アドレス125の「型式2BJ-DT11A」と「型式8BJ-DP12H」の違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

アドレス125の「型式 2BJ-DT11A」と「型式 8BJ-DP12H」の違いを比較

 

スズキ アドレス125の歴史

2017年9月29日に「アドレス125」が新登場。型式は、2BJ-DT11A
アドレスV125シリーズの生産終了を受け、中国でが生産している?友(UU125i)が日本向けに正規輸入され、2017年9月29日からアドレス125として発売。エンジンは、アドレス110と同様の124cc空冷単気筒、SEPエンジンを搭載。フロントホイールサイズが12インチになった。広々としたフラットな足元スペースを確保。シート下スペース容量は、18リットル。車両重量は、109kg。車体色は、3色(パールグレイスフルホワイト、パールノベルティブラック、キャンディパトリシアンレッド)の設定。
アドレス125とアドレスV125Sの違いの比較は、こちら。
アドレス125とアドレス110の違いの比較は、こちら。
2018年3月30日に「アドレス125フラットシート仕様」を発売。
変更点は、シート座面を平らとして、シート下トランクスペースの容量を増やした。車体色は、従来と同じ3色の設定。
アドレス125とフラットシート仕様の違いの比較は、こちら。
2018年10月23日に「アドレス125」と「アドレス125フラットシート仕様」をカラーチェンジして発売。
車体色は、どちらも新色1色(ウォームシルバーメタリック)と継続色2色(パールグレイスフルホワイト、パールノベルティブラック)の全3色の設定。
2019年9月26日に「アドレス125」と「アドレス125フラットシート仕様」をカラーチェンジして発売。
車体色は、「アドレス125」が新色1色(キャンディパトリシアンレッド)と継続色2色(パールグレイスフルホワイト、パールノベルティブラック)の全3色。「アドレス125フラットシート仕様」が新色1色(フラッシュシルバーメタリック)と継続色2色(パールグレイスフルホワイト、パールノベルティブラック)の全3色の設定。
2022年10月18日に「アドレス125」をフルモデルチェンジ。型式は、8BJ-DP12H
平成32年(令和2年)排ガス規制をクリアした124ccの空冷単気筒エンジンを搭載。ヘッドライトはLED式。フロントインナーラックにUSBソケット、ハンドル下にフロントフックを装備。足元に折りたたみ式でコンパクトに収納できるストッパー付のホルダーを装備。ブレーキは、左レバーの操作でリアブレーキとともにフロントブレーキも作動するコンバインドブレーキを採用。シート下スペース容量は、21.8リットル。車体色は、4色(青「ダークグリーニッシュブルーメタリック」、赤「マットボルドーレッドメタリック」、白「パールミラージュホワイト」、黒「マットブラックメタリック No.2」)。製造国は、インド。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
2019年9月26日発売のスズキ アドレス125(型式 2BJ-DT11A)と
2022年10月18日発売のスズキ アドレス125(型式 8BJ-DP12H)
の違いを比較しました。

 

 

アドレス125の「型式 2BJ-DT11A」と「型式 8BJ-DP12H」のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

アドレス125

アドレス125

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

フルモデルチェンジ

型式

2BJ-DT11A

8BJ-DP12H

発売日

2019年9月26日

2022年10月18日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1900

1825

全幅 (mm)

685

690

全高 (mm)

1135

1160

ホイールベース (mm)

1285

1265

最低地上高(mm)

120

160

シート高 (mm)

745

770

車両重量 (kg)

109

105

最小回転半径(m)

2

2

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

52

55.9

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

51

53.8

原動機型式

AF22

AF21

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

124

124

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

52.5

52.5

行程(ピストンストローク)(mm)

57.4

57.4

圧縮比(:1)

10.3

10.3

最高出力(kW)

6.9

6.4

最高出力(PS)

9.4

8.7

最高出力回転数(rpm)

7000

6750

最大トルク(N・m)

10

10

最大トルク(kgf・m)

1

1

最大トルク回転数(rpm)

6000

5500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

6

5

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフ・キック?併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR7EA-9

-

点火プラグ必要本数・合計

1

-

搭載バッテリー・型式

FTX7A-BS

-

バッテリー容量

12V 21.6kC(6 Ah) /10HR

-

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.8

0.8

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.65

-

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

-

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

2.47

2.47

2次減速比

3.461

3.461

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

27°00

26°30

トレール量 (mm)

92

89

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

90/90-12

90/90-12

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

44

44

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

100/90-10

90/100-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

56

53

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム幅(前)

2.15

-

ホイールリム形状(後)

MT

-

ホイールリム幅(後)

2.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.5

-

ヘッドライト定格(Hi)

35W/35W

-

ヘッドライトタイプ(Hi)

HS1

LED

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W

-

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

燃料計 有

燃料計 有

車両装備

ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
キャリア 有
センタースタンド 有

前後連動式ブレーキ 有
USBポート 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

221,400円(消費税抜き 205,000円)
赤「キャンディパトリシアンレッド」(PVQ)、
白「パールグレイスフルホワイト」(QMT)、
黒「パールノベルティブラック」

273,900円(消費税抜き249,000円)
ダークグリーニッシュブルーメタリック(QTZ)、
マットボルドーレッドメタリック(QMV)、
パールミラージュホワイト(YPA)、
マットブラックメタリックNo.2(YKV)

販売計画台数(国内・年間)

-

9,500台

生産国

中国

インド

 

アドレス125の「型式 2BJ-DT11A」と「型式 8BJ-DP12H」の違いを比較

 

 

左がアドレス125(型式 2BJ-DT11A)
右がアドレス125(型式 8BJ-DP12H)
アドレス125の「型式 2BJ-DT11A」と「型式 8BJ-DP12H」の装備の違いを比較

 

 

 

アドレス125の「型式 2BJ-DT11A」と「型式 8BJ-DP12H」の違いを比較

 

 

アドレス125の「旧型 2BJ-DT11A」と「新型 8BJ-DP12H」の主な変更点

 

  • 従来のアドレス125は、どちらかといえばシャープな外観だったが、新型は丸みを帯びたシンプルで親しみやすいデザインとなった。
  •  

  • 新型のヘッドライトはLED化され、一気に現代的でスポーティな見た目に。リヤのコンビネーションランプも流麗な車体のデザインにマッチさせた。
  •  

  • 最高出力は、従来モデルの「6.9kW(9.4ps)/7000rpm」から「6.4kW(8.7ps)/6750rpm」へダウン。最大トルクの発生回転数を従来モデルよりも500rpm下げて、扱いやすさとスロットルレスポンスの向上が図られてた。燃費は、WMTCモードで従来の51km/Lから53.8km/Lにアップ。
  •  

  • タンク容量は、従来の6リットルから5リットルへダウン。
  •  

  • 新型のシートの座面は前後に長く、全長は従来モデルより+62mm。新型のシートは、フラットな形状で、さらに大型のグラブバーを装備。メインマーケットのインドでは2人乗りが当たり前なので、タンデムの乗降性や快適性が良くなったが、従来モデルで標準装備だったリアキャリアが無くなった。ちなみに新型の別売りの純正リアキャリアは、13,200円(税込み)。
  •  

  • 従来モデルは、給油する時にシートを開ける必要があったが、新型は、給油口を車体後部に設けることによって、給油の際にシートを開ける必要がなくなった。
  •  

  • シート下トランク容量は、従来モデルの18リットルから21.8リットルにアップ。
  •  

  • 新型のフロントインナーラックの上には、スマートフォンの充電などに便利なUSBソケット(定格5V2A)が装備された。
  •  

  • 従来モデルは、挟むタイプのかばんホルダーがあったが、新型は、かけるタイプの荷掛けフックを装備。
  •  

  • 新型は、折りたたみ式ホルダーを股の下に新たに設置。
  •  

  • 新型のブレーキには、左ブレーキレバーを握ると、リアと連動してフロントブレーキも作動する「コンバインドブレーキ」を採用し、安全性が引き上げられた。
  •  

  • 新型のメーターは、スピードメーターの周りに「エコドライブイルミネーション」を搭載し、ランプの色で燃費の良い運転状況を知れる。液晶ディスプレイ部分には、燃料計とオイルチェンジインジケーター、オドメーター、トリップメーター、電圧計、時計を表示できる。
  •  

  • 税込み価格が221,400円→273,900円に変更。52,500円アップ。

 

 

アドレス125の「型式 2BJ-DT11A」と「型式 8BJ-DP12H」のスペックの違う部分

 

●発売日
2019年9月26日 → 2022年10月18日

 

●モデルチェンジ区分
カラーチェンジ → フルモデルチェンジ

 

●型式
2BJ-DT11A → 8BJ-DP12H

 

●全長 (mm)
1900 → 1825

 

●全幅 (mm)
685 → 690

 

●全高 (mm)
1135 → 1160

 

●ホイールベース (mm)
1285 → 1265

 

●最低地上高(mm)
120 → 160

 

●シート高 (mm)
745 → 770

 

●車両重量 (kg)
109 → 105

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)
52 → 55.9

 

●燃料消費率 WMTCモード値(km/L)
51 → 53.8

 

●原動機型式
AF22 → AF21

 

●最高出力(kW)
6.9 → 6.4

 

●最高出力(PS)
9.4 → 8.7

 

●最高出力回転数(rpm)
7000 → 6750

 

●最大トルク回転数(rpm)
6000 → 5500

 

●燃料タンク容量 (L)
6 → 5

 

●キャスター角
27°00 → 26°30

 

●トレール量 (mm)
92 → 89

 

●タイヤ(後)
100/90-10 → 90/100-10

 

●タイヤ(後)荷重指数
56 → 53

 

●ヘッドライトタイプ(Hi)
HS1 → LED

 

 

今回の新型「アドレス125」は、インドで「アクセス125」の名で人気だったモデルがベース。日本の排ガス規制や保安基準の改正に伴って日本向けに最適化されて新しく導入された。

 

 

新型は、インドでは、50〜60万台の規模で売れてるらしいから、日本でも売れるかも。

 

 

新型のシート高は、745mm→770mmにアップしてるけど、跨った感じでは、旧型とあまり変わらなかった。フロアボードの形状とかで足つき対策されてる。

 

 

メットインスペースの容量は、
アドレス125(型式 2BJ-DT11A)が18リットル。
アドレス125(型式 8BJ-DP12H)が21.8リットル。

 

 

旧型アドレス125は、フロントフェンダーがなかった。フロントカウルが前輪に覆いかぶさるようになってるだけだった。新型アドレス125は、フェンダーを備えてるから泥除けになる。

 

 

新型は、ヘッドランプリムやマフラーガードにメッキが施されたし、エンブレムが立体式になって、車体の上質感がアップしてる。

 

 

新型になってデザインは、明らかに良くなった。

 

 

旧型で標準装備だったリヤキャリアの代わりに新型は、グラブバーが装備された。リア周りの見た目は、かなりすっきりした。新型でもリアボックスを取り付けるように純正オプションにステーなどがある。

 

 

新型の給油口はシートの後ろのテールライト上にあってシートを開けずに給油できるようになった。旧型は、キー操作でメットインを開けたら、給油口があってキャップを開けて給油してた。

 

 

メーターは、旧型は、指針式のアナログメーターだった。新型は、指針式のアナログメーターの下に小型液晶ディスプレイが埋め込まれて、バーグラフ式の燃料計を表示。オイルチェンジインジケーター、オドメーター、トリップメーター、電圧計、時計が表示できるようになってる。

 

 

新型は、給油する時にキャップが後ろにあるからシート下を開ける手間が減ったって書いてる人がいるけど、鍵で開ける方が手間だと思う。シート下の後ろ側半分ぐらいがガソリンタンクになってるからシート下にキャップでいいと思う。別売りオプションの荷台は給油キャップを塞がないような形状になってるけど、リアボックスを付けたらたぶん給油がやりにくくなると思う。

 

 

新型は、燃料キャップの開閉にキーが必要なんだね。
いちいちキーを抜き差しする手間が増えるなら
旧型みたいにシート下の給油口でよかったのに。

 

 

新型は、リアボックス付けると給油しづらくなるのがディメリット。
このクラスのスクーターならリアボックス付ける人が多いと思う。
メットインが小さいから入らないヘルメットが多いし。

 

 

給油口が外にあるとイタズラされるリスクが高まるから、シート下にある方が良かった。

 

 

全長やホイールベースは、少し短くなってるけど、実車を見た時の車体のサイズは、同じくらい。
車重は、新型になって4kg軽くなった。

 

 

旧型の一番の良さは、ゆったりとした乗車姿勢だったけど、新型も平らなフロアボードで、足を置く位置の自由度があって、窮屈さを感じることはないのがいいね。

 

 

旧型を買った時にUSB電源を追加で付けてもらったけど、新型はUSBソケットが標準装備されてるんだね。

 

 

スズキのチーフエンジニアの人の話の記事で加速力は従来どおりらしいって書いてた。

 

 

旧型でもかなり燃費良かったけど、新型になってさらに7%くらい燃費が良くなった。

 

 

新型のブレーキは、「コンバインドブレーキ」になったね。
旧型乗ってるけど、もう少しブレーキが効いてくれって思ってたから羨ましい。

 

 

新型は、
見た目がかわいい125スクーターが欲しい。
細かいスペックとかどうでもいい。
リアボックスは、ダサいから付けない
って人に売れそうだね。

 

俺みたいなリアボックス付けて通勤快速で使う人には、向いてない。

 

アドレス125の中古車価格と買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト