからなかなかアドレスV100を手放せない。

 

 

アドレスV100乗りだけど、今日、信号でアドレスV125に勝負挑んで見たけど、加速も最高速も勝てなかった。ちなみに俺のアドレスV100は、ワンオーナーで走行距離1万kmぐらい。

 

 

アドレスV100からアドレスV125に乗り換えたけど、エンジン特性がなんかつまらない。2ストの方が面白かった。

 

 

アドレスV100乗りだけど、アドレスV125に試乗してみた。初めて4stスクーターに乗ったけど、不思議な感じだった。アドレスV100のように加速に波がなく、スムーズに加速していくから体感的には遅いんだけど、メーター見ると気がついたら80km/h出てて驚いた。

 

 

アドレスV125に負けたくないから自分でセッティングしたアドレスV100に乗ってるけど、バイク屋で初めてアドレスV125に試乗してみた。加速性能は、俺のいじったアドレスV100と同じくらいだった。アドレスV125は、足回りしっかりしてるし速いな。でも、アドレスV100でも少しいじれば簡単にアドレスV125ぐらいの性能になることも実感できた。

 

 

アドレスV100は、個体差もあるけど、ノーマルだと出ても90km/hぐらい。アドレスV125は、100km/h以上出るし、加速もアドレスV100より上。アドレスV100乗りでアドレスV125以上の性能を求める人は、それなりに弄るしかない。

 

 

アドレスV125になってもサスの酷さは、変わってないね。

 

 

俺は、デザインでアドレスV100にした。アドレスV125の見た目は、主婦の買い物って感じの印象を受けた。長く乗るならデザインも重要。

 

 

アドレスV100からアドレスV125に乗り換えたけど、ガソリンスタンドでシート開けるのが面倒くさい。

 

 

アドレスV100からアドレスV125Gに乗り換えたけど、期待してた程、速くなかった。前乗ってた駆動系弄ったアドレスV100の方が速い。あと給油する度にシートを開けなきゃいけないし、メットインの照明も付いてないし、アドレスV100より全体の造りが安っぽい。でも燃費だけは良い。

 

 

アドレスV125の速さには、アドレスV100のノーマルでは追いつけない。新型アドレスV125の方がパワーも出てるし速いよ。でもアドレスV100を少し弄るだけでアドレスV100の方が速くなる。アドレスV125は、駆動系でかなり損しる気がする。あとアドレスV125の作りが安っぽいのは、俺も思った。

 

 

俺は、アドレスV100の駆動系のみイジって乗ってるけど、残念ながらアドレスV100は、チャンバーでも入れない限り、アドレスV125にはかなわないよ。出足から最高速までアドレスV100が前に出れる隙がないし、40?50km/hからの再加速で圧倒的な差をつけられる。アドレスV100は、そこに加速の谷があるけど、アドレスV125にはない。だからこれから買うなら俺は、アドレスV125にする。まあ、アドレスV100にも給油口やメットインとかアドレスV125に無い魅力があるけど。

 

 

ノーマルで乗るならアドレスV125。
改造希望ならアドレスV100。

 

 

アドレスV125は、速いけどアドレスV100に慣れてるとシート下スペースが狭すぎると思った。手持ちのフルフェイスが入らなかったし。それにアドレスV100のウエイトローラーを変えたらアドレスV125と似たような加速するし、街中だと最高速は、関係ない。でも小さいフルフェイスを被る人ならアドレスV125でいいと思う。

 

中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト