アドレスV100とグランドアクシス100の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

アドレスV100とグランドアクシス100の違いを比較

 

スズキ アドレスV100の歴史

1991年1月に新登場。型式は、CE11A
1992年7月にマイナーチェンジ。
フューエルメーターの針を帰零式に変更。ハンドルスイッチASSY(R)の電気配線関係の変更。
1995年4月にマイナーチェンジ。
燃料タンク容量を6Lに増量。バッテリーをFTX5L-BS(12V4A)に変更。ヘッドランプを昼間点灯式に変更。タイヤを変更。フロントブレーキキャリパを変更。フューエルレベルゲージを変更。リヤビューミラーを変更。
1995年12月にマイナーチェンジ。
施錠装置にグリップエンドロックを追加し、それに伴いグリップエンドキャップを設けて車幅が0.61m→0.635mへ変更。
1997年10月にマイナーチェンジ。
レッグシールドラックを装備。スピードメータの文字盤を変更。
1999年4月にマイナーチェンジ。
シャッター式キーを採用し、グリップエンドロックを取り外した。マフラカバーをクロムメッキに。シート前下にセンターフックを設けた。
2000年7月に80周年記念モデルを発売。型式は、BD-CE11A
2000年11月にフルモデルチェンジ。型式は、BD-CE13A
CDIを変更。キャブレターセッティングを変更。二次空気供給装置と触媒装置を追加し排気ガス規制に対応。ヘッドランプ球のワット数を変更。スピードメータ文字盤を変更。充電発電装置を変更。
2001年7月10日にSummer Versionを発売。
2001年9月5日にマイナーチェンジ。

新たにセンタースタンドロックを装備。ハンドルロックと同時にスタンドロックがかかるシャッター付きメインキーも採用。
2002年3月28日にマイナーチェンジ。
集中ロックシステムを採用。イグニションスイッチ、シートのロック、燃料注入口の開閉、ハンドルロック、センタースタンドのロックがメインスイッチ部で操作可能に。
2002年7月8日にSummer Versionを発売。
2002年12月24日に50周年記念車を発売。
2003年1月14日にType Sを発売。
クラッチの構造を変更、発進性能を向上。ホワイトメーターパネルとクロームメッキのマスコットキーを採用。シート表皮にディンプル加工。フットレスト部に小型アルミパンチングプレートを装着。リアスポイラーにLEDハイマウントストップランプを装備。
2005年5月で最終型「BD-CE13A型」の生産終了。後継車種のアドレスV125に引き継がれる。

 

 

ヤマハ グランドアクシス100の歴史

1998年9月20日に新登場。型式は、SB01J
グランドアクシス100は、台湾の台灣山葉機車工業が製造した車体を正規輸入。車体色は、3色(ブラック2、フェアリーシルバー、ベリーダークブルーメタリック7)の設定。
2001年4月27日にマイナーチェンジ。型式は、BD-SB06J
排ガス規制対応2001年モデル。エア・インダクション・システム及び酸化触媒を採用。車体色は、3色(ダークブルーイッシュグレーメタリック4(新色)、ブラックメタリック7(新色)、フェアリーシルバー)の設定。
2003年5月20日にマイナーチェンジ。
エアシュラウドの二重構造化、及び排ガス浄化装置の仕様変更により、騒音を低減し、騒音規制に適合。ニューデザインフロントグリルの採用。車体色は、3色(ホワイトメタリック1(新色)、フェアリーシルバー、ブラックメタリック7)の設定。
2005年7月22日にマイナーチェンジ。
ヘッドライトにマルチリフレクター式を採用。外観のクオリティを向上。車体色は、新色3色(シルバー3、ミッドナイトシルバー、ニューパールホワイト)の設定。
2006年4月10日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックA(新色)、ミッドナイトシルバー、ニューパールホワイト)の設定。
2007年1月10日にカラーチェンジ。
ホイールカラーがブラックになったグランドアクシス100の最終モデル。車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックA、ミッドナイトシルバー、ニューパールホワイト)の設定。
2008年9月に生産終了。
アクシスのモデル名は、2009年8月登場のアクシストリートに引き継がれた。

 

 

ここでは、
2004年7月発売のスズキ アドレスV100(BD-CE13A)と
2005年7月発売のヤマハ グランドアクシス100(BD-SB06J)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

アドレスV100

グランドアクシス100

発売日

2004年7月

2005年7月

型式

BD-CE13A

BD-SB06J

全長(mm)

1745

1850

全幅(mm)

635

680

全高(mm)

1015

1085

シート高(mm)

718

745

乾燥重量(kg)

85

90

総重量(kg)

95

サスペンション(前)

テレスコピック

サスペンション(後)

ユニットスイング

キャスター角(度/分)

25/20

27/30

トレール(mm)

68

97

ブレーキ型式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ型式(後)

リーディングトレーリング

ドラム(リーディング・トレーリング)

タイヤサイズ(前)

3.50-10 51J

110/70-12 47J

タイヤサイズ(後)

3.50-10 51J

120/70-12 51J

エンジン型式

E134

B109E

エンジン種類

2サイクル・強制空冷・単気筒・リードバルブ

空冷・2ストローク・クランク室リードバルブ

総排気量

99

101

圧縮比(:1)

6.5

6

ボア(mm)

52.5

52

ストローク(mm)

46

47.6

最高出力(kW/rpm)

6.6(9.0PS)/6000

7.4(10PS)7000

最大トルク(N・m/rpm)

11(1.1kg・m)/5500

11(1.1kg・m)/6000

始動方式

セルフ式(キック式併設)

セル・キック併用式

点火方式

CDI式

CDI.式

クラッチ方式

乾式自動遠心シュータイプ

乾式内拡重錘式

変速機型式

Vベルト無段変速

Vベルト式無段変速

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

潤滑方式

分離潤滑式

分離潤滑式

燃料タンク(L)

6

6.5

メーカー小売価格

208,950円

226,800円

 

アドレスV100とグランドアクシス100の違いを比較

 

 

アドレスV100とグランドアクシス100の比較の口コミ

 

 

2002年1月に全く同じ道をアドレスV100とグランドアクシス100で5000kmぐらい乗ってみたけど、最高速は、アドレスV100のが上だった。ちなみにアドレスV100が87km/h。グランドアクシス100が78km/h。

 

 

俺は、グランドアクシス100を買う前にアドレスV100と迷ったけど、よく二人乗りをするからアドレスV100の車体の大きさだと不安だったのとグランドアクシス100のボリュームがあるデザインに惚れたからグランドアクシス100にした。

 

 

グランドアクシス100の方がアドレスV100よりメーターが正確な気がする。アドレスV100の方が10km/h以上表示が低い。グランドアクシス100は、車のメーターととほぼ同じ速度を指す。体感的にもアドレスV100は、メーターの数字よりも遅く感じる。

 

 

小気味良い走りを求める人は、アドレスV100の方がいい。

 

 

タンデムは、グランドアクシスも狭いよ。俺は、アドレスV100をおすすめする。出だし以外は、グランドアクシスの方が速いけど。

 

 

趣味性重視ならグランドアクシス。
実用性重視ならアドレスV100。

 

 

グランドアクシスは、曲線的なケツ。
アドレスV100は、角張ったケツ。

 

 

アドレス V100からグランドアクシスに乗り換えた。乗り心地は、雲泥の差で良くなったけど、走りは逆で遅い。オイルもアドレスV100の2倍食うし。さらにエンジンオイル(オートルーブ)がほぼ倍の値段するから維持費が高くなった。走りの機敏さを求める人は、アドレスV100。いじり倒したい人は、グランドアクシスかな。

 

 

ノーマルのグランドアクシスでは、高速域以外は、アドレスV100に歯が立たない。特にスタートダッシュは、話にならない。

 

 

グランドアクシスのシートは、滑りやすい。アドレスV100だとそういうのは、なかったのに。

 

 

アドレスV100は、原付と同じぐらいの小ささが魅力だけど、煽られ易いから流れが速い道を走ることが多いならグランドアクシスのほうがいいよ。

 

 

スタートダッシュは、小さくて軽いアドレスV100が速いでしょ。グランドアクシスは、30km/hぐらいで加速が一旦鈍るし。

 

 

グランドアクシスのノーマルサスの安定性は、中高速走行時は、あまり良くないよ。アドレスV100と比較するとマシな程度。

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト